キリクチ・マゴ

Last-modified: 2019-12-10 (火) 19:18:39

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【キリクチ・マゴ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「キリクチ・マゴ」のドラマーが背後の銅鑼を力任せに打ち鳴らし、縒れた下手なギターがビートに追随した。


人物 Edit

  • 老舗ライブハウス「壁」の閉店イベントに1番目のバンドとして出演。
  • 判明しているメンバーは、ヴォーカル兼ギターをつとめるボンズヘアーのフロントマン、力任せに銅鑼を叩くドラマーの二名。後のメンバーは本文中に描写がない。
  • その演奏力は低く、ギターは縒れてヘナヘナで、ブレイクのタイミングも満足に合わせられない程である。

ディスコグラフィー Edit

  • 「壁」閉店イベントにて披露した1曲(曲名不明)。

「スゴイ!スゴイスゴイ寒い!フンフンフフーンなにか!フンフンフフーンなにかスゴイ!……キモチ!」「キモチ!フンフンフフーンスゴイなにかー!」「キモチ!キモチパンク!」「キモチパンク!」「キモチパンク!」

  • この曲の後、観客からケモビールの瓶を投げつけられたのにも構わず、演奏は二曲目に移る。

「フンフンフフーンスゴイ!フンフンフフーンスゴイ!この街…」

  • 今作はこれまでにあまたの楽曲を描写してきたが、それらと比較しても飛びぬけて内容の無い歌詞に、ヘッズのずのう指数がみるみる下がった。
  • このような具体性に欠ける歌詞は、パンクス達にとって『ロマン主義的であり、ブルシットとされる』ようである。
  • 当然観客の受けは最悪であり、乱闘の末強引にステージから引き摺り下ろされ、彼らの出番は終了する。
    • 彼らのその後はヘッズからも心配(?)されていたが、デビル・ヴァーティゴ=サンによるとバンドは続けているとのこと。ただし「キリクチ・マゴ」としては解散しているかもしれないらしい。

一言コメント

「キモチ!フンフンフフーンスゴイコメントー!」