【水のはごろもセット】

Last-modified: 2017-11-20 (月) 23:57:37

概要 Edit

Lv42(Ver.1.1まではLv50)から装備できるローブ。

DQ2からの常連ローブで、炎に対して高い耐性(上で10%・セットで20%の合計30%)を得ることができる。

かつてはセット効果が炎耐性50%と極めて壊れて優れていたが、Ver.3.0へのアップデートで現在の値に修正された。

セット内容 Edit

【水のサークレット】?
【水のはごろも上】
【水のはごろも下】?
【水の脚帯】?

装備可能職 Edit

【僧侶】【魔法使い】【占い師】【天地雷鳴士】

基礎能力 Edit

       HPMP攻撃力守備力攻魔力回魔力素早さ器用さおしゃれさ重さその他効果
基礎効果   000744040260295炎ダメージ10%減
セットボーナス00000000300炎ダメージ20%減

Ver.2.1 Edit

長い間、僧侶と魔法使いのメイン防具であり続けた羽衣であったが、Ver.2.1になって【退魔の装束セット】が登場すると状況が一変。
セット効果に封印耐性+30%がつく為、錬金枠を魔力+へ回せることとステータスの上昇値が高いため初めて羽衣を脱ぐ人が続出。

80レベル装備ということでそれなりのものを揃えようとすると高額になるが、ブレス耐性にすれば【かがやくいき】など炎以外のブレスもガードできる面があり、一概にどちらがよいとは言い切れない。
仲間モンスターも魔法型、およびプリズニャン等が着れ、更に【キングヒドラ】相手には絶大な効果を発揮するので高レベル装備を買って卒業したとしても持ち歩いておけば何かと便利である。

Ver.3.0 Edit

他の装備品に比べて余りにも高い数値だったと言うことで、セット効果の炎耐性が20%と大幅に引き下げられた。
同時にセット効果で炎と雷に20%の耐性を持つ【精霊王のクロークセット】が実装されたため、炎耐性だけを目当てに使い続けるには少々厳しい状況になっている。
もっとも、着回しがしづらい事を除けば装備レベル帯では問題なく活躍してくれるだろう。

Ver.3.3後期 Edit

約4年の歳月を経て占い師と言う新たな装備者を得た。
やはり無難な性能におちついたので装備可能職を増やしても問題ないという判断からだろう。

Ver.4.0前期 Edit

新たに加わった新職である、天地雷鳴士も装備可能という扱いになった。
天地雷鳴士は初期レベルが50のため、とりあえず間に合わせでLv42装備であるこれを装備させて安上がりに済ませるというのも手である。