ニアとすうじ

Last-modified: 2020-05-29 (金) 21:11:55

『あら、車体番号4番さん。』
ニアとすうじ

日本版タイトルニアとすうじ
英米版タイトルCounting on Nia
脚本リー・プレスマン?
この話の主役ニアアニークララベル
放送日・2018年9月27日(オーストラリア)
・2018年11月18日(カナダ)
・2018年12月19日(メキシコ)
・2018年12月25日(ドイツ)
・2019年2月2日(ニュージーランド)
・2019年2月20日(英国)
・2019年3月23日(米国)
・2020年3月29日(日本)
日本話数538
第26話(シーズン内)
英国話数537
第25話(シーズン内)
シーズン第22シーズン
登場キャラクターAゴードンニアレベッカソルティーフィリップアニークララベルロッキー
(ナレーターと振り返りセグメントのみ:トーマス
登場キャラクターBトーマストビー*1カーリー
ニアの妄想のみ登場:マリオン
(振り返り映像のみ名前の言及:エミリー
登場キャラクターCヘンリーエミリースタンリーチャーリーポーターヘンリエッタスカーロイピーター・サムダンカンクランキービッグ・ミッキー
(振り返り映像のみ登場:ジェームスドナルドダグラスディーゼルデンパクストン
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿駅アナウンス
登場人物Bゴードンの機関士*2バブルスさん*3ソドーレスキューセンターの作業員
(振り返り映像のみ登場:トップハム・ハット卿のお母さん
登場人物Cトーマスの機関士エミリーの機関士エミリーの機関助手ニアの機関士ナップフォード駅の駅員ナップフォード駅の作業員ブレンダム港の作業員線路工事の作業員ソドー島の市長ソドー・ユナイテッドの選手達クロバンズ・ゲート駅の作業員緑のウェストコートと灰色の髪の男性口髭を生やした男性茶色いハンチング帽の男性?眼鏡をかけた黒人男性口笛を提案した男性ジンジャー髪の男の子アルバートの奥様大きな帽子を被った女性赤いブラウスの女性人形劇の演者の女性白髪の男性緑色の服の女性黄土色の服の女性
ニアの妄想のみ登場:裏庭の管理人
(振り返り映像のみ登場:ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手
登場人物D無し
登場スポットナップフォード操車場
ナップフォード駅
クロバンズ・ゲート駅
ブレンダム港
ブラジル回想シーンのみ)
アマゾン熱帯雨林回想シーンのみ)
あらすじケニアタンク機関車であるニアは色々な雑学を持っており、トラブル解決のプロでもある。
・ある日の事、トップハム・ハット卿から旅客列車を牽引する様に指示されたニアは、ナップフォード駅に来た時に自分が行くべきプラットホームをなかなか見つけられなかった為にレベッカとぶつかりそうになり、更に速度制限が書かれた標識を過ぎた時に減速しなかった為にカーブを曲がり切れず脱線してしまう。
ニアが数字を読めない事が失敗の原因だと知ったアニークララベルニアに数学についてをレクチャーする。
メモ第22シーズン最終話。
ニア、初めてアニークララベルを牽引する。
ニア、このエピソードで数字が読めない事が判明したが、アニークララベルの頑張りにより、何とか読めるようになる。
ニアソドー島に着任して初めて脱線する。
ゴードンに線路を塞がれるのは、今回で3度となる。
ロッキー第20シーズンやくにたつしろいぼうし』以来久々に喋る*4
・この話からスカーロイにヘッドランプが装着される。
ダンカン第20シーズンみらいのきかんしゃ』以来、久々に登場する*5
・遠方のみ登場しているチャーリー第16シーズンこわれたオールド・ウィージー』以来、支線客車を牽引する。
エミリー第17シーズンクレーンきかんしゃハーヴィー』以来、ロッキーを牽引する。
スタンリー、初めてクロバンズ・ゲート駅を訪れる。
トーマスの台詞はナレーターと振り返りセグメントのみ*6*7
マリオン第24シーズンEmily's Best Friend』、ヘンリエッタは『The Inventor's Spectacular Bridge』まで、チャーリーは現時点でこの回以降、出番無し。
・この話のクランキーは『ロージーはあかい』に続き、レベッカは初めて終始笑っていない。
ニア役のイヴォンヌ・グランディさんが本話の収録を行っているメイキング画像が存在する。
ゴードンランプが片方だけのみエピソードはこの話で最後になる*8
リー・プレスマン?さんが脚本を担当した最後の話でもある。
・この話のエミリーは、『トーマスとはこぶね』、ロッキーは、第21シーズンデイジーのかんぺきなクリスマス』以来、終始走行していない回でもあり、マリオンが走行していない回でもある。
・この回で学べるのは「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言う事*9
・この話は、前シーズンの『フィリップは68ばん』に似ている。
台詞トーマス「やあ皆!ソドー島ではニア来てくれてとても助かってるんだ。働き者だし、役に立つし、とっても物知りだからね。だけど、どんなに賢い機関車にもまだ知らない事が有るんだ。さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『ニアとすうじ』と言うお話。ニアはとても賢い機関車で、ソドー島での仕事にも直ぐに慣れた。それに駅の名前だって全部覚えている。」
・(BGM)
ナレーターニアは問題を解決する事も得意だった。」
・(BGM)
ニア「あっ。」
・(BGM&貨車を揃える音。)
ニア「ほら、これで問題解決。」
ソルティー「おう!ありがとさんニア。」
・(ソルティーの警笛)
