ロージーはあかい

Last-modified: 2021-04-20 (火) 21:37:48

「トーマス!?そんなぁ!あっいえ今すぐに向かいます。」

日本版タイトルロージーはあかい
英米版タイトルRosie is Red
脚本デイビー・ムーア
放送日・2018年8月9日(イタリア)
・2018年9月12日(オーストラリア)
・2018年10月27日(カナダ)
・2018年11月4日(メキシコ)
・2018年11月30日(ドイツ)
・2018年12月8日(ニュージーランド)
・2019年2月14日(英国)
・2019年5月4日(米国)
・2020年2月9日(日本)
この話の主役ロージー
(準主役:トーマス
日本話数第536話
第24話(シーズン内)
英国話数第534話
第22話(シーズン内)
シーズン第22シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードゴードンパーシートビービルベンロージーディーゼルアニークララベルヘンリエッタクランキー
登場キャラクターB無し
(振り返り映像のみ : ヘンリーサムソンミリー)
登場キャラクターCエミリーパクストンカーリービッグ・ミッキー
(振り返り映像のみ:ハーヴィー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ハット卿夫人トップハム・ハット卿のお母さんウェルズワーズ機関庫の作業員ヴィカーズタウン駅の作業員
登場人物Bヴィカーズタウン駅長ブレンダム港の作業員トップハム・ハット卿の付き人
登場人物Cトーマスの機関士ゴードンの機関士パーシーの機関士ロージーの機関士洗車場の作業員野鳥観察者薄茶色のコートの男性紫色のコートの女性バイオリニスト
登場人物D無し
登場スポットヴィカーズタウン駅
ブレンダム港
洗車場
ウェルズワーズ駅
ウェルズワーズ機関庫
ナップフォード駅
ヴィカーズタウン貨物停車場
ウルフステッド城(言及のみ)
ティッドマス機関庫(振り返り映像のみ)
ウルフステッド城(振り返り映像のみ)
恐竜パーク(振り返り映像のみ)
あらすじ・バレンタインデーの日、ディーゼルが悪戯しロージーにぶつかったせいで事故が起こる。
ロージーを責めるクランキーに対しトーマスロージーを庇った事で、ビルベンに「特別な友達」とからかわれてしまう。それ以来は気まずくなり、トーマスロージーに嫌な態度をとったり避けたりするようになる。
・そこで、ヘンリエッタトーマスロージーとちゃんと話し合うように説得する。
メモ・英米版タイトルは『Roses are red(薔薇は赤く)』という詩をもじったものであり、トップハム・ハット卿の「ロージー赤いトーマス青い」という発言も『Roses are red, Violets are blue(薔薇は赤く、菫は青く)』という一節をもじったもの。
当アニメで初めて、バレンタインデーをテーマにしたエピソード。
・準レギュラー2が台詞付きで登場し、スチーム・チーム新メンバーが登場しない。
郵便袋?の雪崩に押し倒され、同僚に帽子で仰がれるヴィカーズタウン駅の作業員
バレンタインデーを知っているエドワードと、知らないパーシー
あの時「意地悪するのはもうやめた」と反省したにも関わらず、ロージーに体当たりを食らわせるディーゼル*1
トーマスが歌でからかわれるのは3回*2となる。
トーマスゴードンヘンリーディーゼルオリバーピーター・サムパーシークランキービルダックアーサーエミリーヘクタージェームス続い、歌でからかわれるロージー
ボコゴードンソルティークランキーファーガスハーヴィーポーターパーシーコナートーマスティモシースペンサーエミリーマリオンサムソンヘンリーエドワードニア続いて、ビルベンから煽てられるロージー
以前トーマスが、ヘクターを怖がっているロージーを庇った時には誰にもからかわれていない。
トーマスが慌てて動いたせいでドームと汽笛に頭をぶつけたり、トーマスが走り出したせいでハシゴごと倒れそうになる等、散々な目に遭う洗車場の作業員
緑のウェストコートと灰色の髪の男性続いてお姫様抱っこされる洗車場の作業員
ロージー、初めてエドワードと会話する*3
第5シーズンゴードンとおばけ』以来、トーマスをボロクソに言うゴードン
トーマスを優しく諌めるヘンリエッタ
バイオリニス、初登場。
・ラストのシーンでは外してしまったのか、トップハム・ハット卿マフラーを付けていない。
ヘンリートーマス続いて、車体を光らせるロージー
ロージー第24シーズンA New Arrival』、ヘンリエッタは『The Inventor's Spectacular Bridge』まで、ハット卿夫人は現時点でこの回以降、台詞無し。
