Top > 武道・ワザ・ジツ
HTML convert time to 0.131 sec.


武道・ワザ・ジツ

Last-modified: 2018-08-31 (金) 20:05:07

武道 Edit

カラテとは? Edit

作中におけるカラテとは、全ての人間が持つ内なる力にして、外部からの影響に対して抗う力であり、またそれは日々の厳しいカラテトレーニングによって高められるものである。
そこから派生して、素手に限らない白兵戦能力一般、或いはその鍛練の度合い・成果を表す用語としても作中で使われる。

 

「内なる力」とは観念的な話ではなく、作中では実際に「カラテ」がエネルギー概念として登場する。
カラテは呼吸と共に体内で練成され、体中を循環するものであり、肉体の一部に蓄積させる事で打撃の威力が上がるらしく、武侠小説における内功(気功・チャクラな)のような扱いである。
ニンジャは鍛え上げた自らの内なるカラテを身にまとっており、通常の物理法則や自身の身体能力を超えた破壊力を発揮できるのだ。

 

よりわかりやすい形では、ニンジャを中心に周囲の空間に「カラテ」が満ちたり、「血中カラテ」のようにジツを使う際のエネルギーとしても使われ、または人間を命たらしめる生体エネルギーそのものとしても扱われる。
使い手によっては、掌からカラテを放射したり、接触した相手の体内に流し込んだり、手に持った武器に注ぎ込んだりもする。

 

ほんやくチームによれば「武道としての空手と、クンフー的な鍛錬概念と、フォースと、その他色々なものが“カラテ”という単語で表現されている」との事。

 

武術としてのカラテも存在しており、我々の世界における「マーシャルアーツ」が扱いとして近いかもしれない。拳銃を併用する暗黒武道ピストルカラテなども存在する。
中には不意打ちでガトリングガンをぶっ放す事すらカラテと呼ぶ者も存在しており、「それのどこが空手だよ!」と唖然とするニュービー・ヘッズは多い。
少年漫画風に捉えるなら「カラテ」は戦闘技術、「ジツ」は特殊能力と考えると受け取り易い。

 

「今も昔も、ニンジャはカラテを極めた奴が上を行くんだよ」――ソニックブーム

 

物語の性質上、ニンジャの超人的なカラテのイメージが強烈であるが、もちろん一般市民も習得する武術であり、カラテを習うドージョーもある。

内なる力としてのカラテの性質 Edit

ニンジャの鍛え上げた内なるカラテは、一点集中させれば大きなコンクリート壁や鉄板を破壊するほど威力を出すことができる。
ところが、ニンジャ同士のイクサの場合はお互いの内なるカラテが相殺しあい、お互いの肉体に与える物理衝撃は減衰されてしまう。
 
また、カラテはニンジャの防具や武器にも伝導し、それらは通常よりも高いパフォーマンスを発揮することができる。しかし、カラテ伝導率はニンジャの肉体よりも劣るため、相手のカラテ量によっては易々と破壊されてしまうこともある。(但し、エメツを含んだ物質ならばニンジャの肉体に劣らない伝導率を発揮できる)
放たれた銃弾などはカラテを含まないため、相手のカラテの干渉による威力減衰を受けない。よって銃弾はニンジャを殺しうるのである。

カラテ用語 Edit

アグラ・メディテーション Edit

ゼンめいた姿勢をとって精神を集中させ、ニンジャ耐久力、ニンジャ精神力などを活性化する。ダメージ回復、高度なジツの前準備など、応用範囲は実際広い。

カラテ・エネルギー Edit

エネルギー概念としてのカラテを示すもの。後述の血中カラテ(カラテ粒子)そのものと考えられる。
エネルギー概念としてのカラテは、スリケンやニンジャ装束の生成にも用いられるらしい。
「カラテを注ぐ」事によって超自然的な現象を起こす者もおり、ジツの発現にも用いられるものと思われる。
カラテ・エネルギーとニンジャソウルから供給されるエネルギーが同じ概念なのか別物なのかは不明だが、書籍版人物名鑑のディヴァーラーの説明文を見るに、両者が同一の概念である可能性がある。

カラテ警戒 Edit

おそらくは文字通り、いつでもカラテを振るえるように構えて警戒する事を指すのであろう。
タツジン・サンシタを問わず行われる動きだが、その警戒効果には雲泥の差があるようだ。

カラテ・シャウト Edit

掛け声。カラテの威力を左右する要素の一つ。
シャウトなしでは大きく威力が下がるが、その分隠密性は増す。
代表的なものは「イヤーッ!」だが、それ以外の個性的なシャウトも多い。「パンキ!」「ハイヤーッ!」のような自身のカラテスタイルに由来するもの、「インダストリ!」「シテンノ!」のような所属集団に由来するもの、「サイゴン!」「ゼツメツ!」のようなニンジャソウルに由来するものなど、様々なシャウトが存在する。
また、アイキドーチャドーといった他の武道にもそれぞれ独自のシャウトがあるようだ。

 

なお、現実においてもシャウト効果は実際にあり、多くの競技で採用されている。実際の空手などでも技を繰り出す際に声を出すのはそのためであり、作中でも解説された。

格闘技経験者にとっては常識だが、シャウト無しの攻撃は大きくその威力を減じてしまう。
(「シャドー・コン」#6より)

カラテ衝撃波 Edit

ダークニンジャが使用したカラテにおける謎の概念。
かざした掌から衝撃派を発する謎めいたワザ。カラテ粒子と同じくエネルギー概念的なカラテの可能性がある。

カラテ斥力 Edit

カラテによって生じる超自然の反発力。
主にカラテ強者同士のイクサにおいてカラテ激突の副産物めいて発生するが、自ら発生を制御して戦闘機動の一助とするニンジャも存在する。

カラテ段位 Edit

我々の知るところの空手の段位と同様、カラテの力量を示す等級制度のこと。ただし「20段」だの「40段」だのといった無茶な数字が平気で出てくる点は我々の世界と大きく違う。
「俺のカラテは○○段だ」などといった台詞も作中でもしばしば登場しており、それらを見る限り、ジョック学生やカチグミ・サラリマンのような一般人の基準ではカラテ10段程度もあれば実際相当強いとみなされるようだ。ある高性能なオイランドロイドは「カラテ十段のブラックベルトにも匹敵する程の精密さ」と描写されるカラテを使った。
さらに20段を超えればタツジンとみなされ、そのレベルの者同士の戦いとなると、しばしば実際に拳を交えることなく正座して睨み合うだけで決着がつくこともあり、敗れた側はただ睨み合っているだけで吐血したり失禁したり心停止するのだという。コワイ!
カラテの他、アイキドーイアイドーにも段位が存在することが確認できる。
段位を上げるためには検定試験をクリアしなければならず、ザ・ヴァーティゴ=サンによると高レベルカラテ段位の試験では岩を砕いたり、ワニを倒したり、崖を素手で登ったりする必要があるらしい。
また、スペクターなどが使用するネガティブ・カラテはカラテ段位を奪い取り永久に失わせるというものである。
関連:コトダマ「段」ブラックベルト

