クロトジル

Last-modified: 2021-01-22 (金) 14:06:08

★3 クロトジル -KBT0C-

解説

カブトムシ型メダロットのエントリーモデルとするべく、極力ムダを廃した設計の機体。

シンプルで洗練された構造が動作安定性と耐久性に貢献し、実践において発揮される性能はハイエンド機に引けをとらない。

パーツ

※ステータスはアルバム*1で見れるLv最大(90)時の数値を記載
※ステータスの()は脚部パーツ時のステータス

部位シリーズ名称性別Hv分類
(脚部特性)
装甲成功
(格耐)
威力
(射耐)
充填
(回避)
冷却
(充冷)
回数備考
部位シリーズ名称性別Hv分類
(脚部特性)
装甲成功
(格耐)
威力
(射耐)
充填
(回避)
冷却
(充冷)
回数備考
クロトジルガンパウダー-ミサイル359999312334814695
クロトジルアームホール-ライフル33991233864717692-
クロトジルエントレート-ガトリング33999491338779617-
クロトジルプラスタード1スプレマシー33497041253863664-

入手

ピックアップガチャ2020年03月19日(木)15:00~2020年03月26日(木)14:59
2020年07月24日(金)15:00~2020年07月25日(土)14:59
Hello!2021お正月SPECIALガチャ2021年01月01日(金)00:00~2021年01月03日(日)23:59

雑感

『メダロット5』で登場するKBT(カブトムシ)型メダロット。
名前の由来はカブトムシ採集の際によく罠エサとして用いられる「黒糖汁」→「くろ・と・じる」から。
『5』のカブトVer.では主人公コイシマルの機体として最初に手に入るが、クワガタVer.ではライバルのヒコオの機体として登場する。
 
同期のシンザンがパイルを装備しKWG型の伝統に囚われない機体だったのに対して、
こちらのパーツ構成はミサイルライフルガトリングメタビーを踏襲している。
メタビーと比べると全体的に装甲や格闘・射撃耐性、回避が強化されているが、威力・充填・冷却が低下した防御寄りな性能。
この低下幅が大きく、特に右腕パーツは記念品相当のGメタビーにすら僅差で劣っており、☆5にランクアップしても一撃撃破は非常に難しい。
 
しかし、防御性能については非常に高く、全身Hvパーツであるベイアニットと互角の装甲・耐性値を誇る。
こちらはHv0であるため重力属性のわざや脚部破壊ペナルティを恐れる必要がなく、Hv積載量に余裕がない飛行脚部等にも気兼ねなく使えるのが大きなメリット。
 
脚部パーツはHvリミット1の二脚型。
脚部特性「スプレマシー」により、二脚型相手には自慢の高装甲をさらに活かせるようになった。
「火力はないが高い装甲で耐える」というコンセプトに合致しており、長らくの課題であった他のKBTとの差別化に成功した。
ガード300などのまもるスキルとも相性がよく、ガードを固めれば森林・草原ではかなりの防御力を発揮できる。
 
元々は「CF待機中に受けるダメージを20%ダウン」という効果を持つ「トーチカ」という脚部特性だったが、
本作ではクロスファイアのシステム自体が削除されているため、代替としてこの特性になったと思われる。
特定状況下における防御性能アップという点では、発動条件が若干厳しくなった代わりに減少値が10%上がっているため強化と言えるだろう。

脚部特性追加

2021年01月21日の脚部特性全解放!で実装

関連機体

KBT

KBT

備考

主に『メダロット』シリーズの主人公機を務める機体群。
コンシューマーゲームではカブト版かクワガタ版を選択することになるが、
それ以外のメディアではKBT型をパートナーとしている場合が多い。
また、パーツコレクションなど、KBT型とKWG型を最初から同時に所持している場合もある。
また、KBT型とKWG型はその性質上、ほとんどの機体に対となる機体が存在するが、
カンタロスに対するマッハマッシヴ?アークビートルに対するティタンビートルと、
ストーリーやメディア展開の都合で追加された機体が多い。

