リックディアス

Last-modified: 2021-10-24 (日) 03:13:48

ロボダンにもちゃんとカツはいます。

 

パイロット

  • エマ=シーン
    SP:努力, 1, 集中, 9, ひらめき, 15, 熱血, 17, 愛, 28, 魂, 37
  • カツ=コバヤシ ※アップグレードで追加
    SP:ひらめき, 1, 努力, 9, 熱血, 13, 足かせ, 20, 愛, 27, 補給, 33

アップグレード

リックディアス

スーパーガンダム(エマ機)

※アップグレード条件としてガンダムMkⅡ/スーパーガンダム(カミーユ機)Zガンダムまでアップグレードする必要有。

運用

アップグレード前は二軍どころか三軍級のMS。
機体性能は白い悪魔に毛が生えた程度……と言いたいが、本当に毛が生えた程度しか勝ってない上に、こちらはビームライフルがなく射程が短いので、アムロ搭乗の有無の差を無視した上でもあちらより弱く感じる。
それでも最序盤の雑魚ならなんとか勝てる程度の性能はあるが、無理したらすぐにエマさんが「私の命を吸って」してしまうので注意。
一応、ロボダンでよく見る「性能不足な機体にある改造費が安くなる仕様」は本機もちゃんと持っている事が救い。ちなみに本機は2割引。

 

Zガンダム入手後、スーパーガンダムにアップグレード可能。ちなみにZガンダムまでアップグレードすればOKなので、バイオセンサー解禁はしなくても問題ない。
機体性能自体はとある差別点を除いてZガンダム前に使っていたカミーユ機と同じ。
なので基本的には同じ使い方でいいだろう。具体的にはロングライフルでちくちく遠距離から射撃。
機体性能はパーツで補う前提の弱さなので無理はさせないように。

 

カミーユ機になかった唯一の差別点として本機は二人乗りの機体という点にある。
しかもなんと、メインだけでなくサブも自由に乗り換え可能という唯一無二の機体なのである。
つまり、あちらは悪い意味で乗り換え前提、こちらは良い意味で乗り換え前提と少し事情が異なっているとはいえ、こいつと同じく乗り換えで遊ぶための機体なのである。
乗り換え禁止のプラスモードでは非常に弱いので加入しても非常に使いづらい。

 

SPが非常にピーキーなシロー、メインとして運用できる性能をしているが集中を持ってないジュドー辺りは本機向き。
特にシローは自前の機体と本機の武器構成がほぼ同じな上に、地味に原作的に一緒にサブで乗せたいパイロットが綺麗にSPの足りない物を補完してくれる形になっているので便利。

 

ついでにアップグレード時にサブでカツも追加されるのだが、所詮カツはカツだから別に存在忘れてもいい。
……冗談は置いといて真面目に考察すると、カツは一応宇宙世紀MS乗りで唯一補給を覚えるのでスーパーガンダムのサブパイロットとしてなら普通に使えます。
エマさんだけじゃなくこちらも努力を覚えるので、レベルが遅れた宇宙世紀MS乗りのレベリング時にサブに置いてお使いください。
例えば前期機体が弱くレベルが遅れがちだがアップグレード後がかなり強いこの人とか。
あと実は最終的にはNTLvの差で負けるものの、素の回避値自体はトビアより高い。嘘だろお前……*1
あとリディ以上に格闘値がゴミなので使う価値はないけどカツのNTLvは5まで上がるのでバンシィ・ノルンのH・ビームトンファーが使えます。正直筆者はこの事実に困惑している。

 

……とはいえ、何とか筆者も褒める点を頑張って探したけどスーパーガンダムのサブのシートで努力と補給を使う以外に使える点は正直ない。
ぶっちゃけると本機のサブでのみ活かす事ができるという事は、逆に言えば本機の利点であるサブも乗り換え自由という点を使って遊ぶ前提ならば本機ですらカツを使う価値がほぼ無くなってしまうという事でもある。カツェ……

 

やべ、エマさんの考察忘れてた……
ま、まぁパイロット能力は低いけど、ひらめき集中に魂まで覚え、ついでに努力もあったりするのでSPが使いやすいです!SPがピーキーなパイロットをメインにして、スーパーガンダムのサブ要員でお使いください!以上です!

 

本機の最大の弱点は乗り換えで遊ぶための機体なので、真価を発揮するのがオリジナルモードに限られる事、そして乗り換え要員を集める必要があるので最終的な完成は非常に遠いという事だろう。
特に乗り換え要員集めについては、ぶっちゃけパートナー補正とかがない分ドラゴンガイヤーを揃える方が早い。

パーツ

スロットは4→3。
とりあえず役割で欲しいパーツがガラッと変わる。
基本的にどの役割でも貴重なパーツを注ぎ込む必要があるくらい性能が低いのは注意。
とはいえ一応リアル系なのでとりあえず困ったら運動性上げればOKというのはいつもの事なので困ったらそれで。

  • 戦闘要員として使う場合
    理想はV-UPユニット3個盛り。ALICEやハロを持ってたら一枠使ってもいいかも。
    ここまで注ぎ込んでようやく戦闘要員にできる程度には性能不足。
  • SP要員として使う場合
    最低限の生存性を維持するために2枠運動性、残り1枠にひとみのペンダント。
  • レベリング用として使う場合
    運動性や命中率を上げておきたい。あとは可能ならV-UP(W)をできれば1個は持たせておきたい。

備考

  • ちなみにGフライヤーに変形した場合のメインパイロットはサブパイロットの方が担当する。つまりカツを乗せたままの場合はよほどの事がない限り変形機能は使わない方がいい。
  • 実はとある方法を使えば二人乗りどころか三人乗りにもなれる。
    メインパイロットがウッソならハロ、フォントならハロロしか乗せられず、残念ながら四人乗りにはできない。
  • どうしてもカツをメインで使いたいという奇特……もとい趣味に生きる人向けだが、一応パイロット能力は火力の低いトビアと言える能力*2なので、高運動性のMSを見繕えば一応回避に期待できるようになる。
    • 高運動性かつ射撃重視という事で選択の理想はνガンダム。……あれ、どっかで見た事ある展開のような気がするんだけど……?*3

*1 トビアがMS乗りとして回避値がかなり低いというのが原因なのは内緒だぞ!
*2 見た目の回避値は低いが、NT補正と機体の運動性で避けるタイプ
*3 ロボダン作者であるナオヒラさんの別SRCシナリオ、ロボットたいせんSRCのネタ