【ブオーンの体内】

Last-modified: 2019-10-29 (火) 18:22:01

概要

その名の通り【ブオーン】の体内に存在するダンジョン。
胃の中が主なので各所に胃酸と見られるダメージ床が設置されているのが特徴。
登場するモンスターも異物として食べてしまったガチャコッコたちを除き食べ物モチーフのモンスターばかりであるが、殆どが野菜モンスターである。ブオーンは意外と草食だった。
なお、ブラックベジターや大王イカといった【ナドラガンド】でしか戦えないモンスターもいるが、主人公が進入できない場所に生息しているのだろうか。
 
体内は入り口からミノの間、ハチノスの間、センマイの間、ギアラの間と4つの部屋で構成されているが、ウシ目の動物が四つの胃を持っていることに由来する。様々な時代の物体を飲み込んでいるようで、【アバ】の忠告や謎の「シャーロットの墓」などがある。
「最愛の友 シャーロット ここに眠る」と記されているが、これはおそらく最愛の友(ゆう)シャーロット→ゆうしゃーろっと→ゆうしゃろと→勇者ロトであろう。
これはゼルダの伝説の外伝『リンクの冒険』において、「ユウシャ ロト ココニネムル」という墓が建てられていたことのオマージュであると思われる。
 
ドラクエシリーズで巨大生物の体内がダンジョンになっているのは、モンスターズの【タイラントワーム】が初出で、そこからそういったダンジョンが増え、とうとうナンバリングにも登場した。
一応、巨大生物の臓器の内部のような気持ちの悪い地形が続くラストダンジョンならば前例があるが。
なおDQ10での体内ダンジョン第二弾として、後に【竜神の世界】と言うダンジョンが登場した。
 
クリア後もブオーンが口を開けて眠ってしまうため、いつでも再突入可能であり、またもやクエストで訪れることになる。

出現モンスター

【ガチャコッコ】
【ブルベリーノ】
【おばけトマト】
【ミスターガリック】
【ブラックベジター】
【大王イカ】
【ファイアボール】※転生モンスター

ボス(ギアラの間)

【邪菌ピロリアン】たち

隣接地域

【謎の島】