Top > 秋刀魚の缶詰

秋刀魚の缶詰

Last-modified: 2018-11-07 (水) 19:31:38
No.150
weapon150.png秋刀魚の缶詰戦闘糧食
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
期間限定秋刀魚祭りにて「秋刀魚」7尾と交換で入手可能
期間限定【食べ物】ミニイベントの任務報酬
旬の水揚げされたばかりの新鮮な秋刀魚を使った蒲焼の缶詰です。
脂が乗った秋刀魚を炭火焼で丁寧に仕上げたその味は、そのままでも美味しいですが、
おにぎりと一緒に食すれば美味しさ倍増です。
(戦闘糧食と一緒に発動すると効果倍増です。発動すると消滅します)




ゲームにおいて Edit

  • 2015年10月9日のアップデートで実装。
    • 同日開始された期間限定ドロップイベント「秋の秋刀魚祭り」にて収集できる「秋刀魚」7尾と交換で入手可能だった。
    • 実装当初はアイテムから交換しても装備図鑑に載らない不具合があったが、2015年10月11日のオンメンテで修正された。
    • 同アップデートで更新された任務画面の大淀のグラフィックが、この缶詰とおぼしき物を2つ持っている。
  • 戦闘糧食と同じく補強増設で追加した補強装備スロットにも装備可能。
  • 発動した場合、本人はcond値+12で仲間はcond値+8~+10。戦闘糧食に比べておすそ分けの効果が大きいのが特徴。
    • 戦闘糧食と一緒に使う(同じ艦に装備する必要あり)ことで本人はcond値+21、仲間はcond値+17~+20と効果がおよそ2倍になる。
      とはいえスロット2つを使う必要があることや、この装備自体の入手可能数に限りがあることを考えると、雰囲気重視の仕様であろうか。

  • 今後の実装次第では二度と入手できなくなる可能性がありえるため、図鑑とアイテム欄埋めで最低1個入手しておくのもいいかもしれない。
    • 2016年10月21日に開始された鎮守府秋刀魚祭り2016では秋刀魚7尾と交換で入手可能だった。
    • 2017年9月29日に開始された鎮守府秋刀魚祭り2017では秋刀魚7尾と交換で入手可能だった。
    • 2018年10月10日に開始された鎮守府秋刀魚祭り2018では秋刀魚7尾と交換で入手可能だった。
    • 毎年恒例になりつつあるサンマ漁で入手できるため、取り逃したら1年待っておこう
  • 2018年5月15日開始の【食べ物】ミニイベントでこれを必要とする任務、報酬とする任務が実装された。
    • イベント限定で可能な料理「和定食膳」で必要な素材の一つがこの缶詰でこの料理が任務の達成に必要だった。

小ネタ Edit

いで大船を乗り出して われは拾わん海の富

いで軍艦に乗り組みて われは護らん海の国    文部省唱歌『われは海の子』

  • イラストのレッテルの文字は以下の通り。
    品名:秋刀魚蒲焼
    内容量:四三二瓦(432g)
    納入年月:昭和一六年一二月(1941年12月)
    製造者:鎮守府間宮 明石工廠
    納入者:鎮守府罐詰株式会社
    • 実際に、間宮は缶詰製造設備も持っていたらしい。
  • 缶詰とは金属缶に食材と水や調味液を詰め、密封して加圧加熱殺菌したもの。*1
    • 日本において初めて缶詰が作られたのは明治4年(1871年)であり、フランス人指導のもと長崎県でオイルサーディン*2の缶詰が試作された。
      本格的な生産としては明治10年(1877年)にアメリカ人指導のもと製造されたサケの缶詰が初めてである。
      このサケ缶が製造された10月10日を日本缶詰協会は「缶詰の日」として制定している。丁度秋刀魚イベント開始の次の日である。
      • 中身って「蒲焼き」だけど、そもそも何?
