Top > 【まどうしのローブ】


【まどうしのローブ】

Last-modified: 2019-09-23 (月) 00:24:26

概要 Edit

DQ5から登場。
魔法使い系防具の代表みたいな名前ではあるが、性能が同時期の他の防具にいつも劣っている。
 
【公式ガイドブック】でのデザインはシリーズ通してほぼ同じだが、DQ6までは緑・DQ7以降は紫とカラーリングが変更されている。
 
DQ10からはデザインも変わった【まどうしのころも】が登場。

DQ5 Edit

【公式ガイドブック】での漢字表記は「魔道士のローブ」。
守備力+37で、メラ系・ギラ系のダメージを15軽減する。
いかにも妻や娘が装備出来そうな名前だが、なんとモンスター専用の防具。
【装備グループ】はG・K・L。主に魔法使い系や鳥類系等が装備可能。
装備可能な面子の中でマトモに使えそうなのが、SFC版では【キメラ】【イエティ】【ビックアイ】位しかいないが、リメイク版では【ほのおのせんし】【ミステリドール】辺りも候補に入り得る。

【チゾット】で6800Gで売っているが、後に【デモンズタワー】の宝箱からも手に入る。
しかし、デモンズタワーまでは結構な間があり、その後すぐに攻略する【グランバニアへの洞窟】にて【ギラ】を使うメイジキメラや、【メラミ】を使う【ミニデーモン】が現れるので、装備可能者を連れているなら買っておいても良いだろう。

余談だが、【フローラ】を嫁にした場合、これの完全上位の性能を持つ【みずのはごろも】を既に無料で入手しているはずであり、完全に装備出来る面子も被っている。
しかもリメイク版だとグランバニアへの洞窟でさらにもう一着(これはビアンカと結婚した場合でも)水の羽衣が手に入るので、ローブを買う意義がかなり薄れてしまっている。

DQ6 Edit

公式ガイドブックでの漢字表記が「魔導士のローブ」に変更された。
やはり守備力37。メラ・ギラ・イオを15軽減する。かっこよさは+10.
【カルベローナ】【フォーン城】にて4200Gで売っている。
 
【ミレーユ】【バーバラ】【チャモロ】と、装備グループEといった魔道士なヒトビトが装備可能になった。
フォーン城以降は【マーメイドハープ】が手に入るあたりまで魔道士系キャラ用の市販の鎧が出てこないため、
呪文系キャラを2人パーティーに入れたい場合、【せいれいのよろい】を装備していない方に装備させるといい。
特に、SFC版ではフォーン城周辺で【ダークホーン】が仲間にできた際にすぐ購入・装備させてあげられるのが嬉しい。
基本的には魔道士系キャラが【みずのはごろも】などを入手するまでに繋ぎで使う防具と理解して構わないだろう。

DQ7 Edit

性能や価格はDQ6と同じだが、公式ガイドブックでの表記は「まどうしのローブ」に変更。
過去・現代問わず、中盤の町という町でしつこく売っている。
 
【マリベル】【メルビン】が装備できるが、デイン系以外の呪文を25軽減できる【まほうのほうい】が存在する。
魔道士のローブはヒャド・バギ系に耐性が無く、メラ・ギラ・イオ系に対する軽減値でも10ポイント劣る。
守備力はこちらが7勝るものの、打撃ダメージにするとその差はわずか1~2。
ついでに価格もこちらの方が200G高い。
というわけで、魔法の法衣の方が絶対によろしい。

DQMB2 Edit

第一章に登場。
上昇ステータスは、かしこさ+24 みのまもり+18 すばやさ+8。
魔法職が装備した場合のみ、主人公の攻撃呪文の威力が上がる。
 
【まどうしの杖】の「まりょく上昇」や【スライムベス】などの「ためる」と併用すれば与えるダメージが跳ね上がる。
また、炎、灼熱、爆発、光の4属性の呪文に耐性がある上に、これといったデメリットも無いので、
最初の章で排出が終わってしまうものの、スターターセットに度々再録されていた。