Top > 【マジカルスカート】


【マジカルスカート】

Last-modified: 2019-07-14 (日) 13:16:58




概要 Edit

DQ6で初登場し、以降の作品やリメイク版DQ3・DQ4でも登場している防具。
 
魔力を込めた生地で作られた、女性用の服。
機能性と見た目の両方にこだわる、オシャレな女性冒険者のためのスカート状の法衣。
魔法に携わる者が手掛けているため、いずれの作品でも呪文に対する耐性が付加されている。
 
初出のDQ6での【カルベローナ】の住人の話からするに、元々は【バーバラ】の為に作られた装備品の一つなのだと思われる。
SFC版の【公式ガイドブック】でも、バーバラが装備している姿が描かれている。
後の作品ではファッションを気にする【魔法使い】が作ったとも言われている。
でも魔法系キャラでなくても女性であれば誰でも装備可能。
 
SFC版DQ6とDQ9ではスカートの部分のみ、その他の作品では上半身まで保護するデザインになっているが、いずれの作品でもファンシーなスカート部分のデザインには大きな変更は成されていない。

DQ3(リメイク版) Edit

【しゅび力】は25で、価格は1500G。
すべての攻撃呪文によるダメージを3/4に軽減する特殊効果が備わっている。
女性なら誰でも装備することができる。【女尊男卑】を代表する装備の1つ。
 
【アッサラーム】【テドン】で販売されている他、【ピラミッド】4Fのトラップ【宝箱】から入手できる。
加えてSFC・GBC版では第2の【すごろく場】【よろず屋】や、第3のすごろく場の宝箱マスからも入手できる。
 
初めて目にすることのできるアッサラームでは「値段がわからない」という怪しい店で売られているが、この時の価格は例え限界まで値切っても3000Gという定価の倍の値段をふっかけられることになる。
すぐ近くにあるすごろく場でなら定価で購入できるが、売っているのがパネル上のよろず屋なので狙いにくいのが難点。
確実に入手できるが高価な店か、運が良ければ定価で買える店かという悩ましい二択を迫られるが、先述のようにピラミッドで1着は入手できる。
そもそもこの近辺で攻撃呪文を唱えるモンスターはアッサラーム周辺の【バンパイア】しかおらず、【イシス】~ピラミッド間に至っては該当するモンスターは居ないため、購入は見送ってピラミッドまで我慢しても特に問題はないだろう。
 
入手できた後は、女性なら誰でも装備できるため、使い回しをしやすいのも魅力の一つ。
また、総合的な性能を考えれば非常に安価である。
【まほうのよろい】【まほうのまえかけ】を装備できない【職業】にとっては貴重な呪文耐性持ちの鎧であり、特に女【武闘家】は長い間お世話になるだろう。
女魔法使いも、男だと【カメのこうら】【サマンオサ】まで粘るか高価な【みかわしのふく】を買うかの選択肢しかないのに対し、同じく無料入手可能な【きぬのローブ】と共に前衛のお下がりのこれで手堅く防具を整えられる。
本作では特に船入手以後は雑魚でも呪文攻撃をしてくる敵が多いので、その軽減効果を発揮する場面は多い。
【エビルマージ】【バラモス】といった上の世界大詰めの強敵相手にも有効。
守備力に関しては他の作品に比べるとかなり低めなのでそこにだけは気を付けること。
 
武闘家・【盗賊】【遊び人】にとっては、【ひかりのドレス】(とGBC版の【まほうのビキニ】)を除くと耐性持ちの鎧がこれしかない。
特に光のドレスが一点物かつ魔法のビキニから耐性が没収されたガラケー・スマホ版では、上記の職のみでパーティーを組み、かつ耐性重視で防具を選ぶと4人中3人が最後までこれを着ることになる。
遊び人はともかく他の2職、特に盗賊は(アイテム集めや最強キャラ育成などの理由で)オンリーパーティーを組む可能性は充分にあるため注意。
 
なお【商人】鑑定させても、なぜか性別限定装備であることを意味するセリフが出ない。
3種類の水着を除けば、この防具と【ステテコパンツ】のみの現象である。

DQ4(リメイク版) Edit

守備力45、価格は9800G。
【デイン系】以外の攻撃呪文によるダメージを2/3に軽減する特殊効果が備わっている。
【女勇者】【アリーナ】【マーニャ】【ミネア】が装備可能。
 
