Top > 【滝の洞窟】


【滝の洞窟】

Last-modified: 2018-07-25 (水) 18:32:53

概要 Edit

DQ5とDQ8に登場するダンジョン。
同じ名前なだけで、両者に繋がりはない。
 
また、何となく似通った名前で間違えやすいが、
DQ4の【はぐれメタルのけん】がある洞窟は【滝の流れる洞窟】で、
DQ7の過去【マーディラス地方】にある洞窟は【滝壷の洞窟】である。

DQ5 Edit

【ルラフェン】の西にあり、【ルラムーンそう】を取りに行く際に確認できるが、この時点では船がないため進入できない。
その名の通り入口が滝になっており、中は絶え間ない水が四方八方から流れる。
主人公が【フローラ】と結婚するため、【死の火山】【ほのおのリング】を見つけたその次に、【ルドマン】から借りた船で向かうことになる場所。
 
【へびこうもり】【マドルーパー】【ガスダンゴ】など厄介なモンスターが多く生息しているが、本作屈指の難所である死の火山を攻略したプレイヤーなら、恐らく乗り越えられるだろう。
ただし馬車が入れないので、へびこうもりの【やけつくいき】で全滅したりしないように。
慎重に行きたいなら完全マヒ耐性の【くさったしたい】とかをお供にどうぞ。
 
また、【みずのリング】には守護モンスターはいない。
ただし「洞窟内の滝の裏側にある入口から入れる隠し部屋」にあるという隠され方をしている上、
カムフラージュのように、目立つ場所に置かれたダミーのお宝もある。
まあこの手の隠し部屋は割と他のフィクションでも多い上、
本作では滝の上から入口が透けて見えているので、ここで詰まるプレイヤーはほとんどいないはず。
そもそもこの洞窟の入口自体がここの入口と同様のものであるし。
ここで滝の上から入口が見えなかったら「水のリングがある場所がわかりません」という質問が攻略サイト等で定番となっているであろうが、見えているおかげでそんな質問をするプレイヤーは皆無である。
 
なお、この洞窟に入るためには、その手前の川の水門を開けなければならず、
そこのすぐ東側に位置する【山奥の村】へと向かい、そこで再会する【ビアンカ】の協力を得る必要がある。
ちなみに水門の先に洞窟があるというヒントは、この村のよろず屋の親父に夜に話しかけると聞けるが、聞かなくとも見つけられないことはあまりないだろう。
 
この滝の洞窟へと向かう行程は、子供時代の主人公とビアンカの「また一緒に冒険をする」という約束を果たす意味もあるため、ビアンカが同行を提案した際には、遠慮して「いいえ」と答えても、会話をループさせ、なにがなんでも強引に同行してくれる。しかし、この洞窟自体は、彼女を馬車の中に入れていても入ることができる。リメイク版だと連れて行ってくれないのかとは聞かれるが、さすがに無限ループにはならない。
Lv10という低レベルで仲間になる上、洞窟の中では馬車メンバーの呪文が使えないため、メンバーから外していたプレイヤーも多かったのではないだろうか。(この先の展開をある程度承知していてビアンカを選ばない事を視野に入れているような場合、彼女に入る経験値が無駄になってしまうから。という考え方もなくはない)
SFC版の頃から、ビアンカを連れていると、ところどころで会話が入るが、馬車内にいたから知らないという人も多いのかもしれない。戦力としては弱いが、本当の宝が隠されている場所のヒントなどの会話もあることだし、せっかくだから連れて行ってあげよう。
なお、リメイク版ではレベルがマシになった上、会話機能によりセリフが増量。幼馴染ならではの思い出話をしてくれたりするが、やはり、主人公が結婚することを喜び祝福することより、主人公が結婚することを嫌だと思っている気持ちが大きいことが台詞の端々から伺える。
 
リングを入手すれば、上記の目的や約束は果たされ、ここでビアンカが主人公の旅に同行する理由はなくなるのだが、その後もなぜか【サラボナ】まで同行する。
いちおう婚約中の主人公が別の女性を連れていくのはどうなのか、父親の看病をしている筈なのに放っておいて良いのかなど、ツッコミ所は多々あるのだが、リメイク版の会話システムでは、サラボナまで同行する理由を「主人公の結婚相手がどんな人か見てみたい」と語っている。リング探しを手伝ってもらった彼女にとってはわからなくもないワガママだろう。
 
