【いなずま】

Last-modified: 2020-01-03 (金) 09:52:23

【しょうかん】(天地雷鳴士)
【げんま召喚】-【ひばしら】-【じわれ】-【いなずま】-【めいどうふうま】-【マグマ】-【げんま解放】-【水神のたつまき】-【れんごく火炎】

【地獄の殺し屋】(キラーパンサー)

【おたけび】-【いなずま】-【地獄の咆哮】

概要 Edit

稲妻を巻き起こして雷属性ダメージを与える特技。使用者によって範囲や威力が異なり、【マヒ】の追加効果を伴うこともある。
Ver.3.5後期までは敵専用だったが、Ver.4.0から【天地雷鳴士】が、Ver.4.1からは仲間モンスターキラーパンサーが使用できるようになった。

天地雷鳴士 Edit

しょうかんスキル80Pで習得できる。消費MP18。
自分の周囲の敵へダメージ+マヒ効果。
威力はこうげき魔力依存で、こうげき魔力700で約400ダメージ。
消費MPの割に威力が低めで、対象も指定しないため離れすぎると誰にも当たらないということもあるが範囲自体は広め。
宝珠「いなずまの極意」で1レベル毎に3%威力を上げることができる。
 
【万魔の塔】ではこの対象非指定型というのが利点となる。詳しくは対象項にて。

キラーパンサー(仲間モンスター) Edit

地獄の殺し屋のスキルに18ポイント振ると習得できる。消費MPは6。
他が使用するものと違い、敵を指定してその周辺の小範囲にダメージを与える。マヒ効果はない模様。
範囲は【ぶんまわし】と同じくらいかやや狭い程度。
威力はこうげき魔力を参照するが、こうげき魔力1辺りの上昇量が高く、こうげき魔力70では約250程度だが、威力キャップとなるこうげき魔力200では約680程度までダメージが上昇する。
更に「地獄の殺し屋Ⅱ」になると48ポイント目に「いなずま+200」があるため、最終的なダメージは900近くになる。
雷属性強化のベルトを付ければ1000近く、バトルロードではバッジで1200近くまで行く。
5の頃の低威力によるつかえなさは何処へ行ったやら。ジゴデインも真っ青な破壊力である。
ダメージキャップはCT無しの技の宿命で1999。地獄の咆哮込みで1200近くまで行く為、【フォースブレイク】等の効果も入るとすぐに達してしまう。
 
最大まで強化した際の威力は、バイキルトに依存せず初手から放てる範囲攻撃としては【死神のタロット】並みに強力。
さらに消費MPの軽さも売りで、1戦闘に1回までなら【ソーサリーリング】で相殺可能。天地雷鳴士はこれより威力が弱くて18MPも使うのに
ただ、流石に敵撃破時MP回復のパッシブスキルを持つ仲間モンスターには及ばず、1戦闘に2回いなずまを打つことが増えたり【まんたん】役を兼任させたりするとアイテムや【魔法戦士】での補給が必要となってくる。
とはいえ、高火力と中程度の継戦能力を両立していることは馬鹿にできず、ソロで白宝箱などのフィールド狩りをする際はキラーパンサーを連れていくのも有効である。

敵サイド Edit

敵が使う場合は自分の周囲に対する攻撃。
上位とも言える技に【あれくるういなずま】がある。DQ9では同じく上位だった「はげしいいなずま」は今作では未登場。
主な使用者は【サンダーフロッグ】【キャプテンドラゴ】【ブルサベージ】【クリムゾングレイブ】【アビスソルジャー】【ぼうれい剣士】【ダークナイト】等。
溜めの時間は使い手によって微妙に異なるが、全体的に発動が早めの傾向があり、特にブルサベージ系統のものは発動が早く避けの難易度は高め。
ダメージも使い手によって大きく異なるが、Ver.2になるまではぼうれい剣士が40~、サンダーフロッグが70~程とおおよそ2桁止まりだったが、Ver.2になってから追加されたモンスターの中にはアビスソルジャーのように160~200程のダメージを与えつつ更に高確率で短時間マヒさせる追加効果を持つものも出てきた。

関連項目 Edit

【いかずち】
【いかずち落とし】
【ジゴスパーク】
【電撃駆除システム】