【アルウェ王妃】

Last-modified: 2019-12-01 (日) 19:52:05

概要

【オルフェアの町】出身の【プクリポ】の女性。【ナブレット団長】の年の離れた妹。
後に【メギストリスの都】【プーポッパン王】に嫁ぎ、【ラグアス王子】を生んだ。
本編開始時はすでに故人である。

人物

普段は天真爛漫な女性。生まれつき予知能力を持っており、15年前に「どうしても銀の丘に行かなければならない気がした」と感じ、【銀の丘】へ向かう。
そこにあった不思議な扉から現れた【フォステイル】不思議なノートをもらい、ためしに書いてみた1つ目の願いにより彼女の人生は一変する。
本物のお姫様になりたいという願い事を書いた翌日にメギストリス城から使いが現れ、メギストリス王妃に迎えたいと告げられ、そのままプーポッパン王に嫁ぐこととなった。

しかし、15年前に予知能力に目をつけた【悪魔ザイガス】が現れる。
ザイガスにプクリポの救世主に関する予知を強要された彼女は、「今から15年以内にオルフェアで救世主が生まれるから、15年後にオルフェアの子供達を全て食べてしまえばいい」と契約してしまう。
しかし、この際に彼女はプクリポの救世主は生まれないこともまた予知しており、これはザイガスをだますためのハッタリである(この時点で彼女は15年の後には自分がすでに居ないことも知っており、兄ナブレットにザイガスの撃退を託している。ナブレットが主人公が来る事を知っていたのもアルウェの予知によるもの)。

救世主が生まれないことを知った彼女はノートの2つ目の願いとして、プクリポのみんなを救っちゃうようなイケメンな子供が生まれますようにと願い、1年後にオルフェアに里帰りして、ラグアス王子を出産。*1

プーポッパン王を憚り予知能力の話は公でしなくなったが、幸せな生活を送っていたようである(それがノートの力によったものだったとしても)。

5年前、ノートに3つ目の願いを書いたことにより、【リンクル地方】にある別荘で死亡。その遺体はミイラのように干からびていたという。

登場

身内

活躍

【美の競演! アストルティア・クイーン総選挙!】

169984票を獲得し3位にランクインした。
故人である彼女がノミネートされたのは、【プクリポ】の生きている女性では重要キャラがいなかったためと考えられる(この傾向はVer.4.3現在でも根強い)。

美の競演! 第2回アストルティア・クイーン総選挙

前年に引き続き第二回アストルティア・クイーン総選挙にも参戦。
人妻のライバルでは【クラハ】がいるが、彼女とは全くタイプが異なり、キャラがキャラだけに未だ根強い人気はある為、安定した票は得られそうではあったが、8位に終わった。

美の競演! 第3回アストルティア・クイーン総選挙

【クラハ】さんが息子の看病で欠場、【賢者マリーン】が自重(?)したため、繰り上がりで参加。
さて、王妃ちゃん様の意地を見せられるか、はたまた他ライバル台頭で【ソーミャ】の二の舞となってしまうか…。
悪い予感は的中し、最下位に終わった…やはり繰り上がり枠では厳しかったか…。
順位としては序盤こそ8位スタートだったものの、その後はずるずると下がり、結局【マイユ】【フウラ】と最後まで最下位争いをしてしまった。

2019年エイプリルフール ぱふぱふ天国

【邪神の宮殿】の4月1日限定のイベントにて、「エルちゃん様」という偽名で登場。やはりここでも「ちゃん様」は外せない。
本作開始時点で既に死亡しているにも関わらず登場、「お空の高いところまで 連れてってあげるっ!」等、本当の意味での天国を想起させられる。
勿論死亡してしまうことはないのでご心配無く。イベント内容については【エイプリルフールイベント】項にて。
 

関連ページ



*1 ザイガスに告げた彼女の予知はこれにより真実となったわけである。