カラテ粒子 Edit

血中に生成される謎めいた粒子で生命活動を推進する力。パーガトリーカラテミサイルのエネルギー光球を構成しているところから鑑みるに、エネルギー概念としてのカラテそのものと推測される。
またサイズマスターのように、粒子を凝固化させることでカラテ粒子を超自然の武器に変えるワザもあり、粒子を用いた攻撃手段はエネルギー弾だけではないようだ。
逆にスーサイドのソウル・アブソープション・ジツは、人間の生命エネルギーや超自然の武器・エネルギー弾をカラテ粒子に還元し吸収するジツである。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら
タイトルは「血中カラテ粒子」だが、体外に放出されたカラテ粒子の働きについても説明されている。

血中カラテ Edit

作中における謎の概念の一つ。「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」が連載された際、メイガスがこれを消費しジツを放ったたことで存在が明らかになった。
強力なユニーク・ジツを行使する事によって激しく消耗する、MPめいたものであるようだが、呼吸とともに時間をおけば自然回復もするらしい。
また、特定の行動で血中カラテを能動的に生産できるニンジャも存在する。
どうやら血中のカラテ粒子量を示す言葉であるらしいが、ニンジャに限定されたものなのかカラテカ全般に当てはまるのかは不明。
スペクターに無軌道大学生がカラテを吸われる描写があるので、モータルにも存在するのかもしれない。
ディヴァーラーの使用するケズリカラテは、敵ニンジャのソウルを傷つけてニンジャソウルからの供給エネルギーを奪う事ができるが、物理書籍版人物名鑑ではケズリカラテは敵の血中カラテを減退させると記述され、この事からニンジャソウルのエネルギーと血中カラテは同じ物を指す可能性も考えられる。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら
タイトルが「血中カラテ粒子」になっていることからも分かる通り、体内に内在するカラテ粒子量を示す言葉だと明言された。

ドージョー Edit

リンク先を参照な。

ブラックベルト Edit

黒帯。ジュー・ウェアの上から着用する。現実のそれは有段者の証だが、忍殺世界では何段から授与されるのかは不明。
現時点で判明している最低段位は10段で、これ以上の段位の者は一般に「ブラックベルト級」と称され、一般人基準における相当な実力者とされる。さらに鍛錬を積んで20段以上になった者は「タツジン級」と呼ばれ畏敬される。
現実の柔道における赤帯のようなものは存在せず、一定以上のワザマエの者は皆一律にブラックベルトのようだ。
関連:コトダマ「段」カラテ段位

ホワイトベルト Edit

白帯。ジュー・ウェアの上から着用する。忍殺世界における詳しい基準は不明だが、
おおよそ初心者(ニュービー)が締めるという点では我々の世界と同じであり、その道の「素人」を表す代名詞としても使われている。
作中での使用・描写は非常に少なく、マタドールの独白内で登場した程度である。
アニメイシヨン版の「スワン・ソング~」ではヤモトが着用していた。
関連:カワラ割り

カラテトレーニング Edit

カチグミや上流階級の人間はカラテ・トレーニングを嗜んでいる者が多いという。
一般にドージョー以外のトレーニング施設があるかどうかは不明だが、こうした施設には一般的にタタミ敷きで、木人、ルームランナー、ケンドー・アーマー、神棚といった設備が揃っているらしい。

イマジナリー・カラテ Edit

実際に身体を動かすことなく、ニューロン内で行われるカラテのシミュレーション。
手練れのニンジャ達はイクサの火蓋が切られる直前、あるいはイクサの最中に訪れた睨み合いの僅かな時間のうちに数十・数百パターンものイマジナリー・カラテをニューロン内で展開し、次なる一手を吟味する。

 

また、いわゆるイメージトレーニングめいた修行の一環として行われることもある。
ニンジャスレイヤーが行う修行は専らこれ。おそらく肉体が既に極限まで鍛えられた状態ゆえに、体を動かすトレーニングよりも実戦とイメトレの方が重要なのだろう。

カラテジョギング Edit

カラテカ・タダシイが行っていた鍛練法。
市街をジョギングしながら正拳を繰り出し、通りかかった者を殴りつけてなおも走る。
実戦とランニングを同時にできる画期的な鍛練法だが、作中での標的は浮浪者やゴスなどの弱者ばかりで、効果には疑問が残る。

器械体操 Edit

忍殺世界における器械体操のルーツは古代カラテトレーニングにあるとされる。
ニンジャの攻撃回避手段であるバック転や側転、前転、ブリッジ回避の精度を高める訓練として最適らしい。

空気椅子 Edit

椅子から腰をワンインチ浮かして足腰を鍛えるカラテ・トレーニング。腰に負担をかけ過ぎなければ実際有効な筋力トレーニングである。「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」にてニンジャスレイヤーが行っていたが、あろうことか車の運転中にこれをやっていた。

サンドバッグ Edit

空中に吊るして仮想の標的とし、打撃技を鍛える器具。起き上がり式(ダルマ・サンドバッグと同一か)や、より強化した「重ラバー製のダルマ・サンドバッグ」といったものも確認できる。ドージョーなどに置いてある描写があるが、マッポーの世ではむしろ状態の例えで使われる方が一般的である。
代わりにマグロを吊るして殴る者もいる。

シャドー・ボクシング Edit

仮想の敵を想定して体を動かすトレーニング。おそらくはボックス・カラテに伝わる鍛錬法。

通信カラテ Edit

IRC通信機器を使った戦闘術…ではなくカラテの通信教育。忍殺世界にも通信カラテは存在するらしい。ブラックベルト級のワザマエをも修得できるらしいが、真偽は不明。
デリヴァラーのカラテの基礎も、その幾割かは通信カラテによって培われたもののようだ。
日本のコミックではしばしばギャグの一環として扱われ、果ては「何もしてない奴より弱そうな印象になる」とまで言われてしまっている。

トコロザワ・ピラー内のトレーニング・グラウンド Edit

トコロザワ・ピラー内(15階~)にある、ソウカイニンジャがカラテを鍛えるためのスペース。上述の一般的な設備以外はあくまでニンジャ用のトレーニング法だと思われる。

  • 木人
  • ルームランナー
  • 重ラバー製のダルマ・サンドバッグ
  • 肺活量訓練のための井戸
  • 電気の流れるバーベル
  • アスレチック・トラック
  • 重油のプール
  • カマユデ
  • 他多数
  • ザゼン・トレーニング・カリキュラム
    ソウカイ・シックスゲイツが用意したニュービーニンジャを鍛えるためのカリキュラム。ザゼンの姿勢で目を瞑ったり、何十人ものクローンヤクザを相手に戦ったりする。
    己のニンジャソウルを馴染ませると同時に身体能力を鍛錬する過酷なトレーニングで、この過程を経れば短期間のうちにカラテ戦士の体を手に入れることができるという。劇中ではショーゴーが体験した。

木人拳 Edit

四方八方に棒状のパーツが突き出した柱型のオブジェクトを敵に見立て、技を打ち込むトレーニング法。
ジャッキー・チェン主演の映画『少林寺木人拳』、もしくは『レッド・ブロンクス』のワンシーン等で有名だろう。
考案者はカツ・ワンソー。現代においてはニンジャ・非ニンジャを問わず行われる一般的なカラテトレーニング法となっており、ドージョーやカラテトレーニング施設などに木人の存在が確認できる。
作中では、矢継ぎ早に繰り出されるワンインチ距離のカラテ応酬を「木人拳めいた~」などと例える事もある。

