Top > G.Garibaldi

G.Garibaldi

Last-modified: 2019-06-25 (火) 22:05:34
No.390
390-2.pngG.Garibaldi
(ガリバルディ)*1
L.d.S.D.d.Abruzzi級 2番艦
軽巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久37火力28 / 50
装甲33 / 51雷装20 / 66
回避34 / 65対空20 / 60
搭載6対潜20 / 40
速力高速索敵12 / 40
射程20 / 89
最大消費量
燃料40弾薬50
搭載装備
2152mm/55 三連装速射砲
2未装備
2未装備
装備不可
改造チャート
G.GaribaldiG.Garibaldi改(Lv45)
図鑑説明
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ軽巡洋艦「ジュゼッペ・ガリバルディ」だ。
ああ、姉貴の名前、長くって。でも、正真正銘の最新鋭軽巡、火力も装甲も艦の作りも、かなりのもんさ。
ちょっと温存され過ぎたけど、今度はばっちり働くぜ!見てなよ!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:未発表、イラストレーター:じじ (クリックするとセリフ一覧が開きます)




ゲームにおいて Edit

  • 2019年5月21日実装。同日より始まった19年春イベントのE-3突破報酬。
  • 艦名の読みはイタリア語の発音規則上「ガバルディ」なのだが、実装直後はカードの表記及びボイスでは「ガバルディ」になっていた。
    表記については表記ミスとのことで、実装翌日の22日中に順次修正された(ボイスは未修正)。*4
    • イタリア語は、かなりアルファベットに忠実な発音をする言語であり*5、ごく僅かな例外や、英語やドイツ語などから入った外来語を除き、基本的に日本語のローマ字読みをすれば良い。母音や子音も日本語と似ており、巻き舌などもそれほど効かないため、バリバリの日本語発音でも割と通じる。
    • 艦名の読みミスは本ゲームでは前例がある。この例ではサービスインと共に判明(2013/4/23)し、ボイス追加時に録り直される(2014/10/10)まで約1年半かかった。今はもう少し早く録り直されるかもしれない。


  • 本艦の実装によりイタリア艦だけで連合艦隊(水上部隊のみ。機動・輸送は不可)を編成可能になった。

キャラクター設定について Edit

  • 天龍摩耶を彷彿とさせる男勝りな性格。一人称は「アタシ」。
  • 1番艦のL.d.S.D.d.Abruzziのことを「姉貴」と呼んでいる。料理を教わったり片耳ピアスを分け合う程度には仲が良いようだ。

小ネタ Edit

諸元

  • イタリア海軍が建造したルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦の2番艦、ジュゼッペ・ガリバルディ(Giuseppe Garibaldi)。
    • 艦級名の英字表記は「Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi」。略してもなお長い。あまりの長さに当のイタリア海軍でも「ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級」と略されているほど。
    • 意味はアブルッツィ公爵サヴォイア家のルイージで、イタリア王族で登山家・探検家として著名な人物である。貴族の正式な名乗りは長いのだ。なお元ネタはもっと長い。
      • アメリカ軍が戦中に作成した識別表ではガリバルディ級となっている。
  • 艦名の元ネタとなったジュゼッペ・ガリバルディはイタリア統一運動を推進しイタリア王国成立に貢献した人物で、イタリアの国民的英雄である。彼の功績についてはwikiなどに詳しい。
    • 因みにアルゼンチンの独裁者ロサスが征服しようとしていたウルグアイ共和国を守るためにガリバルディが集めた義勇兵部隊は、赤いシャツを着ていたので「赤シャツ隊」と称され、イタリア統一にも貢献している。彼女の服装が赤を基調としているのはそのためか。
      似た様な名前のロボットのボディカラーから持ってきているわけではない
    • ジュゼッペ(ジュセッペ)はヘブライ語の「ヨセフ」に由来するイタリア語の男性名で、英語・フランス語圏の「ジョゼフ」に対応する。
      • 愛称は「ペッペ」「ピーノ」「ペッピーノ」などがある。
  • 本艦はG.Garibaldiとしては2代目で、初代は装甲巡洋艦ジュゼッペ・ガリバルディ級の1隻であるが名称が実はややこしい。
    初代ジュゼッペ・ガリバルディ級について
    三代目ジュゼッペ・ガリバルディについて

