Top > バジリスク


バジリスク

Last-modified: 2019-05-05 (日) 03:19:07

◆忍◆ ニンジャ名鑑#84 【バジリスク】 ◆殺◆
フドウカナシバリ・ジツとドク・ジツのマスタリー、赤いイビルアイと蛇めいた柔軟性を持つ悪夢的ニンジャ。
シックスゲイツのリストに彼の名は無い。ウォーロックと組み、ソウカイ・シンジケート簒奪を企む。

登場エピソード Edit

 

「世の中には二種類の人間がいる。ニンジャとクズだ!そしてニンジャは二種類に分かれる。命令を遂行する飼犬!あるいは殺しを愉しみ、命を食って生きる真の戦士だ!」


人物 Edit

外見 Edit

  • ウロコめいた硬質のニンジャ装束。ニンジャスレイヤープラスの身長一覧表によると身長188cm。
  • 奇怪なデザインのメンポからのぞく邪悪な視線はルビー色。背中に短いニンジャソードを帯びている。

元ネタ・考察 Edit

  • バジリスク(Basilisk)は、蛇めいた中世ヨーロッパの伝承にみられる魔物である。
    • 原語のギリシャ語で「小さな王」を意味し、蛇の王とされた。ギリシャから近いリビアなど中東方面が砂漠となったのはバジリスクの力といわれる。
  • 後にコカトリスと同一視され、トカゲの化け物になったりコカトリス様の鶏の化け物になったり、雄がバジリスクで雌がコカトリスになったりと変遷をたどったらしい。

ワザ・ジツ Edit

アイアンオトメ Edit

  • 排気量1200cc、ヘルヒキャク社製の最新モデルインテリジェントモーターサイクル。マチノによると、かなりの改造が加えられているらしい。
  • 作中では専らこのバイクに跨ったまま、曲芸めいた操車術を駆使して戦闘を行っている。
  • Twitter連載時はウォーロックの所有と描写されていたが、物理書籍版では加筆修正によりバジリスクの所有とされている。
  • 詳細については該当項目も参照。

アフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン Edit

  • 互い違いに複数の歪んだ刃が飛び出した、邪悪かつ悪辣な武器。刃にはもちろん毒が仕込まれており、かすめただけで猛毒が相手を襲う。
  • イビルアイの連発が利かないという弱点を補うためか、あるいはドク・ジツの一環として戦術の要なのか、かなりの数を投擲した。実際メインウェポン。
    • 緊迫したイクサの場面において「アフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン」という長い単語が何度も繰り返して出る様は若干シュールなアトモスフィアを醸し出していた。
    • ちなみに「アフリカ投げナイフ」とは、アフリカの少数民族・ブワカ族が作り出した投げナイフ「フンガ・ムンガ」のこと。投げやすく刺さりやすく、柄以外のどこが当たっても深手を与えられる信じられないほど実際邪悪な形状が特徴。TRPG『トンネルズ&トロールズ』などに登場した際にこの訳語が与えられたこともあって、TRPGフリークの間でも知られている。→参考リンク

波状刃ニンジャソード Edit

  • 背中に帯びた短刀身のニンジャソード。打ち振るうことでギミックが作動し、収納状態の刀身が2倍の長さに展開。うねりにうねった特殊な刀身を持つ長剣になる。
  • この他、刀身にうねりのついた邪悪なナイフも使用する。刀身には毒が塗り込められている模様。
     
「ゴボッ、リージョンなど、未練がましい犬の所業よ!そしてゴボッ、貴様の情けは」

ストーリー中での活躍 Edit

「このままネタバレが来るまで時間稼ぎでもするつもりか?くだらんぞニンジャスレイヤー!」

一言コメント

「残念ながら、お前のコメントはツツヌケだ。クンクン嗅ぎ回るネズミめ!」