リピート(仮) Edit

「バック・イン・ブラック」にて、ニンジャになって間もないニンジャスレイヤーが行っていたトレーニング法。回想しながら身体を動かし、前回のイクサの立ち回りをリピートする。フジキドはナラク・ニンジャが体を乗っ取っていた時に繰り出したカラテの動作を一つ一つなぞることで動きの意味を理解し、反芻して自分のものとした。

ルームランナー Edit

室内を無限に走り続けるための器具。

カラテ流派(と考えられるもの) Edit

アクアカラテ Edit

ウォーターボードが使用した水中戦闘カラテ。
ニンジャ装束に備えた推進機構を用いて水中を自在に立ち回り、さらに推進機構による加速を乗せた攻撃を繰り出す。
飛び道具もスリケンではなく水の抵抗を受けにくいハープーンを使用する。

アクマカラテ Edit

アマクダリカコデモンに代表されるアクマ・ニンジャクラン特有のカラテと思われる。
アクマ変身によって強化された身体能力に加え、己の肉体に出現した翼や山羊角などの異形部位を活用するパワフルかつトリッキーなカラテである。

浴びせカラテ Edit

アダマンタインの用いるカラテスタイル。爆発的瞬発力を乗せた突進や跳躍などのトリッキーな挙動から重いカラテを浴びせかける。
アダマンタインの放つカラテ攻撃は本文中にてビッグカラテとも称されており、あるいは浴びせカラテとはビッグカラテのカラテ・メソッドの中の一分野を指す言葉なのかもしれない。

暗黒カラテ Edit

カラテの一種。作中では詳しい説明はないが、おおよそ「現代では古い文献にのみ存在を確認できる、殺傷力の高い危険なカラテの秘技」といった意味合いで使われている。

関連:ナラク・ニンジャ暗黒武道ピストルカラテ

エアロカラテ Edit

ソーサラーアイボリーイーグルのように、飛行能力を持つ者が用いる空対地戦闘特化のカラテ。
飛行能力による圧倒的有利を活かした滑空・降下系の攻撃を得意とするようだが、例に漏れず戦闘能力は使い手のカラテに大きく依存する。

エコノミックカラテ Edit

ザイバツ・グランドマスターのヴィジランスが用いる、腰のUNIXベルトから全方位にホログラフィ・キーボードを展開し、クロスさせた両腕でタイピング(仕事)をしながら戦うという前代未聞の社畜カラテ。
もはやカラテと言っていいのかすら疑問であるが、LAN直結しながらカラテを行うのは不可能である為、これも立派なミヤモト・マサシめいた二刀流タクティクスである。
実際両腕が塞がったまま戦わなければならないため、イクサで使用できるのは足技のみ。それでも手負いとはいえディテクティヴを相手にタイピングスピードを緩めず圧倒する強さを見せた。その辺りは流石グランドマスターのワザマエと言える。

カラテ Edit

武道としての空手。使い手は「カラテカ」と呼ばれる。上述の通り東洋の「気」に近い概念も内在している。
発祥は不明だが古代の時代には既に日本に普及しており、時代を経て数多くの枝分かれした流派が伝承され、さらに新規・外来の武術とも入り乱れ、雑然とした状態になっている。
そのため狭い意味での「カラテ」といっても「○○・カラテ」と流派名を付けて呼ぶのが一般的であり、源流のそれは基本技や鍛錬法にその名残を見せるのみである。

カンフー・カラテ Edit

おそらく中国武術全般を指すものと思われる。
現実の中国武術の流派と同様に、武器を使ったカラテや動物の動きを模したカラテなど、様々なカラテが存在する。
いわゆるカンフー映画などで使われる派手なアクション描写が元ネタと思われる。

  • 流派
    • ヘビ・カラテ
      カンフー・カラテの一種。
      腰を屈め、片足は爪先立ちに近く、腕は鎌首をもたげたコブラの如くZ字をなす、独特の構えをとる。この構えから手をゆらゆらとヘビめいて動かし、そこから高速のチョップ突きを繰り出す。
    • デス・カンフー・カラテ
      デスニードル等の恐るべき技を用いるカンフー・カラテ。

クモ・カラテ Edit

湾岸警備隊所属ニンジャ、アクアスパイダーの操るとされる必殺のカラテ。
しかしその力を披露する前に戦意をへし折られてしまったため、披露されることはなかった。

ケズリカラテ Edit

ザイバツ・ニンジャ、ディヴァーラーが使用するカラテ。
名鑑では「謎のカラテ」と説明されており、流派なのかは実際謎。
攻撃をガードした敵ニンジャのニンジャソウル供給エネルギーを削り取り、自分のエネルギーにしてしまうという攻守一体のカラテ。
書籍版人物名鑑では、「ケズリカラテは敵の血中カラテを減退させる」と記述されている。

古代ローマカラテ Edit

リンク先を参照な。

コブラ・カラテ Edit

おそらくコブラ・ニンジャクラン由来と思われるカラテ。
相手が拳打のために繰り出した腕に自身の腕を這い上がらせるようにして放たれるクロスカウンター、両腕を視認不可能な速度で鞭めいて繰り出す連続カラテ攻撃、ブリッジ回避からヨガ行者めいた奇怪な体勢へ移行しての変則的なカウンターなど、並はずれた身体の柔軟性によって生み出される奇怪なムーブを特徴とする。

ザムラ・カラテ Edit

インターラプターおよびインターセプターが修めているザムラ・シンダキ直伝のカラテ。
モータル由来の新興流派ながら、ニンジャとの親和性が高く実際相当に手強いカラテである。
カラテ振動によって引力や斥力を発生させる絶対防御「カラダチ」や、極限まで体をひねらせて繰り出す一撃必殺の「タタミ・ケン」「ツヨイ・タタミ・ケン」など、おおよそモータルには実現不可能なワザを持つが、これは使い手がニンジャ化したことにより本来のザムラ・カラテの形から歪んでいった結果であるらしい。
インターラプターはこのカラテによってシックスゲイツ最強の座にのし上がり、ザイバツのサラマンダーとも渡り合ったようだ。
「フンハー!」「ハイーッ!」などカラテ・シャウトもまた独特。

ジェットカラテ Edit

ソウカイ・シックスゲイツのソニックブームが修めているカラテ。
明示されていたわけではないが、たびたび用いた「ジェット・ツキ」はこのカラテに由来すると思われる。

セミ・カラテ Edit

ヨロシ・バイオサイバネティカ社所属ニンジャ・シケイダーが使用する、セミめいた六本のバイオサイバネ節足を利用したカラテスタイル。
懐に飛び込んできた敵をアンブッシュめいて節足で拘束して締め上げるといった戦法が特徴。

ソニックカラテ Edit

ソニックブームが修めているもう一系統のカラテで、むしろこちらが主か。拳や蹴り、手刀を高速で繰り出す事により衝撃波を生じさせ、これによって攻撃を行う。
弱点はワン・インチ距離。この距離に潜り込まれると、衝撃波が自分まで傷つけてしまう。
ザ・ヴァーティゴ=サンによると、その修行シーケンスはカゼ・ニンジャクランと共に失われ、現代には伝えられていないらしい。
同じカゼ・ニンジャクランのウィンドブラストを見る限り、衝撃波の発生にはジツのような超自然的要因が関与している可能性がある。