  • 長期保存がきき、調理の手間がいらない缶詰は、帝国陸海軍も大いに活用していた。
    • どのぐらい長持ちするかというと、2015年7月に香川県で発見された昭和19年製造の赤飯の缶詰17個が、中身に全く異常がなかったほど。(検査の結果、若干変質はしていたものの、細菌などは検出されず。)
      缶が錆びなければ非常に長い間保存できる。勿論風味は劣化するが
      ちなみにこの赤飯の缶詰は、海軍所属だった水兵が両親への手土産として故郷の小豆島にこっそり持ち帰っていたものらしい。
  • その種類は多岐にわたる。赤飯、五目飯、いなり寿司、餅などの主食系や、牛缶、コンビーフ、鯨缶、鮭缶、鯖缶、ウナギやイワシや秋刀魚の味付け缶などの副食物系、ミカン缶、桃缶、パイン缶、みつ豆缶などの甘味嗜好品系、タケノコや松茸など*4の各種野菜の水煮缶など、あらゆる種類の缶詰が海軍で用いられていた。
    • と言っても、水上艦艇では中々お目にかかれない種類のものもある。乗員たちがよく目にするのは、酒保で販売されているフルーツ缶各種や、戦闘糧食で配られる牛缶や鯨缶などである。の松茸カレーのように調理材料として使用されることは多いが、そういう缶詰は口に入れどあまり表に出てこない。
      • 海軍生活と缶詰のよもやま話はこちらをクリック
  • また、日本海軍で「秋刀魚」というと、魚の秋刀魚そのものよりも「猫さんま」の方が馴染みがあるかもしれない。
    すなわち、生粋の水雷屋にして伝説の「大名士」*6、有地十五郎海軍中将のアダ名である。
    たいそう立派な口ひげを生やしていたのだが、後ろから見るとまるで猫が焦げた秋刀魚を咥えてるようだったからである。
    • その妙なアダ名にふさわしく、ご当人の奇行・迷言の数々は駆逐艦乗り野郎の気質を体現するものとして長く語り継がれている。
      • たとえば第一水雷戦隊司令官として夕張座乗の時のこと、上陸に浮かれるあまり一隻の駆逐艦が停泊場所を間違えた。
        と、有地司令官から間髪入れず発光信号が飛んだ。「穴チガイ、ヤリナオセ」
        ちなみに当時の一水戦の編成は第22駆逐隊、第23駆逐隊、第30駆逐隊なので、これを言われたのは睦月型の誰か*7である。
        このほか酔って褌一丁で踊り回る、水雷学校校長時には卒業式の訓示で芸者遊びの秘訣を説いて周囲を唖然とさせるなど、エピソードは枚挙にいとまがない。
      • 変人であると同時に理論派で精緻な作戦指揮能力に定評があり、なおかつ真っ向唐竹割り型の捨て身の戦術を得意とする猛将でもあった。
        神通の項目にある山城相手の「逆落し戦法」のチキンレースと「ヒヤヒヤサセルジャナイカイナ」も、猫さんま二水戦司令官の時の逸話である。
        「駆逐艦乗りは出世しない。良くて大佐で予備役」が常識の中で、異例の海軍中将まで出世したことがその非凡さを裏付ける。
      • しかし強硬な対米戦争反対派で、開戦論が海軍内外でも盛り上がる中「戦ったら必ず負ける」と主張し続けたことが上層部から疎まれ、開戦前に現役を退くこととなった。
        昭和22年、65歳で没。その言葉の通りに日本が大惨敗を喫し、何よりも愛した水雷戦隊が跡形なく潰え去った2年後であった。

  • ところで、秋刀魚にかぎらず、漁と海軍、そして釣りと海軍は切っても切れない縁がある。
    • 北方の洋上、採れたての鮭やマス、カニなどを現地で缶詰に加工する海上缶詰工場ともいうべきなのが漁業工船。いわゆる「蟹工船」もその一種。
      「敵艦見ユ」の信濃丸*8や第一回ブラジル移民船笠戸丸*9、旧病院船博愛丸*10など、錚々たる面々がボロ船と成り下がって余生を過ごす職場であった。
      ところが彼女たちは漁獲のために相当きわどい行動をするため、よく領海侵犯の疑いでソビエトの監視艇に捕まったりしていた。
      そんな彼女たちを守るために警備の任に就いていたのが第1駆逐隊*11などの海軍駆逐隊だった。
      ソ連警備艇へ睨みをきかせるばかりでなく、「何某丸が捕まった」と聞くや駆けつけてソ連当局と交渉、乃至場合によっては隙を見てかっさらってくるのが仕事である。
