クセツ

Last-modified: 2020-05-23 (土) 15:45:01

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0118 【クセツ】 ◆殺◆
黒い包帯で全身を覆ったニンジャで、極めて危険なネザーカトン・ジツのタツジン。これはネザーオヒガンからの脱出時に身に着けた禁断の力であり、既にその身体は実体を留められなくなっているという噂もある。彼に軽々しい態度をとってはならない。

登場エピソード

 

「あれを直接調べる許可をいただきたいのです。さすれば、親王陛下に無限のカラテと栄光を、必ずや」


人物

  • タイクーンが支配する国「ネザーキョウ」のニンジャにして「アケチ・シテンノ」の一人。
  • ネザーキョウの首都、ホンノウジの非戦地域である「瞑想区」を取り仕切っている。
  • 全身を包帯で覆っており、その素性は実際謎めいている。カネト・ヒバは彼がかつてタイクーンと共にネザーオヒガンにいたことから、マレボルと同じく元はネザーオヒガンに棲むオニではないかと推測していた。

外見

  • 黒い包帯で全身を覆った不気味なニンジャ。
    • 包帯の上にキモノを着ている描写もある。
  • その目は紫の火を燃やしている。

元ネタ・考察

  • Twitter連載版のあらすじによると、漢字表記は「苦節」
    • かつてネザーオヒガンで雌伏の時を過ごしていたという経緯を反映したニンジャネームと思われる。

ワザ・ジツ

ネザーカトン・ジツ

「アァァァ」「ドゥーゥゥム」

  • 黒紫のネザーの炎を両手に召喚し、相手に投擲して攻撃する。その火は苦しみ呻く人のようにも見え、上記のように怨嗟の声に似た音を響かせる。
    • 名鑑によると、ネザーオヒガンからの脱出時に身に付けた禁断の力であるらしい。
    • ナラク・ニンジャ曰く「禁忌のジツ」。
  • ネザーの炎に触れた者はたちまちのうちに肉体が衰滅して枯死する。また、炎はクセツ本人が収めるまでは決して消えず、その場に留まり続ける。
  • 直接炎を当てるのみならず、自身のワン・インチ距離に至った相手を自然発火めいて触れずに燃やし尽くすという離れ業も披露している。
  • 威力、面制圧力共に規格外とも思われるジツだが、その出力はネザーキョウの力の源である五重塔に依拠している部分が大きく、周囲の五重塔を崩されるとフーリンカザンを大幅に失ってしまう。

ストーリー中での活躍

「タイクーンはネタバレなどどうでもよいとお考えだ」


その正体(「ナラク・ウィズイン」終盤ネタバレ)

ランマル・ニンジャ

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ランマル・ニンジャ】 ◆殺◆

 

「貴方は真の覇王也。貴方が、かつてのわが主君オダであろうと、そうでなかろうと……て……敵……敵は、ホンノウジにあり。アケチ……討つべし!」


人物

  • 彼の真の名は「ランマル・ニンジャ」。すなわち、平安時代末期を生きたリアルニンジャであった。
  • かつてはオダ・ニンジャのコショウにして愛妾であったが、アケチ・ニンジャのムーホンによって主君を失ってしまう。オダを追ってネザーオヒガンをあてどなく彷徨った彼は、そこでジョウゴ親王の存在を知る。
  • ジョウゴ親王の正体と生まれた経緯、そして彼が魂の欠落に苛まれていた理由をも察していたランマルは、親王に忠誠を誓いつつ、本心を隠してタイクーンに仕える道を選んだ。

外見

  • 包帯の下は白磁のように美しい若者である。
    • 当然ながら見た目通りの年齢ではなく、超自然の、時の流れに逆らうニンジャの姿であるとは地の文の弁。

元ネタ・考察

  • 言わずもがな、元ネタは織田信長に近習として仕えた武将、森蘭丸であろう。

ストーリー中での活躍

  • 倒れゆく中、ランマルは親王に自らの正体を明かすのみならず、親王の出生の秘密――彼がオダ・ニンジャの魂なき死骸から生み出されたという事実をも伝えた。しかし、ランマルは親王をオダの抜け殻として扱うことはなく、彼自身を覇王と称え、アケチへの復讐を託してしめやかに爆発四散したのであった。
  • 彼のギンカクに対する姿勢はネザーキョウのニンジャの中では異質であり、一部のヘッズからは「ケイトーを利用して何らかの謀反を試みる不届き者」とも見なされていた。それは一面では事実だが、全てはあくまで親王への忠誠心からの行動であった。
  • 名の通りの苦節を耐え抜いてなお、彼は最後まで紛うことなき忠臣であったといえよう。