ハット卿夫人トップハム・ハット卿のお母さん第24シーズンThomas and the Royal Engine』まで、ビルベンは『ちいさなレイルウェイ・ショー』まで、出番無し。
台詞トーマス「こんにちは!ソドー島へようこそ!ここには沢山の機関車がいて、みんな仲間だけど、いつでも仲良しって言う訳じゃないんだ。さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『ロージーはあかい』というお話。」
ヴィカーズタウン駅の作業員「おぉ…嘘だろ!」(初台詞)
パーシー「やあエドワード。今夜は郵便袋がいつもより多いんだ。すごい量だよ!」
エドワード「それはきっと、明日がバレンタインデーだからだよ。」
パーシー「バレンタインデー?何それ?」
エドワード「大切な人達に手紙やお花やプレゼントを送って、愛してるって気持ちを伝える日だよ。」
パーシー「気持ちを伝えるのが一日だけなんてちょっと変じゃない?もっといつでも伝えればいいのに。」
エドワード「ハハッ、確かにそうだね、パーシー!」(汽笛
パーシー「よっこらしょっと…。」
ナレーター「次の日の朝、ブレンダムの港ではディーゼルが悪戯をしようとしていた。」
ディーゼル「ヘヘヘヘヘヘ…。」
ロージー「キャ!」(警笛
ロージー「やだどうしよう!」
クランキーロージー!何をやってるんだ?」
トーマス「ペッ!ロージーが悪いんじゃないよ!ディーゼルが後ろからぶつかったんだ。」
ディーゼル「ハハ!」(汽笛)(汽笛
ディーゼル「何だとトーマス?そんな風にロージーを庇うなんて、さては好きだからだな?ヒヒヒヒヒ!」
トーマス「違うよ!」
ロージー「友達だから私の味方をしてくれてるの!」
ビル「あ~!トーマスは特別な友達なんだ!」
ベン「特別な友達!」
ビルベン「特別な友達!」
ロージー「はぁ…。」
ビル「♪トーマスロージー、木に座り~!」
ビルベン「♪イ・チャ・イ・チャ・し・て・る~!ハハハハ!!」
・(空想中)
トーマス「うわっ。はあ…、もう、みんなうるさいぞ!」(汽笛
ビルベン「アハハハハ!」(汽笛)(汽笛
ディーゼル「イチャ・イチャ・して・る?ん?なるほど!そうか!アハハ、最高だ!アハハハアハハハハハ!」
・(汽笛ロージー「ねえトーマス。」
トーマス「うわっ!」
ロージー「さっきは港で私の事を庇ってくれてありがとね。」
トーマス「僕が君を庇うだって?か…勘違いだよ!そんな事してないもん!」
ロージー「そんな…?でも私…。」
トーマス「みんな、ロージーを見てよ!ハハハッ、何も無かったのにさ勘違いしてる!ハハーッ!おっかしいよね!ハハハハハ!」(汽笛
ヘンリエッタトーマス!今のは失礼じゃないの!」
トップハム・ハット卿トーマス!」
トーマス「うわっ!」
トップハム・ハット卿「大切なお客さん達を迎えにウルフステッド城へ行ってくれたまえ。ヴィカーズタウンにお連れして、そこでロージーと待つんだ。」(猫の鳴き声)
トーマス「何ですって!?ロージーとなんて…それはちょっと…い…いいえなんでもありません。勿論…お任せ下さい。」
トップハム・ハット卿「よし!ロージー!」
ロージー「わっ!」
トップハム・ハット卿「あの後ろの貨車をヴィカーズタウンまで運んでくれたまえ。そこでトーマスと待つんだ。」
ロージートーマス!?そんなぁ!あっいえ今すぐに向かいます。」(汽笛
トップハム・ハット卿「お母さん。」
トップハム・ハット卿のお母さん「ええ、なあに?」
トップハム・ハット卿「あ…その…ここでいいですか?これからバレンタインデーの準備をしなくてはいけないので。」
トップハム・ハット卿のお母さん「ホホッ。勿論良いわよ。」
ロージー「早く、急いでったら!」
エドワード「何を急いでるんだい?」
ロージートーマスにばったり会いたくないんだもん!今朝物凄く失礼だったんだから。」
エドワードトーマスが君に失礼だって!?それはおかしいな…君の事が好きだと思ってたけど?」
ロージー「ハッ!」(汽笛
ウェルズワーズ機関庫の作業員「うわっ!待って!」(初台詞)
ゴードン「やあやあ小さくて鈍間なトーマス!いい事を教えてやろう。お前の好きなロージーが俺のすぐ後ろを走ってるぞ!ハハハハッ!」
トーマスロージー!?」
アニートーマス、何してるの?」
クララベルトップハム・ハット卿ヴィカーズタウンで待ってるのよ。」
トーマス「今はロージーに会いたくないんだ!」
トビー「どうしちゃったんだいトーマス?」
ヘンリエッタロージーに失礼な態度をとったり避けたりするなんて。」
アニー「あらやだトーマス!ロージーに失礼な事したの?」
クララベル「一体、何があったっていうのよ?」
トーマス「何にもないってば!でも他の皆が何かあると思ってる!」
ヘンリエッタ「周りがどう思うかなんて気にしちゃ駄目よ。」
トーマス「分かってるよ。でも…ロージーに勘違いとかはして欲しくないんだ。」