メダル王のご褒美(25枚)で入手できる。
25枚集まるのは最速で魔法の鍵入手後だが、世界各地の街を巡るのはもちろん、移民の町を発展させたり【海鳴りのほこら】にフライングで挑戦したりする必要があるため、若干手間がかかるし危険も伴う。
魔法の鍵入手の時点で入手できれば直後のキングレオやバルザックとの戦いで役に立つが無理はしない事。
 
PS版では移民の町の【レディースタウン】で購入することもでき、【グランドスラム】のカジノの景品(1000枚)にもなっている。また、【大聖堂】でも一つ入手可能。
DS・スマホ版では移民の町の形態が減ったが、こちらでも移民の町の最終段階のカジノの景品になっている。
 
そこそこの守備力に呪文耐性を併せ持つため、【てんしのレオタード】入手までの繋ぎとして使える。
女主人公とミネアは上位互換の【はぐれメタルよろい】を装備できる点や、入手可能時期、
その他の装備可能品の面から見て、アリーナ or マーニャに装備させるのがいいだろう。
アリーナは他に耐性のある防具が天使のレオタードしかなく、おまけにマーニャ・ミネアは途中でブレス耐性付きの【みずのはごろも】に鞍替え可能なので、最終的にはアリーナ用の装備として落ち着くことになる。

DQ6 Edit

守備力は45、かっこよさは35で、価格は6700G。
デイン系以外の攻撃呪文によるダメージを20ポイント軽減する特殊効果が備わっている。
【ミレーユ】【バーバラ】の他、装備グループA・Bのモンスターが装備することができる。
  
設定通り【カルベローナ】でのみ販売されている他、【海底神殿】でも入手することが可能。
また、【エビルワンド】が希に落としていくことがある。
 
性能自体は中々ではあるのだが、カルベローナ復活前に海底神殿で一つ手に入ることと、その時点では守備力で大きく勝る水の羽衣も購入可能となっているため、二つ目をわざわざ購入する機会はあまりないかもしれない。
 
なお、DQ6では魔法都市カルベローナで作成されているらしいのだが、初めて手に入るのは既にカルベローナが滅ぼされた現実世界、それも上記の通りその跡地に建てられたと思われる海底神殿である。
もしかするとここで手に入るスカートは、かつて現実世界にもあったカルベローナの遺産の一つと言えるのかもしれない。
 
また、同じくカルベローナでバーバラのために作られたと思われる【カルベロビュート】とセットで装備すると、
【ベストドレッサーコンテスト】で+20ポイントのボーナスが発生する。
その他、【あみタイツ】とのコーディネートでも+30ポイントのボーナスが発生する。

DQ7 Edit

守備力は45、かっこよさは35で、価格は8700G。
デイン系以外の攻撃呪文によるダメージを30ポイント軽減する特殊効果が備わっている。
【マリベル】【アイラ】が装備することができる。
【ハーメリア】【プロビナ】【マーディラス】【聖風の谷】(いずれも過去・現代両方)と【山奥の販売所】で販売されている。
また、現代の【旅の宿】以降の【ラッキーパネル】でも登場することがある。
 
DQ6と比べて価格が2000G上がっている分、耐性が全体的に強化されている。
【グラコス】の津波、【ゼッペル】【メラゾーマ】【ベギラゴン】【ヘルクラウダー】【しんくうは】【かまいたち】、とハーメリア編からしばらくは呪文属性の攻撃に長ける強敵が多いため、マリベル→アイラと使い回せることもあり早い段階で購入しておけば結構長くお世話になる防具となる。
ちなみに、同時期に販売される同じ属性に耐性を持つ防具としては【シルバーメイル】【まほうのよろい】【せいれいのよろい】といったライバルがいるが、マリベルはそれらを装備できずアイラにとっても守備力と耐性強度のバランスを考慮すればマジカルスカートに軍配が上がる(おまけにこの4品の中では最も安価である)。
 
同時期の防具の耐性と被ダメージの比較
※基準はマジカルスカート

名称金額
(単位:G)
守備力耐性装備可能被ダメージの差
マジカルスカート8,70045デイン系以外の呪文の被ダメージを30減少-
シルバーメイル9,10043デイン系以外の呪文の被ダメージを20減少
リメイク版ではバギ系の耐性が消滅
主人公,【アイラ】-0.5
まほうのよろい11,00047デイン系以外の呪文の被ダメージを15減少
リメイク版ではバギ系の耐性が消滅
主人公,【メルビン】,【アイラ】
【キーファ】(データ上)
0.5
せいれいのよろい12,00055デイン系以外の呪文の被ダメージを20減少
リメイク版ではバギ系の耐性が消滅
主人公,【メルビン】,【アイラ】
【キーファ】(データ上)
2.5

