武器/ベネ・フロル

Last-modified: 2020-10-30 (金) 21:50:25

MHWorldから登場する、プケプケを素材としたハンマー。

目次

概要

MHWorld

  • MHWorldに登場する毒属性ハンマー。
    新大陸版ハァムバドとも言うべき武器で、プケプケの素材を主として作成・強化される。
    強化段階のブルームハンマーI~IIIの時点ではアイアンハンマーに羽飾りを付けただけだが、
    そこから上位素材を使用する事でプケプケの羽を花冠状に配置した、ナァムバドそっくりの姿になる。
    • 最終強化のベネ・フローラになるとかなり低めの攻撃力936に対し毒540と見事なまでの属性特化武器になる。
      素で青ゲージ40を持つものの、匠を発動させても青ゲージが延長されるだけなのでこれ以上の強化はあまり望めない。
      レベル2のスロットが2つ空いてる為、スキル自体は盛りやすいが、
      毒が今作では不人気なこと、火力が低すぎることから使用者は少ない。

MHW:I

  • MHW:Iでは最終強化としてベネ・フローレスが追加。
    マスター強化先としてはベネ・フローラ改が先にある。
    性能が
    • 攻撃力1300
    • 毒属性660
    • 会心率0%
    • 素で60Lv1からが出現。
    • フローラから変わらないがLv2x2
    と、この高性能高汎用性を持たされながら、ストーリー中盤から強化可能という破格な待遇。
    作成可能段階で攻撃力1300を持つ武器もほとんど存在しない。
    この武器でストーリーをクリアしましょうと推奨されるに値する性能を持たされた。

アクア・フローレス

  • 上記のベネ・フローレスだけでなく、プケプケ亜種の追加に伴い亜種のハンマーも
    ウォーターバッシュⅣの強化先に追加された。
    その性能は
    • 攻撃力1300
    • 水属性600
    • 会心率0%
    • 素で60Lv1からが出現。
    • ベネより1段階劣るLv2x1とLv1×1のスロット
    と、ストーリー攻略前に作れることを考えるとなかなか悪くはない性能……なのだが、
    攻略段階と言ってもネロミェール素材が必要なので手に入るのは攻略最終盤であり、
    これを持っていきたい紅蓮滾るバゼルギウスなどに間に合わないのが残念。
    原種がリオレイアの素材を使ったのにならい、亜種武器のこちらもリオレイア亜種の素材で強化できれば
    前述のベネ・フローレスを差し置いて中盤の水弱点を相手に無双、
    ストーリークリア後もイャンガルルガや猛り爆ぜるブラキディオスに属性面で有利を取れるので
    評価は大きく覆っていただろう。
    • 前段階のアクア・フロール改は一応バゼルギウスやテオ・テスカトルには間に合うので、
      もし攻略で使うとしたらそちらになる。
      こちらは攻撃力倍率で10、属性で60劣るが、時期を考慮すれば悪い数字ではない。
      が、こちらもこちらでディノバルド亜種の素材が必要なことから
      ディノバルドには間に合わないのが惜しい。
  • なお、実は赤龍武器とマム・タロトの鑑定武器を除くと今作の水属性ハンマーはこれしかない。
    ある意味貴重な存在ではあるだろう。
    それでも全く困らなかったりするが。

関連項目

モンスター/プケプケ
武器/プケプケ武器