Top > 【けがわのマント】


【けがわのマント】

Last-modified: 2019-06-05 (水) 20:54:10

概要 Edit

DQ5~7に登場する鎧の1つ。
 
DQ4に登場した【けがわのコート】と同格の防具だが、DQ4のは「コート」で、DQ5以降のは「マント」である。
よって、公式イラストでもデザインが若干異なっており、「コート」にはフードが付いている。
DQ5以降では【けがわのフード】も登場しているので、フードとマントで分離してしまったのだろうか。
縁にふさふさが付いていて実にあったかそうだが、冷気耐性はない。
 
DQ8以降は【けがわのベスト】【毛皮のポンチョ】【レザーマント】にその座を譲った。

DQ5 Edit

守備力18。幼年時代のラインハットで550Gで売られている。
青年時代には売っていない防具の1つ。
人間キャラは女性専用だが、時期的に装備できるのが【ベビーパンサー】しかいない。
すぐにお別れになってしまうので、買う必要があるかは微妙な所。
一応、青年時代の初期に仲間になるモンスターの多くにお下がりできるため、買っても無駄にはならないのが救い。
特に【イエティ】【ビックアイ】【まほうつかい】【エンプーサ】(リメイク版のみ)は【サラボナ】に到着するまではこれが最強装備となる。
なお、SFC版では【ゲマ】に話しかける前に主人公に渡しておかないと青年時代に持ち越せないので注意。
 
上述の通り青年時代には買うことができなくなるが、【オーク】【オークキング】【オークLv20】のオーク系トリオがことごとくこれを落とす。
そして仲間になったオークキングは装備できない。
……まさか剥ぎ取ってるんじゃないですよね?
 
ちなみにSFC版の【公式ガイドブック】での着用モデルはどう見ても【主人公】
お前これ装備できないだろ。

DQ6 Edit

守備力18、550G。かっこよさも18。
下の世界の【レイドック】以降、あちこちで販売されている。
装備可能者は多く、【テリー】以外の人間キャラと、スライム系の装備グループ以外の全てのモンスターが装備できる。
【夢見の洞窟】の宝箱から出るのでありがたく装備させてもらおう。
ただし、守備力19の【くさりかたびら】より高額。
【ミレーユ】も、守備力17で370Gの【かわのドレス】を優先すべき。買うのはやめよう。
あるいは主人公に必須の【きぞくのふく】以外はダンジョンで【てつのむねあて】【おどりこのふく】を無料入手できるので、上記以外の鎧は購入を見送るのもいいだろう。

DQ7 Edit

守備力18で900G。かっこよさも18。
守備力の割に、初登場は過去のユバール族イベントでの【湖の洞窟】、店で売られるのは過去の【旅の宿】以降と少々遅い。
・・・のだが、装備できるキャラが【マリベル】【ガボ】と、この時期では鎧不足が目立つ二人。
いちおう【アイラ】も装備できるが加入時期的に不要だし、ガボの場合は普通に進めていると過去のグリンフレークで入手できる【はでなふく】を装備している可能性が高いため、装備させるとしたらマリベルが対象になる。
なので湖の洞窟で手に入る一点だけで事足りるため、店で買う必要はない。
これまでにマリベルが装備している【皮のドレス】から守備力が1増えるだけだが、この次にマリベルが装備できるものは販売価格が大幅に上がる【みかわしの服】【まほうの法衣】だし、そうでなくても何かと金欠に悩まされる時期なので、資金が溜まるまでのつなぎとして装備させておこう。
あるいは守備力1ポイント程度なら上げなくてもいいと判断し、皮のドレスを使い続けてこちらは即売却しても構わない。