      小林多喜二の『蟹工船』での警備駆逐艦はぼろくそな書かれようだが、漁業の保護もまた、当時の海軍の大事な仕事だったのである。
      • しかしながら、漁業保護に駆逐艦を使うのは燃費上いかにも不経済であり、駆逐艦自体の構造も北方警備向きにはなっていないので乗員の苦労も並大抵ではなかった。
        そこで後年、漁業警備向きの軍艦として専用の「海防艦」が設計建造された。占守型及び択捉海防艦がそれである。
        低速小型ながら暖房・解氷設備は充実、耐氷・復元性に優れ、さらに艦首に菊の御紋章をいただく「軍艦」としソ連艦威圧の効果も充分と、行き届いた設計だった。*12
        のちに船団護衛用として大量に建造された海防艦群の設計母体となったのも彼女たちであった。
        ところが占守型や択捉型も太平洋戦争開戦後船団護衛に南方へ放り込まれるようになると、北方用の彼女たちはその構造が仇となって大変暑苦しく、乗員を悩ませたという。
    • また、爆雷戦訓練で魚群がいそうなところを見計らって爆雷を投下、気絶して浮いてきた魚を拾うという「爆雷漁」も海軍ならではだった。
      これに関しては中でも特に、近場に良質な漁場の多い呉鎮守府所属の駆逐艦の得意技だったという。*13
      爆雷が魚群に近すぎると身が崩れて味が落ち、かといって遠いと気絶しただけですぐ逃げてしまうので、結構難しかったらしい。案外実戦的な訓練と言えるかもしれない。
      • もちろんこれは…
  • 当時、明治5年の太政官布告を踏まえ、軍服を着て傘をさすことと並んで、軍艦の艦上での釣りは禁止という建前だったが、実際は黙認の形、それどころか従軍記者に艦の上級士官が釣りで一杯引っかけている姿を描写されているような本を大本営が検閲を通して市井に流通させる有様。
    それはそうだろう、司令官や艦長たちだって、規則に忠実に禁止禁止と取り締まるよりは、釣果のおすそ分けで一杯やるほうが好きに決まっているからである。
    しかも軍艦の周囲は艦から出る残飯が一種の撒き餌のような効果を発揮し、自然に魚が集まる。これを活用しない手はなかった。
    • しかして各艦におけるその実態は?
  • こういった伝統は現代の海上自衛隊にも受け継がれている。「F作業」がそれである。
    作業とはいっても何の事はない、航海中の無聊を慰めるための釣りの許可である。
    この時ばかりは護衛艦変じて「漁船さみだれ丸」や「イカ釣り船さざなみ丸」と化す(今は無き編成である「地方隊」所属艦がイカ釣り船とか揶揄されていたのも推して知るべし。大湊港とかな!)。
    領海内でやると密漁行為になってしまうため、領海外でしかやらない、ということになっている。それが守られているかどうかは神のみぞ知る(因みに領海線は陸岸から12マイル*23。艦にもよるが護衛艦の見張り台から水平線までの距離がおおよそ6~7マイルなので、その約2倍の距離である。近いと思うか遠いと思うかは人によるが)。
    そのほか真偽のほどは不明だが、「航海長か艦長が釣竿持ち込んでたら(艦が)漁場を通過ないし漂泊すると思え」という暗黙の了解めいた言い伝えがあるトカないトカ。
    いつぞやのミサイル発射事件では日本海に展開したBMD即時待機中のイージス艦の乗員が陸揚げし忘れた釣竿を活用したという噂まで・・・・・・。
  • 他方、帝国海軍では徴用された本職の漁船たちも働いていた。黒潮部隊こと「特設監視艇」がそれである。
    外海航行可能な大型漁船を乗員もろとも徴用し、機銃や無線や電探若干と艇長以下海軍軍人数名を乗せて出来上がり。
    彼女たちは太平洋上に展開して敵艦隊や敵編隊への警戒の任にあたっていた。
    中でもドーリットル空襲部隊を発見した第23日東丸などが有名である。無論第23日東丸も乗員全員が戦死した。
    • そんな彼女たちの運命は涙なしには語れない
  • 余談ではあるが艦これの運営メンバーは缶詰の同人誌を3冊出版している。
    • 内容は缶詰の擬人化レビューや缶詰料理のレシピ、製造会社へのインタビューがフルカラーで掲載されており相当気合が入っている。
      ちなみに秋刀魚の蒲焼き缶は3冊目に掲載されている。