こうして二つのリングを得た主人公は、サラボナのルドマン邸にて、人生最大の決断を迫られるのだ。

DQ8 Edit

【トラペッタ】の南に位置する本作最初のダンジョン。
この洞窟のある山の頂上には【チーズおじさん】が住む小さな一軒家が建っている。
内部はいたるところに滝が流れており、割と圧巻。
 
出現するモンスターは【トラペッタ地方】の夜間に出現する面々が主。
よってトラペッタ周辺を昼夜を問わず平気で徘徊できるようになっていればさほど問題はないはず。
精々【リーザス地方】から出張してきた【スキッパー】が怖いくらいか。
内部には道に迷った商人だとか、ヘタレな【おおきづち】とか、善良なスライムとかがいたりして、割とバラエティ豊か。
 
3層構造で、さして複雑なダンジョンでもないが、とにかく無暗矢鱈とだだっ広いのが特徴。
物語最初のダンジョンといえば、チュートリアル色の濃いものだが、今回は、新たに登場したダンジョン内の地図を見ながら進むことに慣れていく必要がある。
ぽっかり空いた広間のような空間を狭い通路がつなぐ、丁度蟻の巣のような造りをしているのだが、狭い通路の時点で十分広く、各広間は町の民家が軽く2~3軒は収容できるほど広い。
そのため、ただ単純に歩き通るだけでも結構大変。
さらに巨大な鍾乳石の裏など、目の届かないところにある(かもしれない)宝箱のことなど考えだすと、うろつく時間と距離は結構ばかにならない。
当然それに比例してエンカウントもかさむので、気が付けばパーティーの余力もがっつり削られていたなんてこともなきにしもあらず。
【公式ガイドブック】に記載された目標レベルは5であるが、そのレベルだと長時間洞窟にこもるのはやや難しいかもしれない。
同ガイドブックでは【ヤンガス】の口を借りて、「ある程度宝箱を回収したらいったん町に戻るべき」と勧めているので、その勧めに従って、あまり無理をしないほうがいい。
まぁ攻略本片手にしてる時点で道に迷うということはありえないが…
 
貴重品と呼べるようなものがあるわけではないが、【どうのつるぎ】が入った宝箱は是が非でも回収しておくべき。
すでに同じものを持っているか、あるいはとっくに【ブーメラン】を購入済みかもしれないが、その場合でも売却すればこの段階ではそこそこの値段になる。
言うまでもなく、まだ【兵士の剣】だというのなら、即座にこちらに持ち替えるべき。
 
最深部の滝壺には目的物である【ルイネロ】が捨てた【水晶玉】が浮かんでいる。
水晶玉を取ろうとすると、滝壺の主であるという【ザバン】が底からいきなり登場。これは結構ビビる。
ザバンの問いに「はい」と答えると、DQ8初の中ボス戦となる。
ちなみに、物語最初のダンジョンでボス戦があるというのは、シリーズでは初めての事である。
 
なお、この戦闘で全力を出し切ってしまうと、帰還に必要な【リレミト】が唱えられなくなり、元来た道を律儀に引き返さなくてはならなくなるので注意したい。
もっとも実のところこの洞窟内では先ほど挙げた目標レベルの5があれば、すべての敵から確実に逃げられるし【せいすい】でエンカウントそのものを封じることも可能。
これは帰りのみならず、行きにも言えることで、つまるところLvが5以上なら、すべての戦闘を逃げるか封じるかしてそのままボスのところまで強引に踏破してしまえるのである。
ただ、そんなことをしてしまうとザバン戦が非常に苦しいことになるし、次の目的地であるリーザス地方に足を踏み入れた途端に秒殺されかねない。
結局のところここである程度の戦闘をこなすのも、次の行程への必要な布石として消化しておくのが良い。
 
ちなみに「さらに2層ほどあったが、迷ってしまうことから削った」との制作秘話が明かされている。