【ミントス】

Last-modified: 2020-07-06 (月) 08:43:49

DQ4

第五章序盤に訪れる町。【コナンベリー】から南の大陸にある。
FC版の【公式ガイドブック】の英語表記はMhintos。英語版での地名はNES版・DS版以降ともMintos。
 
宿の豪華な町で、コナンベリーで船を手に入れて出港後、【トルネコ】がこの町のことに言及するため、初見プレイヤーはだいたいここを目指すことになるだろう。
この町は海岸からそれなりに離れた場所にあるが、作中ではコナンベリーの他にキングレオ大陸とも船の往来があるような描写がある。
商売の神といわれる【ヒルタン】が住んでおり、彼からは【たからのちず】がもらえる。
また、ここにははるばる【サントハイム】から旅をしてきた【アリーナ】達が滞在していたが、従者である【クリフト】が病気にて倒れてしまっている。
そこで勇者たちはクリフトの病気を治すため、看病していた【ブライ】とともに南の【ソレッタ】【パデキアのねっこ】を取りに行くことになる。
パデキアでクリフトの病気を治すと、アリーナとクリフトも仲間に加わるとともに、最後の仲間【ライアン】の情報が得られる。言われた通り、そのまま真っ直ぐ西に向かえば【キングレオ城】のあるキングレオ大陸に行ける。
だが一方、アリーナ・クリフトが仲間になって町から出ると、【砂漠の宿屋】から旅をともにしていた【ホフマン】は、ヒルタンの元で商売を学ぶべく勇者一行からは別れることになる。
出会いと別れがある町。それがミントスなのだ。
 
この町の武器屋には、【はじゃのつるぎ】が売っている。
一章と三章で大変役に立ったイメージから、つい勇者に買い与えたくなってしまうが、実は船を入手した時点で行けるようになる他の町ではもっと強い【まどろみのけん】【ドラゴンキラー】が売っているので、ここでこれを買うかどうかはよく考えたいところ。
とは言え、全く役に立たないというわけでもなく、ノーコストのギラはこの時点ではありがたい。
慣れたプレイヤーであればここに来る直前に加入した【トルネコ】が破邪の剣を(たくさん)持ってきてくれるだろうから、それを全員に持たせておけば要所要所でAIが使ってくれる。
ただし、FC版ではこの時点で同じく使い放題かつより強力なバギマの効果を持つ【てんばつのつえ】(ちいさなメダル1枚と交換)も量産可能だが。
 
周辺のモンスターはコナンベリー周辺のワンランク上程度。
過去の章の最終盤の雑魚敵だった【がいこつけんし】【バンプドック】【メタルスコーピオン】といった連中が出現する。
 
この町にはソレッタから嫁いできた娘がおり2人の子供がいる。
その子供の1人はかつて酷い病気にかかりソレッタにいるおじいさんがパデキアのねっこを持ってきて治ったという話を聞くことができる。
また、アリーナ達を仲間にしたときライアンの情報をくれる詩人のイベントの関係か【ラナルータ】が無効になる特殊な町になっている。
おそらくそれと関連して、ここの宿屋はFC版でも珍しく天井判定がある。
 
ゲームの進行でここに来る必要があるのはソレッタでパデキアのねっこを手に入れた後。ブライを仲間にしていなくてもアリーナとクリフトが仲間になる時にはブライも仲間になる。二章でブライにとうぞくのカギを持たせても、五章ではアリーナとクリフトが仲間になる時にとうぞくのカギが手に入る。これは【コーミズ西の洞窟】まほうのカギを手に入れる時に使う。
 
FC版では井戸の左の地面に【ちいさなメダル】がある。

リメイク版

ミントスに入ったらすぐにホフマンが離脱するようになった。
【パデキアの洞窟】【パデキアのたね】を手に入れるには、ブライ加入は後回しにしても構わないが、先にここでホフマンと別れないといけない。
 
PS版では、宿屋2階の右側の部屋がランダムの移民出現スポットになっている。
DS版では移民は出現しないが、スマホ版では第1段階に必要な【ロッコ】【ナナ】がそれぞれ宿屋2階と教会に、商人に転職した元案内人が屋外の店付近に現れる。