一言コメント

「コメントにも耳を傾けられよ」

  • やはりケイトーの前ではコワッパ同然か。 -- 2019-08-11 (日) 18:46:17
  • イメージ的にBASARAのギョウブ=サンめいた怪しいミイラ男な。 -- 2019-08-12 (月) 21:18:57
  • 目に灯る紫の火はカゲムシャ・ジツと関係があるのだろうか。あるいは、ネザーカトン・ジツがカゲムシャ・ジツと同じ由来であることの示唆だろうか。 -- 2020-01-30 (木) 14:57:21
  • 関わる者がみな胡乱存在のクセツゥ…の明日はどっちだ -- 2020-02-09 (日) 19:48:08
  • ↑彼に軽々しい態度をとってはならない(苦労人の胃がカワイソだから) でしょうか? -- 2020-02-09 (日) 21:02:09
  • クローザー(ケイトー・ニンジャ)やモモジ・ニンジャに軽々しい態度をとってはならない。 -- 2020-02-11 (火) 06:28:33
  • 明らかに裏切り行為してなくね?ネットはネットでもネザーオヒガンネットなのか? -- 2020-03-03 (火) 05:14:26
  • 包帯の上にキモノ・・・カトン・・・オヒガン・・・ケンシン・ザ・トラベラーのシシオ=サンな? -- 2020-03-04 (水) 17:56:15
  • クセツの語源が「屈折」ということはないだろうか? 炎から出る光を屈折させて、蜃気楼みたいに場所を胡麻化すとか? -- 2020-03-17 (火) 20:09:15
  • シテンノだからメチャ強いんだろうけど、ペテン師の手口にまんまと引っかかってるのがなあ。 -- 2020-03-20 (金) 16:38:11
  • 相手は神話級ペテン師だぞ。 -- 2020-03-20 (金) 16:39:06
  • クローザーの謎のジツの力は、マスラダは疎か、ニンジャソウルを見抜くナラクや、ケイトーと相対したフジキドでさえ正体が掴めず、しかもケイトーの話をしていた事が頭から抜け落ちたかのように警戒心が薄れていた位だからなぁ。 -- 2020-03-20 (金) 17:16:09
  • タイクーンとは脱ネザーからの付き合いだし裏切るつもりはないんだろうけどケイトーが胡散臭すぎる -- 2020-03-27 (金) 12:14:52
  • 神話級リアルアーチのダイコクすら騙したことあるからな -- 2020-03-30 (月) 15:05:04
  • 案外こやつがタイクーン=アケチ・ニンジャの正体だったりして -- 2020-03-31 (火) 00:19:59
  • スシの好みはアナゴやウナギ、炙り系のスシがこのみなイメージ。 -- 2020-04-12 (日) 05:37:19
  • ナラクの赤黒の炎に呑み込まれて、「ネザーの炎が!バカナー」爆発四散...みたいなベタな展開にはならないで欲しい -- 2020-04-12 (日) 09:31:22
  • ググハハハ!ネザーカトン・ジツなどに頼り切るコワッパなぞ、ワシが炙り焼きにしてくれるわ! -- 2020-04-12 (日) 17:04:09
  • 下手したらアケチと一番付き合いが古い気がする -- 2020-04-14 (火) 08:12:14
  • 名鑑の「彼に軽々しい態度をとってはならない。」と所見の印象から胡散臭さを感じていたが、ここ最近の動向を見る限り単なる忠臣に見える。シテンノの中で文明人とまともに話せそうなやつがコイツとインヴェインしかいない。クワドリガ=サンは武人としては立派ではあるが、まともな人かと言われると... -- 2020-04-14 (火) 08:23:33
  • この人の正体に関しては、ストーリーのネタバレの最後の最後にした方がよいのかな?今際だからこそあの開示が劇的になるわけで。 -- 2020-05-05 (火) 03:32:20
  • 苦節数百年の末報われたのかな -- 2020-05-05 (火) 07:06:53
