Top > Cruiser Mk. III


Cruiser Mk. III

Last-modified: 2018-02-08 (木) 13:05:43

GB-Cruiser_Mk.III.png

Tier 2 イギリス 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP140
車体装甲厚(mm)14/14/14
最高速度(km/h)48
重量/最大積載量(t)14.19/14,5
本体価格(シルバー)3,800
修理費(シルバー)

パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
Cruiser IV
(1,500/41,000)
Cruiser III
(180/3,800)
M1931
(1,400/17,500)
Cruiser Mk. III*
(2,305/32,610)
Cruiser Mk III**
(1,605/18,610)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Cruiser Mk. IIINuffield Liberty Mk. II15cm Machine Gun BESACruiser Mk. IIICruiser Mk. III140WS No. 11
340AP2794001101.78
1.90
0.53
4014/14/1448320350
M1931Nuffield Liberty Mk. IIIQF2-pdr Mk. IXCruiser Mk. IIICruiser Mk. III140WS No. 11
395AP
APCR
HE
64
121
23
45
45
60
87
G
24
2.30
0.40
4014/14/1448320350
Cruiser Mk. III*Nuffield Liberty Mk. III40mm Pom-PomCruiser Mk. III*Cruiser Mk. III*150WS No. 11
395AP
APCR
HE
49
71
23
45
45
60
120
G
22.86
1.90
0.48
4214/12/1445320350
Cruiser Mk III**Nuffield Liberty Mk. IIIQF 2-pdr Mk. IXCruiser Mk. III*Cruiser Mk. III*150WS No. 11
395AP
APCR
HE
64
121
23
45
45
60
87
G
24
1.90
0.40
4214/12/1445320350

解説 Edit

  • 火力
    初期砲…もとい初期機銃のベサ15mm重機関銃は、貫通力・ダメージ共に低いが発射弾数が多く、全弾貫通時の威力は凄まじい。
    ただ貫通力の関係で相手を選ぶ。
    最終的には汎用性の2ポンド砲か、4連発による瞬間火力のポムポム砲の二択になるだろう。
    貫通力では2ポンド砲の方が上だが、このTier帯ならポムポム砲の貫通力でも大抵の敵にダメージが入る。
    Tier2でのポムポム砲は単発でも運用できるので瞬間火力だけでなく汎用性も2ポンド砲に迫る。
    が、機関砲なので350m以遠には弾が届かず遠距離射撃は不得手。
     
  • 装甲
    全周14mmと薄い。
    機関砲でも容易に穴が空くので攻撃を弾こうなどとは考えないこと。
     
  • 機動性
    最高速度だけでなく加速も非常に良く、曲がりにくいことを除けば非常に優秀。
     
  • 総評
    高機動紙装甲というわかりやすい軽戦車。
    足を活かした運用が求められる。

史実 Edit

高速で軽装甲の突破戦車という開発意図で作られた巡航戦車Mk.IIIは、巡航戦車Mk.I巡航戦車Mk.IIで使用されたスローモーション・サスペンションが高速走行向きでなかったため、陸軍にとっても不満が残るものでした。 
そこで、アメリカのクリスティー戦車が採用している、クリスティー・サスペンションを1936年にモーリス社がライセンス権を取得し、1936年末には、試作車両に取り入れ完成したのがA13でした。
テストにおいて、小改修だけで正式化し巡航戦車Mk.III(A13)として、1938年から1939年夏までに65両が生産されました。
クリスティー・サスペンションは採用していますが、生産性・整備性向上やコストダウンのため、装輪走行機能は省略されて、最大速度65km/hを出せましたが、足回りに負担が掛かりすぎるということで、最大速度は48km/hに制限されていました。

車体はイギリスの戦車用砲塔を載せられるよう大型化され、そこに載る砲塔は、巡航戦線Mk.IやMk.IIと酷似しており、武装も2ポンド砲とヴィッカース7.7mm水冷機銃とほぼ同じものが装備されていましたが、砲塔は3人乗りになりました。
車体は箱型のスマートなものとなり大型転輪を片側に4つ配したものに、拡大改良されたクリスティー・サスペンションを奢り、オリジナルクリスティ戦車で使われた350馬力のリバティ・エンジンのライセンス版をやっと搭載して、巡航戦車らしい性能を手に入れましたが、肝心の装甲厚が14mmと薄く、これを改善する装甲厚を30mmに強化したA13Mk.II案が出され、巡航戦車Mk.IVとして正式化された後にMk.IIIも順次Mk.IVに改修されてゆきました、これは巡航戦車Mk.Ⅲ改とも呼ばれ、防楯形状がA13のままなので、純正のMk.IVとの識別は可能でした。

やはり、巡航戦車Mk.I/IIと同じく、フランスで黄作戦に第1機甲師団所属車両が投入されましたが、性能不足とマシントラブルから大損害を出したり、他に少数が1940~41年にリビアで第7機甲師団により使用されて北アフリカ、ギリシャ戦に投入されましたが、装甲の薄さが災いして、こちらも大損害を蒙ってしまいました。

面白いエピソードとして、1936年にイギリス軍がクリスティーサスペンションを研究するために、M1931クリスティー戦車を2両購入したものの、この頃のアメリカは軍事用武器の輸出が違法とされていて、輸入ができない状況でした。
そこで、苦慮の末に戦車ではなく「トラクター」として木箱に納め、その上からグレープフルーツを大量に詰め込んで、なんと、アメリカから密輸入してしまうと言う、今では考えられないエピソードもありました。
なんとか、クリスティー戦車を手に入れたナッフィールド社は、その後、同戦車車載のリバティーエンジンと共に、ライセンス権利を無事獲得しました。

65両と少数生産だったのには、装甲が薄すぎたために、機甲戦闘には向かないと判断されたので、Mk.IVに生産を切り替えたのが理由だと言われています。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ポムポム砲が当たらない~ -- 2016-04-14 (木) 11:11:21
    • ありゃー 近寄って全弾あてる感じで運用するんやで。。。。 -- 2016-04-14 (木) 15:49:17
      • 扱いとしては機関砲に近いな -- 2016-04-15 (金) 11:08:30
  • Tier2なのに、初期装備から次のパッケージを開発するのに必要な経験値が1100っておかしくない?同じTire2の自走Loyd GCで20なんだよ?? -- 2016-06-08 (水) 12:19:40
    • そりゃ比較が悪いよ、開発するものが違うのを考慮しないなら、他のTierでも同じく、開きがあり過ぎるのがある。 比べるなら同じTier2のCruiser Iとかじゃないとな。 -- 2016-06-08 (水) 12:32:50
  • 初期砲でもほとんど全てあてれば倒せる 「ほとんど全てあてればね。」 -- 2018-02-03 (土) 21:36:34
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White