【ミラクルソード】

Last-modified: 2020-06-07 (日) 12:42:36

【片手剣スキル】

戦士・バトルマスター・魔法戦士・占い師・遊び人・パラディン

【かえん斬り】-【ドラゴン斬り】-【ミラクルソード】-【はやぶさ斬り】-【ギガスラッシュ】-【超はやぶさ斬り】-【ギガブレイク】-【不死鳥天舞】-【アルテマソード】

スライムナイト・リザードマン・さまようよろい・デビルアーマー

【ドラゴン斬り】-【ミラクルソード】-【はやぶさ斬り】

概要

敵を斬りつけ
自らのキズも
いやす秘剣

片手剣スキル35ポイントで覚えられる特技。消費MPは3。
光を宿した剣で一閃、通常攻撃と同等のダメージを与え、自分の体力を回復する。
回復量は与えたダメージの25%+20。回復量の上限は450。
 
【達人のオーブ】の闇の宝珠「ミラクルソードの極意」により、与ダメージと回復量をそれぞれ最大30%(Lv6)強化することが可能。
宝珠による回復量強化の割合は基本の25%に加算されるため、最大強化であれば回復量は55%+20となる。
加えて強化後のダメージから回復量は算出されるため、強化後の回復量は通常攻撃ダメージの0.25倍(攻撃倍率100%×回復倍率25%)から0.71倍程度(攻撃倍率130%×回復倍率55%)まで増える。
 
回復量は一時しのぎのものではあるが、回復役がやられた窮地に役立ち、なんとか勝った、などということもあるのでなかなか侮れない特技である。
Ver.5.2時点では、達人のオーブで最大まで強化すれば【二刀流】片手バトマスなら550~600程度と【僧侶】の祈り【ベホマラー】以上の回復量を見せるため、緊急時の回復手段として優秀である。
ちなみに【きせきのつるぎ】で放っても剣側の回復効果は発動せず、ミラクルソードの回復量が上乗せされるなんてこともない。
 
スキルシステムの幕開けである8から登場しているが、3DS版7にも登場したことでも有名。
3DS版7は様々な事情により一部特技が後続作品初登場の特技と差し替わっている。

Ver.3.0前期

これ以前は回復量の上限は100だったが、本アップデート以降上限が450まで上昇。
二刀流の特技追撃ダメージ付与に伴い、バトマスが二刀流で使うと二撃目にも回復効果が発生するようになった。
 
バトマスにはもっと強力な回復手段である【ミラクルブースト】が存在するためこちらが顧みられることは少ないが、ミラクルブーストが切れた場合などに使うことも多いだろう。
ちなみに【攻撃時HP回復】と併用した場合も回復量の上限は450止まりになる。
これとミラクルブーストで回復しつつ、強敵をバトマスでソロ撃破なんて事を達成する猛者もいる。
 
「ミラクルソードの極意」宝珠が登場。レベル5まで強化することでダメージが+10%、回復量が+5%される。

Ver.3.0後期

宝珠の効果見直しにより、レベル5でダメージ、回復量とも+25%されるように強化された。

Ver.3.2後期

宝珠強化の飾り石で強化するとダメージと回復量が+3%される。

Ver.5.2

宝珠のシステムが変更されたことで宝珠の補正が最大レベルでダメージ・回復量共に+30%されるようになった。