  • イタリア海軍が建造した条約型軽巡洋艦の最終発展型。
    • イタリア海軍の仮想敵であるフランス艦隊は、強力な「超駆逐艦」を多数整備しており、これに対抗するためイタリア軽巡は敢えて防御を抑えて高速に重点を置いた(火力は巡洋艦なので、さすがに超駆逐艦は圧倒できる)。
    • 一連の軽巡洋艦はコンドッティエリ(傭兵隊長)型と呼ばれ、改良を重ねながら整備を進めていった。その第5陣が本級である。
      コンドッティエリ型一覧
  • 本級の基準排水量は1万tに迫り、重巡である青葉にも匹敵するものとなった。10門の152mm砲と、軽巡としてはかなり有力な防御もあって、日米英の大型軽巡にも対抗し得る強力な巡洋艦と評された。
    • 船体については同国のザラ級重巡とほとんど変わらない大きさである(イラストレーターであるじじ氏による解説)。
      ただし、ザラ級の方が重巡としてはやや小さめであるのだが。(船体をコンパクトに切り詰めて防御重量を捻り出す設計)
  • アブルッツィ級の後には、その改良型としてコンスタンツォ・チアーノ級が第6陣として計画されていたが、第二次大戦により実現しなかった*8
    • 同級2隻は1939年と1940年にそれぞれ承認された。基本的なスペックはほぼ同等だが艦橋がLittorio類似の塔状構造に変更される等の改良が加えられている。
    • なお1939年は第二次大戦勃発の年であるが、イタリア海軍はこの年、タイから受注したタクシン級軽巡*92隻や小型巡洋艦カピターニ・ロマーニ級12隻を一斉に起工する等、造船能力の限界近い大量の仕事を抱え込むこととなった。このため手のかかる大型軽巡はどうしても優先順位が後回しになり、最終的に計画中止となった。
    • 結果的に後継となったカピターニ・ロマーニ級は、コンドッティエリ型が1万トンを超えるまでに大型化し当初のコンセプトからかけ離れてしまった事から、再度本来のコンドッティエリ型への回帰を目指したものである。駆逐艦を確実に凌駕し、かつ巡洋艦には最低限対抗できる程度に武装を妥協し、小型化による量産性で性能を補うという設計で、設計のベースはイタリア生まれのТашкентであり実質的には「超大型駆逐艦」であった。やがて開戦に伴い巡洋艦の建造はこちらに絞られることになったのである。
      • 同じころ、伊軽巡の対抗目標であり続けたフランスの「超駆逐艦」も、改良と強化の末、小型巡洋艦レベルまで大型重武装化したモガドル級に発展していた。
        カピターニ・ロマーニ級とモガドル級は類別こそ巡洋艦と駆逐艦で違えど、その武装はほぼ同等であった。ここに「最低限の巡洋艦」と「大型駆逐艦」は同じ場所に辿り着いたのである。
戦歴