      2冊目には某正規空母によく似た「大和煮さん」も登場している。運営が缶詰好きなのは確定的に明らか。
      大和煮さん本人はごまかしているが後の大阪王将とのコラボでその正規空母がこの格好で登場したためお察し

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 素朴な疑問。 海自のF作業のくだり、なんでわざわざ「マイル」って書いて注釈付けてるんでしょうか? 航空系の業界だと「マイル」表記が自動的に「ノーチカルマイル」の意味になるけど、海事系の業界なら普通は「カイリ」表記だと思ってたんだけど、違うんですか? -- 2018-10-21 (日) 12:11:27
  • ねじも前イベでめちゃくちゃ減ったから、全部で5個缶詰めにしたわ -- 2018-10-21 (日) 14:34:30
    • ねじちゃうわ -- 2018-10-21 (日) 14:35:45
      • バケツや!ねじは1個やから効率悪すぎ.. -- 2018-10-21 (日) 14:36:24
  • 刺し身用秋刀魚が売ってたので捌いてなめろうにしてみたんだが、日本酒との相性が良すぎてとまらんばい 旬のモノはいいねぇ、最高だ!

     唯一良くないのは明日も普通に仕事ということだ…持ち越したらキツいなぁ笑 -- 2018-10-22 (月) 21:54:47
    • ドチャクソ美味そうだな…生魚しゅきぃ… -- 2018-10-25 (木) 15:22:41
  • ひとまず今回のイベントで5個作っといた。少し邪魔になるかも。 -- 2018-10-22 (月) 23:43:59
  • google検索でトップに出るこのページとは一体…。それほどに艦これ界の秋刀魚の缶詰は影響力が大きいのか? -- 2018-10-25 (木) 09:59:24
  • 正直糧食に回せる倉庫の空きは無いんだが、食材イベとか言うクソに備えて1個は確保しとくべきかねぇ…あんなの二度とやって欲しくないけど -- 2018-10-25 (木) 10:02:54
    • 別に強制じゃないんだし、お前が参加しなきゃいいだけよ。 -- 2018-10-25 (木) 16:04:13
    • ぶっちゃけ、どうせ救済任務があるんだからご自由にとしか。まさかそこまで言っといてカタパルトが足りてないわけじゃあるまい -- 2018-10-25 (木) 18:23:38
    • この意見たまに見かけるけど、たかが2,3枠空けるのにそんな苦労するか? -- 2018-10-25 (木) 21:27:54
      • 大量の倉庫の肥やしから一番必要無い物を選ぶのは存外難しい。秋刀魚缶自体も倉庫の肥やしの分類だしな…。 -- 2018-10-25 (木) 21:37:10
      • いらんだろ、と思って廃棄した装備が次のアプデで素材になったりね… -- 2018-10-25 (木) 21:50:02
      • 烈風…紫電改二…10cm砲…うっ、頭が -- 2018-10-25 (木) 21:55:18
      • ↑こういう事始終に気にしてる奴は使った直後に先を見越してまた在庫をため込むので結局圧迫し続けるという。「必要になってから作る」「今使わないものは作らない」「まず使わないと言い切れるものは捨てる」これを守れないとゴミだらけになるのは艦これも現実も同じ。 -- 2018-10-26 (金) 06:28:25
      • そういうことを考え始める提督はえてしてランカー兼業だったりして、下手するとプレイ時間の95%以上7-1に突っ込んでるヤツもいる。試してみれば分かるが5位を狙うと本当に投入できるリソース全部戦果稼ぎに投入しても足りないから。後は単純にゲームプレイ時間が少なくて必要になってから準備するのに膨大な時間がかかりすぎる提督だっているし。あなたにとっては簡単な「必要になってから作る」ができない人も沢山いるのよ~ -- 2018-10-26 (金) 06:42:50
      • むしろ断捨離派はどこまで捨ててんのか気になる。海外艦持参のレア度高くて作れないけど弱い装備とかもバッサリいくんだろか -- 2018-10-26 (金) 07:00:34
