Top > 用語集

用語集

Last-modified: 2018-02-13 (火) 11:16:10
 

用語集。専門用語(既存プレイヤーには自覚症状が無い場合が多い)も多いので此方でなんとなく意味が分かるといいなぁ、などと思いつつ。
まぁ喧嘩しない程度に好きに書いてドウゾ。とは言え、自身で作成した勢力の紹介等は此方ではやらないようお願いします。

  • プレイヤー間で広く使われていて共通認識のある用語で、かつ、部外者から見たら意味不明な用語について記述してあります。
  • 用語を新規追加する場合、なるべく「解説する必要性」について考慮して下さい。
    • FTDをプレイしていない人や、FTD_JP以外の人には、解説抜きには分からない(アドキャ、お稲荷式など)
    • 同じものを複数人が違う呼称で呼んでいる、または、同じ呼称なのに複数人の認識が異なる(APNG爆弾、飛行艦など)
    • プレイヤーの呼称とゲーム内の呼称が異なる(HEAT、HESHなど)
 

誰も喜ばない事をするとルールが増えるので気をつけてな!
(最悪アクセスログを辿って特定人物のみブロック等の強硬手段も

A Edit

AAR Edit

簡単に言ってしまえば、プレイ日誌。
先人たちがFTDをプレイする上で身に付けた様々な技術を、後世に継承させるという高尚な目的で創設されたページ()
楽しい読み物としての形態のもあれば、ガチめな考察系の記事もある。各種ビークルの作り方なども詳しく書かれているので、一読の価値は高い。
執筆する場合は必ずAAR概要も読み込んでおこう。

 

概要さえ守ってもらえれば自由に使ってもらって構わないのでもっと書こう・・・書こう?
そもそもは管理人のWiki編集の聖域化及び編集方法の失伝などを危惧したために発生した物。

ACB Edit

Automated Control Blockの略。
発動条件(Inputs)と操作対象(Affected)と操作内容(Affect)を設定することで
操作範囲内(Affect range)にある対象の簡単な自動操作が可能になる。

aircraft carrier Edit

ひょっとして? →空母

Airship Edit

空飛ぶお舟の一種。
航空機とは違い船体を傾けて旋回せず水上の船のように旋回する…ものが多い。
主にヘリブレードをもちいて飛行するものを指すが、下向きジェットも搭載しているものもいるため一概には区別できない。
その系統の沼の民でも外見からでの判別は困難を極める。
というかヘリブレ、下向きジェットの両方で飛んでいる物もいるから無理に分類しなくていい気が…。
Thrustercraftも参照。
NPC艦では比較的低速なのが多い。

なお、日本語名称は「飛行艦」、「空中艦」などを始めとしていくつかあり、今のところ確定されていない。

Air gap Edit

空間装甲のこと。

APNG爆弾 Edit

ミサイルパーツにある「APN guidance(増強比例航法誘導装置)」を利用した(主に無動力)の滑空式爆弾を指して使われる言葉。
誘導方法次第ではミニューションワーナーの探知から逃れることが出来、LMDを容易に突破できるため、とても強力。
詳しくはミサイル構築へ。

APS Edit

Advanced Cannonsの事。(Advanced Projectile System)
主に公式フォーラムなど日本以外での場では此方の通称が良く使われる。
本当の意味ではAdvanced Cannonsの弾丸だけど、砲そのものにも使われたりします

AP弾 Edit

ひょっとして徹甲弾

Advanced Cannons Edit

武装ブロック群のひとつ。高いカスタマイズ性から、様々な場面で用いられる。
小口径から大口径まで自由自在で、多くの人を沼に引き込んだ要素でもある。
アドキャ病という不治の病に冒される人も…!

AC値 Edit

アーマークラス。言わば防御力。
木ブロックだと3、鉄ブロックだと15、現在最も硬いHAは40。
木や鉄などの構造材ブロックは重ねることで複合装甲効果を発揮できる為更に防御力を上げる事が可能。

 

また、AC値が高い装甲にAP値の低い砲弾が着弾した際は非常に跳弾(ほとんどダメージを与えられず弾かれる)が発生し易くなる。
その為慣性信管などの信管を用意してやら無いと榴弾などの低AP弾は効果を上げられない可能性が高いので注意しよう。詳しいことは対弾防御を見ると良い。

AP値 Edit

アーマーピアッシング。言わば防御力を無視するための貫通力。
AC15の鉄ブロック単品相手に表記通りのダメージを出す為に必要なAP値は30とされている。
ちなみに威力を上昇させる効果は無いので注意すべし。あくまでも表記どおりの威力を出す為に必要な数値、である。

 

極端にAC値が高いブロックで、尚且つ砲弾のAP値が低い榴弾などは爆発せずに跳弾することがある。
防止の為には慣性信管や深度信管を装備するかホローポイント弾頭(?!)を付ける必要がある。
こちらも対弾防御のページが参考になる。

B Edit

battleship Edit

ひょっとして? →戦艦

blueprint Edit

設計図、BPとも呼ばれる。作成した乗り物のデータは".blueprint"形式のファイルに保存される。
このファイルをワークショップ等を通じて発布することで他人に自分の作ったものを公開することができる。
ちなみに階層はC:\Users\あなたのユーザー名\Documents\From The Depths\Player Profiles\あなたのSteamでの名前\Constructables

 

因みにBPはバックアップが自動で生成される。
通常のBPと同じ階層に.blueprint_backupという専用の形式となって、最新版より一つ古いバージョンが保存されている。
間違って上書きした!と言うときは慌てずバックアップから復旧させよう。

C Edit

CC Edit

Complex Controllerの略。

CRAM Edit

武装の一つ。アドキャと同じく砲弾を打ち出して攻撃するが性格は全く異なる。
アドキャが高初速のカノン砲だとしたら此方は大口径榴弾砲、簡単に大火力大口径(最大口径はなんと2000mm!)を実現できるが代わりに弾速装填速度精度に劣る。また見た目の割に弾薬がお安い。
ビークルの主武装として見た場合アドキャにどうしても見劣りするがその浪漫と迫力は何者にも代え難い。
かつて存在したカスキャ、Custom Cannonsを置き換える形で実装された。
呼び方についてはシーラムやクラムなど。

cruiser Edit

ひょっとして? →巡洋艦

D Edit

DC弾 Edit

APS砲弾の一つDisruptor Conduitの略称。
シールドに着弾すると、そのシールドを発生させている装置にダメージを与え、破壊することが出来る。
EMP warheadを真後ろに追加しなければダメージは0なので注意すること。
詳細はAdvanced Cannons砲弾を参照のこと。

destroyer Edit

ひょっとして? →駆逐艦

E Edit

EMP Edit

Electro Magnetic Pulse
略してEMP。電磁パルス攻撃を指す。
FTDに於いては極度に簡略化されブロックを伝う電流として表現されている。
AIブロックやLWC、シールドプロジェクタやレーザー系ブロックが主に被害を受ける。
その為ロクに対EMP防御を為されていない機体であればAIのみ破壊し無力化、というスマートな戦い方も出来る。
(勿論それで鹵獲も可能だ。)
AdvCCRAMミサイル粒子砲などで使う事が出来る。

ERA Edit

Explosive Reactive Armour、爆発反応装甲の略。
現実では外張りにしてHEAT弾の攻撃を防ぐ為に使われるが、FTDでは専ら内張りにされメタルジェットを防ぐ為に使われている。大体脆いのが悪い

F Edit

Forgotten Shores Edit

FSなどと略される今Nickが作っているFTD2.0か1.5のようなシロモノ。
FTDでニガテなマルチプレイヤーモード削除、さらに陸上を完全に無くして海だけの世界にするのだとか。
(なので”忘れられた海岸”なのかな?)

