【ヘビーメタル】

Last-modified: 2020-07-07 (火) 21:31:12
ひときわ重い
金属のかたまり
職人のための素材

概要

DQ9から登場した素材。
非常に重い金属で、銅・鉄などの鉱石とは別物にあたる。バザーの取り扱い分類は石系。
鍛冶職人のみならず、ツボ錬金職人にもおもさ錬金の為に重宝される。
【しびれだんびら】【どれいへいし】【ナウマンボーグ】【バロンナイト】のレアドロップ、
【ファイアボール】【はぐれメタル】【メタルキング】の通常ドロップ。
【銀のおたから花】、ツボ漁り等から入手可能。

Ver.1

当時は多くの【コインボス】【災厄の王】等でパラディンの需要が高まり、【おもさ】が非常に重要視された。そして足装備につける上級おもさ錬金の為にツボ職人等に大量消費され高騰。また、レアドロップで落としていたモンスターのドロップがレシピに変更されてしまったり、買占め等もあって1つ1000Gをゆうに超える高級素材と化していた。
この高額さ故ツボ錬金ギルドのギルドマスターからの依頼におもさ中級が来た場合、これをこなしても赤字になってしまっていたほど。
【永遠の地下迷宮】のツボからでもたまに拾えたので、金稼ぎの為にツアーをしていた冒険者もいたが、当然金を求める【業者】が蔓延ることになってしまい、入手率も調整されてしまう。

Ver.2

【海風の洞くつ】【試練の門】に登場する【アビスソルジャー】【テンタコルス】がレアドロップでヘビーメタルを落とす様になる。試練のボスはレアを落とす確率が格段に高く、しかも全部で3匹いるので、うまくいけば一回で1人あたり6つ取れる。
試練の敵の中でもかなり倒しやすく、経験値もゴールドもドロップも美味しくアクセスも容易とくれば、利用者は続々と増え、安定して供給されることによって価格はみるみるうちに急降下。
2.1の頃にはオーグリードのバザーにておよそ400G前後と実にお求め安い価格となった。2.2で【強戦士の書】が登場し強ボスを求めて現地まで行く必要が無くなったが、下げ幅は戻らなかった。

Ver.3~Ver.4

【ナドラガンド】【キュルルと行く世界】のキラキラのハズレ素材として大量に放出され、価格は更に暴落。
また、この頃からはぐれメタルやメタルキングを使ったレベル上げが盛んに行われるようになったこともあり、彼らの通常ドロップとしても大量に供給されるようになった。
その結果、長きにわたって50Gを割るほどの低価格素材になってしまった。
 
Ver.4.4での試練の門ボスのドロップアイテム差し替えによって、アビスソルジャーたちがヘビーメタルを落とさなくなったことで若干値上がりしたものの、それでも200Gを上回ることは少ないという状況にある。

Ver.5

【魔界】では拾えないため、4桁台に相場が回復した。