システム/支給品

Last-modified: 2020-09-29 (火) 11:27:16

クエストに挑むハンターたちに対してハンターズギルドが用意してくれるアイテム。

概要

  • ベースキャンプの青色のボックスに保管されおり、
    クエストの参加者であれば誰でも自由に取り出して使用することが出来る。
    アイテムの不足しがちな初心者から消費を抑えたい上級者まで、
    幅広くハンターをサポートしてくれるシステムである。
    支給品専用アイテム(後述)でなければ、持ち帰る事も各人の自由。
    狩り場で地図などを廃棄してもギルドから怒られるようなこともない。
  • 支給品は基本的に「人数分」用意されている。
    ただしこれは実際に参加した人数が何人か、ではなく
    そのクエストが何人プレイを前提に作られているものかで予め決まっている。
    集会所のクエストは4人用であるため、何人で参加しても4人分の支給品がある。
    一人で受注すれば4人分の支給品を一人で使う事ができる。
    ただし、支給専用秘薬や対巨龍爆弾など、強力なアイテムは1人1つずつまでは支給が無いものもある。
    また、弾丸や弓のビンなどのガンナー用品については、
    平均的な内訳のパーティだと4人中1人がガンナーになるだろうという事なのか、
    4人用クエストでも1人分しか入っていない。
    • オフラインの村クエでは当然1人プレイになるため、1人分しか支給されない。
      Pシリーズのトレジャーハンター(ズ)も2人参加なので、2人分の支給品しか入っていない
  • 下位クエストの場合、クエスト開始時は(ごく一部の例外を除き)必ずベースキャンプからであり、
    最初から支給品も全てボックスの中に入っている。
    もちろん自由に使っていいので、仲間と仲良く分け合おう。
    しかし上位以上の場合、クエストの緊急性や危険性が高いため、
    ギルドの準備が整う前にハンターが現地入りしてしまう場合が多い。
    そのためクエスト開始までに支給品の配送が間に合わず、そのままクエストが開始される。
    ある程度時間が経過すれば到着するが、到着のタイミングはその時によってランダム。
    多くのシリーズは2分30秒~15分の間だが、一部、遅い時は30分経過しても到着しないクエストもある。
    場合によっては到着する前にクエストが完遂できてしまう事もある。
    支給品に期待はせず、あらかじめ準備を万全に整えてクエストに挑もう。
    • ネコスキルネコの手配上手」が発動している場合、上位クエストでもクエスト開始と同時に支給品が到着する。
      ただしクエスト開始地点がBCとは限らないので、取りに戻るかは状況などによる。
    ただし闘技場などのベースキャンプに任意に戻れない目的地のクエストは、
    上位であっても最初から支給品が用意されている。
    ただし、決戦場のようにそもそも支給品ボックスがない場合はもちろん支給品は用意されていない。
  • 支給品ではない各種ドリンクやペイントボール、通常弾、毒ビンなどはほぼ確実に含まれているため、
    村クエなどで毎回回収しているとといつの間にかボックスの中で余っていることも少なくない。
    幸いガンナー用の弾は汎用性に富んだものばかり揃っているので、
    剣士でも将来的にガンナーをやる予定があるなら溜め込んでおくのも手。
  • MHFの剛種クエストや覇種クエスト、UNKNOWN戦においては支給品を届けること自体が危険極まりないため、
    これらのクエストはそもそも支給品が届かないものが多い。
    また、依頼文で「支給品は届けられませんが…」などと注意を呼び掛けているものもある。
  • 連続狩猟クエストや素材ツアーなど、一部のクエストは支給品の到着のタイミング・条件が決まっている。
    特に素材ツアーなど、シリーズによっては上位クエストでも最初から支給品が届いている場合もある。
  • MHWorldではシステム刷新により、支給品についてもいくつか変更が加えられている。
    • まず村と集会所の区別が無くなり、ほぼ全てのクエストでマルチプレイ可能に。
      この場合ソロプレイの場合支給品はちゃんと一人分のみ用意されているが
      救難信号などで後から他のハンターが参戦すると難易度がマルチプレイに切り替わり、
      支給品も従来の集会所と同様に残り3人分の支給品がボックスに追加されるようになった。
      調査クエストでは2人までの人数制限を課す物もあるが、
      そういう場合でも支給品が減るようなことはない。
    • また、上位クエスト以降でも支給品が遅れて来ることはなくなった。
      しかし下位では各種対策アイテムが用意されていたような場合においても、
      上位以降は応急薬と支給用携帯食料、基本的な弾丸類しか用意されていない。*1
    • 本作では複数キャンプがあることにより支給品ボックスも複数あるが、
      中身は全ボックスにおいて共有となっているため、
      複数のキャンプを回ってたくさん支給品をもらえる……なんてことはない。

支給品専用アイテム

  • アイテムの中には地図や応急薬、携帯食料などのような支給品専用のアイテムが存在する。
    これ等のアイテムはクエスト終了と同時にギルドに回収されるため、持ち帰ることが出来ない。
    精算アイテムのように換金されるわけでもないので、惜しみなく使ってしまった方が得である。
    ただし捕獲用麻酔玉やLV2通常弾など、通常のアイテムも支給品ボックスに入っていることがあり、
    これ等のアイテムの持ち帰りは可能である。
    • アイルーの落とし物など、支給品BOXやそれに相当するガラクタ置場からの採取以外でも
      支給品が手に入る事があるが、どのような方法で手に入れたかに関わらず、
      「支給品」とカテゴライズされているものは全てクエスト終了時に回収されてしまう。
    • MHWorldでは携帯食料が通常アイテムに変更され、
      ちゃんと支給用と銘打った携帯食料が追加されている。
    • MHW:Iでは新たにクエスト専用アイテムも登場したのだが、
      実態としては名前が違うだけで支給品専用アイテムと同じ仕様である。
      現在のところはセリエナ祭で貰える雪だるまから拾う雪玉と、
      バイオハザードのコラボクエストで入手・調合できるハーブ3種のみ。
  • 支給品を調合の材料にしてしまう事もできる。
    ただし調合でできあがるものも全て支給品カテゴリなっているため、
    もちろん調合素材の姿に戻って半分だけ戻ってくるなんてことは無いので注意。
    回復薬グレートを作るつもりだったのに間違えて応急薬グレートを作ってしまい、
    そのままボッシュートされてハチミツが無駄になってしまったというのはよくある話。

関連項目

スキル/ネコの手配上手
システム/アイテムお届け隊
クエスト/強敵、ドスランポス現る! - 支給品が初心者救済を兼ねているクエスト


*1 マスターランクでは応急薬がグレートになる他、捕獲クエストであれば罠と麻酔玉も用意される。