 

今後どうなるのかさっぱり予測が付かない原因。

FTD_JP Edit

SteamのFrom The Depths日本人プレイヤーの集まるコミュニティ。場所はこちら。
最近ではFTD_JP Discord支部が主流になっている。
夜8時~12時であれば平日でも10人(一時期は40人とかいたらしいぞ! (あまりに重すぎて茶室=チャットが頻繁に落ちる為、Skypeグループに離れが作られた)ほどは入室していた、雑談から最新のアプデ内容の検証まで様々なことが話されていた。

FTD_JP離れ茶室 Edit

茶室があまりにも重いため、Skypeに急遽創設されたバックアップ用の交流場。
こちらも今では使われていない。
茶室と違い比較的閉じられたコミュニティなので、茶室やツイッターで参加を要望して初めて参加、という形になると思われる。
2017年2月11日現在の参加者数は実に80人を超え、名称もFTD_JP大会議室に変更されている。ほぼ常に誰かがログインしていたため、質問をすれば直ぐに答えが返って来た。
茶室と違い全てのログが残る為、暇なときには眺めてみるのも良いかもしれない。有益な情報が沢山埋もれているぞ!
飯テロとか、お天気情報とか、二次大戦のマル秘情報とか、自作キャンペーンの情報とか、WSに上がっていないビークルの青写真とか。……つまりほとんどただの雑談ってことだね!

FTD_JP Discord支部 Edit

ツイッターに次ぐ現在のFTDJPコミュニティ(2018/2/5現在)。
茶室があまりに重くSkypeに離れが作られたが、今度はその大会議室が重い! そんな訳で、離れの建立と同時期に設立されたDiscord支部への移民が行われた。本家茶室と比べると此方もまた比較的閉じられたコミュニティなので、入りたい場合はWikiトップに招待リンクがあるので気軽にどうぞ。

 

Discordは何と言っても軽い、またブラウザからの起動も可能なので、高い手軽さを誇るチャットツールだ。
テキストチェンネル、VCチャンネルの細分化が可能なので必要な情報だけ閲覧するのにも長けるのが魅力。
ついでに、FTD公式のDiscord部屋も存在するので覗き見するのも有り。開発者がいたり、公式ビークルの選定なども行っている。招待コードはWikiトップに。

 

海外からのお客さんも稀〜に出現する。交流するなら大概日本語もできる方が多いがスラングなどは控えめにしたほうが良いかもしれない。
2017年6月4日の参加者は98人。
2017年12月26日のメンバー数は474、時間帯次第でOn人数は200人近くなったりする。

Frag Edit

フラグ。

 

よくFPSゲームなどにあるフラグ(手榴弾)と同じ、破片での殺傷、破壊を期待された榴弾と同義。

 

ミサイルアドキャCRAMのFrag warhead等から放出される破片のこと。
ミサイルとアドキャにおいてはCone angleを変えることで破片の放出される角度を変えることができ、
加害範囲や方向を調整することができる。
特に極端に狭い角度に設定したものは、収束Frag弾(ミサイル)などと呼ばれることがあり、高い貫通力を示す。
また、アドキャのクリップが破壊されたときにも暴発した弾丸がフラグ弾で表現される。

 

2.0アップデート前後で収束させると一撃の威力が下がり最大まで拡散させると従来の3倍程度まで威力が上昇するようになった。

 

一文字違いだがFlakとは別である。
ソコの君!FlagとかFrakとかごっちゃにするんじゃあない!

FTD力 Edit

読みはエフティーディーヂカラ。
プレイ一時間につき一追加され、プレイ1000時間ならば1000FTD力とされる。
かつては3000FTD力でようやく初心者脱却などと言われていたが、最近は100FTD力くらいで初心者でなくなるらしい?
初心者か否かの議論は様々な意見が入り交じり統一的な結論は出ていないが、まともに動く船が作れたら初心者ではない、飛行機が作れたら初心者ではないなどと言われる場合もある。
ただ、アドキャは組めてもCRAMは組めない、立派な駆逐艦を作れるけれどレーザーや粒子砲は無理という人も多いと思うので、やはり一括りには出来ないものだ。最近は4000FtD力を持つ者が増えてきた。

G Edit

GR弾 Edit

APS砲弾の一つGraviton Ramの略称。変態技術者集団LH謹製の特殊砲弾らしい。
敵を吹き飛ばす効果を持つ。以前は自分も吹き飛ばせたが、ver1.965よりできなくなった。残念。
船体を吹き飛ばす力にするか、回転させる力にするかを選ぶ事も出来る。

 
 

色々とぶっ飛んだ機能なので悪用・・・しなくてもあーんなことやこーんなことも・・・。
出来すぎてしまった為自軍に撃って推進力として使う方法は封じられてしまった。ショウガナイネ。
その気になればゲームバランスを破壊できてしまう恐ろしい砲弾なのでお遊びとしてどうぞ。
詳細はAdvanced Cannons砲弾を参照のこと。

 

Gladyon Edit

17年末に開発者入りした元々Modderだったお方。

 

よりフクザツなMOD作成を可能にするProtecTechToolsというMODや
ターレットやスピンブロックの上に更にターレットなどを置けるようにするSpinBlocksMadnessMOD等
かなり難しいプログラムを組めるらしいという事で話題になっていたところまさかの開発入りを果たし、
実装予定になかったスピンブロック上にスピンブロックを本家に実装したりピストンブロックの実装などを実現したりしたすごい人。

 

現状はNickはあまりFTD側に関与せず、Gladyon氏が色々と開発を行っているようだ。

 

話によるとフランス人のお方らしい。(ドゥンドゥン多国籍化していくBS社)

H Edit

HA Edit

Heavy Armour(重装甲ブロック)のこと。防御力に優れる代償として、高コストかつ大重量で、安易に用いようものなら、船はバランスを崩し、飛行機は飛ばなくなる。
詳細はこちらをどうぞ。

HE Edit

ひょっとして榴弾

HEAT penetration metric Edit

HEAT砲弾のメタルジェットの浸徹距離。

 

HESHと違い単純なアーマークラス値ではなく√アーマークラス値で計算される為非常に貫通力が高いのが魅力。
ただし数値を高くし過ぎると敵を全て貫通してしまい内部で炸裂しないという事が起こりうる。

 

HEATが強力である所以であり、しかし同時に扱い難いとされる理由ソノモノ。
一方でAIや主要機関をピンポイントでぶち抜いて破壊したり、鹵獲のためにAIへの道筋を確保したり・・・など敢えて全貫通させることを狙うことにも意義がある。詳しいことはこちら

HEAT Edit

Advanced Cannonsの砲弾、Shaped charge headのこと。
英語のHigh-Explosive Anti-Tankから頭文字をとってHEATと呼ばれる。日本語では、対戦車榴弾、または、成形炸薬弾。
基本的には船舶のゲームなのだが公式でヘルプページなどの呼称としてHEATと呼ぶ為こちらの呼び方が定着している。現実でもHEAT弾頭の魚雷があったりする。

 

弱点は空間装甲だが、対策を見越してフラグメント効果特化のHEAT砲弾を使う変態も多い。
逆にみっちりと一切の空間を無くすことでフラグメントを発生させないというのも防御方法の一つである。
但し、弾薬樽、弾薬箱はメタルジェットを受けるとフラグメント発生より先に爆発するので、みっちり詰めると大爆発する。

 

ミサイルにHEATを追加する案もあったが未だに追加されていない、ぐぬぬ・・・。

HESH Edit

Advanced Cannonsの砲弾、Squash Headのこと。
英語ではHigh Explosive Squash Head、または、High Explosive Plasticと言い、日本語での名称は粘着榴弾。
FTDの公式ではHESHと呼称されているため、FTD_JPでもHESH呼称が主流。

 

HEATと違いシールドを突破する事はできないが2倍の破壊力と相手の装甲次第で高い貫通力を持つ破片を発生させる凶悪な砲弾である。

 

現実と違いFTD世界の粘着榴弾は装甲による跳弾に苦しまない仕様の上対策を講じないととんでもない破壊力を持つため、
シールドがダウンしたときの為に可能ならスポールライナーを用意しておきたいところである。

I Edit

Injector Edit

エンジンのパーツ。シリンダーに接続することで出力を向上させる。
キャブレターと似ているが、こちらのほうが出力が高かったり燃費悪かったり特徴は異なる。
ただ限られた空間内で大出力が欲しいならこのインジェクターを多用すればいいが排気をちゃんと考えないとすぐにオーバーヒートしてしまう。こっちにいろいろ詳しいことが書いてある。使う際は是非とも読むことをオススメする。
イジェクターと間違えるのは勘弁な!

