甲標的 丁型改(蛟龍改)

Last-modified: 2020-01-23 (木) 00:01:19
No.364
weapon364.png甲標的 丁型改(蛟龍改)特殊潜航艇
装備ステータス
火力雷装+17
爆装対空
対潜索敵+2
命中+2回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
重雷装巡洋艦・潜水艦・由良改二阿武隈改二夕張改二特にも装備可能
装備時、開幕雷撃が可能
任務『新編「六水戦」出撃!後で感想、聞かせてね!』選択報酬
独自開発された「特殊潜航艇」、その後期改良型のさらなる発展型です。
従来の甲標的を大型化、航続距離や通信能力を強化、搭乗員も5名に拡張、
艦首に45cm魚雷発射管2基を備えるミニ潜水艦に近づいた強化発展型甲標的です。
本来はその戦局から艦上での運用を前提の設計でしたが、改良型の本艇は同運用に対応した水上艦での積極運用が可能です。

ゲームにおいて Edit

  • 2020年1月14日に実装。
  • 甲標的 丙型に比べ雷装+3、命中+1、回避-1、索敵+2。
    • 特殊潜航艇最強の性能だが、フィット艦以外に装備すると火力や回避の低下といったデメリットが発生する。
      • 素の回避は0だが、回避-2(あるいはそれ以上)の補正が全艦に適用されるため実質回避-2の装備と考えてよい。
      • とはいえ雷装は低下しないため、回避低下に目を瞑って使うかどうかは提督次第か。
  • 解説文の「艦上での運用を前提の設計」の箇所は恐らく「基地からの運用を前提の設計」の間違い。
    • 史実の蛟龍は艦上での運用は想定していない。無論夕張にも甲標的の搭載計画もなく、完全なIF装備となっている。

装備ボーナスについて Edit

小ネタ Edit

  • 元ネタは甲標的の最終型である「甲標的丁型」。後に「蛟龍(訓みは「こうりゅう」。文献によっては「蛟」とも)と名付けられ、それまで劣悪であった水中運動性が劇的に改善した他、水上航行能力も向上した。
    乗員を5名に増やし、探信儀も装備する等、特殊潜航艇とは言えども性能はミニ潜水艦というべきものになっていた。
    • 蛟龍は厳しい戦局における決戦兵器の一つと位置づけられ、昭和20年には1,000隻を目標に大量生産が図られた。
    • 生産は最重点とされたが資材も労働力も不足していたため、実際の就役数は100隻に満たなかった。それでもごく一部は実戦に参加している。
    • 戦後の海軍再建構想にも取りあげられ、防衛用潜水艦戦力として60隻余を調達することも考えられていたという。
    • 通称の「蛟龍」とは「蛟(みずち)」とも言い、龍の幼生とも伝わる幻獣。
      • 一対の角と四肢を持つ蛇で、水中に棲み時に毒の息を吐いて人を害するとされる。蜃気楼の語源である「蜃(しん)」も蛟の一種とされ、こちらは幻を見せる霧を吐くという。
      • マムシ(または蛇と雉が交わって生まれたもの)が土中で500年を過ごして水に入ると蛟になり、蛟が500年水棲して天に昇ると龍となるとされる。
  • 甲標的丁型、制式名称「蛟龍」は特攻用として整備された甲標的である。デリケートな論題でもあり説明を要するが、特攻は即自殺攻撃を意味するものではない。
    この蛟龍を用いた場合の「特別攻撃」とは「特殊な兵器をもってする攻撃」であった。
    日本軍では生還を前提とした蛟龍を用いる「特別攻撃」も、必死の体当たりを行う航空攻撃も同様に「特別攻撃」という名称を用いた。
    つまり蛟龍の特別攻撃とは、生還を前提とした反復攻撃を実施するものだった。このため蛟龍には自爆攻撃用の爆薬は搭載されていない。
    同様に特攻兵器として整備の進められた海龍においては魚雷攻撃を諦め、艇体前部を炸薬スペースとしたが、蛟龍の場合にはそうした改造の検討が行われた形跡はない。
    従って、蛟龍が海中で体当たりを実施し、激突したとしても相手に与えられる損傷はわずかである。
    また水中速力最大18ktは潜水艦としては高速であるが水上の戦闘艦艇にとっては鈍足で、蛟龍が全力を出しても振り切ることが可能である。
    真珠湾攻撃においても甲標的による特別攻撃隊が投入されたが、これも生還を前提とした作戦だった。
  • 丁型の開発は黒木博司中尉により昭和19年(1944年)開始、5月に試作艇完成。蛟龍として昭和20年(1945年)5月制式。
    当時の状況はすでに特潜の艦上運用を行える甲標的母艦がなく、丁型は本土防衛用の小型潜水艦としての運用を目指した。