ディヴァイン・カラテ Edit

ブラックロータスが使用する黄金色のオーラを放つ特殊なカラテ。
このオーラを纏った攻撃を喰らった相手は、視界を白光で害されながら、ザンゲを迫るかのような激痛とそれを許すかのようなニルヴァーナめいた浮遊感で苛まれる。
オーラを拳にエンハンスメントしたり、カラテ・ミサイルとして光球を放つなども可能。また、使用者が動く度に黄金色の残像を追従させ、相手を撹乱する。
さらには、このオーラは傷の回復にも使用でき、まさに至れり尽くせりである。

テクノカラテ Edit

モーター駆動のサイバネ機構を用いたカラテ。
使い手はシガキ・サイゼンエトコユンコ・スズキといった非ニンジャが目立つが、なかなかに侮れない威力を持つ。
特にシガキの開眼したテクノカラテは非ニンジャであるにも関わらずニンジャスレイヤーを苦しめたほどである。

闘牛カラテ Edit

マタドールが用いる、殺人闘牛「マツザカ」との連携によって完成するカラテ。
マツザカの背に跨り、殺戮暴走機関車めいて爆走させ攻撃するのが基本スタイル。単体でも油断ならないバイオ改造闘牛の戦力がカラテ算数めいて乗算される様は、無敵のチャリオットに例えられる。

ネガティブ・カラテ Edit

スペクターに代表される幽体アンデッド・ニンジャの持つ負のカラテ。
このエネルギーによって浮遊したり、接触した相手のカラテ段位を永久的に奪うカラテドレイン攻撃(『D&D』のレベルドレイン攻撃が由来だろう)などを行う事ができる。
ネクロカラテ同様、体系化されたカラテスタイルというよりは身体的特性に基づくカラテの性質を指す言葉と捉えた方が的確かと思われる。

ネクロ・カラテ Edit

ズンビー・ニンジャのカラテをこう総称するが、動きに型としての統一性はないものと思われる。
このカラテの使い手は生者の限界を超えたズンビー筋力やズンビー関節可動域、ズンビー耐久力などを活用して相手を圧倒する。特に「痛み」を無視した無茶な攻防が可能である点が一般的なカラテと一線を画する。

ビーストカラテ Edit

フェイタルが使うヘンゲヨーカイ・ジツによって強化されたカラテ。
変身によって強化された凄まじい耐久力と強力な爪による攻撃が特徴。ブラックヘイズからは「雑なカラテ」と断じられた。

ピストルカラテ Edit

テッポウ・ニンジャクランの首領を開祖とする暗黒武道。
拳銃を両手に握った状態で構えを取り、発砲時の反動を次なる攻撃や緊急回避に利用する点を最大の特徴とし、一対多のイクサに秀でている。
また、拳打と共に銃身を叩き込み、そのまま接射を行うなどのムーブも含まれる。
中腰で両手の拳銃をクロスして構えるのが基本姿勢らしい。
作中における代表的な使い手はキョート・リパブリックの私立探偵タカギ・ガンドー。彼はニュービー・ニンジャ相手ならばある程度まで渡り合えるほどのワザマエを見せている。
GUN道ではないのであしからず。
その発祥はマスケット銃の発明以降であり、開祖のテッポウ・ニンジャクランの首領はフリントロック式ピストルなどを用いていた模様。
書籍版での加筆によると、人間の間に広まったピストルカラテは銃の命中精度の低さをカバーする為に開発された初期のものであり、銃の精度向上と共にテッポウ・ニンジャクランにおいては使われなくなったものだという。
元ネタは映画「リベリオン」などに登場する武術「ガン=カタ」ではないかと推測するヘッズも多いが、劇中のアクション描写を見る限り、両者の性質は大きく異なる(一例としては、ピストルカラテが銃の反動を最大限活かしたムーブを基調とするのに対し、ガン=カタで主に使われるクラリックガンは反動を可能な限り殺すように設計されている、など)。

ビッグカラテ Edit

ビッグ・ニンジャ・クランのニンジャソウル憑依者が操るカラテ。脳筋っていうな。
その攻撃は巨体と怪力任せの単純な打撃だが、アースクエイクの知性やレッドゴリラのスピードが相俟って相当な脅威となる。
なお頭突き攻撃はビッグ・ニンジャ・クランの代名詞(「ダークダスク・ダーカードーン」)との事だが、ラオモトヨトゥンらが使った程度であまり目立たない。

ブースター・カラテ Edit

ターボアサシンの用いるカラテ。身体の各所に配したサイバネ機構のブースターから得られる推進力によって、カラテ攻撃の速度と威力を増す点が特徴。
カラテ流派というよりは、彼が独自に構築した戦闘スタイルと思われる。
この戦闘スタイルは、後にマスターマインドが装着したパワードスーツの機構に受け継がれた。

ボックス・カラテ Edit

ボクシングに由来する戦闘術。速射砲のようなパンチが特徴だが、足元が死角。
ソウカイヤのテンカウント、ザイバツのコンフロント、傭兵ヤクザニンジャのヘンチマンなど、使い手は地味に多い。
現実におけるベアナックル・ボクシングに酷似した「古式ボックス・カラテ」なるものも存在する。
古式ボックス・カラテは江戸時代初頭にイギリスで一世を風靡したものの当時の女王に禁止されたカラテである。
作中世界では、古式ボックス・カラテから現代のボクシングに派生し、現代において再びカラテに組み込まれ科学的に洗練されたボックス・カラテが生まれたと推測される。

ボンジャン・カラテ Edit

恐らくボンジャン・テンプルのバトルボンズが用いるカラテ流派と思われる。
登場エピソードの少ないカラテ流派の中では比較的使用者が多い。
ポン・パンチなどの技もあり、その場合は区別のため頭に「ボンジャン」が付く。どう違うのかは不明。
使い手のアコライトの体捌きからすると、八極拳的要素が多い感を受ける。

マシンガン・カラテ Edit

とても速い連続パンチが印象的なカラテドー流派。

ミリタリー・カラテ Edit

湾岸警備隊上がりのアマクダリ・ニンジャ、ダイアウルフのカラテが地の文にてこの名で呼ばれている。
恐らく軍隊式のカラテを指す語だと思われるが、詳細は不明。
同じく軍出身のファイアブランドが使う「軍隊じみたカラテ」も同じものか。

ムカデ・カラテ Edit

両手を手首で合わせ、指を鉤爪めいて強張らせて横に引き裂くように構え、そこから這い回るムカデの脚のごとき斬撃を繰り出すカラテ。

ヤクザカラテ Edit

リアルヤクザのヤマヒロらが依って立つカラテスタイル。
ヤクザ上がりのニンジャであるネヴァーモアなどの戦闘スタイルもこれに近いのではなかろうか。
ヤクザカラテと明言される具体的戦闘描写は乏しいが、ドス・ダガー・ジツやヤクザ・キック・ケリなどを含んだ打撃メインのカラテではないだろうか。

その他の武道 Edit

アイキドー Edit

合気道。
我々の世界に存在するものは、相手の攻撃に対し返し技で転ばせたり投げたりするのがメインの護身術であるが、この世界では実際異なっており、「アイキ・パンチ」や「ジェット・ツキ」といった打撃技で知られているようだ。
また、構えとシャウトで敵を麻痺させるフドウカナシバリ・ジツめいた技も存在するらしい。
他方、パラゴンジュクレンシャが見せた相手の勢いを利用し最小限の動きで投げ飛ばすムーブが「アイキドーめいた」と形容されている他、アイキドーの禁じ手として「カタパルト・スロー」なる投げ技が存在するなど、我々の知る合気道に近い要素も持ち合わせている模様。

