Top > 【ペコリア】


【ペコリア】

Last-modified: 2019-11-21 (木) 16:01:35

概要 Edit

【うつろなる花のゆりかご】に登場するキャラクター、及びNPC、ボスモンスター。大きく分けて2種類いるが、主に2つ目を指す。

現代アストルティアにおけるペコリア Edit

【キラキラ大風車塔】の庭部にある井戸の底で、夫【パルミオ博士】と共に暮らしている【プクリポ】の女性。桃色の髪。新婚さんであり、夫婦仲はかなりアツい。
音符マークを多用する陽気な口調が特徴的。後述の設定から、今が幸せだからではなく元からこういう口調だったと考えられる。
 
Ver.4.4の物語をクリアしてから訪ねると、自身の懐妊を実に嬉しそうに語ってくれる。末永く爆発してほしい。
しかし、未来で出会った生まれる子供の行く末を知っている主人公はこの会話で複雑そうな顔をしている。
 
一応、ストーリーに関わる初の存命の【プク子】であるのだが、関わると言ってもほとんどが周辺の肉付けだけで済まされており、彼女自体は半モブと言っても差し支えない存在である。

アルウェーンにおけるペコリア Edit

……けんさっくちゅ♪
けっけ けんさくちゅ♪

【アルウェーンの町】の各地に配置されたNPC。
容姿は宙に浮くピンク色のイルカそのもの。背中や目元にファンシーな装飾が施され、吻にアンテナのようなものがついている。メタ的に言えば【神獣カシャル】のモデルの流用。
イルカの姿やその役割から、「Microsoft Office」のサポートを行うイルカ「カイル君」を想起したプレイヤーも少なからずいるそうな。残念ながら劇中では消す方法は無い。
 
その実態は【アルウェーン】全体を管理するコンピュータ端末。市民登録された人物や管理者権限を持つ人物の命令を忠実に遂行する。この町の【酒場】【預かり所】【魚交換員】などといった施設も彼(彼女?)らが担っている。
有事の際に市民達を危機から守る役目もあるため、可愛らしい見た目に反して高水準の戦闘能力も備えている。更に自己修復機能も高性能なようで、倒されても短時間で復活する。
 
【管理端末Q484】同様の機械的な思考の持ち主で、ファンシーな見た目とのギャップによりさらに恐ろしくなっている。
命令の優先度は基本的に管理者(管理者権限を持つ端末所持者)>アルウェーン市民>【複製体】となっているようで、作中でも【C141】の命令より感情を取り戻した市民の命令を優先していた。
 
かつて製造に携わったパルミオが、亡き妻の性格を模したAIを搭載したため、口調や嗜好もそれに準じている。
ただしプロトタイプのペコリアはその限りではなく、複数の口調のデータがインストールされていた模様。

攻略 Edit

C141によって「ペコリア・アルファ」「ペコリア・オメガ」がけしかけられ、2体同時に戦うことになる。系統は【マシン系】
アルファは【バイキルト】からの【テイルフィニッシュ】による物理攻撃を、オメガは【いなずま】【あやしいひとみ】による属性攻撃と状態異常を担当する。
また、【エレキテルマイン】で設置物攻撃を仕掛けてくることもある。
落ち着いてエレキテルマインを回避しながら戦おう。【ゴールドフィンガー】【零の洗礼】でバイキルトを剥がすのも有効だが、頻繁にかけ直すため【真・やいばくだき】【ヘナトス】での相殺はやや非効率。

遥かなる未来への旅路(Ver.4.5前期) Edit

滅びの未来が完全に回避され、「観光宇宙船」へと様変わりしたアルウェーンにおいては、キャストの補助やゲストへのもてなしなどを行うサポート機体へと様変わりした。