      • 必要になって開発しようとしたらなかなかできなくて苦労するってケースは良く聞くけどね…急に任務や改修で必要になったときに嘆きの声をよく聞く… -- 2018-10-26 (金) 07:02:57
      • 烈風と紫電と22号と25ミリ3連の合計が150あるゴミ貯め提督上位陣的には、万一改修後制空12になる戦闘機が導入されたら烈風と紫電だけで100じゃきかないんだから(妄想)必要になってから作ったんじゃ絶対に間に合わないと思う。断捨離できる人を尊敬するわ。でもさすがに40以上ある8cm高角は不良在庫に見えなくも無いけど枠的にまだ余裕があるから処分対象じゃないな、うん。 -- 2018-10-26 (金) 07:34:33
      • こんなのは人によって事情が違うってのに偉そうに言う事かね -- 2018-10-26 (金) 10:38:04
      • ↑3 その必要になってから~ってのが「元々持ってたけど捨ててしまった」ってケースなら余計なものをため込みすぎてたせいじゃないかと考えられる。デイリーで普段から貯めてれば~っていうのは予想を外せば無駄な在庫が増えるタダのバクチでそんなもんは戦略とはいえん。 -- 2018-10-26 (金) 23:35:51
      • ↑間違えて連続投稿したので編集。 -- 2018-10-26 (金) 23:37:27
      • というか、超短期間で新装備の仕上げが出来ないと甲勲章落とすとかいう展開は絶対あり得ないから急いで仕上げる必要ねーよ。分かってからコツコツ貯めれば十分。 -- 2018-10-26 (金) 23:44:09
      • 主観のごり押しもほどほどにな -- 2018-10-26 (金) 23:54:58
      • そういう君も少しは自分の意見を持ったら?人を腐すだけじゃなくてさ。 -- 2018-10-26 (金) 23:59:41
      • 押し付けがましいと言われたくなきゃもう少し言葉を選ぶこった -- 2018-10-27 (土) 00:11:31
      • まぁ現実的に貯め込んでるのは貯まるペースに対して改修が追い付いていないことがほとんどだろうから今いらないから捨てるって意味があんまりないのよね… -- 2018-10-27 (土) 00:32:44
      • ぶっちゃけ半分ネタのつもりで「烈風…紫電改二…10cm砲…うっ、頭が」と言っただけなのに必死になってマウント取りに来るヤツが現れるとは思わなかったよw -- 3葉? 2018-10-27 (土) 00:36:16
      • 冗談通じない人間はどんな世界にも一定数いるからね… -- 2018-10-27 (土) 00:40:41
      • マウント取りに行ったつもりはないんだけど、断捨離派が言うように山のようにゴミを抱えてても装備枠回ってるんでさ、母港の規模も違うんだろうけどどの程度枠に苦労してるんだと思って。うちはだいたい1560/1637で80枠ぐらいの余裕で運営してる -- 2018-10-27 (土) 00:44:51
      • 戦艦主砲やら電探の改修がネジ不足で追いつかなくて必要資材だけ不良在庫化している…あとイベントで普通に難易度落とすから洋上補給が今まで使う機会がなくてこっちも不良在庫化してる… -- 2018-10-27 (土) 00:55:55
      • 結局こんなもん個々人で事情が違うんだから自分のケースを他人に当てはめることはできんし、自分の主義ややり方を押し付け合って争うようなことでもない。そんな話題で4葉みたいな上から目線なご高説賜りゃそらまぁ火種にもなるわなっつう -- 2018-10-27 (土) 16:51:03
      • そう言いつつ一方を明らかに責めてる口ぶり。典型的DD論ですな。せめて言いたい放題言ってから締めに持ってくるのは露骨すぎるから止めたら?あ、あとこれ冗談だからマジになるなよ? -- 2018-10-28 (日) 12:01:38
      • なんでもかんでも冗談と言ったら許されるってことではないけどねー -- 2018-10-28 (日) 12:07:59