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 読み方間違ってるのは分かってるがどうしてもガルさんって呼んでしまう -- 2019-06-18 (火) 21:46:08
    • ガルちゃん? -- 2019-06-18 (火) 21:59:05
      • どうぞ親しみを込めて…… -- 2019-06-18 (火) 23:14:21
      • そのネタが出てくる人は、30歳いや、40歳越えてるかもしれないなあ。未来放浪も良かったが、スターライトシリーズも大笑いしながら読んでた。しかしガルディーン、さし絵が出渕裕さんって今おもうと豪勢だな -- 2019-06-19 (水) 06:37:01
      • あースターライトシリーズ読んだねぇ、あとはトリガーマンとか。 渕さんっていえばロードスとかもそうだねぇ、元ネタのTRPGの方は笑えるけどw ファイヤーボール? 逃げよう! おい、そこの自由騎士・・・ -- 枝主? 2019-06-19 (水) 19:33:14
      • TRPGに疎くて小説版やアニメ版から入ってからリプレイ読むと精神崩壊起こしそうなショック受けるよなぁ、抱腹絶倒で まぁあれがSNEの本来の姿なんだけどww -- 2019-06-24 (月) 22:12:35
      • コンプティークとかでリプレィやってた&アニメとか小説出る前にリプレィ集読んでた世代+実際にTRPGやってたからねぇ、TRPGの誰もが予期せぬ行動(ゲームマスターですら)は本当笑えるぞw -- 枝主? 2019-06-24 (月) 22:22:23
  • 胸元のリボンって名前の長い姉貴殿をかたどったものだろうか…顔と胴体に見えてしまう -- 2019-06-18 (火) 22:42:57
    • 実は姉貴本人だったりしてw -- 2019-06-18 (火) 22:50:55
      • 中破で手足が! -- 2019-06-18 (火) 23:32:56
  • ログインボイスがどうしても「ジュゼッピ」に聞こえてしまい、「ジュゼピー!エロ過ぎるっピーッ!」って頭の中で何かが… -- 2019-06-19 (水) 00:55:05
  • 「いいんじゃね?」のイントネーションがヤンキーっぽいが、アメ艦ではないという -- 2019-06-19 (水) 06:04:44
  • スウェット上下にドライブBGMはエグ〇イルもしくはSEB、サ〇ゼで食事する北関東デートしたい。 -- 2019-06-19 (水) 11:02:08
  • ガルバルディかと思ったらガリバルディだったのな。 -- ジェリド? 2019-06-19 (水) 16:22:13
  • ボイス聞きながら武器妖精見る限りザラ&ポーラの姉妹逆転バージョンみたいな印象。天然姉貴と努力家な妹のイメージ。姉貴はいつ来るのかな…? -- 2019-06-19 (水) 16:59:35
  • なんとなく、クナの実姉か従姉味をかんじる -- 2019-06-19 (水) 18:09:16
  • あガリ! ガリ! ガリ!ガリ!ガリ!ガリ! -- スシ食いねぇ!? 2019-06-19 (水) 19:14:04
  • 銃器を仕込んだトンファーを両手に持ってるように見えたよ -- 2019-06-20 (木) 01:28:45
    • ???「二番煎じは受けないロボ!」 -- 2019-06-20 (木) 19:45:51
  • ガリバル指数72にて、フレッチャー掘り完了……。Lv1からロクに改修もせずに、激戦地にぶっこんで本当にスマンカッタ……(DOGEZA)。 -- 2019-06-21 (金) 01:43:47
  • もうガリバルディで画像検索の浸食が始まっている…w -- 2019-06-21 (金) 03:21:40
  • ダブルロケランガリ子、フレ掘りに出撃だ!   大淀「ホッ」 -- 2019-06-21 (金) 19:23:39
    • ジッサイ有能 飛行場姫コワレチャーウ -- 2019-06-21 (金) 19:55:19
    • ほんと優秀よな。おかげでタシュ掘りでもうすぐケッコンできそうだよ・・・ -- 2019-06-21 (金) 20:04:50
    • ボソ…(でもやっぱ補強に副砲載せて電探役にもして対空CIもしたいよね) -- 2019-06-21 (金) 20:07:25
    • ぶっちゃけ今回ほど特効がアテにならないイべはなかった -- 2019-06-22 (土) 16:17:37
  • バルディ(リス) -- 2019-06-21 (金) 22:21:41
    • バルディオス? -- 2019-06-21 (金) 22:32:21
      • 乳ハァハァ・・・・ -- 2019-06-21 (金) 22:42:35
      • あしたに生きろって歌詞の前向きさは、割と良かったな。もとの作品が投げっぱなしだったのが残念 -- 2019-06-22 (土) 08:37:08
    • 阪神時代なぜかヒロシと呼ばれてたバルディリス。今なにしてるんだろう -- 2019-06-22 (土) 09:18:51
  • あることをいつか読んだ小説をめくるみたいに思い出した俺は接近戦用のガリベイブルがあればいいのにと思った -- 2019-06-21 (金) 22:44:48
  • E3を甲作戦でクリアしてお迎えしてから早二週間、そろそろ日本の鎮守府にも馴染んできた頃だろうか?ところでガリバルディよ、「君と同じイタリア出身の艦娘」を見てくれ、こいつをどう思う? -- 2019-06-22 (土) 01:16:01
    • どうもこの娘のお姉さんも、ダメな娘のような気がしてるんだが… これとは別の方面で -- 2019-06-22 (土) 15:59:22
