【バロンナイト】

Last-modified: 2020-10-22 (木) 18:25:32

概要

本作が初登場。全体的に旨味がかかった機械仕掛けのモンスター。【マシン系】で、下位種に【ルバンカ】【ヘルカッチャ】。同色に【秘宝の機工獣】。ボスに【バトルシェイカー】【証人ラディスオー】がいる。
【やみのブレス】【暗黒のきり】【呪いのきり】を使うが、その中でも闇のブレスが付近のプレイヤーに150以上のダメージと抜きん出て強力。また呪いのきりは最大HP大ダウンの効果を持つ。HPが減った状態で闇のブレスを食らえば死は免れないだろう。
通常ドロップは【破魔石】、レアドロップは【ヘビーメタル】

Ver.1

【風車の丘】のみの生息。大半が【メッサーラ】とペアで出るが、メッサーラより明らかに強い。
パッシブが無い1.0時代は闇のブレス一撃でパーティ及びサポが壊滅ということも珍しくなくなった。
その後、HPパッシブをとっているプレイヤーが増え脅威が下がったが、ダメージは変わっていないので依然として強力な特技なのは変わりない。
唯でさえシンボルも少ないうえ、ドロップアイテムも固有のものが無いため狩る必要も無く、図鑑に移すために一匹だけ討伐しその後は放置というプレイヤーが多かった。

Ver.2.0

偽りの【セレドット山道】に大量に生息。100体討伐が現実的になったが、経験値も美味しいとはいえないので積極的に狩る必要はない。【チームクエスト】の2段目に出てきた時に相手をするくらいである。

Ver.2.3

【日替わり討伐クエスト】の対象になったが、風車の丘は1匹沸きで沸きもよくなく、【エモノ呼び】で狩ろうとすると逆に獲物になる危険性が高く、正直あまり美味しくない。

Ver.2.4

日替わり討伐クエストとしてはあまりに数が少ないためか、ここからアップデートごとにシンボルが増量。もじゃもじゃ…とまではいかないが、探し回らなくても見つかる程度に増やされた。

Ver.3.0

【ジュレイダ連塔遺跡】に出現。生息場所からしてラディスオーとの関連が疑われる。

Ver.4.0

【王立アルケミア】に出現。口封じのために放たれたマシンか、警備用ロボットか。

Ver.4.1

通常ドロップが【ぎんのこうせき】から破魔石に変更された。ここでようやく狩る価値が生まれた。

Ver.4.3

【ガタラ大山林】に出現。【光をたどる者】で戦う。
図鑑にある改造した科学者は【クオード】かもしれないが、5000年前の時点で存在するので別人だろう。ただし下位種のルバンカが【ボロヌス溶岩流】に、ヘルカッチャが【ダラズ採掘場】に生息することから、この系統が【古ドワチャッカ】の時代に作成された可能性は非常に高く、【エテーネ王国】の負の遺産と呼べるのかもしれない。
どちらにせよエテーネ王国の関係者である可能性は濃厚である。

Ver.4.4

【自然遺産保護区】に生息。風車の丘を再現した地域にいる。

Ver.5.2

未完の【ラゼアの風穴】に生息。