Top > VK 45.02 (P) Ausf. B7
HTML convert time to 0.021 sec.


VK 45.02 (P) Ausf. B7

Last-modified: 2018-02-27 (火) 10:14:04

VK4502PB.png

Tier 9 ドイツ 重戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP1,850
車体装甲厚(mm)200/100/100
最高速度(km/h)30
重量/最大積載量(t)72.43/75.5
本体価格(シルバー)3,598,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
Pz.Kpfw. VII
(196,470/6,100,000)
VK 45.02 B
(168,720/3,598,000)
VK45.02 (P) Ausf.B (10.5)
(28,800/156,340)
VK45.02 (P) Ausf.B2 mit 10.5cm/68
(100,300/283,800)
VK4502 P2B
(137,700/463,300)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
VK 45.02 (P) Ausf. B72x Porsche Typ 100/18.8 cm KwK 43 L/71VK 45.02 (P) Ausf. B7VK 45.02 (P) Ausf. B71,850415
600152
~
254
180
~
300
7.79
--
--
17220/150/15026400
VK 45.02 (P) Ausf. B7 (10.5)2x Porsche Typ 100/310.5 cm KwK 45 L/52VK 45.02 (P) Ausf. B7VK 45.02 (P) Ausf. B7
670200
244
60
320
320
420
5.94
2.29
0.36~0.37
17220/150/15026400
VK 45.02 (P) Ausf B2 mit 10.5cm/68Porsche Deutz Typ 180/210.5 cm KwK 46 L/68VK 45.02(P) Ausf. B verstärktekettenVK 45.02 (P) Ausf. B7
840225
285
60
320
320
420
5.83
2.29
0.34
20220/150/15026400
VK4502 P2BPorsche Deutz Typ 180/212.8 cm KwK 44 L/55VK 45.02(P) Ausf.B verstärktekettenVK 45.02 (P) Ausf. B Schwerer Turm
840246
311
65
490
490
630
3.82
2.90
0.37
20252/160/16018400

解説 Edit

  • 概要
    Imperial Steelで追加されたTier9ドイツ重戦車。通称"ミニマウス"
    VK 45.02 (P) Ausf. Aとは逆の砲塔配置と全長の長い車体が特徴的な外観を形作っている。
  • 火力
    攻撃面では2つの強力な砲(仰俯角以外はE 75と同一)が追加される。
    戦力としては12.8cm KwK44 L/55を搭載してからが本領。
    • 10.5 cm KwK 46 L/68
      ダメージはこれまでと同じだが貫通力と精度が上昇、発射速度が微減。
      12.8cm砲に比べると、俯角を2度多く取れる。
      バランスが良い主砲。
    • 12.8cm KwK44 L/55
      改良砲塔がついてくる唯一の砲。他国と比べ攻撃力が大きい。このTier帯になると射撃チャンスも少ないので一撃で重いダメージを与えられるのは重要。
      E 75に比べて俯角が3度少ないため、地形の影響を受けやすいのが欠点。
  • 装甲
    性能バランスが中戦車に近かった前身から一転、ミニマウスという愛称に相応しい前面装甲と最低限の機動性を持った車両となっている。
    • 車体
      車体前面は傾斜込みで上部322mm、下部311mmと非常に硬い。
      同格の砲ならば下部ですら金弾でも確実には貫通できない。
      ターレットリングは相変わらず丸見えだが200mmに増厚されている。
      横幅に比べ縦幅がはるかに狭く、敵砲弾をかわすなら左右よりも上下移動の方がかわしやすい。
      車体前面の機銃部分は球状のため真正面から撃たれると200mm程度で貫かれる弱点。
      だが、キューポラよりかなり小さく、大抵キューポラか砲塔正面を狙われるので過度に気にする必要はない。
  • 砲塔
    正面はMausをも凌駕する。
    通常弾ならばかなりの確率で弾いてくれるが同格以上の金弾相手には抜かれやすいので注意。
    キューポラは弱点ではあるが当たり判定が狭く、細かく動く・距離をとるなどで撃たれにくくできる。
    • 天板
      60mmに増厚され3倍ルール(ゲームシステム・貫通判定を参照)に引っかかりにくくなった。もともと20度と跳弾が確定しやすい角度でもある。ただし火力の高い榴弾には注意。
  • 弱点
    旋回速度が極端に遅いので元々苦手な接近戦が更に厳しくなる。敵をこちらの懐に入れない動きがますます重要になってくる。
    車体前面がまさに鉄壁となった分、中近距離では特に砲弾が集中することは意識しておくべきである。
    また、Tier上昇に伴って相手の砲精度も向上していることは覚えておこう。
  • 機動性
    大幅な重量増加に対して最上位エンジンは前身と共通で840馬力のままなので、出力不足は否めない。
    路面状態が良い場合でなんとか30km/h、そうでなければ20km/h近くまで落ち込む。
  • 対策
    基本的にアメリカのT95のような正面番長TDへの対策と同じ形の動きをすればいい。
    まずは極力正面からは相手にせず、側背面を取れる位置へ逃げる。車体側面は脆いので貫通を狙いやすく、直接撃てなくても牽制して警戒させてこちらへ砲塔を向けさせれば正面にいる味方が撃つチャンスになる。また状況次第ではあるが、本車は砲塔・車体の旋回が遅いため、履帯を切って強引に側背面に回り込むというのも選択肢の一つだ。
  • 総論
    Leichttraktor以来の後部寄り砲塔はドイツ車では稀で、機動性の低下も併せて癖の強い車両である。
    また、動きの鈍さから自走砲から狙われやすく、履帯を切られた時の対策も必要性が高まってくる。
    車体正面が非常に硬く同TierのE 75と比較すると防御面での優位性がある。

しかし速度、旋回性能、砲塔の回転速度の極端な遅さといった点は改善されていないため、陣地転換や接近戦の苦手さも相変わらず。また、車体側面の薄さも変わっておらず、何もかもがE 75の上位互換になったというわけではない。バランス型のE 75、防御型の正面番長の本車といったところか。
ドイツ戦車の基本通りに敵の接近を許さず、弱点を容易に狙わせない細かな機動に熟練すれば、全重戦車の中でも屈指の頑強さと高火力を発揮するポテンシャルを備えている。

史実 Edit

博士、またやらかす-その2

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 車体下部が前より柔らかくなった…? -- 2017-10-11 (水) 00:59:03
  • Pz.Kpfw. VIIの為に買い戻したんだけど、もしかして柔らかくなった? -- 2017-10-27 (金) 09:32:52
  • PC版と同じなら下部は柔らかくなってると思うよ -- 2017-10-27 (金) 12:23:04
  • noob 兵なので強い戦車なら少しは強くなるかと思い開発しました。そしてこの子でダメアシ 3998(ダメ 3000超) 取ったのでクラス3バッチくらいは取れると思ったけど何も付かなかった。noob は noob だと実感しました orz -- 2018-03-16 (金) 08:50:19
  • なんでこいつ最終パケ開発に8万も経験値いるんだ…稼ぐのがきつい -- 2018-05-04 (金) 11:41:11
    • tier9だしそんなもんよ。自分もイナゴやT-54の時は苦労した。 -- 2018-05-04 (金) 16:17:11
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White