J Edit

K Edit

KD Edit

Kinetic Damegeのこと。アドキャやCRAM、ミサイルでの運動エネルギーによるブロックへの物理ダメージを指す。
徹甲弾ではAPと並んで非常に重要な値となる。
APとAC、入射角度によって最終的にブロックに与えるダメージが決まる。
いろいろややこしいが、ここに詳しく書いてある

Khaz Edit

FTD開発者の一人。主にグラフィックやモデリング等を担当。

 

Nick以外が告知する場合は彼からの告知のケースが多い。

KOTL Edit

Keep of the Lore
つまり、各勢力のビークル作成者。
このゲームに登場する敵ビークルは基本的に有志によって作られている為。

L Edit

LAMS Edit

Laser Anti Munition System、対弾薬レーザーシステムの略である。
日本ではLMDという呼称が一般的だが、海外では専らLAMSと呼ばれる。
LMDと言うのは本来迎撃レーザーを照射する装置のみを指す名称なので、迎撃システム全体のことを表現する場合は実はこちらのほうが正しい。

LMD Edit

Laser Munition Defenceの略。
レーザーカテゴリのLaser Munition Defenceブロックから発射されるレーザーにより敵ミサイル及び砲弾を撃ち落とすことができる。
それらの検知にはAIに接続されたMunition Warnerが必要である。
昔はミサイルのみだったが砲弾も迎撃できるようになり、Missileの部分をMunition(弾薬)に変更された。これなら略称は変わらないな!
今までは距離200〜300で反応するという至近距離防御で命中精度を確保して迎撃するというスタイルが一般的だったが、Ver2.12で判明した爆発範囲制限メカニズムの変更によって、超口径のCRAM榴弾のような、巨大な爆発半径を持つ砲弾を至近距離ではたき落とすことが却って逆効果となったため、最近ではある程度距離を確保してはたき落とすか、そもそも迎撃をせず機動力で回避する等の工夫が必要となった。

LUA Edit

プログラミング言語。Wikipediaの記事
From The DepthsではLUA Boxブロックを置き、そこに命令文を書き込む。
自分でスクリプトを書くためには知識が必要になるが、もちろんLUAを使わなくてもゲームは楽しめる。
公式フォーラムにはLUAスクリプトのライブラリがあるので、LUAが分からなくてもLUAを使うことができる。

LWC Edit

Local Weapon Controllerの略。
周囲6方向2マス以内に置かれた兵器と、その範囲内にあるタレット上のすべての兵器がAIにより操作可能になる。

M Edit

Missiles Edit

武装ブロック群のひとつ。色々扱いやすいため初心者にお勧め。

N Edit

Nick Smart Edit

我らがFTDの発案者兼開発者。唯一神かと思われていたが一応分業していた模様。
鬼の様な開発速度を誇り海外国内共に「コイツ本当に人間か?」等と囁かれるほど。
電気光学・アルゴリズム系の物理学者でもある。ちなみに既婚者。

 

何気にドジっ子属性を持つらしく「いいや!Nickは絶対だ!」などと思ってはいけない。(戒め

 

文章が専門用語(ゲーム的な)まみれである為翻訳が面倒だったり
必要な情報をうっかり書き忘れたりと色々とユーザー泣かせである。

 

経営は嫌い

 

NPC Edit

Non Player Characterつまりプレイヤーの操作しないキャラターのこと。
現在は削除されている。・・・居なくなると寂しいものです。

 

主にNPC Spawnerから現れるロボットのことを指す。プレイヤーの代わりとして艦の操縦や兵器の操作をしてくれる。
敵のNPCはプレイヤーを手持ちのマシンガンで攻撃してくるため、不用意に近づくとすぐに蜂の巣にされる。
自分のビークルにNPCを搭載する事で敵NPCと銃撃戦をしてくれるので必要なら乗せるのも良いだろう、
ただし自分のビークルの操作に介入するAIとしての機能も持っているため邪魔になることもしばしば・・・。

O Edit

P Edit

PAC Edit

粒子砲(Particle Accelerator Cannon)のことである。

PPB Edit

燃料エンジンの性能を示す。
パワー/ブロック数(power per block)の性能を指す。
この値が大きいほど大きな出力を得やすい。
一般的にインジェクターエンジンは高く、ターボエンジンは低い。
エンジン関係はここここが詳しい

PPBB Edit

燃料エンジンの性能を示す。
パワー/囲む直方体の体積(power per bounding box)を指す。
実際にビークルに搭載する時のことを考えた際に指標となる値である。
いくらPPBが高くても、歪な形をしていればPPBBは低くなってしまう。
エンジン関係はここここが詳しい

PPF Edit

燃料エンジンの性能を示す。
パワー/燃料(power per fuel)の性能を指す。
燃費のよさの目安。100未満でも問題ないと言う人もいれば、1000以上ないと無理と言う人も存在する。
エンジン関係はここここが詳しい

Q Edit

R Edit

Ram Edit

軍艦の艦首水線下に取り付けられる体当たり攻撃用の固定武装(衝角)のこと。
FTDにおいてはWhite Flayersの船においてよく見かけられ、艦首に限らず船体の各所に取り付けられている。
衝突時に速度と自重に応じたダメージを与えることができる。
自身は衝突によるダメージを受けず、またそれなりに硬いため衝突事故防止にも利用できる。FTD内でのRamはここに詳しく書いてある。
なお、現代の戦闘艦においてRAMといえばRIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile)という近接防空ミサイルのことである。

 

AMCCとLWCを併用すればこのゲームでもそれっぽい兵器は作成可能だ。
ついでに2軸ターレットと1軸ターレットを併用してごにょごにょすればそれっぽいランチャーも作れます。

Rambots Edit

Remote Aid Mobile Bot suitの略。
プレイヤーアバターのこと。
コピーがたくさんあり、死んでも空挺降下で蘇る。
AI Mainframeと同じく、中身は見ないほうがいい。

RP Edit

マテリアル統合前に存在したビークルのコストを図る指標。
マテリアルコストと扱いはだいたい同じである。言わばビークルの価格のようなもの。
しかし当時は各資材の量でコストが計られることが殆どだったので、使う人は少なかった。

S Edit

Simple weapons Edit

ほぼ単一ブロックだけで武器となる武装群(あとドリル)の事、またそのカテゴリ。
アドキャやCRAM、レーザー機関とは違い、弾薬とコレ一つで運用できる為スペースの節約や安易な武装の追加が可能。
しかし火力は無い、使いにくい、デザインも単純にダサい、とその地位は最下位同然であった。

しかし1.969アップデートにてデザインが一新、現代兵器的な見た目や性能の向上等、一気にその地位は跳ね上がった。
詳細は旧シンプルウェポン新プルウェポンへ。

spam Edit

大量の砲弾、あるいはミサイルで飽和攻撃すること。スパムメールのスパムと同じ。
ハムの缶詰を死ぬほど送りつけられた連合国の哀しみ。

T Edit

tetris Edit

砲台の構成を調整して同じサイズのまま性能を上げること。
パズルゲームのようであることから。

TG Edit

Neterに登場する勢力のTwin Guardの略称。

 

スカーレットドーン(SD)の放った自己増殖型機械・・・なのだが、降下中に偶然第一工場のElosがバードストライクと、それに伴う緊急展開バルーン発動時の衝撃で故障した結果、偶然自我を持つに至り一つの勢力として独立している。
(第二工場のThanatosはその後Elosからの通信に紛れ込んでいたバグプログラムの影響を受けて同様に自我に目覚めるもElosほどの自我成長はしていない)
色々手助けしてくれたSSとは仲良し、創造主であるSDはニガテ、LHに攻撃を受けたことからLHとその同盟であるWFとは敵対している。

 

基本的には実弾砲:低速大型ミサイルの組み合わせとエネルギー兵器:高速小型ミサイルの組み合わせのビークル構成となっており、基本的に小型から中型のドローン、及びそれらを現地生産するドローン空母が戦力の中心となっている。
特徴はリペアテンタクルによる相互修復支援によるタフネス。これによって個々の防御性能の低さを補っている。
一方で高速型のビークルは存在せず、またSDからの干渉を恐れるあまり飛行系ビークルは全て低空しか飛行できないという制約がある。
Godlyクラスのユニットは色々と限定解除されているため様々な装備を持つことも。

Thrustercraft Edit

空飛ぶお舟の一種。
主に下向きジェットの推力で飛行しているものを指す…がairshipと交じりがち。
基本的な構造はこちら
NPC艦では比較的高速な舟もいるが、その場で静止して艦首を常にこちらに向けるものもいる。

twitter Edit

主にFTD民の成果物報告用ツールとして使われる。
気ままに雑談をして馴れ合っても良いし、質問をして気長に待っても良い。

 

Wikiトップに閲覧機能があるので何かしらの発見はタグを付けて発言すると見てもらえる確率が高くなるだろう。

U Edit

Unity Edit

FTDで使われているゲームエンジン。
どちらかと言うと小規模ゲーム向き、だそうな。

 

現在使われているUnityはバージョンが古く、2.00に合わせて最新版に更新、少し軽くなった…のかな?