ソルティー「ハハハハ!」
・(BGM&ゴードンの汽笛)
ゴードン「邪魔だ!!退いてくれ!!おーい!!動いてくれ!!」
ニア「汽笛を鳴らしても無駄よゴードン。それじゃ動いてくれないわ。」
ゴードン「俺は急行列車を牽いているんだぞぉ!!このままじゃ遅れちまう。」
・(牛の鳴き声)
ニア「待って。良い考えを思い付いたわ。運転士さんがあそこに生えている長い草を使って、牛さんを線路の脇に誘い出すの。」
・(牛の鳴き声&BGM)
ニア「ほらね。」
ゴードン「有り難うニア。中々賢いじゃないか。」
・(ゴードンの汽笛)
ナレーター「そう、ニアは間違い無くとっても賢い機関車だ。」
・(BGM&ニアの汽笛)
ニア「おはようございます。」
トップハム・ハット卿「おぉニア。今日はアニークララベルと一緒に仕事をしてくれるかね?」
ニア「まぁ!えぇ!勿論です。物凄ーく嬉しいです。」
トップハム・ハット卿「それじゃ頼んだぞ。お客さんを乗せるホームは2番線だ。」
ニア「2番線?えっと…解りました。直ぐ向かいます。」
・(連結音&ニアの汽笛&BGM)
駅アナウンス「お客様に案内します。間も無く5番線に。」
アニー「此処は5番線だから、違うわニア。」
クララベル「2番線って言われたじゃない。」
ニア「えっ?あら、そうよね。アッフフ…」
・(ニアの汽笛)
駅アナウンス「間も無く4番線に、ブレンダム行きの普通列車が。」
アニー「此処は1番線だけど。」
ニア「あちゃー!ごめんなさい。」
・(レベッカの汽笛)
レベッカ「えっ?うあああ!!危ないですぅ!!!」
ニア「ごめんなさい。」
アニー「2番線は隣のホームよニア!変わった帽子を、被った人が居る所。」
ニア「あぁごめんなさい。その、お客さんを乗せるのが嬉し過ぎちゃって。フフフフ…」
・(BGM)
アニー「ねぇクララベル。スピード制限の標識だった?そうだと思う。今のも同じよ。ちょっと、あーっ。スピードを落とさないと。ニア!危ないわ!スピードの出し過ぎよ!!」
ニア「わぁ!!大変!!」
・(ブレーキ音&脱線する音&BGM)
ロッキー「もう大丈夫だ。此れで無事に線路に戻ったぞ。」
トップハム・ハット卿「やれやれ、どうしたんだ?ニア。スピード制限の標識を見なかったのかね?」
・「はい。あのぉ、私はその標識は確認しました。」
トップハム・ハット卿「それなら、ちゃんと制限速度を守ってスピードを落とさないと駄目じゃないか。」
ニア「本当に済みませんでした。」
・(BGM)
クララベル「えっ!?ニア待って!何処に行くつもり?ナップフォード駅はこっちじゃないわよ。」
アニーニア!一体如何しちゃったの?」
クララベル「こんな所に来て。」
ニアトップハム・ハット卿をガッカリさせちゃった…皆にも駄目な機関車だと思われるわ。」
アニー「まさか。どうして?あなたは最高に賢い機関車よ!そうよね?クララベル。」
クララベル「そうよ。で邪魔になってた沢山の貨車をあなたが整理してくれたってカーリーが言ってたわ。トーマスアマゾン動けなくなった時、大きな葉っぱで煙突を作って雨水を集めるアイデアを思いついたんでしょう!?」
アニー&クララベル「あなたは本当に賢いって事。ニア。」
ニア「だけど、役に立つ機関車には絶対に成れないわ。だって、数字が解らないんだもの。」
アニー「あなた、数字が解らないの?」
ニア「数が数えられるの。1、2、3、4、5。あと、あそこに居る鳥が3羽って事もわかる。でも、皆が数字って呼ぶあのクネクネ曲がった物が読めないの。」
アニー「あー。つまり、1とか2とか3って言う数字の形を知らないのね。」
クララベル「だから、スピード制限の標識を見てもゆっくり走らなかったんだ。早く言ってくれれば良かったのに。」
アニー「聞くのは恥しい事じゃないのよ。私達が数字の読み方を教えてあげるわ。数字の1は真っ直ぐ立っているの。」
ニア「あっ。まるで木みたい。」
アニー「そう。その通りよ!それから2は曲がった線と下に真っ直ぐな横線。」
ニア「白鳥さんみたい。」
クララベル「3はね。右側にだけ曲がった線が有るの。」
ニア「ああ。蝶々みたい。」
クララベル「それから4は線が交わってるの。」
ニアマリオンのクレーンみたい。」
アニー「そして5は、横と縦の真っ直ぐな線に丸くなった線。」
ニア「あっ。栗鼠さんだ。」
クララベル「6はクルクルって巻き上がって。」
ニア「わっかった。駝鳥さんね。」
クララベル「次の7は、横の線と斜めの線よ。」
ニア「斧みたい。次の8は?」
アニー「丸が二つくっついてるの。」
ニア「まぁ。雪達磨ね。」
クララベル「そして9は、丸から線が下へ。」
ニア「撓ってるお花みたい。」
アニー&クララベル「後、0をお忘れ無く!形は丸!」
ニア「私の車輪みたい。アッハハハ!そうすると私の番号は1と雪達磨みたいな数字だから、8って事ね。つまり18なんだ!ウッフッ。」
クララベル「そうよ。」
アニー「ウフフフフ。」
ナレーターニアはあっと言う間に数字を覚えた。そして、周りのあちこちに数字が溢れている事に気付いたんだ。」
・(トーマスの汽笛&ニアの汽笛)
ニア「どうも。車体番号1番さん。」
・(トビーのベル。)
ニア「こんにちは。車体番号7番さん。」
・(BGM)
ニア「あら、車体番号4番さん。」
ゴードン「ヘン!もう俺達の名前忘れたのか?」
クララベル「いいえ、違うわよゴードンニアは数字を読む練習をしてるの。」
・(BGM&ニアの汽笛)
フィリップ「やあ!ニア!ねえ僕ちゃんの車体番号は?」
ニア「えっと…」
・(BGM)
ニア「6それに8だから、あっ!68よ!」
フィリップ「いつも準備万端。遅れ無し!」
アニー「やったわ!流石ね。凄いじゃないニア!」
クララベル「ホント!完璧よニア!」
ニア「やった~!!」
フィリップ「イェ~イ!!」
ニア「アハハハハハ!!!ウフフフ」