イアイドー(イアイド、イアイとも) Edit

居合道。
我々の世界に存在するものは、刀を抜くと同時に敵を切り捨てる「抜刀術」と呼ばれる剣術の一つだが、この世界では、カタナが鞘に収まっていない状態で構えを取る事の方が多い。というより、実戦剣術全般を指していると思われる。
イアイドーすなわちカタナであり、カタナにカラテを注ぐ……つまり「使い手がカタナになる」事こそがその究極とされる。
一瞬の一撃必殺の機会をいかにして捉えるかがイアイドーの肝であるらしく、ダークニンジャシルバーカラスのようなヤバイ級から、ペインキラーのような脇役ニンジャに至るまで、イアイドー使いの戦闘描写全般にその精神が窺える。
バイオ多腕を活かした「バイオ・イアイド(ダブル・イアイド)」や、ハイ・テックを取り入れた「リニア・イアイド」といった独自のスタイルを持つイアイドー使いも散見される。

 

また、非ニンジャのノボセ・ゲンソンはイアイドー42段のワザマエを誇る。

オスモウ Edit

相撲。実際に「相撲」と表記される事も多い。
我々の世界に存在するものと共通点はあるもののかなり違う。実際殺し合いである。
場合によってはドヒョウ・リングの真上に鉄の棍棒などのアチーブメント・ウェポン(武器ではなく万札であることも)が鎖で吊られており、試合中にその武器を手にすれば大きく有利を得る事ができるラダー・マッチめいた形式で行われることもある。実際プロレスに近い描写がされることも多い。
この世界での競技人口はかなり多いようで、巡業インディペンデントスモトリ団体所属のスモトリを含めれば10万を超えるとされる。物語上でもスモトリが登場する機会は多い。
中央リーグ「リキシ」のドヒョウに上がれるスモトリはわずか64人に限られ、彼らは「リキシ・スモトリ」として貴族同然の暮らしを送っている。
リキシ・リーグ所属者の身長は4メートルに達する者もいる。上位に上がるほど実際巨体が有利な……?
現在TVなどで放映されるオスモウは大衆向けのショー化が進んでおり、本来のオスモウとはかけ離れた内容となっている模様。どちらかというとプロレスに近いか。だが、オスモウとは別にプロレスも存在しているようだ。

カポエイラ Edit

南米の武道カポエイラは日本のカラテがニンジャにより海を渡ったもので、南米古代カラテに通じるものとされる。周囲からビリンバウの演奏や合唱を受けることで力を増すことができる、という特徴がある。
カポエイラと共通するカラテ技をニンジャスレイヤーがよく使用している。
また南米に拠を構えたサワタリ・カンパニーでは、モニカ・ヤシマの指導の下、カポエイラの訓練が行われている。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

グラディウス・ドー Edit

グラディウスとバックラーによる攻防一体のカラテ。
使い手のグラディエイターと併せて古代ローマカラテとの関連を想像せずにはいられないが、マディソンおばあちゃん曰く、「グラディウス・ドーは古代ローマカラテとは違うのでは?」との事。

ケンドー Edit

剣道。我々の世界に存在するものと同じブ・ドーであろう。
しかし、ニンジャ名鑑などではスワッシュバックラーの使うフェンシングめいた剣術もケンドーの一種とされており、ケンドーとイアイドーの境目がどこにあるのかは謎が多い。
ネオサイタマ市警では正式に採用されており、ケンドーを得意とする「ケンドー機動隊」も組織されている。
「オメーン!」「オドー!」「オコテー!」「オツキー!」

  • ケンドー機動隊
    電磁シナイである「ケンドーケン・ブレード」や、重厚な「ケンドーヘルム」などを装備したマッポの部隊。より重装備の重装ケンドー機動隊も存在する。
    ニンジャとの戦闘を想定とした熟練者で固められた精鋭部隊であれば、実際にニンジャを討ち取る事もある。

コッポ・ドー Edit

恐らく「骨法」。
我々の世界に存在する骨法は、中国より伝わり日本で発達した、当身主体の武道とされるものだが、実際起源などには謎が多く柔術など日本武道との境目も微妙。さらに名称を普及させた武道家が実際胡散臭く、格闘技ファンからジツに対するニンポめいた捉え方をされることも。
一応、忍者八門なるものの中に徒手格闘術として骨法術というものがあるので、そこから創作類に採用された事に影響を受けたと思われる。

 

忍殺世界では自然体な構えからどんどん仕掛けるタイプの武道らしく、「コッポ・パンチ」や「コッポ掌打」「コッポ・キック」などを繰り出す。拳を握りこまず、開いた掌で戦うのを基本スタイルとし、それゆえ通常のカラテよりもモーションがコンパクトで超至近距離の打ち合いに長ける。
描写からすると、掌打で急所を狙い破壊する、殺人に特化した武術と言える。実際金的攻撃である奥義「ボールブレイカー」、外部からの呼吸器破壊を行う禁じ手ビヨンボ・バスターなど、高等技にはエグいものが多い。
この魔技を振るうにはあらゆる良心と人間味と敬意を捨て去ることが要求される、と言われるほどである。

 

流派の始祖はコッポ・ニンジャ。後に流派は八つに分かれたらしい。
平安時代に一度封印されたというが、現代のネオサイタマにもドージョーが存在しており、技が絶えたわけではないようだ。

サーベル・ジツ Edit

キツネ・ウエスギ卿が実戦の中で磨き上げた剣の技。
ザ・ヴァーティゴ=サンですら恐れるそのワザマエは、挙げた戦果によって爵位に届くほどである。

ジュー・ジツ Edit

「柔術(Jiu-jitsu)」の意かと思われる。Twitter連載初期のエピソードではジュージュツと表記されることもあった。
我々の世界に存在するものは、古武道における徒手格闘術、あるいはテイクダウンしてからの駆け引きに特徴がある組技系の格闘技。
ニンジャスレイヤー世界では、相手の攻撃をいなす技術として使われるほかに、「アラバマオトシ」のようなルチャ・リブレめいたアクロバティックな投げ技と「ジキ・ツキ」「サマーソルトキック」「ポン・パンチ」のような打撃技がフィーチャーされる。
ニンジャスレイヤーの戦闘スタイルの基本であり、「ジュー・ジツを構える」描写は随所に確認できる。どんな構えかは不明だが、「カラテとジュー・ジツを巧みに切り替えながら~」という描写も見られ、おそらくオーセンティックなカラテの構えとは明確に差異があるものなのだろう。

 

ニンジャスレイヤーのヒサツ・ワザである「ツヨイ・スリケン」がジュー・ジツであるとされていたり、超自然のジツであるムテキ・アティチュードも平安より伝わるジュー・ジツの一つとされている。
また、「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」#2で「これぞ平安時代より伝わる殺人ジュージツのひとつ、カトン・ジツに相違ない!」という記述がある(なお、書籍版ではの記述は削除されている)。
これらの例から、ジュー・ジツはカラテよりさらに幅広い範囲をカバーする意味の語ではないかとも思われる。

