武器/【ウェアバスター】

Last-modified: 2019-01-05 (土) 12:42:25

複数シリーズに登場する武器。
「ウェア」と名のつく敵(主に獣人系)に大ダメージを与える。
シリーズによってだったりだったりだったりと種類が違う。


FF1 Edit

神秘の鍵入手後に、カオスの神殿で手に入る。ウェア(獣人)系特効だが、実感はしにくい…。
普通に攻撃するなら、ミスリルソードの方が強いこともあり、実際に使うプレイヤーは少ない。
FCでの剣種はブロードソード、色は紫。


似たような位置づけの武器にルーンブレイドウィルムキラー珊瑚の剣があるが、
ウェアバスターに限ってシーフは装備不可。
入手が容易なので、戦士のつなぎの武器としてはそこそこ優秀だろう。

FF2 Edit

系武器となっている。
カシュオーン城の宝箱に入っている。
同時に手に入るミスリルアクスよりも攻撃力は一回り上で、城内に出現するアダマンタイマイの装甲も貫けるほど。


ウェア(獣人)系モンスターに当てはまる敵が少ないためにFF1同様特効を活用しにくいのが残念なところ。

  • この後行くことになる大戦艦にはウェアパンサーが出現する。
    剣や斧の上位武器が手に入らない時期なので、杖使いの攻撃力が頼もしい。

フィン城奪還後、フィンの町で購入可能になるが、その前にディストの洞窟で手に入る魔術の杖がより高性能。


杖系統の武器には、魔法干渉が高いものと低いものがあるが、打撃メインと考えられてるこれは高い方に属する。
そのため、魔法を使うキャラに持たせる場合は要注意。


SORでは登場しない。
まぁ、ミンウは打撃メインのキャラクターではないのであまり気にならないが。

FF11 Edit

白魔道士専用の片手棍にして、「鎮魂武器」と呼ばれる武器群のひとつ。
ミシックウェポンヤグルシュ」の取得と、
ミシックウェポンスキル「ミスティックブーン」習得の際に必要になる。
武器としては弱く、獣人系への追加効果もない。名前だけ引っ張ってきたようだ。


詳細はこちら→ウェアバスター

聖剣伝説 Edit

系統の武器として登場する。
デビアスの館で入手できる。だが既にウェアウルフは登場しないため普通の武器でしかない。

  • 実際にはウェア種だけではなく、獣系と植物系全般に特攻があるので意外に強い。
    が、これは斧系全てに当てはまる特徴なので、「ウェアバスター」としての立場は無い。
  • 当のデビアスの館では物理攻撃無効の敵が多く、あまり役に立たない。
    しかし、この次に行く奇岩山には斧弱点の敵が多く、
    大いに活躍できる。

斧最強のまじんのオノ自体が見つけ辛い所にある上、なぜか攻略本にも掲載されていなかったため、これが斧の最強武器と錯覚するプレイヤー多数。
最もハマり防止のためバトルアックスは売れない仕様になっているため、仮に売り払ったとしても謎解きには困らない。

DDFF Edit

ラビリンスアイテム
装備レベル1以上、BRV-52、ATK+26、激突HPダメージ+5%。
闘争の喜び×1、1ギルでトレードできる。

FFEX Edit

棍棒の1つ。

FFRK Edit

「ウェアバスター【II】」。レア5のロッド。FF2共鳴。
共通必殺技「全体治療?」付き。