V Edit

v (ビークルの更新回数) Edit

ビークルをロードする画面で、名前の後ろについている。おそらくVersionの略?
Built Inフォルダの中にはv100以上のビークルも散見され、だいたい3ケタを越えているビークルはこのゲームの法則を熟知した、現実ではありえない仕組みを抱えているものが多い。
なぜか船体の中にハイドロフォイルをびっしりつけた潜水艦とか、下向きのスクリューがある巡洋艦とか、胴体の中でヘリブレード回してる駆逐艦とか。

VLS Edit

Vertical Launching Systemの略。作りたい人は、こっちを参照すると良い
ミサイルは弾頭を上にした保管状態から直接、垂直方向にむけて発射され、空中で向きを変えて目標に向かう。(ウィキペディアより抜粋)

 

最近の艦船によく搭載されてるミサイル、甲板のハッチがパカッと開いて船内からミサイルが飛び出すアレ。
FTD的にも他のミサイルと違いかなり防御し易いシロモノの為敵NPC、プレイヤーを問わず使用者は非常に多い。

 

FTDでは艦船の速度が速いと船体にぶつかって妙な挙動を取ったり、射出装置を装着しないとそのまま船体に残ってしまい
(さらに悪い事にミサイルは稀にブロックをすり抜けてしまう挙動が有る(1.972現在))そのまま重要区画を自分で破壊してしまう事も有る。

 

搭載する際はテストを怠らないようにしよう。

VTOL Edit

Vertical Take-Off and Landingの略式で、ハリアー等で有名な垂直離着陸の意味。
垂直に離発着が可能な特殊な行動を指す名称で、垂直離着陸機は「VTOL機」と呼ぶ。
なお現実では、滑走路を必要としない代わりに様々な制約がつき物な為、性能はあまりよくない物が多い。

 

FTDでは滑走路が不要で即時発艦する物が大多数ではあるが、彼らの場合はコレに当てはまらない。
どちらかと言うと「ZLL(Zero length launch…ゼロ距離発進)」か「STOL(Short Take Off and Landing…短距離離着陸)」だろうか?あくまで垂直離陸が前提なのよ…
なおVTOL、STOLの両方が可能な機体…現実のF-35のような機も存在する。FTDでまず再現されないタイプ
因みにヘリコプターのような回転翼機はVTOL機に当てはまらない。例外としてオスプレイ型のティルトローター機は当てはまる、ややこしいね!

W Edit

X Edit

Y Edit

Z Edit

あ行 Edit

圧縮 Edit

スピブロ等のサブオブジェクトを利用し、一つの空間に複数のブロックを押し込むこと。
超音速機の圧縮ヘリブレが代表的か。
少ないスペースで高い能力を発揮させることが出来るため、脆さや整備性の悪さを除けば強い。

 

簡単に大幅な能力向上が見込めるため人によってはこれをズルと捉え、縛っていることもある。
コストは嘘をつかない

アドキャ Edit

Advanced Cannonsのこと

アプデ Edit

賽の河原の原因。FtD民にとっては、待ち焦がれると同時に恐怖する対象という、非常に複雑な感情を抱くもの。

椅子 Edit

ControlカテゴリのChairブロックのこと。
Qキーで座ることができプレイヤーを乗り物に固定することができる。スペースキーで固定解除。
単なる固定装置としてだけでなく、プレイヤーを別の場所から瞬時に移動させる転送装置でもある。

イジェクタークラスターシステム Edit

用途や人によってイジェクターミサイルやイジェクター爆弾等、呼び方は異なる。

 

これはオートローダーに接続されたイジェクターが破壊されたときに「ローダーとクリップに装填されていた砲弾を全て吐き出す」という仕様を悪用したもので、このシステムを積んだカミカゼビークルを体当たりさせることでゼロ距離で無数の砲弾を敵に叩き込むことができる。
しかもイジェクター本来の使い方上の仕様なのか、この方法でばら撒かれた砲弾はシールドを無視してしまうため、撃ち落とす手段はLMDだけ、しかも仮にゼロ距離でなくても放出されるクラスター砲弾の数が尋常ではないので無効化は出来ず、減災も事実上ほぼ不可能という実におぞましい兵器である。

 

無力化する手段はクラスター砲弾が届かない距離でミサイルビークルを破壊するくらいしかなく、今までの戦術核を用いたカミカゼビークルと違って爆発による味方への巻き込みが少なく、ただ当てるだけでは無力化できない場合が多いのでこちらが受ける損害は核よりも大きい。

お稲荷式 Edit

PIDが実装されて間もない頃にPIDによる下向きスクリュー制御を行った水上船舶の実用化を真っ先に行った狐氏を称えて
PID(GP)制御下向きスクリュー式船舶をこう呼ぶことがある。大体ニコニコ動画を見ている層であろう。
伝わらない可能性もあるので注意すべし。

エビフライ Edit

いつの間にか定着したTactical Nukeの渾名。
20180127224605_1.jpg
尻尾が赤く出来れば完璧なのだが。

か行 Edit

黒Wiki Edit

先代FTD日本語Wikiのこと。
現在は現管理人が先代管理人と話し合って必要な情報を頂いた上で
検索時の混乱を防ぐため閉鎖してもらった為先代Wikiのメンバー以外は閲覧できなくなっている。

 

現在Wikiも黒くしようと思っていたのだがテンプレートに黒くて使いやすいものが無かった為白い。ちょっと悲しい。

艦種記号 Edit

別名「船体分類記号」とも呼ばれる略式記号。
艦種によっては頭文字を2つ続ける場合もある。
なおアメリカ式、イギリス式で略し方が違うので注意。(以下米式)


・駆逐艦:DD
 ・防空駆逐:DDA
 ・護衛駆逐:DE
・戦艦:BB
 ・巡洋戦艦:BC
・軽巡洋艦:CL
 ・重巡洋艦:CA
・空母:CV
 ・軽空母:CVL
・潜水艦:SS

空中線 Edit

日本語で「アンテナ」を意味する物、主に船の上に張ってある細い線がそれ。
本ゲームではスピンブロックとAdvキャノンやスチームエンジンシャフトを利用して再現ができる。
VLS搭載艦でこの方法で再現するとVLSが空中線に引っかかって変な方向にすっ飛ぶことがある。自らの砲弾で自損することもある。
一応シールドで再現するという方法はあるし、プリセットのビークルの中にもそういう方法で再現している再現艦はあるが、こちらはエンジン出力を消費するために燃費が悪化するという欠点がある。

空間装甲 Edit

Air gapとも表記される。

 

現実でも成形炸薬弾・・・HEAT弾頭の防御に使用される装甲と装甲のスキマを指す。

 

現在のFTDでの仕様上構造物間にスキマがある事でメタルジェットに対してさまじい減衰効果を生み出す。
ただしメタルジェットによる銅金属片(フラグメント)が襲い掛かる事になる為空間装甲内側への防御も考慮が必要である。

 

現実みたいに鳥篭装甲だァー!と行きたいトコロだがFTDのHEATは割りと無視できないレベルの爆風を生み出す物が多数の為あまり役に立たない・・・。有用性についてはここあたりを見ると良い

空母 Edit

艦載機を搭載、運用する海上飛行場としての役目を持つ艦船。
艦内に艦載機を搭載し、本国から遠く離れた土地で航空機を運用する為にあると言っても過言ではない。
現代は大型化に伴い「蒸気カタパルト(米原子力空母)」か「スキージャンプ台(他国製)」のほぼ2つの形式。
本ゲームでは小型量産機は簡単に叩き落され、同時に長距離移動に燃料を消費しない為ほぼロマンの塊とも言える。

英語でair craft carrier(エアクラフトクルーザー)、艦種記号「CV」※。
※本来は「aviation carrier」の略式。
 頭母音の「A」が落ちやすい為に2番目の「V」が艦種記号に使われているとされる。
 ただ一説では「翼の暗示」や「最初期の飛行機がフランス製であった為フランス語のvoler(飛行)から取った」とも言われている。