ジュドー Edit

「イポン背負い」を代表的な技とする事から、我々の世界に存在する近代柔道に近い武術と思われる。
ジュー・ジツとは明確に区別される。
キョート・ガイオンではジュドーの世界大会が開催されており、スクランブラーはその優勝経験者。
また、トゥールビヨンは自身のジツの弱点を補うために「ジュードー」のトレーニングを積んでいるらしい。恐らくはジュドーの表記揺れと思われる。

スナイパースリケン Edit

スリケンによる狙撃、およびその技術体系を指す言葉。
いわゆる武道とは異なるが、一種の技術体系であるためここに記述する。
素手、もしくは各々がカスタマイズしたスナイパースリケン射出用ガントレットを用いて、超遠距離から相手を射殺する。
古事記に、ドサンコ岡山県それぞれに陣取った遠投ニンジャ同士がスリケンを投げ合った故事が記されているなど、その起源は実際古い。
スナイパースリケンの代表的なドージョーとして、ガントレットによって興されたシャーテックが存在し、ディスタンスディアハンターなど多くの後継者を生み出した。
ちなみに、連載初期には「シャーテキ」(「射的」のもじりか)と呼ばれていた。

タイドー Edit

実在の武道「躰道」に由来すると思われる。
作中においてタイドー自体が武術流派として言及される場面はないが、ニンジャスレイヤーを初めとした多くのニンジャが「タイドー・バックフリップ」なる回避動作を行っている。
実際の躰道のワザにもバック転のような体操競技めいた回避動作が含まれている。

    • タイドー・バックフリップ

チャドー Edit

「茶道」。太古の暗殺術。
独自の構えと「チャドー呼吸」を基本とし、「タツマキケン」「アラシノケン」「グレーター・ウケミ」といった強力な技を持つ。またドラゴン・ゲンドーソー秘儀「イエ・モト」もチャドーの技であるようだ。
その構えはジュー・ジツとは明確に区別され、コミカライズ「ニンジャスレイヤー殺(キルズ)」では片足立ちでアグラし、両手でお椀を持つような構えとして描かれ、「調息」の字があてられた。

また、ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨンの公式サイトにある翻訳チーム作用語解説によれば、ドラゴン・トビゲリはチャドーの技の一つとされている。
マスターチャドー」たるドラゴン・ニンジャのクランで継承されるカラテ技はおおむねチャドーの技なのかもしれない。
 
開祖は全ニンジャの祖カツ・ワンソー。ドラゴン・ニンジャが体系化したいにしえのジュージツ・アーツであり、オヒガンの果てにある集合無意識の泉から水を汲み上げるようにして奥義を習得する特異な修行方法を特徴としている。これは、ドラゴン・ニンジャによるオヒガン探求の副産物として見出した、神秘的な概念である。
 
作中の主たる使い手はニンジャスレイヤーとその師ドラゴン・ゲンドーソーおよび孫娘のユカノ。江戸時代に禁じられたことで歴史の闇に秘匿された暗殺拳とされるが、ドラゴン・ニンジャ・クランに伝承されている他、考古学者にも存在が知られているようだ。
なお、精神修行のザゼンとオチャの要素は一般にも伝わっており、前者は「チャドー呼吸法」、後者はマッチャを飲む、世間一般にいうところの「チャドー」を指す。これはおそろしく儀礼的な茶のやり取りが特徴であり、一般には「高尚な趣味」とされる。

余談だが、「茶道」は「さどう」と読むのが一般的だが、古くは「茶頭」との混同を避けるために「ちゃどう」と読まれていた。現在においても、実は「ちゃどう」と読む流派の方が多く、「さどう」と呼ぶのは表千家だけである。

  • 技(奥義)
    • チャドー呼吸
      チャドー独特の呼吸法。己の呼吸を、地水火風の精霊、そしてエテルの流れとコネクトさせる。
      精神集中を助け、ニンジャ回復力やカラテの練成を促進させる。新陳代謝を高め多少の毒なら解毒する事も可能。
      チャドーの技は使用の際に体力と精神力を烈しく消費するが、この呼吸法に関してはそれらは失われず、むしろ回復の助けになっているようだ。
      ニンジャスレイヤーとの戦闘で彼にチャドー呼吸の機会を与えてしまう事は、この作品の代表的なデスノボリである。独特の呼吸音を聞いたヘッズは、決着の予感に沸き立つ。
      作中ではブラスハートが他者にジツを授ける力を持つサツガイによってチャドー呼吸を会得しているなどドラゴンニンジャ・クランのユニーク・ジツともとれる描写があるが、一方憑依ニンジャがインストラクションによってチャドー呼吸を会得した例もあり、その実態には謎も多い。
      「スゥーッ!ハァーッ!」
    • アラシノケン
    • カマキリケン
    • グレーター・ウケミ
    • サツキ
    • ジキ・ツキ
    • タツマキケン
    • (ツヨイ・スリケン)
    • ドラゴン・トビゲリ
    • 秘儀「イエ・モト」
       
      その他の呼吸法
      類型使い手呼吸音
      チャドー呼吸法(ザゼン)ノボセ・ゲンソンラオモト・カン「スゥーッ、ハァーッ」
      アグラ・メディテーション(シアツ併用)オーファン「フウー……」
      アグラ・メディテーションセイジ「シューッ……!」
      独特な呼吸法ウィンドブラスト「フゥーッ……ハッ!」
      圧縮されたナラクの炎マスラダ・カイ「スゥーッ……フゥーッ……!」

トッシン・ジツ Edit

その名の通り、剣を構えて突撃する格闘術。
作中ではフュリアスがショートソードを構えて用いた……が、今は未だ、これ以上申し上げる事は出来ない。

トンファー・ジツ Edit

その名の通り、トンファーを用いた攻防一体の格闘術。
オキナワを発祥とし、その後世界に広まったらしい。
江戸時代、モンゴルとの戦争において日本のサムライが使用したトンファー・ジツは「一人十殺」と敵味方に恐れられたという。
作中での代表的な使い手はゲイトキーパー。鋼鉄のトンファー二刀流にカラテを流し込むエンハンスメント・ジツを併用し、そのワザマエはニンジャスレイヤーをしてあわやというところまで追い詰めるほど。
その他、ハッカー・バロン配下の傭兵もトンファー・ジツを使用している。

ナギナタ・ジツ Edit

ビーフイータージェット・ハルバードで披露したワザマエ。ハルバードなのにナギナタ……?ワッザ……?
……と思うかもしれないが、「Japanese Halberd」で画像検索すると実際ナギナタが出る。何も問題はない。

パルクール Edit

道具を使わずに障害を乗り越え移動する、フランス生まれの実在の技能体系。
映画などのアクションシーンでその技を見ることもあり、一般的には「塀を軽やかに乗り越え、壁を駆け上がり、ビルからビルへ飛び渡る」ようなパフォーマンスで知られる。実際忍者めいている。
忍殺世界においては、ニンジャ・非ニンジャともパルクールめいた動きをしばしば見せる。とくにヒキャクはパルクール訓練を受けたメッセンジャーで、都市の物流を支えている。

