【ゴールドシャワー】

Last-modified: 2021-02-02 (火) 19:20:51

【オーラ】

【サインぜめ】-【スキャンダル】-【メイクアップ】-【ボディーガード呼び】-【ベストスマイル】-【ゴールドシャワー】-【バギムーチョ】-【ミリオンスマイル】-【ラグジュアルリム】-【プレシャスレイン】

概要

オーラスキル100で習得できる【スーパースター】専用特技。MPの代わりにお金を使う技の一つで、消費ゴールドは1000G。
 
なお【たんすミミック】が名前も見た目もそっくりな【へそくりシャワー】を覚えるが、そちらは名前のとおり(?)プレイヤーの財布は消費せずMPを消費するなど、中身のほうは少々異なる。

性能

自分を中心とした円形範囲内の敵全員に無属性の270~330ダメージを与える攻撃スキル。範囲は広くも狭くもない程度。
消費コストがMPではなくお金というだけで、ダメージに通常の固定ダメージの特技と異なる特徴はない。
無属性のためフォースが乗り、テンションの影響も受ける。
【スーパースターの証】を装備すると、使用金額が倍額になる代わりにダメージも倍になる。
 
非CT特技にもかかわらず、ダメージ上限は9999となっている。非CT特技で上限が1999でないものはこれと【スカウトアタック】【ブレスクラッシュ】【一閃突き・改】の4つのみである。
ただし準備時間が2.2秒で発動後硬直もやや長めなため、DPSは見た目のダメージほど高くなく、回避できる敵の攻撃を避けにくくするリスクもある。
 
他の特技よりも使用時の必殺チャージ率が高く、必殺技使用後の5分のクールタイムを無視してチャージすることもある(【クロッシュウェアセット】【究明者のコートセット】、各種必殺技の閃きと同じ効果)。
 
実装当初の1000G(2000G)は結構な大金だったが、威力も他の攻撃技に比べて群を抜いて強力な特技だった。4人で連発すれば当時の強敵である【天魔クァバルナ】強ですら1分で倒せてしまうほどで、スパとしては貴重なCT無しで使用できるまともな威力を持った範囲攻撃だったため、【アストルティア防衛軍】のような場所にスパで乗り込む際には必須の特技であった。
 
しかし他の呪文や固定ダメージ系の特技と異なり、依存ステータスが全くなく宝珠もないため、実装以来他の特技・装備のおこぼれを貰う形以外で技のダメージが一切上がっていない。そのため火力インフレが進んだ今では証ありでもアタッカーどころか支援職よりダメージ水準が低く、スパ自身もバフを併用したスキルや呪文でこれより高いDPSが簡単に出せるなど、攻撃技としてはもはや無用となってしまった。むしろ高い必殺チャージ率を金で買うような感覚の利用法が多かったりする。
 
【コロシアム】では、一時期猛威を振るった反動で数回仕様変更された結果、Ver.5.2の時点で「スパの所持ゴールド上限1000G」「効果範囲が狭く消費量は500G」という特別仕様になっている。

Ver.1.5

中期の【ワールドお知らせ板】【強ボス】の討伐時間ランキングが追加されたが、この技の連発による短時間撃破ばかりが並び、修正の声が強かった。
なおコロシアムではあまりに強すぎる為、Gの持ち込み制限がつき、かつこの技自体もコロシアム内の使用における調整が入った。

Ver.2.1

味方限定の技だったが、遂に【合成屋リーネ】【ブラバニクイーン】が使用者として登場。
やはりというか、それぞれがプレイヤーに多大なトラウマを与えている。

Ver.2.3前期

季節イベント【新たなる辛党? お菓子の国の悲劇!】で、パンプキンの衣装を着ている時にガラシの塔内で使用出来る。ここではゴールドではなくMP12を消費し、CT30秒でダメージは同じく300前後。

Ver.2.3後期

【ファラオ・ヘルマ】が使用。600以上のダメージを出してくるため、聖女の守りかファランクス状態じゃないとほぼ即死確定である。

Ver.4.5

【黄金のバディンド】が使用。ストーリーボスが使ってくる初のケースである。
性能はファラオ・ヘルマのものと同じ。この時期になるとHPを盛れば十分耐えることも可能になってきたが、それでも乱戦になるボス戦のため食らうとかなり危険なダメージとなる。
また、防衛対象である光の柱に接近した状態で使われてしまうと非常に厳しい。

関連

【超ゴールドシャワー】
【大盤振舞ゴールドシャワー】