  • オトコムスメじゃなく、女だと思ってたが、美青年だったのかw -- 2020-05-05 (火) 08:56:23
  • ほんとかー?ホントにアケチは正体知らないのかー?(うろんな目つき) -- 2020-05-05 (火) 13:03:53
  • 顔を隠しているなら素顔はグッドルッキング足るべし、レジェンダリー・マンガカの和月伸宏=サンもそう言っている -- 2020-05-05 (火) 13:10:42
  • まさに苦節そのものな人生 -- 2020-05-05 (火) 14:11:17
  • そういや、ネガティヴ・カラテで浮遊~って出てきたけど、ネザーの力ってそっち系でもあるのかね…? -- 2020-05-06 (水) 09:01:19
  • やはり敵はホンノウジにあり。あらねばならないのだ。わかったか。 -- 2020-05-06 (水) 12:18:35
  • ジョウゴ=サンがコショウに健康健全な事をして楽しんでたが、ランマル=サンはオダ・ニンジャ=サンの愛妾だったから相当そう言う事をしてもらったのでは? -- 2020-05-06 (水) 13:26:29
  • ギャラクシー包帯内マントラ美男子と呟いていたヘッズのせいで腹筋がオタッシャした -- 2020-05-07 (木) 02:34:46
  • 驚くべき正体だったわけだけど、名鑑登場は118と割と昔なんだよな。シーズン1の時点ではどこまで構想があったんだろう -- 2020-05-07 (木) 03:03:50
  • 志々雄=サンめいた焼け爛れた姿と思ってたが美少年だったとはな・・・ -- 2020-05-07 (木) 05:48:38
  • アケチの設定問題でサムライニンジャスレイヤーが1年くらい止まってたんで、練り直したのは最近でしょうね。今はほぼオンタイムで書いているはず -- 2020-05-07 (木) 13:55:12
  • 包帯の下の実体がうんぬんというのは、包帯を取らない口実としてあえて自分で流した噂なのかな。それとも実際不安定な存在で、包帯が破れて実体を保てなくなったことが死因だったのだろうか -- 2020-05-07 (木) 15:03:44
  • かつての主君の生まれ変わりでも変わらぬ忠誠心と、生まれ変わりでも、敬意はちゃんと払って主と認める奥ゆかしさよ。 -- 2020-05-15 (金) 22:18:12
  • ネザーカトンがナルトのアマテラスめいてるが、効果の高さは実際アマテラス以上では? -- 2020-05-17 (日) 06:30:02
  • 明確な弱点があるとはいえ、わりと意味わからないレベルで強かった -- 2020-05-22 (金) 22:03:13
  • 他はオダ、アケチとかなのにモリじゃないんですよね…他に森氏のニンジャが来るのだろうか -- 2020-05-23 (土) 14:15:05
  • ネザーの炎が怨念めいたものを発してるが、ナラクと関係あるんだろうか。 ネザーがジゴクであるとすれば、ナラクはニンジャに殺されたモータルの怨念だが、他の理由で怨念を持って死んだモータルのソウルはネザーへ行くのかな。 ひょっとすると、ニンジャの暴虐によって怨念が増えてネザーがなんかなってしまい、ニンジャによる怨念を隔離するためにギンカクが作られたとか? -- 2020-05-23 (土) 15:22:57
  • ↑3 接近攻撃射程外から、即死追尾弾幕を延々と撃つ。1人だけ別のゲームやってる感がありますよね! スリケン程度で倒せるとは思えないし、飛べないと、そもそも攻撃を当てられない。近づいても、レッサーヘイスト・ジツに対応できるスピードでカウンターカトンされる。ツヨイスリケンするにも、溜めの時間を取らせてくれるとは思えない……。 -- 2020-05-23 (土) 15:45:01

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White