カスキャ Edit

旧バージョンのCustom Cannonsの事
偶にCRAMや、更に偶にAdvanced Cannonsに対して使われることもある。

駆逐艦 Edit

小型艇、潜水艦、航空機を「駆逐」する為の戦闘艦。
本来の用途はそのような小型目標を駆逐し艦隊の防衛を主任務とする。
一部(主に大日本帝国辺り)では「決戦型駆逐艦」として水雷火力を強化し艦隊決戦を主目的とした物も存在していた。
現代護衛艦(イージス艦)もコレに当たる。

英語でdestroyer(デストロイヤー)、艦種記号「DD」。

旧エンジン Edit

現在のFuel Engine実装前に存在したエンジンのこと。
ブロック数に対して指数関数的に出力が上昇したため、出力百万を超えるような超高出力エンジンを作ることができた。
つわものどもが ゆめのあと

旧シンプルウェポン Edit

かつて採用されていた1ブロック武装群の事。

・悲しいかな、性能は悪く実用に耐えない。
・表面のテクスチャは石っぽく、見た目も悪い。
・最初に使い、威力の無さに捨てられてばかり。
・挙句かつてあったシンプルミサイル等は「コレ大量に載せれば大体勝てる」となり消される始末。
・最終的に敵が搭載してるネタ武器扱いされる始末。

と散々な扱いでした。
しかし今は…? →新プルウェポン

旧Story Mission Edit

Story MissionのDWG陣営は手直しが入っている。修正前のStory Missionステージ構成を旧エンジンにひっかけて旧Story Missionと呼んだり呼ばなかったり。
旧Story Missionでは最初のステージに「Heart Stoneを設置しないと自キャラのHealthが削られてほとんど即死」、2番目のステージは「オニキスウォッチのBayleafを撃破」等々、システムを十分に理解していない初心者にはヒドい内容だった。
殺して分からせるシゴキ体質の血脈は現Story Missionにも受け継がれている。「夜明けまでにエンジンを組め、できなかったら砲撃である」今のストーリーミッションの説明はこっちに書いてある。

クリスタル Edit

FTD界のガンダムでいうミノフスキー粒子並の不思議物質。

 

○クリスタルを一緒に保管して置くと増殖する(クリスタルファーム&RTG)
○クリスタルにナニカスルことで電力を発生させる(RTG)
○クリスタルで電力を発生させても増殖するので減らない(RTG)

 

今後実装される見通しのプラズマリソースもやっぱりコイツが絡んでるのではないだろうか・・・。

 

V1.9587系安定版アップデートにより原料資源が統合され失われた。
現在は当時クリスタルと関係があったブロック群などにグラフィックとしてその名残が残る程度。

さ行 Edit

サブコンストラクト Edit

所謂
スピンブロック類
ターレット類
ピストンブロック類

 

等の特殊な扱いになるユニットの総称。扱い的には別ビークルをビークルの上に置いているのに近いのだとか。
サブオブジェクトとも言う。

賽の河原 Edit

From the Depthsのこと。
未だにアルファ版故に基幹システムの仕様変更や新要素の追加、旧要素の削除などが多く、加えて更新速度も速いため「作っても更新されて仕様が変わってしまったがために作り直し」という自体がままあり、それを「賽の河原」と掛けてそう呼称している。
実際、古いバージョンで作られたビークルを久々に呼び出してみたら仕様変更の影響で異常な挙動をしたりそもそも使い物にならなかったりという事態が往々にしてある。

シールド Edit

Shield Projectorから投影される防壁のこと。
投影される距離とサイズ、強度に応じたエネルギーを消費する。
砲弾の軌道を少しだが確実に曲げるDisrupt。砲弾を確率で反射、強制跳弾するReflect。レーザーをバッテリーの電力を使って軽減するLaser Absorbの三種類存在する。

 

V1.9572、及びV1.9587系アップデートにより大きく立場が変わった。
強い相手と戦う際には必須の存在だったがこれからはあえて装備しないという選択肢も。
2.1でも大きく変わる予定。いつになるんですかね?
かつては出力1距離25のDisruptで軌道を曲げることで慣性信管を誤作動させて処理するシールドが多用されたが、Disruptの仕様変更に伴い不可能となった。

 

最近判明した爆風の加害範囲に関する変更の影響で中途半端な距離にシールドを張っても最大加害範囲が広く信管で起爆する大型榴弾などに対しては無意味、場合によっては却って被害が大きくなるという衝撃の結果が出てしまった。

巡洋艦 Edit

元々外洋航海を目的とした長距離航行が可能な戦闘艦。
昨今では駆逐艦よりも大きく、戦艦より小さい船がコレに当たる。
また大きく分けて「軽巡洋艦」および「重巡洋艦」の二つの種類に分類されている。
現在では駆逐艦の大型化、巡洋艦の外洋航海能力が付随されたことでほぼ絶滅している。

軽巡洋艦は英語でLight Cruiser(ライトクルーザー)、艦種記号「CL」。
重巡洋艦は英語でHeavy Cruiser(ヘヴィクルーザー)、艦種記号「CA」※。
※重巡はかつて装甲巡洋艦(Armored Cruiser)として扱われていたため

他にも日本固有の派生種として魚雷を大量搭載した決戦兵器「重雷装巡洋艦」なる艦種もあるにはある。

新プルウェポン Edit

新しく1.969アップデートにて生まれ変わった新シンプルウェポン。読みづらいからカタカナの「シン」は省略な

全体的に火力が強化され、テクスチャとデザインは一新。
オートキャノン、シンプルレーザーは1*1*3ブロックに大型化され現代的な見た目へと変貌。誰だお前は
非常に使いやすく今まで機銃で苦労していたユーザーからは諸手を挙げて歓迎されている。

 

…が、バグにより「前に敵が居なくても撃つ」「発砲中に敵が沈み元の位置に戻りながら自分を撃つ」、さらに現状「他のレーザー防御手段が利かない」という事態に。
オマケに火力が2.00アップデート(装甲強化他)が前提の設定であった為に強力なんてレベルではない。

特にシンプルレーザーの超射程大量照射でブルワークが溶ける…なんていう世紀末と化す程であった。

現在はシンプルレーザーの射程距離を最大500に調整され、2.00にてレーザーと同じ性質に変わるらしい。
今でも複数のシンプルレーザーを束ねたコンジットレーザーターレットは構成次第では何重ものメタル装甲さえも溶かしつくし、HA装甲でさえも長くはもたない化け物じみた火力を発揮し、これを搭載したビークルとの近距離戦は死を意味するといっても過言ではない。細かい説明はこっち

初期艦 Edit

キャンペーンで最初に建造する艦のこと。FTDで一番最初に作った船を指すこともある。(なのです!)
初期拠点と一緒に付いて来るちんまいボートを指す事はかなり稀である。(せめてレイピア君ぐらいの性能なら・・・)

初期拠点 Edit

キャンペーンモード開始時にリソースゾーンに配置されている要塞のこと。
採掘設備やレーダー、燃料精製装置など最低限必要なものがそろっており、見た目にもこだわられている素晴らしい拠点。
であるにもかかわらず資源不足解消の為に即座に余計な部分を解体され資源に変えられることが多い。無慈悲ー。

触手 Edit

MiscカテゴリにあるRepair Tentacleのこと。
周囲の乗り物を修理をしてくれる。
触手が伸びていないコンパクトバージョンもある。亜音速機等速度が速いビークルにつけると触手が暴れまわるのでそういう時はコンパクトバージョンをお勧め。
今まではコンパクトバージョンのみ色変更が可能だったが、最近になって触手が伸びているノーマルバージョンも色変更が可能になった。
エロくない。
ほんとはエロい。

スピブロ Edit

Spin Blockのこと。

スポールライナー Edit

謂わば内張り装甲。

 

・・・なのだが、FTDに於いてのスポールライナーは少し違い、最前面装甲最後尾に木ブロックなどのAC値の低い構造材を使用する事を指す。
主に英国(FTDの出身地だよ!)の誇る粘着榴弾、
HESH(HEPもしくはHEPTとも言われるがFTDヘルプページ表記に従いHESHとする)の防御要素としてスポールライナーの概念が存在するため
そちらの「HESH防御のルール」としてのスポールライナーという呼称が一般的である。

