Top > 【魂狩り】


【魂狩り】

Last-modified: 2019-11-17 (日) 08:54:43

【鎌スキル】

【血吸いの守り】-【冥王のかま】-【魂狩り】-【早詠みの陣】-【災いの斬撃】-【事象反転】-【ハデスの宴】-【厄災の滅撃】

概要 Edit

鎌スキル35Pで覚えることのできる特技。消費MPは6。
単体に「基本会心率+50%」の確率でダメージ倍率2倍の会心の一撃を与える大技。会心の一撃が起こらなかった場合はmissになる。
単なる【一閃突き】【まじん斬り】の鎌バージョンではなく、ダメージ2倍であることとダウン状態の相手には確実に当たるという点が異なる。
ダウン状態とは赤い×印の付く状態異常で、いわゆる【休み】のこと。

冥王のかまと組み合わせて使う事を想定されているのかもしれないが、冥王のかまの追加効果は転びなので耐性に左右されやすいのが難点。
より効く相手の多いスタンを入れられる職と組んだ時の方が生かせる。もっとも、単発の会心のために下準備まで行う価値があるかというと…。
また、スタン状態の時は状態異常の数でダメージが上がる災いの斬撃の方も威力が上がる為、状況によっては災いの斬撃と威力に大差が無くなる。
 
専ら、【魔法の迷宮】【メタルキング】【試練の門】【プラチナキング】を狩るための特技と見るべきか。
このダウン状態は不意を突いた時の状態も含まれるため、不意打ちに成功した時に確実に瞬殺できるという点では【ばくれつけん】や類似特技に勝る。
発動もばくれつけんや【一閃突き・改】よりは遅いものの、まじん斬りや一閃突きよりは早く、二体出たとしても両方に当てられる程度はある。
【ねこひげ】【隠者のベルト】、足防具などで不意を突く確率を上げておけばなお良い。
試練の門においても、不意打ちはできないが鎌でプラキンを狩りに行けるという点で便利。
【デスマスター】のレベル上げをしている時にでも使ってみるとよいだろう。