Top > 【錬金強化】


【錬金強化】

Last-modified: 2018-12-09 (日) 08:45:03




概要 Edit

Ver.3.3から実装された武器防具の強化システム。
【ランプ錬金】、及び【ツボ錬金】で付いた錬金効果の強化段階を上げる事ができる。
強化には錬金石が必要となり、強化は【ヴェリナード城下町】のアクセサリー屋の左にいる【錬金強化屋アーク】が行う。
 
錬金石による錬金強化ができるのは、装備済みの装備品のみであるため、錬金石で強化した装備品をバザーに出す事はできない。
装備の錬金効果には「強化段階(後述)」があり、錬金強化は強化段階を1段階上げることが出来るが、最も高いもの(たとえば、「こうげき力+6(+3)」)にはできない。
そのため、下記のような特殊な場合を除きいわゆる【理論値】にする事は不可能。
パルプンテによって付与された効果も錬金強化の対象にできるが、レシピが存在せず、パルプンテでしか付与できない効果は強化できない。
これは、成功と大成功の最大値以外を付与する方法がないため、内部的に強化段階が設定されていないのが原因と思われる。
 
なお、Ver.4.0現在、一職でもLv85以上にしなければほぼ無意味な施設だが、プレイヤーのレベルを問わず利用できる。
(【勇者姫アンルシア】や転生を1度以上行った仲間モンスターに装備させるか、【モンスターバトルロード】で「そうびひん登録」を行うことで、新品マークは外せる)

錬金効果の強化段階 Edit

錬金によって付与される効果の種類を段階として分類したもの。
いくらか種類があることは知られていたが、錬金強化の実装に伴い、公式の名称になった。
以下に一例を示す。

錬金効果強化段階
12345
失敗成功大成功
さいだいHP初級+3(-2)+3+3(+2)+3(+3)-
中級+5(-3)+5+5(+2)+5(+3)-
上級+7(-4)+7+7(+1)+7(+2)+7(+3)
こうげき力
しゅび力
初級+2(-1)+2+2(+1)+2(+2)+2(+3)
中級+4(-2)+4+4(+1)+4(+2)+4(+3)
上級+6(-3)+6+6(+1)+6(+2)+6(+3)
さいだいMP
こうげき魔力
かいふく魔力
すばやさ
きようさ
初級+5(-4)+5+5(+2)+5(+3)-
中級+10(-8)+10+10(+2)+10(+3)-
上級+15(-12)+15+15(+1)+15(+2)+15(+3)
おもさ初級+5(-4)+5+5(+2)+5(+3)-
中級+10(-7)+10+10(+2)+10(+3)-
上級+15(-10)+15+15(+1)+15(+2)+15(+3)
おしゃれさ初級+5(-4)+5+5(+2)+5(+3)-
中級+10(-9)+10+10(+2)+10(+3)-
上級+15(-14)+15+15(+1)+15(+2)+15(+3)
かいしん率
みかわし率
盾ガード率
MP吸収率
初級+1.0(-0.8)%+1.0%+1.0(+0.2)%--
中級+1.2(-0.8)%+1.2%+1.2(+0.2)%--
上級+1.4(-0.8)%+1.4%+1.4(+0.2)%+1.4(+0.3)%-
呪文ぼうそう率初級+1.0(-0.5)%+1.0%+1.0(+0.1)%+1.0(+0.2)%-
中級+1.2(-0.7)%+1.2%+1.2(+0.1)%+1.2(+0.2)%-
上級+1.4(-0.9)%+1.4%+1.4(+0.2)%+1.4(+0.3)%-
MP消費しない率初級+2(-1.8)%+2%+2(+0.5)%
+2(+1.0)%
+2(+1.5)%+2(+2.0)%
中級+4(-3.6)%+4%+4(+0.5)%
+4(+1.0)%
+4(+1.5)%+4(+2.0)%
上級+5(-4.4)%+5%+5(+0.5)%
+5(+1.0)%
+5(+1.5)%+5(+2.0)%
呪文発動速度初級+2(-1)%+2%+2(+1)%--
中級+4(-3)%+4%+4(+1)%--
上級+6(-5)%+6%+6(+1)%--
攻撃時ヘナトス
攻撃時ルカニ
攻撃時眠り
初級+2(-1)%+2%+2(+1)%--
中級+3(-2)%+3%+3(+1)%--
上級+4(-3)%+4%+4(+1)%--
ブレス系ダメージ減初級+6(-5)%+6%+6(+2)%--
中級+10(-9)%+10%+10(+2)%+10(+3)%+10(+4)%
攻撃呪文ダメージ減初級+3(-2)%+3%+3(+1)%--
中級+5(-4)%+5%+5(+1)%--
上級+7(-6)%+7%+7(+1)%--
眠りガード
混乱ガード
マヒガード*1
幻惑ガード
封印ガード
呪いガード
即死ガード
MP吸収ガード
初級+20(-15)%+20%
+20(+2)%
+20(+3)%
+20(+4)%
+20(+6)%
+20(+8)%+20(+10)%
中級+40(-30)%+40%
+40(+2)%
+40(+4)%
+40(+6)%
+40(+8)%+40(+10)%
上級+60(-45)%+60%
+60(+2)%
+60(+4)%
+60(+6)%
+60(+8)%+60(+10)%
転びガード
踊らされガード
しばりガード
おびえガード
初級+30(-27)%+30%
+30(+2)%
+30(+4)%
+30(+6)%
+30(+8)%+30(+10)%
中級+60(-54)%+60%
+60(+2)%
+60(+4)%
+60(+6)%
+60(+8)%+60(+10)%
上級+90(-81)%+90%
+90(+2)%
+90(+4)%
+90(+6)%
+90(+8)%+90(+10)%