      • 冗談と言っておけば相手が気にくわない反応した時に洒落が通じないとか叩けるだろ?都合のいい予防線だよ -- 2018-10-28 (日) 12:09:52
      • 3葉程度なら洒落でで通るけどね。実際によく改修等で使う装備だし、いい方もよくあるスラング的だしで。↑3は明らかにケンカ売りにいってるのに冗談って言い訳してるだけ… -- 2018-10-28 (日) 12:16:24
      • はいはい冗談にマジになるなよ。…という冗談はさておき、喧嘩の売ってる買ってるとか言い出すのはそれこそ本当の意味のどっちもどっちになるからな?↑だって言ってる奴がそこまでのつもりなければまさしく余計な一言だからな?「冗談だから~」が許されないのはそういう意味だよ。 -- 2018-10-28 (日) 12:21:41
      • 自分は別に冗談のつもりはないし普通に糾弾してるだけだよ。それをケンカ売ってるっていうならそれはそうとらえてくれてもかまわない。言い訳がましく冗談とは言わない。 -- 2018-10-28 (日) 12:28:05
      • ケンカ売るのを糾弾と言い換えてる時点で言い訳だな。自分を正しい側、相手を間違ってる側と断言する言い方は卑怯だ。…と言うのはまぁ主題じゃない。お前みたいに強い言い方されるとその人は悪意が無くても「カチン」と来る、そういうのが良くないってのが分からないのか? -- 2018-10-28 (日) 12:30:19
      • つ「鏡」まぁ俺もそうなんだけど、そもそもカチンときたから強く言ってるケースもあるんでその辺は気を付ける。 -- 2018-10-28 (日) 12:34:26
      • 結局の所「人それぞれ」で流せず自分と違う意見を非難せずにいられない人がいるってのが問題なんかもな。よりによってその非難してる人が「人それぞれ」とか言ってしまってるのが皮肉極まりないのだが… -- 2018-10-28 (日) 12:38:58
      • 大多数の人は自分と違う考えを受け入れられない。同意してくれる気に入らなくても無視してくれるなんて希望的観測は持たないに限る -- 2018-10-28 (日) 16:20:28
      • 8葉は自虐として許される範囲でありますか。最近あきらめて40個あった95式爆雷を泣く泣く20個に減らした、しかしまだ8cm高角46個、15.5cm3連副25個、21熟練30個、爆戦62、20個を筆頭にそうそうたるゴミが大量にあるんだが。もちろん96式戦闘機改4個とかダブった海外艦やらレア艦の持ってきたゴミ装備とかも全部保管してある。21熟練とか絶対使わない自信があるけどいまから二航戦牧場30セットとか絶対やりたくない。 -- 8葉? 2018-10-28 (日) 19:27:24
      • さすがに改修にすら使う予定がない装備をそこまで貯めこむのはどうかと思う。その辺を減らせばコレクションレベルの装備を持ってても装備枠ぐらいは空くと思うけど… -- 2018-10-28 (日) 19:40:10
      • 8葉でも書いたけどアイテム枠的に回ってはいるんだよね、ただこのあたりの装備をなぜ貯め始めたかの記憶がもう既になくて見かけるとなんとなく保管しているから残ってるだけと言う・・・ -- 2018-10-28 (日) 19:48:11
      • なんか知らん間に大事になってるみたいだから書いとくと、俺はあくまで他人のやり方に口出してる部分を非難してるんであって、4葉の主義ややり方を否定する気は更々ないよ。誤解与えたならすまんが。他人のやり方に口出すか出さないかも人それぞれだろっつーなら最早好きにやってとしか言えんけど -- 2018-10-28 (日) 20:08:36
      • 8cm高角、15.5三連副砲辺りは開発でも結構出るかんねぇ -- 2018-10-28 (日) 20:15:29
    • そもそもその食材イベで入手したカタパルトが装備枠圧迫している不良在庫じゃないか? -- 2018-10-26 (金) 07:26:29
      • カタパルトは装備枠じゃなくアイテムなので圧迫しません、カタパルト持った事が無いのですか? -- 2018-10-26 (金) 07:37:39
