Top > 蜂須賀虎徹 極

蜂須賀虎徹 極

Last-modified: 2018-10-15 (月) 17:27:02
102番
蜂須賀虎徹極.png蜂須賀虎徹 極(はちすかこてつ)打刀虎徹
ステータス(MAX)
生存51(77)打撃60(105)
統率53(97)機動52(60)
衝力54(66)範囲
必殺71偵察44(86)
隠蔽82兵装備スロット2
装備可能刀装
投石/軽歩/重歩/盾/軽騎
ランクアップチャート
蜂須賀虎徹蜂須賀虎徹 特(Lv25) → 蜂須賀虎徹 極(Lv70)
刀帳説明
蜂須賀虎徹だ。虎徹の真作と呼ばれているが、その言霊にこの身は縛られすぎているようだね。
強く美しいのが虎徹だ。……それでいいと、本当は思っている

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:興津和幸、イラストレーター:新井テル子(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

ステータス

他の刀剣男士との会話

  • 内番「手合せ」を長曽祢虎徹との組み合わせで行うと、極になる前とは異なる内番台詞を聞くことができる。

その他

小ネタ Edit

極の姿について

  • 極になり鎧の上に桜模様の羽衣を纏うようになった。
    • 修業以前の時点で公式設定画集『刀剣乱舞絢爛図録』(2015/08/28発行)において「毛束は光背のようにも羽衣のようにも」「(腰装具部分の)個別イメージは天女の羽衣
      と記述されていたのでその部分をより強調したとも受け取れる。
    • 山本兼一氏による刀匠・長曽祢興里(虎徹)を描いた小説「いっしん虎徹」において「よいかたなとは天女のようだ」という台詞がある。
      これ自体は山本氏の創作だが、そこから着想を得たものか。
  • 右手のポーズは聖観音菩薩の印相かと思われる。刀剣乱舞二周年記念祝画でも蜂須賀虎徹の右手はこのポーズをしている。
    聖観音像の基本的な姿は頭に宝冠を、体には天衣をまとい、耳飾りや胸飾り・腕輪などの美しい装具をつけて、左手に蕾の蓮華を持ち、右手の指先でそ の花びらを開かせようとする形が多い。蕾の蓮華は容易に悟ることができない人々の心を、右手の先指はそれを開かせようとする仏心を意味している。
  • 真剣必殺では浦島虎徹 極と同じく猛虎のオーラが発現し、さらに蓮華や日本画の仙人を思わせる雲も出現している。

刀だけでなくコメントとも親類だけれどね  Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。