 

HESH砲弾は「敵装甲にプラスチック爆弾をへばりつかせて起爆し、その衝撃で装甲内側を剥離させその内部を殺傷、破損させる」
という砲弾である為、もし装甲最後尾がHA装甲である場合はAP値80という凶悪な貫通力を持った剥離した装甲版がビークル内部に襲い掛かる
という恐ろしい事態になり得る砲弾である。

 

そして、その剥離した装甲の破片を「受け止める」のがスポールライナー・・・なのだが、
FTD的には最後尾に木ブロック等を配置する事でその破片を受け止め勢いを殺しているという扱いなのであろう。
(若しくは、剥離するものが木だけになる・・・?しかしそれならスポールライナーと呼称する必要はない気がするが・・・)

 

どちらにせよ、最前部装甲の内側になんらかの装甲は施した方が良いであろう。

 

ちなみに、ガラスブロックはスポールライナーとして機能しないよう、Nickに変更されている。
情報はこっちにまとめてある。
まぁ、そうなるな。

スモーク Edit

Smoke DispenserもしくはアドキャのSmoke warheadから発生する黒い煙幕のこと。
レーザーによるダメージを減少させるほか、ミサイルのLaser designator receiverによる誘導を妨害する。
自艦のレーザーにも影響を与えるため注意。

 

また、Tracker系の索敵装置を(敵でも味方でも)阻害でき、若干チャフの様な働きもする。

聖剣 Edit

Neter,SSのNPC艦Excaliburのこと。艦名がアーサー王伝説に登場する例の聖剣の名前であることから、このように俗称される。
40cm3連装砲塔を4基搭載による大火力と、全身を覆う大出力のシールド防御を備えた強力な戦艦で、この聖剣を折れるかどうかが建艦技術を測るうえで一つのマイルストーンとなる。
ゲームに慣れて自信がついてきたら、腕試しとして挑んでみるといいだろう。
実は装甲自体は意外と薄く、Lamsも装備していないので魚雷やCRAM榴弾等苦手とする攻撃手段もある。
尤も、打撃力自体が非常に高いのでまず対等に撃ち合える程度の耐久性能、防御性能が無ければ勝負にならないのだが。

設定 Edit

ハマるとどこまでも沈んでいく沼。PIDなどの調整を指すこともあるが、ここでは機体の設定(由来、来歴)を指す。勢力やビークルについてはゲーム中説明で(英語で)書かれている。詳細な設定となると公式フォーラムに散りばめられてるため、見つけることが第一歩。本Wikiには部分的に翻訳されたものが記載されている。翻訳協力者求む
皆も完成したビークルには来歴を設定してあげると愛着がいっそう湧くはず。

戦艦 Edit

みんな大好き大艦巨砲主義の権化こと砲撃戦による決戦を主目的とした戦闘艦。
ただ、かつては世界を圧巻させた存在も現代ではほぼ完全に絶滅し、保存されている物ばかりだったりする。
本ゲームでは単艦で敵艦隊を滅ぼすのが当たり前になりつつある無敵の存在。

英語でbattle ship(バトルシップ)、艦種記号「BB」。

先生 Edit

初心者に教訓を与えてくれるビークルに対しての敬称。
これを乗り越えていく事で造船スキルを高める事ができるだろう。
例:パドルガン先生

潜水艦 Edit

海中に潜航し敵艦を魚雷によって雷撃する特殊な船。
主な戦闘目標としては通商破壊や、海中からの艦隊決戦時の雷撃支援等様々。
現代では原子力潜水艦による弾道ミサイル云々がある。…が、まぁ蛇足なので省略。

現実では潜航されると発見が難しく発見できたとしても爆雷でしか攻撃できない。
が、同時に爆雷1発だけでも水圧で轟沈するほど脆い為非常に特殊。装甲ペラペラ隠蔽特化…ニンジャかな?
ただFTDでは様々な攻撃手段があり、また潜航しようがマップでは表示され、水圧も無い為普通の船とほとんど変わらないのが現実。

ただ、戦闘時の轟沈条件の中に「HP80%未満の状態で水面下10m以上に一定時間以上沈み込む」が含まれるので他のビークルよりも轟沈判定を喰らいやすいことに変わりはない。

英語でSubmarine(サブマリン)、艦種記号「SS」。ナチス親衛隊でも小説とかの意味ではない。

造形勢 Edit

第二次世界大戦時の史実艦艇や現代の護衛艦をFTDで再現する事に全てを捧げる人達の事。
スピブロを駆使し、多くの分野で卓越した技術を誇る変人共。
いくつかAARがあるので、読んでみるのも良いだろう。

総旗艦 Edit

一般的には、全艦隊を指揮する旗艦を指す用語。
実在の軍隊では存在しないので、だいたい創作が元ネタになっている。そのため人によってその言葉の定義が非常に異なる。

 

つまるところ自作ラスボス。とも言う。

た行 Edit

太陽炉 Edit

旧エンジンの俗称。莫大な出力を得られると共に温度も際限なく上がったことから。

徹甲弾 Edit

徹甲弾(てっこうだん、英語:Armor-piercing shot and shell)は、装甲に穴をあけるために設計された砲弾である。
艦砲・戦車砲・航空機関砲等で用いられる。弾体の硬度と質量を大きくして装甲を貫くタイプ(AP, APHE)と、
逆に弾体を軽くして速度を高めて運動エネルギーで貫くタイプ(HVAP, APDS, APFSDS)が存在する

 

ウィキペディアより引用

 

FtD的にはCRAMやAPSでの爆発しないAP弾を指すことが多い。

 

APSは被帽付徹甲弾(APC)や硬芯徹甲弾(APCR)、それに装弾筒付徹甲弾(APDS)
から装弾筒付翼安定徹甲弾(APFSDS)から徹甲榴弾(APHE)まで何でも作れる。
(流石に特殊効果の類は再現してくれないようだが・・・)
それぞれ作りたい人はここここ

拿捕 Edit

敵船を制圧し、自分の支配下におくこと
FTDでは敵ビークルを「AIをすべて破壊される」「致命的なダメージを受ける」「致命的な浸水(要検証)」のいずれかの状態に陥った(現在はAI Dead判定限定)状態でプレイヤーが近づくとそのビークルを拿捕する事ができる(よくわからないがカウントダウンが終了する前にAIを全て破壊したうえでプレイヤーが近くにいれば他の撃破判定中であっても拿捕が有効となるようだ。もしかしたら崩壊が始まる前にAIを全て破壊したうえでプレイヤーが近くにいればよいのかもしれない)。資源稼ぎや戦力の増強などの手段として効果的だが、積極的に狙う人がいれば、これを禁じ手とする人もいる。
軍事用語で鹵獲(ろかく)とも言う。

タライ、盥 Edit

Neter,SSのNPC艦Thyrのこと。
タイラー?シール?などと議論されていたが、誰かが冗談で言った"タライ”の語呂の良さから一部FtD民に定着してしまった例。
2017年1月14日時点ではNeterNPC艦に於いて最強と目されるビークルの一つ。

 

腕に自信のある設計士は挑んでみると良いとは思うが・・・。タライさーん。また、撃破目標にされてしまったねぇ。
なお、製作者曰く「名前に特に意味は無い」そうな…あの名前議論は一体……

宙吊り砲塔 Edit

通常砲塔はタレットを一番下に配置しその上に積み上げるように構成するが、このタイプの砲塔はタレットが少し高い位置にあり、船底も無い事が多いのが特徴である。
これによってイジェクターを船底に露出させ、安全に砲弾を排出できるようになっている。
ターレットの保持方法、旋回角度の確保等幾つか課題は有るが、実用できれば誘爆知らずの砲塔となる。