 
なお、今回もあみタイツとの組み合わせで【世界ランキング協会】の「カッコよさ部門」で+30のボーナスが発生する。

DQ8 Edit

守備力は55で、今回は非売品。売値は3350G。
デイン系以外の攻撃呪文によるダメージを2/3に軽減する特殊効果が備わっている。
【ゼシカ】のみが装備することができる。
入手方法は錬金のみで、レシピは【とうぞくのこしみの】【マジカルハット】【マジカルメイス】
【リブルアーチ】で近い性能の【まほうのビキニ】を購入出来るので、すぐに作るかどうかはお好みだが、これと【みずのはごろも】を合わせると【天使のローブ】を錬金可能で、さらに天使のローブは【プリンセスローブ】の材料になるので、後々一着は作ったほうがいいだろう。
とうぞくのこしみのは【ヤンガス】の初期装備であり、マジカルハットは【サザンビーク】の宝物庫で、マジカルメイスは【隔絶された台地】の宝箱から拾えるので、タダで作ることも可能。
その時点ではなかなか強い防具な上に、長く使ってきた【まほうの法衣】の上位互換性能なので、装備しておけば十分に役立つ。
 
量産することも可能だが、原価がトータル11735Gもかかるので、金稼ぎはおろか一着作るのにも高い代償が伴う。

しかしこのレシピだと、下手をすればゼシカは長くヤンガスが着けてきたこしみののお下がりを着させられることになるのだが……

3DS版 Edit

女性用防具という事で、【ゲルダ】も装備可能になった。
また、さらなる錬金先として、【まじょっこスカート】が登場した。

DQ9 Edit

防具の部位が細分化されたDQ9においては下半身防具に設定された。
それに伴い、デザインもSFC版DQ6のものに近い「スカート部分のみ」へと再変更されることとなった。
 
守備力は13で、おしゃれさは34。価格は4600G。
炎、氷、風、雷・爆発、闇属性の攻撃で受けるダメージを7%軽減する特殊効果が備わっている。
また、装備すると攻撃魔力と回復魔力が9ずつ上昇する。
女性なら誰でも装備可能。
【エルシオン学院】の購買部で購入可能な他、クエストNo.031「ボクのアイドル」の報酬にもなっている。
【エルシオン学院】に着いたら女性キャラクターに迷わず購入して装備させよう。
 
下半身防具の中では貴重な属性耐性付きの防具であり、耐性だけなら下半身防具の中で最高レベル。
DQ9の下半身防具はどれも守備力に大差なく、最高の守備力を持つ【うみかぜのスカート】との差もわずか4ポイントなので、総合的に見て最高レベルの下半身防具と言えるだろう。
女性であればどの職業でも装備可能なので、女性キャラクターの人数分揃えてしまっても問題ない。
実質上、下半身防具で最強装備と言っても過言ではないが、相手によっては【きわどい水着下】と使い分けよう。
逆にこれが装備できない男性は【レッドタイツ】【ホワイトタイツ】で属性攻撃をしのぐことになる。
一応【旅芸人の証】を介して装備することもできるが、アクセサリ枠を割く分 不利になるので、やはりドラクエの定めからは逃れられない。

DQ11 Edit

【ベロニカ】【セーニャ】が装備可能な服。

-+1+2+3
守備力45475053
攻撃魔力16171820
回復魔力15161820
全属性ダメージ軽減7%

 
【クレイモラン城下町】【聖地ラムダ】、異変後の【メダル女学園】などで販売されている。価格は6700G。
 
体用防具が一つに統一されたにもかかわらず、上半身防具と下半身防具が分かれていたDQ9から耐性は据え置き。
ストーリーを順当に行けば守備力でも魔力補正でも大差なく耐性ではるかに上回る【プリンセスローブ】のレシピを持っているだろうし、さらにクレイモラン城下町のキャンプ地では耐性で大きく上回る【まほうの法衣】が売っているため、あまり率先して買う必要はない。
 
のちに異変後にメダ女に追加されていることに気づき、【皮のドレス】【だいまどうローブ】の例があるからもしかしたら二人が仲間に…と思わせておいて、セーニャはだいぶ後、ベロニカはさらに後々なのでやっぱり買う必要はない。
 
登場以来中盤の優良耐性装備を保ち続けていたがまさかの失陥。今後の復権が望まれる所。