【ギガブレイク】

Last-modified: 2020-05-17 (日) 13:31:47

【片手剣スキル】

【かえん斬り】-【ドラゴン斬り】-【ミラクルソード】-【はやぶさ斬り】-【ギガスラッシュ】-【超はやぶさ斬り】-【ギガブレイク】-【不死鳥天舞】-【アルテマソード】

概要

光の刃で周囲の
敵を撃ち滅ぼす
究極の剣技

片手剣スキル140ポイントで修得できる片手剣の特技。ギガスラッシュの上位技で、さらに激しい光の刃で敵を切り裂く。
140スキルの中では【ジゴスパーク】と並ぶ歴代に名を連ねる強技。
ゲームでの初出はDQ8。この頃は結構なやりこみをしなければ習得できなかった。
モンスターズシリーズではジョーカーから登場している。
 
元ネタはダイの大冒険で竜騎将バランが使用する必殺技で、【ギガデイン】を剣に落として斬り付ける魔法剣。
本作におけるモーションは元ネタのそれを再現したもので、片手剣の技にも関わらず両手で構えて雷を召喚し(属性は光だが)、ジャンプして上段から斬り下ろす。

性能

消費MP12、CT60秒(初回30秒)。自分の周囲の敵に攻撃力と攻撃魔力の合計値に依存した【光属性】ダメージを与える。
パラメータにもよるが、ダメージは大体500代後半くらい。他作品とは比較にならないダメージではあるが、CTありの技で範囲攻撃と言う利点はコロシアムかピラミッドの秘宝ぐらいしか使いどころがないのが現状。
単純なダメージなら片手剣にしては、はやぶさ斬りよりもダメージは出るので、バトマスでビッグバンを使うぐらいなら……といったところか。一応バトルマスターの場合は二刀流の特技追撃ダメージも相まってビッグバン以上のダメージを出すことは可能。
 
実装当初はエフェクトが激しすぎてプレイヤーの姿がほとんど見えず、提案広場にも取り上げられたこともあってアップデートにて光が抑えられた。

Ver.3.0前期

バトルマスターが二刀流の時に限り、通常ダメージの0.7倍が追加攻撃で加算される様になり、およそ1000ダメージを与えられるようになる。
テンションが上がった状態で使えば破壊力は更に増すので、ダメージを受けやすい集団戦では【テンションバーン】からこれを繰り出すことで敵集団に相当なダメージを与えられる。

Ver.3.0後期

【達人のオーブ】に宝珠「ギガブレイクの極意」が登場。
性能は威力+5%、最大で+25%となっている。

Ver.3.4前期

よりによって【両手剣スキル】の強化の波に押され【ビッグバン】が従来の2倍程度までダメージが上がった為範囲に多少クセがあるこちらの不遇が目立つようになってきた。
しかしこちらはビッグバンより発動が早く当たりやすいという利点はあるにはあるが…

Ver.4.0

【アストルティア防衛軍】という、新たにこの技を活かしやすいコンテンツが登場した。
ただし、範囲攻撃に乏しく会心率や盾持ちといった利点を活かしにくいせいで、片手剣自体が防衛軍と相性が悪いという致命的な問題がある。
 
一方で敵側の使用者に【ギュメイ将軍】が登場。刀に雷をまとった状態で使用する。
自身を中心とした範囲に約480~500の光属性ダメージを与える。与ダメージが上がっていると550~600程度のダメージになる。
エフェクトや効果音はほぼギガスラッシュである。
プレイヤーのギガスラッシュ同様見た目より出がやや早いのか、範囲はあまり広くないが見てからの回避は難しい。
モンスターズでギュメイ将軍が持っているゆうきのスキルはギガブレイクを覚えられるので、元ネタはおそらくそこから。
ギュメイ将軍はさらに上位とも呼べる【ギガクロスブレイク】も使用してくる。
 
ストーリー終盤の一枚絵では【ファラス】が使用している描写もあるが、のちのVer.4.4で彼と共闘した時には使用することは無かった。