    • それ描いてるの同じ人じゃないか(「ポーラ(艦これ)」のタグをクリック)うむ、誰が描いてもこうなるのはわかってた。 -- 2019-06-22 (土) 16:12:48
  • やぁぁぁってやるぜ!! -- 2019-06-22 (土) 09:47:38
    • ヤリパンサー! -- 2019-06-22 (土) 23:04:52
    • アラホラサッサー! -- 2019-06-25 (火) 19:40:48
    • ラムネ&40が20年以上前、ヤッターマンが40年以上前とか、うそだよな……(顔面蒼白) -- 2019-06-26 (水) 14:42:17
  • ボーイッシュでおっきい娘、いいね。そういう系統のキャラで自分が一番に思い浮かんだのが某真夜中TVの探偵だったな -- 2019-06-22 (土) 17:03:39
  • 本物の最新鋭軽巡って偽物があるんでしょうかねぇ…(だらしない姉を見ながら) -- 2019-06-22 (土) 17:45:50
    • ???「阿賀野型はとってもとっても高性能~♪」 -- 2019-06-22 (土) 21:48:57
    • ???「フフフ…怖いか?」 -- 2019-06-23 (日) 12:13:41
      • 世界水準さんは座ってて -- 2019-06-24 (月) 11:55:54
  • 小ネタの彼女の愛称「ペッピーノ」っていうのか、「母を訪ねて三千里」の旅芸人一座の座長さん思い出した。 -- 2019-06-23 (日) 16:46:18
    • 「彼女の」愛称ではなかったですね、失礼。 -- 2019-06-23 (日) 16:58:57
      • まあ難しいよね。艦名は男の名前なのに艦船そのものは女性名詞っていうね。 -- 2019-06-23 (日) 17:48:30
  • もしやこの子大淀と双璧をなすグーパン勢なのでは? -- 2019-06-23 (日) 20:23:19
    • 能代 「呼ばれた気がした」 -- 2019-06-23 (日) 21:39:45
  • 「実は結構最新鋭だぜ?本物のなっ!」この阿賀野型に喧嘩を売っていくスタイル。嫌いではない。 -- 2019-06-24 (月) 02:13:10
    • 天龍ちゃんにも結構喧嘩売ってると思う -- 2019-06-24 (月) 20:02:41
      • 摩耶様もだけど逆に意気投合する可能性が。 -- 2019-06-25 (火) 12:31:35
      • 天竜ちゃんとは喧嘩するほど仲がいい系だな。それを「あら^~」と微笑ましく眺める龍田様。 -- 2019-06-25 (火) 23:46:53
  • 軽巡らしからぬご立派な胸部装甲をお持ちだが、実はポラリス弾道ミs・・・うわ何をすr・・・ツーツー(通信途絶) -- 2019-06-24 (月) 19:38:06
  • 軽巡なのに従順っていう言っている人がいてクスッてなった -- 2019-06-25 (火) 05:35:36
  • 胸部装甲大きいし髪がピンクだけど・・・なんかレールガンでも撃てそうな感じだの -- 2019-06-25 (火) 08:15:56
  • まだ来る前なのに、姉さん来た時名前の表記どうなるんだろって思った。 -- 2019-06-25 (火) 12:57:59
    • 艦級の通りの「L.d.S.D.d.Abruzzi」になるんじゃないかな?あるいはさらに略して「D.d.Abruzzi」か -- 2019-06-25 (火) 15:04:33
  • モットーが「従う」だからな・・・夏の祭典でウス=異本の餌食待ったなし・・・フフフ -- 2019-06-25 (火) 14:18:34
    • 木主提督が? -- 2019-06-25 (火) 19:06:33
  • 天霧と狭霧のひと? -- 2019-06-25 (火) 21:44:04
  • 天龍が泣きそうなのでいっそ両人とも・・・ -- 2019-06-25 (火) 22:01:48
    • そりゃあ同じ軽巡で152mm砲10門じゃあ14cm砲4門の天龍ちゃん泣いちゃうわな・・・。 -- 2019-06-25 (火) 22:12:16
  • 摩耶の妹かコイツはw -- 2019-06-26 (水) 11:21:00
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 ガングートの例同様名前が長すぎるために短縮表記になっていると考えられる
*2 CVやイラストレーター加筆時はそれぞれCV・イラストレーターに出典を記載
*3 「Obbedisco」。艦名の元になったジュゼッペ・ガリバルディが第三次イタリア独立戦争(普墺戦争)で送った電文に由来する。
*4 余談だが、当時の日本海軍では本艦を「ギウセッペ・ガルバルヂ」と称していた。現代でも「ジュゼッペ・ガルバルディ広場」など、古くから使われている単語では、慣用的に残ってる事例も散見される
*5 というより、表音文字を使ってるくせに、アルファベットそのままに読まない英、独、仏語などが、印欧系言語としてはむしろ例外的。仏・独はきちんとしたルールが存在し例外が少ないが、英語は発音ルールがほとんど存在せず、パターンになりそうでも恐ろしいほど例外は多く、実際比べると伊・西・葡語よりよっぽど難しい。
*6 艦これ実装の日進の先代
*7 暴発事故ともいわれる
*8 ムッソリーニの娘婿であり、ファシスト政権で外相を務めたガレアッツォ・チアーノの父に由来。海軍軍人として伊土戦争、第一次大戦に従軍し活躍し、第一次大戦ではオーストリア・ハンガリー二重帝国の軍港に対する魚雷艇での攻撃などで功を挙げ海軍の英雄となる。第一次大戦後はムッソリーニを支持し、ファシスト党の重鎮となった
*9 タイ海軍が仏領インドシナのフランス艦隊に対抗して発注した軽巡洋艦。後にイタリアがタイから買い取り防空巡洋艦(エトナ級)として建造するも未成。
*10 ミトラリエーレ、カラビニエーレ、ヴィンツェンツォ・ジョベルティ