武器/ナルハタタヒメ武器

Last-modified: 2022-08-08 (月) 20:53:27

MHRiseのラスボスである雷神龍ナルハタタヒメの素材を用いて作られた武器群。

目次

概要

MHRise

  • 龍宮砦跡にて雷神龍ナルハタタヒメを下すことで生産可能になる武器。
    いずれの武器も触手で装飾された目玉のような飾りがあるのが特徴。
    また雷神龍の角のデザインからか、刀身やフレームが二股に分かれているものも多い。
    発売当初は強化できず、生産時の「かんなりの神○○I」で強化が止まっていたが
    Ver.3.0で百竜ノ淵源ナルハタタヒメの実装に伴い「神源ノ雷△△」へと最終強化できるようになった。
  • 性能はどの武器も大体以下のようになっている。
    • 低めの攻撃力。救いようがない程低い訳では無いが、他の属性武器よりも1、2歩程度劣る攻撃力に設定されている。
      最終強化で攻撃力が+10され、この点は少し改善された。
    • 剣士用武器、弓では非常に高い雷属性を持つ。
      生産時で既に30を余裕で超えている武器が多く、強化すると40にまで達する武器も。
      ボウガンは麻痺弾と電撃弾の扱いに長け、それらの装填数が多く
      ライトボウガンは電撃弾と貫通電撃弾の速射が可能である。
      ただ、ボウガンは高LVの物理弾が装填不可、弓は強撃ビンが装填不可など、物理面で欠陥を抱えている。
    • 剣士用武器ではナルハタタヒメの黄色い体色を反映したのか非常に長い黄色ゲージを持つ。
      当然ながら終盤で黄色ゲージがそんなに長くても大して意味が無い。
      一応素で緑ゲージと青ゲージは備えているがどちらも短めであり、スキルによるフォローはほぼ必須。
      最終強化では青ゲージの長さが倍になって多少使い勝手が改善された。
    • スロットを1つも備えていない。
      スロットの重要度が上がっているMHRiseでこの拡張性の無さは痛い。
    • 百竜スキルは最終強化で「攻撃力強化III」「空棲系特効」「雷神龍の魂」が付与可能。
      雷弱点で空を飛べるモンスターは意外と種類が限られるが、
      効く相手であればそれなりに高いダメージを出せる。
      雷神龍の魂はしまきシリーズの装備数に応じて会心率が上がる効果で、
      4部位以下の時の補正は低いが5部位になると会心率+40%と凄まじい効果になる。
  • 何といってもこの武器の強みは特化した雷属性。
    属性武器にしては珍しく百竜スキルに「属性強化【雷】」が存在しないため、
    生産時では他の雷属性武器に数値で追いつかれる事もあったが、最終強化後は
    百竜スキルを考慮してもなお他の雷属性武器を突き放す高い数値を誇る。
    雷弱点には是非担いで行きたい武器群である。
    • 百竜スキルを攻撃力強化IIIか空棲系特効にするかは相手によって使い分けよう。
      強化が1段階しか無く作るのが楽なので2本作るのもアリかもしれない。
      最終強化でレア素材の淵源の嵐玉を使用するが…。
    • しかし本作は物理優先な環境のため、属性値より攻撃力が重視され
      特効を含めてもジンオウガ素材など他素材の武器達が期待値で上回ることも多い。
  • 雷神龍の魂は効果自体は強力であるが、しまきシリーズ全部位固定という枷が重くのしかかる。
    当防具にはかなり性能に難があり、Ver.3.0で使い勝手が上がる風雷合一のスキルが追加されたが、
    それはしまきシリーズとなるかみシリーズを組み合わせて使う事を想定されている節があるので
    やはり全部位同じシリーズで揃えるのはあまり得策ではない。
    • どうしても会心率+40を活かしたい、と思ってしまきシリーズを活かせる武器種を選ぼうとすると
      しまきシリーズに付いてくる集中、ガード性能、ガード強化、強化持続、KO術のスキルがネックとなってくる。
      ゲージを溜める早さが上がる集中、強化モードの時間を延ばす強化持続はシナジーがある武器種があるものの
      それの中でガードができる武器となるとチャージアックスしか残らない。
      そしてナルハタタヒメの盾斧は強属性ビンなので結局KO術が腐る。属性編重なので強属性ビンはピッタリなのだが
    • フルがダメならせめて一部位入れ換えて使おう、となると風雷合一の仕様で全てのスキルが1Lv落ちる上、
      会心率も+40%から+12%にガタ落ちするので、他の方法で会心率を上げた方が得策となってしまう。
  • 最終強化後の説明文は百竜夜行を収束させた英雄を讃え、カムラの里の平和を願うものとなっているものが多い。
    よほどのことがない限り、「英雄が護る安寧の焔」を見た後に説明文を見るはずなので
    ウルっとなったハンターもいたであろう。
    一部「新たなる災禍」という不穏な単語も含まれているが…

