モンスター/クルペッコ亜種

Last-modified: 2020-06-04 (木) 19:54:30
種族
鳥竜種(竜盤目 鳥脚亜目 鳥竜下目 声鳥竜上科 ペッコ科)
別名
紅彩鳥(べにさいちょう)
英語表記
Crimson Qurupeco
危険度
MHP3・MH3G:★3
登場作品
MHP3, MH3G, MHST, MHXR
狩猟地
孤島*1, 水没林, 火山, モガの森

目次

生態・特徴

水没林や火山等に生息する、彩鳥クルペッコの亜種。
通常種以上に派手派手しい外見で、特に紅い体毛が目立つ事から《紅彩鳥》と呼ばれる。
やはり鳴き真似と踊りを得意とするが、踊りのレパートリーは通常種よりも多く、
比較的過酷な地に生息しているためか、
外敵との交戦時には非常に危険度の高い大型モンスターを呼び出す可能性が高い。
全体的に身体能力が通常種より優れており、通常種と同等と考えて狩猟に挑むと苦戦は必至である。
これはおおよその他種モンスターの亜種にも言える事ではあるが、
クルペッコの場合は特にその傾向が強い。
鳴き声は時に飛竜の咆哮に匹敵するほどの音量に達し、
尻尾を振り回せばハンターがよろめくほどの突風を巻き起こす。
翼爪は電気石と呼ばれ、電気を発生させる性質があり、
衝撃を加える事で放電したり閃光を放つ事ができる。
その派手な羽根や翼は貴婦人の注目の的となっており、通常種の素材よりも高値で取引されている。

概要

  • MHP3より登場した、彩鳥クルペッコの亜種。
    その色合いから「紅彩鳥」と呼ばれている。
    通常種より色が濃く成り体色に赤が追加されている等、非常に鮮やかな色彩をしている。
    通常種と違って火山などに出現し、通常種で火打石だった部位が電気石へと変化。
    これにより電撃を扱うようになった他、さらにこの電気石を打ち鳴らすことで閃光を起こすようになった。
    また、発見時やカウンター怒りモーションに咆哮(バインドボイス小)が追加、尻尾回転に風圧(小)が追加と、
    なんとなくMHFにおける特異個体と同じようなベクトルの強化がなされている。
    火山と水没林にて生息が確認されている。3Gでは、条件を満たすとモガの森にも出現する。
  • 演奏に同エリア内のモンスターとクルペッコのスタミナを回復する黄色の演奏が追加されているが、
    亜種特有のものであることを知らない人もそれなりにいる。
    • この演奏を怯ませると、ハンター側もスタミナ回復するかと思いきや、強走効果がつく。
  • なお、亜種モンスターのほとんどが集会浴場上位のキークエになっている中、
    ボルボロス亜種と一緒に仲良くキークエからハブられている
    その上鳴き真似の影響か二頭クエにいない、オトモにいない、大連続にいない………
    と、三拍子揃ってしまっている為、ぶっちぎりで影が薄いモンスターになってしまっている。
    ただ、MH3Gではボルボロス亜種と共にキークエになっているので、影の薄さは解消された。
  • 鳴き真似や踊りも健在。
    通常種より遥かに高頻度で、咆哮や風圧で動けなくなっている間に鳴き真似を行ってくるため、
    通常種以上に厄介。
    火山ではあろうことかティガレックス亜種、3Gではジンオウガ亜種までも呼び出したりする。
    それ以外でもクルペッコより比較的物騒なモンスターを呼び出す傾向にある。
    通常種以上に呼んだモンスターに喰われそうだが、閃光を使える分逃げ足には自信があるのだろうか。
  • 閃光の予備動作の際に3回(電気石破壊時は5回)、ゲリョスが閃光を発する時のような動作をする。
    このときの声と動作がやたら可愛い。

MH3G

  • MH3Gでは、通常種・亜種共にG級クエスト限定の行動として、
    同一エリア内にいるハンターや他のモンスターを睡眠状態にさせる青の演奏が追加された。
    しかし、自分が呼び出した大型モンスターも眠らせてしまう上に、
    疲労時では自分が眠ってしまうことも。ドジっ子でかわいい。
    また、低確率で眠らずに済む事もある。
    勿論呼び出した大型モンスターだけ眠らないという事もある
    習得したばかりで不完全なのだろうか。
    • ちなみにタイミング良く緊急回避をすれば睡眠を回避出来る。
      回転回避で可能かどうかは不明。
  • 睡眠演奏以外にも変更点があり、怒り状態の行動スピードそのものが上昇している。
    あのドス3兄弟のようなトンデモ補正には及ばないものの(及んでも困るが)、こちらも意外と厄介。
    特に火打石(電気石)の打ちつけ攻撃がこの恩恵を強く受けており、攻撃テンポの上昇から、
    上位以前の感覚で回避すると次の一手を食らわされる可能性が高くなった。
  • ちなみにG級では亜種1匹の討伐クエストは★6から存在しているが、
    亜種3匹連続狩猟の高難度クエは一つ上の★7に入っている。
    紅彩鳥の素材を集めたいなら、さっさとHR7に上がった方が効率的である。