    基地運用を主眼とするため艇の幅を広げ、艇の上部にメインタンクを設け、凌波性能を大きく改善した。潜行能力は深度100m。
    外観上の特長は司令塔の形状変更と艇の上部に増設されたタンクである。
    司令塔は上部と前方の一部が航空機のように水防・風防のガラス張りとなり、乗り降りのため一部を開くことができる。この司令塔内部に交通筒を収めている。
  • 丁型は特H型蓄電池を200個搭載し、500馬力の電動機を用いて最大速力18ktで行動できる。
    また艇内に発電用の五一型丁型内燃機関(150hp)を積む。このディーゼルエンジンにより8ktにて1,000海里という航続能力を得ている。
    蓄電池を消耗しても自力で再充電し行動を再起でき、またエンジンで発電しながらモーターで航走可能である。
    ちなみに甲型の航続は水上9ktにて15.8海里であった。
    蛟龍の旋回径に関しては詳細不明ながら、旋回秒時の表には9.5kt時に90mという数値が残っている。これを半径と解釈すれば旋回直径180m、また微速にて170mとするデータがある。
    甲型では旋回径は直径460mから300m程度であった。こうした機動力、旋回能力の高さは戦場での移動や有利な襲撃位置への占位に直結している。
    蛟龍は洋上にて最大5日間行動もできたが、艇内は極めて狭く、フレオンガスによる冷房機や電池室上部のベニヤ板で横になるほかは休養できる設備もスペースもない。
    搭乗員の体力の限界により行動は普通3日が限界だった。攻撃力は直径45cmの二式魚雷2発を搭載、火力は攻撃機2機に相当する。
  • 人員は5名に増やされた。操縦(主艇付)、航法・索敵(艇長)、蓄電池担当の電機員、通信員、エンジン担当の機関員である。
    搭乗スペースは極めて狭く、エンジンからの熱、蓄電池から発生するガスの影響もあり、環境は劣悪であった。
  • 蛟龍は決戦に備え国内に配備された。一隊は12艇で編成される。ほとんどの部隊は戦力を維持したまま終戦を迎えた。
    沖縄に配備された丁型は少数が運天基地に到着したものの戦果をあげないまま未帰還となっている。
    甲標的は通常の潜水艦と異なり、艦載機に似た性質を持つ兵器である。このため運用には必ず基地もしくは母艦を必要とする。
    米軍は徹底して海岸にある出撃基地に空襲を加えたため、戦闘が始まる以前にこうした基地に打撃を受けてしまえば甲標的の戦闘能力は喪失してしまう。
    戦争末期には輸送体制にも無理が多く、小型の甲標的の自力進出はエンジンの連続運転で無理をかけ、故障を招いた。
    丁型3隻の沖縄への自力進出は1隻が成功したものの、エンジンの修理中に空襲を受けて破壊されている。
    ほか一等輸送艦により沖縄に輸送された2隻の丁型は出撃後に未帰還となった。
  • ほか、波百一型潜水艦(潜輸小型)を蛟龍の母艦に使用する予定だったと記載する文献もある。
  • 艦これで行う艦上運用は、史実では想定されていない。蛟龍「改」としたのはそのためだろう。
    丙型までは甲標的母艦にすんなりおさまったが、蛟龍は艇体を拡幅し大型化している。
    このため夕張改二は蛟龍に合わせて艦のサイズや設備を備えたものと推定される。
    他の艦での運用には制限が加えられているのはそうした背景を加味したのだろう。
    ちなみに基地運用でも移動用のレール、運搬車、魚雷調整所、ポンプ所、自家発電所、修理工場などが必要とされた。
    こうした設備は艦上でも必要とされることだろう。
    蛟龍の攻撃力、索敵能力の面では丙型から大きな改善はないものの、機動性能と航続性能は大幅な改善を見ており、電気系統やエンジン系統に関しても人員を増やすことで労力の集中を減らし、蓄電池や機関などデリケートな装備を整備することができる。
    さらに通信員を置くことで母艦と緊密な連携を取ることができる。継戦能力や有利な射点への素早い占位という面では大きな改善を見たといえるだろう。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • つまりこの兵器は、史実的には戦果らしい戦果はないって認識でいいのかな? -- 2020-01-16 (木) 23:03:52
    • そもそも素晴らしい戦果を上げた特殊潜航挺なんてマイアーレくらいじゃないか? 他はたいてい人命含むコストに釣り合わないか、攻撃よりも工作が主なイメージだけど -- 2020-01-17 (金) 00:48:33