    • あんなにネジが増えたイベント早々無いと思うが・・・というよりそもそも通常のイベントを中止してあのミニイベントだった訳でまた開催してくれるかどうかがそもそも怪しい・・・ -- 2018-10-26 (金) 11:08:06
    • 中途半端に余らせるのも癪なので1つ蒲焼にして備蓄した。あれだけ備蓄した紫電改二が今じゃスッカラカンなので、倉庫がパンパンでも改修素材になりそうなレアはなかなか捨てられないんだよなあ。今は高射装置が…。WG42共々そろそろ開発させてくれtnkよ-- 2018-10-26 (金) 11:35:03
      • クォータリーだし3ヶ月に1個なら開発できなくても問題ないような・・・というかA型改三ってそんなに大量に要るかな・・・?綾波と吹雪の分くらいで十分な気が・・・ -- 2018-10-26 (金) 11:47:22
      • 一応2基くらいは揃えておきたいし、任務は一度は達成しておきたくてね…。しかし吹雪Lv70は2期だとなかなか。探照灯・照明弾もそろそろ開発落ちしてもいいんじゃないかなあ… -- 2018-10-26 (金) 12:03:51
  • もう絶対に任務で使うことは無いと分かってはいるけど5個作った(残りはネジ二本)  全部ネジにしたほうが良いに決まってるけど後悔はしてない -- 2018-10-26 (金) 08:32:18
    • おまおれ。無いとは思うが、コレが複数必要な期間限定任務群の選択報酬に、震電改とかのオーパーツ装備がこないと言い切れないところが、このゲームの悩ましいところ。 -- 2018-10-26 (金) 11:43:00
      • この缶詰に関しては手間と資材かけりゃ後から手に入るってもんじゃないしの -- 2018-10-27 (土) 16:54:08
  • あれ、43取れたから6個全部、缶詰にしようとしたら5つで限界なのか?以前、試製甲板と交換があったからいっぱい作りたかったのに残念。 -- 2018-10-26 (金) 09:02:31
    • ああ、そうか飛行甲板と違っておむすびと同じ扱いだから装備枠を圧迫するというわけか…じゃ装備整理で缶詰作ろう。 -- 2018-10-26 (金) 09:05:34
  • 変換数的に切りの良い92匹でフィニッシュ。缶詰6個とネジ10個、ごちになりやす -- 2018-10-26 (金) 09:15:38
  • 任務終えてサボりまくった結果32匹止まり。とりあえず1個だけ作って終了 -- 2018-10-26 (金) 10:22:25
  • 今年の秋刀魚祭りも終わったか。今回量産した秋刀魚缶はいつ必要となるのか。 -- 2018-10-26 (金) 11:46:59
  • なんとか大漁旗も間に合ってこれも5つこしらえることができた。よかった。 -- 2018-10-26 (金) 12:00:37
  • 沼った時のお祈り用に3つ作ったわ。 機銃やバルジより効果あるかもしれん -- 2018-10-26 (金) 12:48:42
  • なんだ?この充実した秋刀魚缶の小ネタは(褒め言葉) -- 2018-10-26 (金) 14:49:03
  • ???「よくぞ来た提督よ。私がサンマ王じゃ。集めた秋刀魚の缶詰に応じて素敵なご褒美をやろうぞ!」 -- 2018-10-28 (日) 12:59:30
    • メタルキングの主砲ください -- 2018-10-28 (日) 19:02:04
    • 2150個あります。はぐれメタル主砲107個頂きましょうか。 -- 2018-10-28 (日) 19:43:26
      • ボウン シュー -- 2018-10-28 (日) 21:12:01
      • いぶし出せ! -- 2018-10-28 (日) 21:15:28
      • 懐かしすぎるぞこのネタwwwww -- 2018-10-28 (日) 23:08:18
      • 懐かしすぎるぞこのネタwwwww -- 2018-10-28 (日) 23:08:21
    • しんぴのバルジで -- 2018-10-28 (日) 19:48:20