モンスターハンター エクスプロア

  • 通常種もそうであるが、鳴き真似で他のモンスターを呼ぶことはないので、
    かなり戦いやすいモンスターとなっている。
    装備もそこそこ優秀で、フライペッコが大人気であった時期もある。
  • そして、通常種を差し置いて凶暴個体が実装された。
    あれ?どこかで似たような話が…
    凶暴個体の攻略にはスタンを取ることがほぼ不可欠であるが、
    クルペッコは基本姿勢の関係上スタンを取りづらいため、
    滞空中など頭を降ろす場面で的確に殴っていく必要がある。
    また耐久力が非常に高い分、演奏による強化も馬鹿にできないため、
    なんとしてでも演奏は阻止したいところ。
    通常種もそうだが、MHXRでは他シリーズよりも演奏効果が発生するタイミングが遅いのが救いか。

モンスターハンター ストーリーズ

  • 通常種と共に参戦。
    PV3でも、一瞬ながらフィールド上を闊歩する姿が確認されていた。
    主にバブダの密林に生息する。
  • 通常種が自身らを強化する演奏を使用するのに対し、亜種は相手を弱体化させる演奏を使用する
    与ダメージの減少、被ダメージの増加が発生するという点では両者とも変わりはないが、
    オトモンの入れ替えなど、戦法によって対処法も少々変わってくる。
  • ライドアクションと絆技は通常種と同じで、それぞれ「呼び寄せ」と「ペッコボムレイン」。
    • ちなみに、ペッコボムレインの説明文は「火打石」から「電気石」へと変更されている。

武具

  • クルペッコ亜種の素材から作られる武器は雷属性を有する。
    …が、登場時期が悪すぎた
    MHP3では看板モンスターであるジンオウガの武器が雷属性武器の主権を握っており、
    続くMH3Gではラギアクルスの復活と共にラギア武器も存在し、
    更にMH3Gより初登場した亜種と希少種の素材を用いて更に強力な武器へと強化ができる始末。
    製作難易度に関しても、やたらと他のモンスターを呼びまくるようなクルペッコ亜種が
    狩猟しやすいモンスターかと言われると…
  • 一方の防具は、可もなく不可もなく…といった性能。
    通常種防具と比較すると、やや攻撃的なスキルのSPを持つ。
    また、ペッコシリーズのウリである広域化もきちんと有している。

余談

  • ゲーム中では「彩鳥の会」というモンスター愛好会が存在する。
    彼等はクルペッコの事を愛を籠めてペッコちゃんと呼ぶが、
    ペッコだからと舐めて掛ったせいでクルペッコ亜種の呼びだしたモンスターに返り討ちに遭ったようだ。
    というか、一般人の癖してリオレウスやらティガレックス亜種やらに襲われて無事だったのだろうか。
    …いや、無事じゃなかったから依頼したのか。
    また、これとは別に「彩鳥種観測隊」なる組織も存在するらしい。
    彼らはクルペッコ亜種の大量発生を確認し、現場が荒れる前にと緊急的に依頼を出している。
    どうやら彼らは素材や見た目に惑わされず、クルペッコというモンスターの危険性を熟知しているようだ。
    さしずめ、古龍観測所の彩鳥バージョンたる組織、といったところか。
    しょぼそう...

素材

紅彩鳥の鱗
クルペッコ亜種の鱗。羽根の下よりも、主に脚部から多く剥ぎ取れる。
より上質なものは「紅彩鳥の上鱗」と呼ばれ、こちらは美しい紅色の羽の下に並び、
薄い層が何層にも重なり想像以上の度を誇る。
更に上質なものは「紅彩鳥の厚鱗」と呼ばれる。
MHXRに登場する凶暴個体の物は「凶鱗」と呼ばれる。
紅彩鳥の羽根
クルペッコ亜種の羽根。他にはない鮮やかな紅色をしている。
MHSTで登場した、クルペッコ亜種の下位素材の1つである。
紅彩鳥の翼
クルペッコ亜種から採れる大振りの羽根。目も覚めるような紅色は貴族の婦人達の目の的である。
より上質なものは「紅彩鳥の剛翼」と呼ばれる。
MHXRに登場する凶暴個体の物は「凶翼」と呼ばれる。
電気石
クルペッコ亜種の翼爪が変化したもの。通常種のものとは異なり、叩き合わせると電気を発生させる。
なお、圧力を加えると電気を発する鉱物は石英や一部セラミックなど実在しており(圧電体という)、
その成分を含有しているのだと考えられる。
より強力な電気を発生させるものは「高圧電気石」と呼ばれる。
ド派手な尾羽根
ショッキングな色合いをしている、クルペッコとその亜種の尾羽根。
通常種のものはモガの村の希少特産品として重宝されているが、
MHSTでは亜種の貴重素材としての登場となっており、通常種からは取れない。
ペコペコラッパ
クルペッコの特徴的なノド。ファンキーでユニークな音が出る。
MH3Gではモガの森の特産品であり、通常種・亜種のどちらからでも入手が可能であったが、
MHSTでは亜種の上位素材として登場しており、通常種からは入手ができない。
紅彩鳥の骨
クルペッコ亜種の骨。
MHXRで追加された固有素材。
凶暴個体の物は「凶骨」と呼ばれる。
紅彩鳥の凶雷鳴玉
凶暴個体のクルペッコ亜種が持つ玉石。
MHXRで追加された固有素材。

関連項目

モンスター/クルペッコ
武器/ペッコ武器 - クルペッコ亜種素材を用いた各武器のリンクあり。
防具/ペッコシリーズ - クルペッコ亜種素材の「ペッコUシリーズ」などについての記載あり。
モンスター/プケプケ - 同声鳥竜上科に属する近縁種。通常種が緑色に対し、亜種は赤い体色を持つ事も共通する。
クエスト/ハンティングに行こう!
クエスト/紅彩鳥の喚び声