超音速機 Edit

スピブロを利用して超低抵抗と高推力を両立することで、信じられないほどの速度を発揮するビークルのこと。
あまりの速さから制御が難しいが、その分撃墜も難しい。
作り方としては速度制限がかかっていないヘリブレードとイオンスラスターをメインの推力装置として運用し、ジェットは主に姿勢制御や方向転換に使われる。
基礎となる本体にメインオブジェクトにしか使えない機能ブロックを詰め込み外枠は極力抵抗を抑えるために4mスロープを多用、それ以外をスピブロの「サブオブジェクトはメインオブジェクトや他のサブオブジェクトとの接触判定が無い(引っかかって動かなくなることはあるが既に別のブロックが有っても違うオブジェクトであれば同じ個所にブロックを設置できる)」と、「サブオブジェクト上のブロックは重量と重量バランスには影響するが抵抗値が0になる」を利用し、大量のヘリブレード軸を大量に重ねて推力を押し上げつつ、本来抵抗の元となる翼などの抵抗値を無視することで組み上げることができる。
ただ、作りや目標速度にもよるが燃費はあまりよくなく、燃料タンクもメイン限定なのであまり数積むことはできないために単独での継戦能力はやや低め。
スチームエンジンならサブオブジェクトの上にも設置できるのでより高速の機体を作れるが燃費が悪いことに変わりはないうえにマテリアルストレージもメイン限定なのでやはり長時間戦闘は苦手。
速度が速すぎるためにエルロンや尾翼も通常時では考えられない出力を発揮するために数が多すぎると反応過剰や制御不能の原因となる。
なによりサブオブジェクトは基部のスピブロやスピブロが設置されているブロックが壊れたりすると丸ごと脱落するために非常に被弾に弱い。
一応速度が速いのでFtDの多くのビークル相手に圧倒的有利を取れるが、レーザーや高性能Flag対空砲など天敵がいないわけではないので過信は禁物。

 

一時期FTD_JP民の間で流行り、開発競争が行われた。沼の最奥部での出来事である。

な行 Edit

沼の住民 Edit

FtDプレイヤーのこと。当然だがFtDを積みゲーにしている人は含まれない。極めている住民ほど、沼の底の方にいる。

沼の底の出来事 Edit

極まった状態を通常「雲の上の出来事」と表現するところだが、From the Depthsは俗に「沼」と呼ばれるほど、極まれば極まるほど深く沈んでいくため、極まった状態がこの様に表現される事が多い。

日本語化 Edit

管理人の中の人の悲願、宿業。
黒Wiki時代に存在した日本語化だったがMODサポートアップデートの際に粉砕され
謎の人物X(一体ナニモノなんだ・・・)によってUI日本語化と説明文日本語化として分離、再生を果たし、
更に支援者の方々からのサポートを受けてより広い範囲の日本語化をと翻訳も大部分進め
・・・たのだが、アップデートの際の仕様変更により粉砕されてしまった。

 

見るに見かねた海外のKOTLのフレンドに言語関係の嘆願もしてもらったが受け入れてもらえなかった←イマココ

 

嗚呼、日本語化よ実現は何時になる・・・。orz

 

色んな人を巻き込んだ大規模プロジェクトになるので、気軽に「おっしゃやったるぞー!!」というわけにも行かず一酸化炭素吐き出してる状態です・・・。

は行 Edit

バウ職人 Edit

艦首形状(バウ)の作成に命を掛ける者達の総称、または呼称。
徹底的に再現する職人に至っては艦首造詣だけで数日をかけるほど。バウ職人の朝は早い…
なお「AMX-107 バウ」は関係ない。

爆発ダメージ Edit

榴弾などによって引き起こされるダメージ。
爆発の中心点から離れる程ダメージが減少する。

 

相手のAC値が高いと非常にダメージが通り難い為運用時は注意、だろうか。
極めて高い破壊力を持っているなら4m鉄ブロックだろうが吹き飛ばせるがHAは勘弁な!

 

ちなみにGR弾の様なビークルを動かす力を持つ。

 

幾度か仕様が変わってしまい考察が進んでいない分野でもある。
範囲が半径9m説だったり10m説だったり中々安定しない。
現在は10m説が濃厚とのこと。

バッテリー Edit

Processd ResourceカテゴリのBatteryのこと、いわゆる蓄電池。
Fuel EngineかSteam Engine、もしくはRTGにより充電される。Electric Engineを接続することで充電量に応じた出力を取り出せる。
また、レールガンや、粒子砲、レーザーアブソーブモードのシールドなどはバッテリーに蓄えられたエネルギーを消費する。

パドル Edit

船に付いてる水車の事、日本語では「外輪」、船の場合は「外輪船」と呼ぶ。
左右配置は「サイドホイール」式、後方配置を「スターンホイール」式。
因みに黒船はサイド、FTDのマローダーはスターン式。
パドルを回転させる事で推進力を得る方式で、かつてはスクリューとパドルでどちらが高性能かを競う為に1845年イギリス海軍が外輪船とスクリュー船で綱引き実験を行ったそうな。
結果は…まぁ……ねぇ?

 

なお、FTDにおける「パドル」は主にDWG所属の艦船「Paddlegun」。
及び、パドルガン式砲塔(パドル砲)を持つ同系列船(「Baby Paddlegun」「Scuttlegun」、後パドル砲じゃないけど「Paddlegun Prototype」)を指す。

バナナ Edit

Laser pumpの事、バージョンアップ前のモデルが
某フルーツ(野菜)に似ていたためこうよばれることがある。
同様にFtDで「バナナ畑」と言えば大概レーザー回路(の充電区画)を指している。
一部ではモデルが変わってしまった事を惜しむ声もあるとか。

バースト射撃 Edit

アドキャにおいて冷却時間を装填時間と比べて短くし、短時間にまとめて砲弾を叩き込むこと。撃ったあとに一定の装填時間が発生するのが特徴。
総合投射量は継続射撃型と変わらないが、LMDによる防御網を突破し易い。
射撃後に生じる隙が弱点。
一応意識してしっかりくみ上げればガトリングガンのような超速射も可能にはなる。

ピストン Edit

ver2.12で追加された伸縮するブロック。
このverから同時に可能となった多段スピンブロックと合わせて、今まで不可能だった多様な変形機構が作れるようになった。
使い方次第で色々細かい表現が可能になるだろう。

避爆針(ひばくしん) Edit

Ver2.12で判明した爆発範囲制限のメカニズムの変更によって発生するようになった「ワープ爆風」に対する対抗策の一つ。名称はまだ決まっておらず、後々変更される可能性もある。
ワープ爆風の特徴は、「最大加害範囲内で最も中心点に近い敵ビークルのブロックを基準に半径11mの制限」となっているのだが、このブロックの基準が「メインオブジェクトのサイズ」、つまり「非実体化時に表示される枠」になっており、この枠に触れたところから半径11mという制限になっている。
これを逆手に取り、エキゾーストパイプなどでビークルの様々な方向にビークルサイズを大きく見せるための針を伸ばして枠サイズを拡張し、それを以て加害範囲制限範囲が本体に届かないようにするというもの。
ただ、時限信管で起爆されるとこの避爆針も意味を成さないため、今まで以上にシールドの展開距離やLMDの迎撃距離を吟味する必要が出てくる。

標的艦 Edit

爆撃訓練や砲撃訓練、新型兵器の実験などで標的として使うことを目的とする軍艦。
FTDではDWGのマローダー(Marauder)が使われることが多い。
マローダー(Marauder)事態旧式艦の為他の勢力に払い下げられた後標的艦として扱われる事が多いと設定されており公式標的艦とも言える存在。
魔改造されて最近追加された地上用キャンペーンにも居るとか居ないとか・・・。
名実共にFtDのアイドルではないか、という議論をされる愛され(物理)キャラ。

 

最近艦首砲がアップデートされ強くなった。
標的艦と聞いて襲い掛かった初心者が粉砕される可能性が・・・。
更に新プルウェポンの強化により側弦砲が強化された。
標的艦でいいのか?

