武器/かんなりの神盾斧

Last-modified: 2021-10-25 (月) 16:19:02

雷神龍ナルハタタヒメの素材で生産出来るチャージアックス。

性能

  • 集会所★7「雷神」クリア後に「かんなりの神盾斧I」が生産できる。
    Iと名がついているものの、発売当初の段階では、これ以上の強化はできない。
  • その性能は
    • 正直低い攻撃力180
    • 斬れ味は短い青と短い緑、無駄に長大な黄色、匠Lv3から白が出現
    • かなり高めの雷属性34
    • 高い属性値を活かせる強属性ビン
    • スロット無し
    • 会心率0%
    • 百竜強化は攻撃力強化II、空棲系特効、雷神龍の魂
    そこそこ実用的な雷属性特化の武器になっている。
    物理性能は控えめで、斬れ味ゲージも心許なく、属性だけを強化して使用に耐えるかは微妙なところ。
    また、今作では強属性ビンの超出力での威力が大幅に下げられている向かい風も受けている。
    とはいえ、雷弱点の相手さえ選べば、しっかり戦えるスペックだけはある。
  • 百竜強化は攻撃力強化IIでは焼け石に水なので、空棲系特効がベターだろうか。
    空棲系特効かつ雷属性弱点の相手は、プケプケ、ティガレックス、ナルガクルガ、クシャルダオラ。
    バルファルクもいるが、怒り状態で属性をシャットアウトされるので向かないだろう。
    特にクシャルダオラは古龍であり強敵ながら、全身に満遍なく雷属性が効く為、
    この武器を担いでいくのもいいだろう。
  • もう一つの百竜強化である雷神龍の魂は、しまきシリーズを装備した数で武器を強化し、
    その最大値はなんと会心率40%という超強化を得られる。
    しかし、肝心のしまきシリーズは、スロットがないうえにスキルがバラバラであり、
    チャージアックスゆえに活かせないスキルこそあれど、はっきり言って見切り+7を発動させた方が強い。
    あまり考慮に入れる必要はないだろう。

神源ノ雷護リ

  • Ver.3.0のアップデートにて、ラスボスが追加。
    それに伴い、本武器にも強化先として、神源ノ雷護リが追加された。
  • その気になる性能は
    • 強化されてもやはり物足りない攻撃力190
    • 斬れ味は青が伸びて実用的に、白ゲージも匠Lv2から出現
    • 少し伸びた雷属性38
    • もちろん変化しない強属性ビン
    • スロット無し
    • 会心率0%
    • 百竜強化は攻撃力強化III、空棲系特効、雷神龍の魂
    数値としては順当な強化、しかし、劇的な変化はなく、なんとも平凡。
    しかしVer.3.0に伴い、全く別の方向から強化が入った。
    • 具体的には、雷神龍の魂を活かす為のしまきシリーズ(と、なるかみシリーズ)が強化できるようになり、
      新スキル風雷合一を習得したのだ。
      風雷合一の「雷属性を強化する」性能と「スキルレベルを増加させる」性能により、Ver3.0以前から一変。
      バラバラだったスキルは高レベル、かつ多数のスキルへと大幅に変化。
      さらに強運のスキルを付けたうえで、雷神龍の魂による会心率強化を無理なく受けられるようになった。
    • とはいえ、あまりにもバラバラなスキルでは、スキルのレベルや数が多くても、基本的には活かしきれない。
      ところが、チャージアックスは、その中でもしまき、なるかみのどちらでもスキルを活かせる数少ない武器である。
      一切の死にスキルが存在せず、かつ雷属性を強化でき、それをビンで増幅できるチャージアックスは、
      全武器で最もラスボス武器防具を活かせる立場にある。
    しかし、そもそも強属性ビンが大幅な弱体化を受けてしまっている以上、残念ながら趣味レベルを超えていない。
    しまき(なるかみ)シリーズも火力スキルに乏しく、あまり評価は高くない。
    属性の高さがウリでありながら、剣でも斧でも物理火力を盛って振り回した方が強力なのだが、
    同じ雷強属性ビンの中でも 高い物理にやや低めの属性値の王牙盾斧【風雷】や、
    低物理ながら高属性値に高会心とLv3スロを備えるディヴァルキューレなど、
    火力・会心全振り構成と相性のいい雷盾斧がいるのがなんとも悩ましい。
    とはいえ実用性がないわけではないため、たまには一式で担ぐのも一興だろう。

関連項目

モンスター/ナルハタタヒメ
モンスター/百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
武器/ナルハタタヒメ武器