 
錬金強化は現在実装されている錬金石を用いて、

  • 45個使用して、強化段階を1→2にできる。
  • 60個使用して、強化段階を2→3にできる。
  • 75個使用して、強化段階を3→4にできる。

ただし、強化の強化段階が上記表中で黄色で示されている場合は強化できない。
また、強化先が2種類ある場合は太字表記されているほうに強化される。
 
「その装備カテゴリではパルプンテ限定となるが、他の装備カテゴリでは通常の錬金として付与可能な効果」が付く場合、原則として2段階の効果が付くが、これらの効果も強化先の段階があれば錬金強化できる。

  • 例1:体上におもさ錬金が付いた場合、初級・中級は3段階まで、上級は4段階まで錬金強化できる。
  • 例2:両手杖・スティックにかいしん率錬金が付いた場合、初級・中級は強化先が無いため錬金強化できないが、上級は3段階まで強化可能。

これらの仕様により、たとえば、

  • 体上装備にパルプンテで「おもさ+15(+3)おもさ+15(+3)おもさ+15」が付与されていた場合(従来のおもさ【理論値】装備)、
    これを強化して「おもさ+15(+3)おもさ+15(+3)おもさ+15(+2)」にできるようになった。
  • 短剣にパルプンテで「呪文ぼうそう率+1.4(+0.3)%呪文ぼうそう率+1.4(+0.3)%呪文ぼうそう率+1.4%」が付与されていた場合、
    これを強化して「呪文ぼうそう率+1.4(+0.3)%呪文ぼうそう率+1.4(+0.3)%呪文ぼうそう率+1.4(+0.2)%」にできるようになった。

 
ただし、以下のレシピが存在しない(パルプンテ限定の)錬金効果は、強化ができない(○の中は任意の数字)。

  • 武器ガード率+○%
  • 攻撃時○%で「どく、マヒ、混乱、幻惑、魅了、マホトーン、マホ系解除、リホ系解除」
  • 戦闘開始時○%で「会心率上昇、盾ガ率上昇、ピオラ、スカラ、マホキテ」
  • どくガード+○%
  • 通常ドロップ率○倍
  • レアドロップ率○倍
  • 不意をつく確率+○%
  • 移動速度+○%
  • 「炎、氷、風、雷、土、闇、光」ダメージ○%減

錬金石 Edit

Ver.4.4現在

錬金石対応する装備品のレベル
【緑の錬金石】Lv85、Lv90
【黄の錬金石】Lv93
【青の錬金石】Lv96
【赤の錬金石】Lv99
【紫の錬金石】Lv100

備考 Edit

本システムは、

「ゴールド以外での強い装備の入手手段を増やせないか」
という発想から スタートしているんだ。いわゆる
「金策」だけではなくて 様々な遊びから 
強い装備品が入手できる道を作りたかったんだ。

という目的で導入されたことが後に開発・運営だより -第34号-において【齋藤力】ディレクターより明言されている。
また、本システムおよび【緑の錬金石】の実装の影響により、実装以前と比べ「失敗を含む装備品の価値が少し底上げされて、成功品が少し安くなっている」傾向が見られ、これは運営の想定通りの結果であるという。
 
このシステムの実装により【旅人バザー】における相場が大きく変動する可能性があった為、正式発表前に事前にバザー購入を検討するよう告知が出されるという異例の事態となった(外部リンク)。
余談だが、上記の告知がされて(2016/5/12)から実際にDQXTVで錬金強化のシステムの詳細が公表される(2016/5/16)までの4日間は多くのプレイヤーが装備を買い控えたためか【旅人バザー】の相場の底冷えが著しく、もとよりVer.3.2後期は相場が動かない時期が多かったことも重なり、各アイテムを生産する職人だけでなく、その素材を拾っていたキラキラ【マラソン】ランナーや【オーブ】【汗と涙の結晶】を生産するプレイヤーなども巻き込んで多大な影響を与えた。
(この4日間の存在の方が、DQXTV放映直後の値動きよりも大きかったほどである)
 
なお、「錬金石1つがどのくらいの価値を持つか」を定量的に評価して、合理的・効率的に使うのは難しい。
総じて大成功品の価値を上げる方向で使用する方が金銭的な効率は上になるが、いくら効率よく使える使い方であったとしても、そもそもプレイヤーがどんな形であろうと必要としない強化なら、その強化に使用した錬金石に価値は全くない。
その一方で、上記の「おもさ」や「呪文ぼうそう率」の例において「バザーに存在し得ない装備が作れる」という意味で、これらに使用した錬金石は∞Gの価値を持つことになる。
また、錬金石は無限に入手できるため、「錬金石を効率よく使うために、無用な高い装備を買ってしまう」という目的と手段が逆転するケースが起こり得てしまう。
こういった問題は、プレイヤーが求めるものが、あくまでプレイヤー本人の価値観における「その購入したアイテムを実用した場合に得られる価値」であるのに対し、【旅人バザー】での市場価格は、プレイヤー全体の需要と供給のバランスから神の見えざる手により決まるというズレから生じるもので、結局のところ、使うこと自体に個人での裁量が求められると言える。







*1 なぜかマヒガード初級のみ、大成功に+3%が存在する。マヒ中級・上級や他の状態異常ガードには存在しない