 

オマケにUnityの処理の問題なのか一部のビークルを呼び出すと一部環境下では例え一隻だけでもゲームが異様に重くなってしまうという不具合があるのだが、この一部のビークルの中にマローダーも含まれているという惨劇・・・。(要出典)

フィーダー直付け Edit

アドキャの組み方の一つ。
ファイアリングピースにアモインプットフィーダーを直接付け、オートローダーを使用せずに射撃させること。
連射性能は低くなるがブロック数を抑えられる上、誘爆も起こらないというメリットがある。
よく機銃に使われる。

 

30Bカスタマイザー(つまりパーツ数60個)の50cm砲、などのAPSとしての限界はこの方式でないと発揮できない。
CRAMよりも破壊力のある必殺の砲弾が放ちたいという方は一考の余地が・・・あるような、ないような。

復原力(復原性) Edit

船舶に遠心力などがかかって傾いたときに、元の姿勢に戻る力
基本的に船舶の重心が低い位置にあり、幅が広いほど高くなる。
復元力と間違えやすいが、この場合は復原が正しい。

複合装甲効果 Edit

木材石材メタル軽量合金ブロックにのみ適用されるAC値を上昇させる効果。
ブロックを重ねる事でAC値が上昇する。
詳しくはブロックでの防御で。

飛行艦 Edit

AirshipThrustercraftをまとめた分類。航空艦とも。
飛んでいる船すべてを指すが、旋回時に機体を傾ける大型の航空機とは区別される。
…厳密な分類ではないため、分類は設計者にゆだねられる。
文字数がほか2つに比べすくないためtwitterで使いやすい。
あとGoogleとかで「飛行艦」と画像検索するとFTDのが上の方にヒットしたり。

ブラッドショット(Bloodshot) Edit

WFのGodlyビークルの一つ「Desecrator」にサブビークルとして二機紐づけされている大型ミサイル型ビークル「Bloodshot」、及びBloodshotが内蔵する極悪な攻撃用システムの名前の一つ。
簡潔にこのビークルを表現するならばラム突撃特攻ビークルとなるが、実際にはただのラム突撃ではない。
機体後部に搭載された超反動アドキャによって衝突直前に超加速し、その速度を持ってラムの威力を大幅に上昇させている。
まともに喰らえばどのようなビークルであろうと大損害は免れない。

フレア Edit

ミサイルの赤外線シーカー(Infra-red seekerとSingle pixel IR seeker)を欺瞞するためのデコイの一種。
Sticky Flareをミサイルに搭載することでフレアとして機能する。

 

ちなみに機体にくっ付く。Stickyだし!

フレイド神 Edit

Neter勢力のWFの信仰する神様のこと。詳しくは勢力紹介ページにて。

 

明らかにアカン宗教です本当に有難うございましt(背中の皮がウッ

 

ヤンデレッテイイヨネ

砲身長 Edit

砲の砲身の長さのこと。
砲身の長さを砲身の内径(口径)≒弾の直径で割ったものを口径長と呼び、砲身の長さを示す単位として用いられる。
例えば40口径50cm砲といった場合、砲身の内径が50cmで砲身の長さがその40倍つまり20mの砲であることを表す。
Advanced Cannonsにおいて必要な砲身長は砲弾と装薬の長さにより決まり、それより短い場合初速と精度が低下する。

盆栽 Edit

エンジンを改良すること。
わずかな性能向上の為に膨大な時間を要することから。

ま行 Edit

まろーん Edit

ひょっとして?→標的艦

マントレット Edit

大日本帝国の艦船の艦橋周りなどにびっしり巻かれてるアレ。
あまり再現する人はいないのが寂しい所。

因みにあれは「丸めたハンモック」だそうで、跳弾による負傷を防ぐ目的がある。
『三笠艦橋の図』でお馴染み。

もくもく力/モクモクヂカラ Edit

力とかいてぢからと読む。

 

主にエンジン盆栽職人の亜流である煙職人の求める排気煙の量。
船の煙突からの煙をどれだけ美しく出すかという指標。

 

今のところ燃料供給装置としてはインジェクタ2、排煙装置3が最適解ではないかなどと議論が行われている。

ミサイル Edit

Missileのこと。
一般的なミサイル以外にも投下爆弾、魚雷、爆雷、ロケットと色々な兵器を作ることができる。

や行 Edit

誘爆 Edit

Ammo Barrelや榴弾の装填されたAdvanced CannonsのAmmo clip、
CRAMキャノンのHigh Explosive Pelletsなど破損すると爆発するブロックの爆発により付近に隣接する同様のブロックが破損し連鎖的に爆発が広がっていく現象のこと。

 

爆発にビークルを動かす効果がある為巨大な弾薬庫を抱える大型艦艇が誘爆によりソラを飛んでしまったり・・・。

ら行 Edit

リバースエンジニアリング Edit

他人が作ったビークルを観察・分解して、どうやって動かしているのか、どういう構造になっているのか調べること。
自分の作ったビークルが思うように動いてくれない時、他人のビークルを調べるとヒントが見つかるかも?

榴弾 Edit

 

榴弾(りゅうだん、High Explosive、HE)は、狭義には、砲弾の種類。爆発によって弾丸の破片が広範囲に飛散するように設計されている。
広義には、成形炸薬弾である対戦車榴弾や粘着榴弾など、着弾時に火薬の効果を用いる砲弾や、砲弾に限らず爆弾の内部に炸薬を詰めたものも指す。

 
  • ウィキペディアより抜粋。
     
    つまり爆発する弾全般の事、特に爆風効果を主としたものをFTD的にはHE、破片効果はFragと言う扱いで分かれている。
     
    何故、「榴」という文字が使われるのかというのもWikiに記されているが、実が熟すと割れる柘榴(ザクロ)から来ているという説などがある様だ。
    英語でのザクロもpomegranateとグレネードとの関係が指摘されているなど。
     
    何はともあれ、色々と弾ける弾なのである。

わ行 Edit

数字 Edit

2828(%) Edit

Neterキャンペーン最大難易度の略称。取得経験値が通常(100%)の28倍少々とブッっとんだ額である。

 

Godly艦が圧倒的耐久力ボーナスと攻撃力ボーナスを持ちながら大量の攻撃部隊を編成してやってくる、
加えてこっちは敵を沈めても資源はほぼ得られず、せっせと資源採掘で得た資源を輸送艦などを使って必死こいて前線に届けなければならない、
そんな名実ともにぶっ飛んだ難易度。
更にそこに縛り有り(潜水艦禁止、宇宙空間禁止、鹵獲禁止、スキル適用禁止、プレイヤー介入禁止等など)でのプレイではDWGすら突破が困難な世界である。

 

誕生経緯としてフォーラムで「キャンペーンとか余裕www」と調子ぶっこいた人が出た為Nickが名指しで最高難易度を用意してあげたぜ!
という経緯があったり無かったり。
どちらにしても開発陣からの挑戦状に近い存在なので考えなしに手を出すと当然の如く粉砕される。
並みのキャンペーンでは最早満足できない沼の底の底の民専用の一種のエンドコンテンツである。

記号 Edit

#FromTheDepths Edit

ツイッターで使われているハッシュタグ。たまに外人さんが使っていることもあるが、九割方日本人なので多くの情報を入手出来る。
これを付けて質問すると、一瞬で優しい沼の先住民に捕捉されるぞ! ただ、解答の速度は茶室や大会議室に比べるとまちまちなので注意。
……もともとはスペインだかのバンドグループの方が使っていたらしいが、まぁ、うん、ごめんね。

 

#FTD観艦式 Edit

沼人たちが自分の自慢のお船を並べた画像が沢山見つかるツイッター用のハッシュタグ。造形の参考になるかもしれない。

 

#思い出のFTD Edit

FTD力500だったり1000だったり3000だったりの生粋の沼人が、FTDで初めて作ったお船が観れるハッシュタグ。
初めはみんなここから始まったのだ。

 

#深夜のFTD造船60分一本勝負 Edit

FTD界でも屈指のヤバイ企画。
僅か一時間でビークルを一つ完成させると言う恐ろしい企画である。
元々FTDでは拘り始めればプリセットのビークルを自分の趣味や目的に合わせて改造し終わるだけでも一日弱、一から作るとなるとそれこそ数日から数週間かけなければならないことを考えると地味に正気の沙汰とは思えない企画だが、それを成し遂げてしまう人たちもいるのだから恐ろしい。
同義のタグとして『分』が『分間』や『一本』が『1本』『1本』となっているものもあるが、現在は半角英数を用いた『#深夜のFTD造船60分間1本勝負』での統一が望ましいとの事。
詳細は以下の通り。

...
 

@FromTheDepthsNC Edit

ニコニコ動画にFrom_the_Depthsのタグが付いた動画が投稿された際、その動画名、サムネ、リンクを自動で呟いてくれるBot。

 

@FtD_vehicle_bot Edit

Neterに登場するビークルの名前、勢力、難易度と説明文を呟いてくれるBot。

 

@60Ftd_jpbot Edit

21時〜25時の間に開催される『深夜のFTD造船60分一本勝負』のお題を呟いてくれるBot。
これの稼働以降は、『#深夜のFTD造船60分間1本勝負』のタグが使われている。

コメント Edit

コメントはありません。 用語集/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White