      • おいおい、甲標的はなんだかんだでイギリス戦艦を大破着底させているし、真珠湾でも一隻撃沈の決め手になったらしいと最近の研究でわかってきたんだぞ? -- 2020-01-20 (月) 17:37:06
    • 丙型はフィリピン戦では有効に機能してる 丁型は佐世保-沖縄間の単独進出を成功させているので設計の意図は達成されている -- 2020-01-17 (金) 08:37:36
  • 夕張ちゃん雷装+21か…っべーな~ww 夕張ちゃん大好きだし嬉しいけどさ -- 2020-01-17 (金) 00:39:18
    • 一方木曾は…散々言われてるけど不憫 -- 2020-01-17 (金) 09:04:45
      • 言うて木曾も雷巡やからな、夕張に蛟龍+21で雷装109、木曾に甲標的丙型+14でも雷装124だし流石の火力ではある。不憫感あるのは単にハイパーズが強すぎなのが問題なのかもしれん… -- 2020-01-17 (金) 10:48:31
      • バリの比較対象はあぶや由良さんだから強く見える。木曾の比較対象はハイパーズだから弱く見えるのよね…木曾と夕張で先制雷撃なら木曾の方が上だぞ -- 2020-01-17 (金) 11:02:25
      • まぁね。姉達が普通ならトリオ組めてた強さは持ってるし、不憫言うてもちょっとしたぼやき程度よな -- 2020-01-17 (金) 11:02:30
      • プラスクレとは言わんが回避-2だけでよかったんじゃないかとは思う -- 2020-01-17 (金) 11:15:55
      • それはちとちよ甲にも言いたい。空母の幼虫状態と言っても日進の同業なのにあっちはボーナスありでこっちはペナだけという -- 2020-01-17 (金) 11:30:39
      • 確かに木曾は火力雷装変化無し・回避のみ少し落ちるくらいでいいよね… -- 2020-01-17 (金) 11:47:59
      • つーか大井っちと同じ補正でよかったのでは…?んで甲標的母艦の日進は北上と同じ補正にすれば… -- 2020-01-17 (金) 23:22:51
      • 回避なんて-7でも回避項で計算したら1違うかどうかだし -- 2020-01-18 (土) 10:04:52
      • 素の回避が低いちとちよ瑞穂あたりにはかなりきついペナよね -- 2020-01-18 (土) 11:27:40
      • 潜水艦はもろにきつい。まるゆに至っては… -- 2020-01-18 (土) 11:37:44
      • とは言っても魚雷だけを積むのが基本形の潜水艦でこれを積むとしたらそれこそ1スロットしかないまるゆか、3スロ目を雷装値の底上げに使えるヒトミイヨくらいだし。他に可能性あるとしたら水戦とか改装前とかで1スロットしか余ってなくて少しでも昼雷撃強化したい時くらいか -- 2020-01-20 (月) 05:03:12
      • 北方迷彩を補強増設につければいいんでねえ?と思ったのは俺だけ?? -- 2020-01-25 (土) 03:10:41
  • ピーキーな性能、見た目から、デビルフィッシュを思い出した -- 2020-01-17 (金) 16:44:17
    • この夕張妖精さん、藤原啓治ボイスなのかぁ… -- 2020-01-18 (土) 11:43:07
  • しかしアンフィットとはいえまるゆに装備できるけど、蛟龍の全長ってまるゆの2/3くらいあるんだよな。装備したらほとんどマトリョーシカかゴーディアン。 -- 2020-01-17 (金) 23:07:34
    • まるゆさん「貴様らに名乗る名前はない!」シャキーン! -- 2020-01-17 (金) 23:35:47
      • それ、クロノスの大逆襲のロム兄さんじゃ……当時は、レイナ・ストールの人気がすごかったなあ。剣狼伝説ってOVAも出ていたっけ -- 2020-01-22 (水) 08:13:30
    • 「ランドセルに・・収まらないんです・・けど・・」 -- 2020-01-18 (土) 00:02:47
    • 他国の似た兵器として英S級潜水艦(66m)が曳航して使ってた小型潜水艇X艇(15m)なんてのもあるよ。終戦間際シンガポールに居た高雄は改良型のEX艇(16m)によって被害を受けてる -- 2020-01-19 (日) 09:06:34
    • 運貨筒と同様ワイヤーで引っ張っていくんだろ? -- 2020-01-20 (月) 02:44:10