  • 『メダロット5』主人公(兼ライバル)機

コメント

一番下へジャンプ

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • シンザンは3セット出てきたのにこいつはパーツ1個すら出てこなかったなぁ… -- 2020-03-29 (日) 09:59:29
  • ここのコメント欄でクロトジル純正でメダリーグ頑張ってた彼は元気にしてるのかな? -- 2020-04-17 (金) 15:55:56
    • また勝手にレート報告し始めるから呼ぶな -- 2020-04-17 (金) 16:16:43
      • はいはいそういったコメントは控えましょうね -- 2020-04-17 (金) 16:28:22
  • 俺もいるぞぉ………(不屈のランク5) -- クロトジル純正兄貴がんばれ? 2020-04-18 (土) 19:33:47
  • クロトジルが悪目立ちしてるだけで他にも不遇人気機体とかいくらでもいるし不遇をネタにしてわいのわいの騒ぎ続けるのは個人的にはちょっとなぁって思う -- 2020-04-18 (土) 20:20:20
    • つまんないオタクが馬鹿の一つ覚えみたいに同じネタを使い続けるのもソシャゲあるあるだよ -- 2020-04-18 (土) 21:38:49
  • 地形相性が悪すぎて、レジェンド入りと同時に今回は放置ですよ… -- 純正ニキ? 2020-04-19 (日) 01:39:27
    • こだわりがあるのは分かるけどツイッターとかブログで披露してほしい -- 2020-04-19 (日) 08:11:12
  • 装甲と腕パーツの充冷が(パワライより)高いのであればサブ火力として運用したいね。脚部も充冷が低いので純正ならパワーメダルのヘイトとスピードメダルのヘイト両方取れる上に脚部破壊されても安定して反撃できる -- 2020-05-07 (木) 13:39:40
    • 好きで使ってたけどこの理由で被弾担当として予想外の活躍を見せている -- 2020-06-10 (水) 20:34:19
      • 火力担当が仕上がって他のパーツを強化する余裕が出来てくると、この手の火力以外が取り柄のパーツが意外な程重宝して魅力が見えてくるな -- 2020-06-11 (木) 15:00:47
  • 脚部特性もらっても大して活躍できなそう -- 2021-01-21 (木) 15:39:42
    • スプレマシー(同じ脚部タイプから受けるダメージ-30%)だった アサッシン潰せる程度かな…… -- 2021-01-21 (木) 16:56:26
      • ガチガチに固くするコンセプトってんならそこそこいいんじゃない?正月アラセとかもあるし -- 2021-01-21 (木) 17:16:14
      • 純正でのKBT・KWGの差別化は脚部特性で何とか差別化しようと頑張ってる感はある(批判じゃないよ) -- 2021-01-21 (木) 19:30:00
      • 確か元はトーチカ(クロスファイア中防御アップ)だったはずだしそこらへんは踏襲しとる -- 2021-01-21 (木) 19:57:05
      • スタンダードなメタビーと装甲・対攻撃性能に優れたクロトジルとようやく差別化されたわけだ 何かずっと劣化としか言われてなかったもんな これから評価上がるといいね -- 2021-01-22 (金) 03:35:15
  • リーグならほぼ二脚しかいないしほぼ無条件で3割カットは凄い -- 2021-01-22 (金) 01:55:41
    • そう思ってガード役に使ってるけど、結構ヴァジュラーで殴ってくる輩が… (T-T  硬いのは間違いない -- 2021-01-22 (金) 09:03:12
  • プラスタードさっそく見るようになったね ただ脚の遅さのせいで一線級にはならなそうだ -- 2021-01-22 (金) 12:00:14
  • とりあえずS脚部の居ない草原ピンポイントで味方オプチカルでの運用ってのが真っ先に思い付いた。 -- 2021-01-22 (金) 12:15:21
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


*1 メダロット > アルバム