パンキドー Edit

汎氣道。
フランス発祥の実在する武道(公式Webサイト)であり、キックボクシングに柔道や柔術をミクスチャーしたかのような汎用性の高さを意識した格闘技。
我々の世界、特に日本ではあまりメジャーな存在ではないが、作中ではイアイドーアイキドーと並ぶ武道とされる。特有のシャウトは「パンキ!」。
ブリッジではなく開脚による回避動作、第一防御から第三防御まである特殊な構え、ごろごろと転がるワーム・ムーブメントなどを特徴とする。
このワーム・ムーブメントはニンジャの基本技能として、後に本流のカラテに組み込まれていった歴史を持つ。
代表的な使い手はロシア人ニンジャ・サボターノボセ老の盟友であったネオサイタマ市警のイノウエもパンキドーを修得していた。

  • 実際に「パンキ!」と叫んだり、ワーム・ムーブメントのような技や動作がインストラクションに組み込まれているのかどうかは不明。詳しい方がおられたら是非ページ上部の編集ボタンから加筆して頂きたい。
    • パンキック
    • パンキ・ジャンプ
    • ワーム・ムーブメント

フタツイシユミ・ドー Edit

アルバレストが習得していた失伝カラテ。
両腕に装備したスリケンボウガンによって弾幕を張り、それを掻い潜って接近してきた(あるいは誘い込まれてきた)相手に対しては肉弾カラテで対応するのが基本のスタイルと思われる。
手数によって相手を封殺することに長けるが、スリケンボウガンのリロード時にほんの僅かながら隙が生じてしまう点が弱点と言える。
物理書籍版では「フタツイシユミ・ドー」と、微妙に名前が変わっている。

ボー・ドー Edit

おそらく我々の世界に存在する棒術、すなわちボーを用いた武術と思われる。
段位制度が存在するようで、ジモト市の住人・モリタチは自身をボー・ドーの有段者と名乗っている。
ボーを用いた戦闘スタイルは「ボー・カラテ」と表記されることも多い。

ムエタイ Edit

我々の世界に存在するムエタイと同じ格闘技と思われる。
テラートリガーがムエタイ・カラテの使い手であり、フェイント・ジャブからの強烈なハイキックを繰り出している他、ヨタモノのリベットスーツ男もムエタイを使用している。
また、ススキのカラテはムエタイの流れをくむものとされている。

ヤブサメ Edit

馬に騎乗して走りながら的を射貫く、実際流鏑馬。
ハイスクールレベルにおいても地区大会・中央大会という競技会が存在する、実際普及した競技のようである。
アメフト、ケマリに並ぶ花形競技であるらしく、競技者はジョックとしてスクールカーストの上位に位置する。

ワザ Edit

ワザ あ行 Edit

アースクエイク・シコ Edit

ビッグ・ニンジャクランが稀に用いる技。
スモトリめいて脚を振り上げた後に地面に打ち下ろし、震動で相手を驚かせる。
「シコ」は「四股」の意とみて間違いないだろう。

アイアンクロー・ツメ Edit

ナラク・ニンジャが使用した、相手の心臓を狙う殺人フィニッシュ・ムーブ。
相手の心臓を狙う技のようだが、詳細は不明。

アイアンクロスヘリスプレッド Edit

岩こぶを利用してスキー跳躍し、スキー板を交差させて回転するエアモーグルの危険技。
モーグルのエア技として実在するが、本来は回転跳躍しながらスキー板を十字に交差させるアイアンクロスヘリから、空中で両手両足を広げるスプレッドに繋ぐ連続技。

アイキ・パンチ Edit

アイキドーの技のひとつで、独特の構えから繰り出されるパンチ。まともに食らうと骨折させられる程のダメージがあるらしい。
なお実際の合気道でも打撃技は存在するが、こちらは「当身」と呼ばれ、もっぱら投げ技を成立させるための先制攻撃に使われる。

アウー・バチゥド Edit

"Au Batido"
カポエイラに通ずる南米古代カラテ奥義。
片手で逆立ちし、天地逆転の姿勢から蹴りを放つ。
現実の日本国内では、かつてK-1で子安慎悟選手が用いたことから「子安キック」という名で呼ばれることもある。

アラシノケン Edit

禍々しきチャドーの技。
その場で高速回転をして力を溜め、回転しながら相手の軸足を蹴り払い、回転の勢いを殺さずそのまま脇腹を殴り抜けて跳躍、回転跳躍上昇の中で相手の肩に肘を打ち込み、勢いのままさらに回転上昇しながら側頭部に蹴りを入れ、そのまま相手の頭上を飛び越えて十字架めいた姿勢で一回転して着地するというプロセスを経る技。
四度の打撃を瞬間的にくわえる技だが、これが四撃合一の完全な形で決まった際には、「パァン」という破裂音めいた奇妙な音が生じ、対象の体内でカラテ衝撃力が相互に衝突して内的爆発を生じ、肉体をズタズタに破壊してしまう。コワイ!
ザ・ヴァーティゴによると、完全に四撃合一のタイミングで決まったときの威力は聖なるヌンチャクでの渾身の一撃をも超えるが、非常に難易度の高い技であり、おいそれとは使用できないらしい。

アラバマオトシ Edit

リアルニンジャ、クルトボ・モジムラが編み出したジュー・ジツの禁じ手。「アラバマ落とし」とも表記される。
背後から相手をがっちりと羽交い締めにした後、垂直にジャンプし、ジャンプ頂点から頭を下にして落下、そのまま相手の頭部を杭打ち機で打たれる車止めよろしく地面に叩き付ける恐るべき荒業である。
テキサス独立戦争の折、クルトボ・モジムラ(デスフロムアバブ)はこの技を用いてアラバマの大地に敵兵の脳天を次々に打ち付け、皆殺しにしたという。
何たるアバンダント・ダークサイド・オブ・ヒストリーの片鱗を漂わせる技であろうか!
バリエーションとして、「高高度アラバマ落とし」なるワザも存在。こちらはエアロカラテの使い手であるアイボリーイーグルが使用した。

 

また、「メニイ・オア・ワン」での解説によると、地面と接触する瞬間に落下ダメージの全てを敵に流し込んで逃れる、「エンシェント・ウケミを必要不可欠とする奥義」とのこと。そのため飛行能力を持たないニンジャが高高度からアラバマオトシを使用しても(高さに応じ難度は上がるが)自滅することは無い。

 

見た目が極めて派手なワザであり、実際ヒサツ・ワザめいているが、ある程度以上のワザマエを有すニンジャに対する成功率は低く、耐えられたり返されたり逆に使われたりするなど、物語的にはむしろ敵ニンジャの脅威性をアピールするために利用される不遇のワザである。その点では同様のムーブで同様の扱いである『聖闘士聖矢』の「ペガサスローリングクラッシュ」に酷似している。

  • ネタ元として「飯綱落とし」を想像するヘッズもおられよう。だが飯綱落としはニンジャ空中戦を制するためカムイ=サンが編み出した「空中にいる相手を掴んでもろともに落下する」ワザである。
    「地上で相手を掴んで垂直ジャンプし落下」というムーブからして、ボンモーがネタ元としたのは格闘ゲーム『サムライスピリッツ』の服部半蔵=サンが用いる「モズ落とし」であろう。そしてハーパー・リー著のベストセラー『アラバマ物語』の原題は「To Kill a Mockingbird」であり、モッキンバードという鳥はモズと大変にている。つまりそういうことだ。
    • ついでに細かい話として、飯綱落としは「空中バックドロップ」と言うべき技だが、バックドロップはアラバマオトシとはホールドの仕方が異なる。相手を羽交い締め(フルネルソン)にする技はフルネルソン・スープレックス(別名ドラゴンスープレックス)という別のプロレス技であるので、そういった意味でも飯綱落としとは異なる技術であると思われる。
    • なお、インターラプター戦においてニンジャスレイヤーが「イナヅナオトシ」という技を使おうとしたシーンがある(書籍版では「アラバマオトシ」に修正)。

