【破魔石】

Last-modified: 2021-05-12 (水) 10:00:16

概要

ふしぎな文様が
刻まれた
黒く丸い石

【聖守護者の闘戦記】に挑戦するためのアイテム。Ver.4.1期間中に、聖守護者と同タイミングで実装された。

詳細

摩天の霊廟の各水晶を10個持った状態(サポートなかまは不要)で調べるとその色に対応したモンスターと戦える。
勝利すると破魔石は無くなるが、敗北した時は残るので再挑戦が可能。
 
【竜牙石】と異なり、おまじない効果等は一切なく、欠片も存在せず以下のモンスターが通常ドロップとして落とす。まだエンドコンテンツになど到底挑めないであろう始めたばかりの新規キャラでも手に入れることが可能。

通常ドロップなので、【ぬすむ】も有効。落とす確率は10%程度との事。
竜牙石同様、バザーで購入、売却も可能。性質上竜牙石より完成品を集めやすく、バザー価格は低くなりがち。
 
集めるのに一番効率が良いのは2~3匹で出てきて耐久も低い、【天ツ風の原】にいるベルフェゴル。【吼えろ トビアス!】を進めておくと【いざないの間】からすぐ近くの【ナドラガ神のほこら】まで行けるので交通の便も良い。
次点で真リャナ荒涼地帯に1~3匹で出てくるしにがみのきし。こちらは耐久と盾ガードの関係でベルフェゴルより劣る。日替わり、週替わりクエストで指定される事もあるので、そのついでに稼ぐのもアリ。
【ゲルヘナ幻野】の大審門前にいるしにがみのきしも、一度に最大5体出てくることもあって効率がいい。なにより拠点がすぐ目の前という、かなり大きいアドバンテージがある。
他3体は一度に出てくる数が少なかったり、耐久が高かったりで効率は悪い。
 
しにがみのきしはレギルラッゾ戦に有効なロイヤルチャームを落とすのでこれを狙いつつ石も取る一石二鳥(さらに転生も狙い一石三鳥にも)の狩りもいいだろう。