振り返りセグメント
トーマス「新しい事を学ぶのは楽しいよね。でも、ちゃんと覚える為には、ちょっとした手助けが必要な時も有る。トップハム・ハット卿のお母さん鉄道の運行管理をしようとした時、上手く行かなくて大変な混乱と遅れが生じてしまった。だから、エミリーが其々の機関車に合った仕事をお母さんに教えてあげたんだ。ニアは数字が読めなかったから、アニークララベルが教えてあげた。ニアはとても賢い機関車だから、あっと言う間に数字を覚えられたよ。誰でもそう言う手助けが必要だし、新しい事を学ぶチャンスも与えられる冪だ。皆も新しい事を学ぶかも知れない。知らなかった本とか歌や数字とかをね。ひょっとしたら線路を塞いでいる牛さんの動かし方かも。フフフフ。」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
ゴードン/ソルティー/トップハム・ハット卿/駅アナウンスキース・ウィッカム
ニアイヴォンヌ・グランディ
レベッカレイチェル・ミラー
フィリップラスムス・ハーディカー
アニークララベルテレサ・ギャラガー
ロッキーマット・ウィルキンソン
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
ゴードンケリー・シェイル
ニアイヴォンヌ・グランディ
レベッカレイチェル・ミラー
フィリップラスムス・ハーディカー
アニークララベルテレサ・ギャラガー
ロッキーウィリアム・ホープ
ソルティー/トップハム・ハット卿/駅アナウンスキース・ウィッカム
日本版CVナレーター/トーマス比嘉久美子
ゴードン三宅健太
ニア青山吉能
レベッカ内山茉莉
ソルティー石野竜三
フィリップ小林大紀
アニークララベル/駅アナウンス*10吉岡さくら
ロッキー/駅アナウンス*11河本邦弘
トップハム・ハット卿田中完
シリーズ前回やまかじにきをつけろ
シリーズ次回
(英語)
かしゃをさがせゲームシリーズ次回
(日本)
ラジブのだいじなおうかん第23シーズン
振り返ったエピソード第21シーズントップハム・ハットきょうのおかあさん
参照画像メイキング画像

*1 作中では「車体番号7番さん」
*2 作中では「運転士さん」
*3 作中では「変わった帽子を被った人」
*4 第24シーズンJames the Super Engine』まで台詞無し。
*5 但しカメオ出演、後ろ姿が一瞬しか映っていない。
*6 それに伴い、トーマスアニークララベルに台詞ありの登場を取られているのは、第2シーズンきむずかしやのデイジー』以来となる。
*7 また、トーマスが台詞なしで登場するのは、第20シーズングリンとスティーブンのレース』以来となる。
*8 次のシーズンの『バルジーだいさくせん!』からはランプが両方、装着される。
*9 第7シーズンゴードンとスペンサー』と第9シーズンエドワードをすくえ』と第11シーズンエドワードのゆうびんはいたつ』と第14シーズンミスティアイランドのパーティー』と第16シーズンピーター・サムのるすばん』と第21シーズンこしょうしたハーヴィー』も同様。
*10 ノンクレジット
*11 ノンクレジット