【早詠みの陣】

Last-modified: 2020-01-06 (月) 00:24:34

【鎌スキル】

【血吸いの守り】-【冥王のかま】-【魂狩り】-【早詠みの陣】-【災いの斬撃】-【事象反転】-【ハデスの宴】-【厄災の滅撃】

概要 Edit

鎌スキル76Pで習得する特技。【詠唱時間短縮】効果を持つ魔方陣を設置する。
消費MP4。設置後の陣持続時間はおよそ1分。

性能 Edit

設置系とはいえ、【早詠みの杖】を他人に付与できるため貴重な補助スキル。
正確に言うと陣の上に居るキャラクターに対して一時的に詠唱時間短縮を付与している訳ではなく、一時的に呪文発動速度50%アップしている状態になる。なので早読みの杖等の詠唱時間短縮と両立が可能。
昨今は【魔導将軍のゆびわ】などの装備で受動的にかかることが多い効果だが、能動的に掛ける手段はそれほど多くない。
それらが掛かるまでの繋ぎとしての役目が主になるだろう。
 
とくに【ベホマラー】の詠唱速度が重要な【僧侶】【賢者】において、その安定性と恩恵は計り知れない。
また【バイキルト】【スクルト】など補助呪文においても、【どうぐ使い】【魔法戦士】にとっては有り難い。
【魔法使い】は両手杖を標準装備していることが多く、早詠みの杖を自前で完結できるため軽視されがち。
しかし死亡復帰時にバフが剥がれた状態では早詠みの杖にかける1手を短縮でき、【暴走魔法陣】の上に重ねて置けば【踊り子】が利用しやすくなり強力な呪文攻撃のお膳立てがしやすくなる。
 
以上のことから8人PTで挑むコンテンツと相性が良いスキルといえよう。
もちろん、鎌を振るう【デスマスター】自身も長詠唱の攻撃・回復呪文を持つため恩恵を受けられる。