ヘンリエッタ「誤解があるなら、彼女とちゃ~んと話をする事ね。」
トップハム・ハット卿「はぁ…ああどうしよう。おおう~ん…。」(汽笛
トップハム・ハット卿「ああ~!ロージー!向きを変えてこちら側に来てくれるかい?それでトーマスはどこなんだ?」(汽笛
トップハム・ハット卿「おぉ、間にあって良かった!ハハハ、さてとそれでは…」
ハット卿夫人「あなた!」
トップハム・ハット卿「ああ!此処までよく来てくれたね!」(汽笛
トーマス「あっ…や…やあロージー。」
ロージートーマス…。」
トーマス「失礼な態度をとってごめんねロージー。君の事は好きだよ。大好きだ!でも…他のみんなみたいに友達としてね。」
ロージー「私も同じ気持ちよ!」
トーマス「良かった!」
ロージー「ええ、本当に!」
トーマス「ウフフ!誤解が解けてホッとしたよ。ウフフフ!」
トップハム・ハット卿「(咳払い)ロージー赤いトーマス青い。私の妻である君をあの、その…愛しているよ。」(猫の鳴き声)
ハット卿夫人「まあ!こんにちは可愛い猫ちゃん!ありがとう、あなた!はあ!あっ…私も愛しているわ!」(最後の台詞)
ロージー「これがトップハム・ハット卿の計画だったのね!」
トーマス「台無しにする所だったよ!」
ロージー「本当ね。ウフフフ…。」
トーマス「ハハハハ…。」
ナレーターロージーと僕は仲直りできて嬉しかった。だって友達だもん!」
振り返りセグメント
トーマス「みんなは誰かにからかわれた事ある?前にゴードンヘンリー少しの雨でも怖がる事をからかったヘンリーはとっても傷ついたんだ。サムソンミリーの事を「頼りにならない機関車」って呼んだ。ミリーはかんかんに怒ったよ。誰かに意地悪な事を言われたらいい気はしないよね。僕は港でロージーを庇ってビルベンディーゼルにからかわれた。恥ずかしかったしイライラした。それでロージーに冷たい態度をとってしまったんだ。からかわれても気にしなきゃよかったのにね。友達の味方になるのはいい事だ!からかう方が間違ってる!だってロージーは僕の大切な友達なんだからね。」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
エドワード/ゴードン/トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/ヴィカーズタウン駅の作業員キース・ウィッカム
パーシーナイジェル・ピルキントン
トビーロブ・ラックストロー
ビルラスムス・ハーディカー
ベン/クランキーマット・ウィルキンソン
ロージーニコラ・ステープルトン
ディーゼル/ウェルズワーズ機関庫の作業員ケリー・シェイル
アニークララベル/ハット卿夫人テレサ・ギャラガー
ヘンリエッタマギー・オルレンショー
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
エドワード/トビーウィリアム・ホープ
ゴードン/ディーゼル/ウェルズワーズ機関庫の作業員ケリー・シェイル
パーシークリストファー・ラグランド
ビルラスムス・ハーディカー
ベンマット・ウィルキンソン
ロージーニコラ・ステープルトン
アニークララベル/ハット卿夫人テレサ・ギャラガー
ヘンリエッタマギー・オルレンショー
クランキーグレン・ウレッジ
トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/ヴィカーズタウン駅の作業員キース・ウィッカム
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
エドワード佐々木望
ゴードン三宅健太
パーシー神代知衣
トビー坪井智浩
ビルベン下屋則子
ロージー望月久代
ディーゼルケン・サンダース
アニークララベル/ハット卿夫人吉岡さくら
ヘンリエッタ/トップハム・ハット卿のお母さん根本圭子
クランキー黒田崇矢
トップハム・ハット卿田中完
ウェルズワーズ機関庫の作業員/ヴィカーズタウン駅の作業員*4金光宣明
シリーズ前回トーマスとドラゴン
シリーズ次回
(英語)
ぶひんのなぞをさぐれ!シリーズ次回
(日本)
やまかじにきをつけろ
振り返ったエピソード第18シーズンミリーときょうりゅうパーク
第20シーズンやみにひかるヘンリー*5

*1 ロージーディーゼル親しい描写が見られたが、今回はそうではない。
*2 1回目はジェームスヘンリー、2回目はベレスフォード貨車達、今回はビルベン
*3 但し、第16シーズンソルティーへのプレゼント』で出会っており、マガジンストーリーでも会話している。
*4 エンディングクレジットでは「鉄道作業員」
*5 厳密には第1シーズンでてこいヘンリー』と長編第10作の出来事の言及のみで、本題には絡まない。