  • コーリューハー! -- 2020-01-18 (土) 12:27:58
    • こんなところでSOネタいるとは思わなかった -- 2020-01-19 (日) 02:00:09
  • すっごく細かいけど、大井改のほうに装備させたら火力-1、回避-7された。北上改のほうは未確認 -- 2020-01-18 (土) 22:21:01
    • たまたまうちに北上改がいたので載せてみた。同じく火力-1、回避-7されたね。 -- 2020-01-19 (日) 02:11:23
      • やっぱり夕張改二特の元ネタって…ん?スク…(通信途絶) -- 2020-01-19 (日) 03:02:42
    • 神威改でも火力-1回避-7でした -- 2020-01-20 (月) 17:21:40
  • 選択ミスするはずもないから別にいいんだけど、この装備が確定報酬で補強増設が選択報酬に含まれてるほうが自然じゃね・・・? -- 2020-01-19 (日) 00:18:28
    • 艦これ運営にユーザーフレンドリーな仕様を期待する方が間違ってるんじゃね?うっかり誤進軍と一緒で、画面をしっかり見てないほうが悪いんだゾ -- 2020-01-20 (月) 08:06:18
    • 増設が選択報酬でも普通は増設一択だから選択報酬の意味無いよな。蛟龍ならなおのこと -- 2020-01-22 (水) 08:20:43
  • 夕張に魚雷2と蛟龍を載せてカットインさせろ。こうりゅうことかね? -- 2020-01-19 (日) 02:42:22
    • 14㎝連装砲改「連撃してもいいのよ?」 -- 2020-01-19 (日) 03:05:18
  • ふう、やっと手に入れた。やはり睦月型だと3-2と7-1は運試し。 -- 2020-01-19 (日) 23:56:33
  • 加減しろ莫迦! -- 2020-01-21 (火) 01:28:11
  • 外観はかっこいいし、装備も充実してるが、人が乗るスペースがないのがダメやな -- 2020-01-21 (火) 20:42:53
    • 釣り針乙 -- 2020-01-22 (水) 05:10:54
      • 実際の内部構造図とか見るとスゴいぞ。これで3日耐えるとか人間の限界まで頑張ったんやなとしみじみするレベル -- 2020-01-22 (水) 14:18:28
      • この大きさと環境で3日耐えるとか搭乗員は化け物か!? -- 2020-01-27 (月) 09:13:10
  • くちばしっちみある .・в -- 2020-01-22 (水) 13:34:07
  • 蛟龍滅牙槍 -- 2020-01-22 (水) 21:25:57
  • 本気で運用母艦にしようと思ったら甲標的母艦や雷巡より潜水艦母艦「大鯨」の方が向いてるんじゃないだろうか。 -- 2020-01-23 (木) 00:08:00
    • だから「なんで大型駆逐艦相当の夕張が雷巡や甲標的母艦より強いボーナス貰えるんだ」ってなるのよね…… -- 2020-01-23 (木) 01:57:46
      • 「夕張を物凄く強くしちゃいます」という結論ありきの装備、名前なんて無意味で甲標的甲改二後期調整型とかの捏造でもぶっちゃけよかった。一応いままでの標的より強く他の艦にも詰めるようにして荒れないようにしてるみたいだけど -- 2020-01-23 (木) 12:31:49
    • いうて丁型に至っても単独進出能力は乏しかったわけで、運用母艦の機動性そのものも重要では? 夕張のボーナスについては大型化によって通常の甲標的設備しかない既存艦艇では運用に無理があるって説明がつくでしょ -- 2020-01-23 (木) 12:24:36
    • 潜水艦母艦というのは「進出先の泊地支援」が主であって運用母体ではない そもそも大型潜水艦を前提とした支援艦艇なので必要な設備も別物 -- 2020-01-23 (木) 12:28:23
      • 船体構造からも甲標的射出出来るスロープも魚雷格納庫も無いからな>大鯨。魔改造したら出来るだろうけど、それしたら龍鳳に出来ないし -- 2020-01-24 (金) 16:54:16
  • 蛟龍改←赤髪の放浪者が必殺技で使いそう -- 2020-01-24 (金) 17:20:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White