MHR:S

  • MHR:SではMR30での百竜ノ淵源再来により、究極強化が解禁。銘は「神〇・雷渦△△」となる。
    • 攻撃力は依然として抑えめ。今回はゼクス武器と同じ攻撃力であることが多く、攻撃一本槍でない個性派仲間ができた。
    • 剣士武器の斬れ味は素で長い白(90前後)または短い紫、匠は全て紫となる。
      一応黄色は長いが、青以上の部分が伸びたので前回のように目立ってはいない。
    • 非常に高い雷属性はサンブレイク基準でも健在。大剣に至ってはなんと素で属性値100を超える。
      属性不遇だった無印Riseから一転して属性を活かしやすい環境になっているため、
      氷のイソネミクニ亜種武器、火と水のオロミドロ(亜種)武器と並ぶ属性値特化の頂点として活躍できる。
      属性が効く前提ならかつて苦杯を飲まされたジンオウガ武器を上回ることも珍しくない。
    • 通常スロットは今回もなし。拡張性がより高まったサンブレイクでこれはちょっと辛いか。
      百竜スロットもLv2なので、弱点特効【属性】を乗せて完全なる属性一本槍!というのはできない。
      とはいえLv2ならば各種特効や大音量演奏が乗るので、無印Riseより選択幅は大きく広がっている。
  • MHRiseでは属性不遇に加えて攻撃力もかなり低かったため、使われることはあまりなかったが、
    MHR:Sでは、攻撃力が低いといっても大幅にかけ離れているわけでもなく、
    更に規格外ともいえる属性値を手にしたことで評価が一変
    雷弱点のモンスターには是非とも担いでいきたい一品へと変貌を遂げた。
    • 特にチャージアックスの神護・雷禍宿命はチャージアックス自体が大幅に強化されたこともあり、
      雷属性特化武器として輝かしい活躍を見せている。

武器一覧

  • 共通の銘である「かんなり」は「雷鳴」と書く。
    スラッシュアックス使いならば馴染みがあるだろう。
    Ver.3.0アップデートであちらも金剛角斧カンナリへ強化可能になり、見事に被ってしまった…。
  • 上位最終強化の銘の「源」は、登場ムービーの「楽土が辻のと成らん」から取っているのだろう。
    イブシマキヒコ武器の「淵」と合わせて、「淵源」となる。
武器種生産時上位最終強化MR最終強化
大剣かんなりの神大剣神源ノ雷断チ神断・雷禍外天
太刀かんなりの神刀神源ノ雷斬リ神斬・雷禍滅裂
片手剣かんなりの神剣神源ノ雷裂キ神裂・雷禍無尽
双剣かんなりの神刃神源ノ雷閃キ神閃・雷禍一双
ハンマーかんなりの神槌神源ノ雷潰シ神潰・雷禍烈震
狩猟笛かんなりの神笛神源ノ雷響キ神響・雷禍啼哭
ランスかんなりの神槍神源ノ雷穿チ神穿・雷禍三絶
ガンランスかんなりの神銃槍神源ノ雷爆ゼ神爆・雷禍天驚
スラッシュアックスかんなりの神剣斧神源ノ雷成リ神成・雷禍白業
チャージアックスかんなりの神盾斧神源ノ雷護リ神護・雷禍宿命
操虫棍かんなりの神棍神源ノ雷翔リ神翔・雷禍殺界
ライトボウガンかんなりの神弩神源ノ雷撃チ神撃・雷禍十全
ヘビィボウガンかんなりの神砲神源ノ雷放チ神放・雷禍壊劫
かんなりの神弓神源ノ雷貫キ神貫・雷禍明明
アイルーなるかみのねこだいこなるかみ真ねこだいこ
ガルクなるかみのがるがぼうなるかみ真がるがぼう

関連項目

モンスター/ナルハタタヒメ
モンスター/百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
武器/イブシマキヒコ武器 - 最終強化で同じく百竜ノ淵源の素材を使用し、他にも武器銘の命名則がほぼ同じである対の武器
武器/ラスボス武器