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 日本では規格上密封してから加熱して殺菌したものを缶詰と呼んでいる。なので缶に入った乾パンやあの有名なシュールストレミングは日本だと缶詰ではなく缶入り食品である。
*2 「イワシの油漬け」のこと。高濃度の塩水に漬け込んだイワシを香辛料と共に低温の油で煮た保存食。何故初めての缶詰がオイルサーディンだったのかは、一説によると当時はまだ缶詰の製造技術が未熟なものが多く中身が腐敗することもあった。そこで油漬けと缶詰の技術を組み合わせることで保存性を高めたのではないかと言われている。
*3 茂吉が行った変わった鰻の食べ方として、ご飯に鰻の蒲焼きと紅生姜を乗せ、そこに熱い牛乳をかけたお茶漬けがあった。実際に食べた人によると美味しいらしい。
*4 駆逐艦「響」のメニューでタケノコと松茸の水煮缶を使ったカレーライスが出たと伝えられている。松茸は今では高級品だが当時は現在の百倍近く収穫量があった。
*5 『日本海軍風流譚 三』『海軍めしたき物語』ほか
*6 日本海軍用語ですなわち「大奇人」
*7 当時の所属は第22駆逐隊が皐月、文月、水無月、長月。第23駆逐隊が菊月、三日月、望月、夕月。第30駆逐隊が睦月、如月、弥生、うーちゃん。
*8 日露戦争に仮装巡洋艦として参加、バルチック艦隊を発見し「敵艦見ユ」を打電したことで有名。日本海海戦後にロシア戦艦シソイヴェリキーの捕獲にも参加。後年の太平洋戦争では武良茂陸軍二等兵こと水木しげるをラバウルに送り届けたり、戦後復員船として大岡昇平を帰還させたりもしている。見事戦争を生き延び、1951年船齢実に51歳にしてついに老朽により解体。武勲と強運に恵まれた船だった。
*9 日露戦争時に旅順港内で被弾沈没していたロシア貨客船カザンを捕獲したもの。北方漁場では信濃丸と著名船同士仲良く働いていた。1945年の終戦直後、かつての母国のソ連軍の手により爆沈処分されるという数奇な最期を遂げた。
*10 貞明皇后陛下直々に「博愛」の名を賜り、日本赤十字社管理下の理想的病院船として建造された。義和団事件や日露戦争に参加。しかし後には蟹工船に身をやつし、労働者の暴行致死事件が起きている。小林多喜二『蟹工船』の「博光丸」のモデルである。崇高な理念と栄光に包まれて誕生しながら、蟹工船に落ちぶれた後は凄惨なリンチ致死事件の当事者になるという皮肉な運命の船だった。1945年6月18日米潜水艦アポゴンの雷撃により沈没。
*11 睦月型の一つ前の型である神風型駆逐艦の神風、さらに一つ前の型である峯風型駆逐艦の野風、波風、沼風で編成。2016年4月現在神風は実装。峯風型はすべて未実装。
*12 駆逐艦や潜水艦は正確には制度上「軍艦」ではなく、艦首に御紋章もない。外交上、格上の軍艦として菊の紋章と艦長の海軍中佐の階級章をチラつかせたほうが有利なのはもちろんである。しかし何分小型のため格上の軍艦であると気づかれず欠礼されることもあった。駆逐艦子日など国後(占守型)に対し「なんで敬礼せんのか」と難詰、国後からの返答で誤りに気づき艦長が慌てて謝罪に赴く騒ぎを起こしている。のちに船団護衛用に大量建造されるようになると海防艦は軍艦から格下げされ御紋章も取り外された。
*13 呉鎮守府所属の駆逐隊は駆逐隊番号が11から20。すなわち第11駆逐隊(吹雪、白雪、初雪、深雪)、12駆逐隊(叢雲、東雲、薄雲、白雲)、15駆逐隊(黒潮、親潮、早潮、夏潮)、16駆逐隊(雪風、初風、天津風、時津風)、17駆逐隊(浦風、浜風、谷風、磯風)、18駆逐隊(陽炎、不知火、霞、霰)、19駆逐隊(磯波、綾波、敷波、浦波)。大体この辺りが常習犯だったようだ。
*14 『駆逐艦夕立』
*15 『軍艦長門の生涯』
*16 『神龍特別攻撃隊 潜水空母搭載「晴嵐」操縦員の手記』
*17 『ライオン艦長 黛治夫』
*18 タラの刺し身?と思うかもしれないが、ほんとは刺し身でも食べられる魚である。ただ「タラは沖で食え」と言われるほど鮮度低下が早いので、一般の流通に乗らないだけである。
*19 『憤怒をこめて絶望の海を渡れ』
*20 『駆逐艦曙便り』
*21 『日本海軍風流譚 三』ほか
*22 『特型駆逐艦「雷」海戦記』
*23 このマイルは1マイル=1852mのノーティカルマイルで、海里とも言う