アルマーダ・マテーロ Edit

空中後ろ回し蹴りから身体をねじり、時間差をつけた二段の飛び蹴りを放つカポエイラ技。アルマーダは艦隊又は海軍、マテーロはハンマーを意味する。
現実のカポエイラでは、後ろ回し蹴りのアルマーダと上段蹴りのマテーロ(マルテーロとも)は別々の技である。

イポン背負い Edit

現実の柔道でも有名な「一本背負い」のことであろう。
本作中でも「ジュドーの代名詞とも言うべきカラテ技」と呼ばれている。
また、暗黒カラテ技の一つとして相手の肘を折りながら投げる「逆イポン背負い(リバース・イポン背負いとも)」も登場する。

ウインドミル Edit

ブレイクダンスの最も有名かつ代表的な動き。
頭や腕、肩などを支点にして、開いた両足を回転させ、その遠心力を利用して回転を続ける技術。
ニンジャのイクサにおいては、起き上がり時の隙の解消や相手への足払いなどに使われる。

ウケミ Edit

我々も良く知る防御術。
忍殺世界においても、床や壁に叩けつけられる際にウケミをとって衝撃を分散させるニンジャは多い。

また、チャドーの奥義としての「ウケミ」は、物理的ダメージだけでなく熱エネルギーをもタタミへと逃がす技であり、事実ニンジャスレイヤーはジェットエンジンに焼かれ火達磨になった時にこの技を使う事で、自身を焦がす炎を消した
しかし、数多くのニンジャが使うウケミと区別するためか、チャドーの奥義としての「ウケミ」は書籍版で「グレーター・ウケミ」と名が変えられた。
余談だが、この技を使用したために、パラゴンロードにニンジャスレイヤーがチャドーの使い手である事がバレた。

またファフニールは「エンシェント・ウケミ」なるワザを使いニンジャスレイヤーが仕掛けたイポン背負いを凌いでいる。名前やファフニールの素性からしてウケミの源流となったワザと予想されるが、具体的な差異は不明。
なお、エンシェント・ウケミの習得はアラバマオトシを仕掛ける際に必要不可欠との事(無ければ敵諸共自滅するそうだ)。理論上は衝撃を逃がせる高さに限界は無いらしい。

ワザ か行 Edit

カタパルト・スロー Edit

アイキドーの禁じ手。
相手の首元を掴み、そのまま倒れ込みながら後ろへ投げ飛ばすという柔道の巴投げめいた技。
実際合気道にも巴投げに似た投げ技は存在する。

カマキリケン Edit

ジュー・ジツの高難度アーツ。
相手の頭上間近で宙返りしながら二連続の逆さ蹴りを繰り出す。
ニンジャスレイヤープラスによるとチャドー奥義であるようだ。

カマキリ・トビゲリ Edit

暗黒カラテ技。相手の斜め上方を側面回転しながら蹴りかかり、頭・肩などを攻撃する。

カラダチ Edit

インターラプターの用いる絶対防御カラテ。
打撃を無効化し、反発力をカラテ震動させて、攻撃に使われた手脚を磁石のように吸いつけ相手を拘束する。
ザ・ヴァーティゴ=サンによれば、変種のムテキ・アティチュードらしい。
余湖センセイのコミック版では三戦(サンチン)の構えで描かれている。センセイ曰く翻訳チームからのオーダーであったそうだ。
サラマンダーもインターラプターとの戦闘経験から習得していたが、彼は絶対防御といえど上限があるはずと考えていたようだ。
インターセプターが用いるカラダチはインターラプターのそれとは多少異なり、強力なカラテ振動により相手の攻撃を弾くと同時に、攻撃してきた相手を麻痺させる効果を持つ攻守一体型のワザとなっている。
これは習得したカラテ振動波の性質の違いからくるもののようで、インターラプターの方は吸い付ける受容のカラテ振動波、インターセプターの方は相手を弾き麻痺させる拒絶のカラテ振動波を使ったとでも形容できるか。
インターラプターの方は万全とは言いがたい状態だったので、本来は吸い付けてさらに麻痺させるワザだったのかもしれないが真相は闇の中である。
受容の振動波と拒絶の振動波はぶつけると無効化出来るらしく、ザムラ・シンダキ門下でカラテ振動波を扱える相手には通じにくいようである。

カワラ割り Edit

瓦割り。上から下へ拳を突き下ろす技。現実の空手でいうところの真下に向けた正拳突きに相当する。
カラテ・ドージョーでは入門初年はこの動作しか許されないという基本中の基本動作(ザ・モースト・ファンダメンタル・アーツ)であるが、
ニンジャの繰り出すそれは一撃で相手を粉砕する程の凄まじい威力を誇る。床をぶち破るのにも使われる。

キドニーブロウ Edit

キドニーパンチ。
背中・肋骨下の腎臓(キドニー)のある部位を背後から打つパンチ。現実のボクシングにおける反則技だが(とはいえクリンチに隠れて使う者もいるらしいが)、ニンジャのイクサでは当然のように使われ、更にはボックス・カラテを体現するニンジャ・テンカウントですら堂々とこれを狙ってくる。ニンジャスレイヤーもたまに使う。

逆フランケンシュタイナー Edit

ジュー・ジツの禁じ手。
相手に跳び付き、肩車めいた姿勢で相手の頭を脚で挟み込み、そのままバック転の要領で身体を反らせて相手の脳天を地面へ叩き付ける。実際プロレス技である。
ヘッズの中には、女性ニンジャにこの技を掛けられることを切望する過激派も一部存在する。

拒否のハンマー Edit

古文書に記されしボンジャン・カラテの奥義。両足を踏みしめ拳を地面に突き下ろし、衝撃波で周囲の敵を一掃する。
アコライトが使用。デスドレインの手にかかり隻腕になってからは、腕と右足を天高く上げ、踵を地面に打ち下す形で発動するようになった。

ケリ・キック Edit

多くのニンジャが使っている場面のある蹴り技。
おそらく何の変哲もないただのキックだが、奥ゆかしさを感じるネーミングである。

コイリング・ヘビ・カミツキ Edit

コブラ・カラテの奥義。全身の骨を外してとぐろを巻く蛇の如き姿勢を取った後、突如バネ仕掛けめいた勢いで飛び掛かり、マウントを奪う。

ゴースト・リープ Edit

禁断のカンフー・カラテ技。
宙を舞うような旋回機動で跳んだり、滞空中にワイヤーに吊られているかのような超常的な空中移動をする移動技。
跳躍距離も長い。

コッポ掌打 Edit

主に相手の頭部を狙って打たれる、コッポ・ドー式の掌打。
打撃によるダメージ自体よりも脳を揺らして平衡感覚を一時的に失わせる点が恐ろしい技で、ニンジャといえどもその影響から逃れるのは困難な模様。

コバシリ Edit

ジュー・ジツの高等技術。歩法の一種と思われる。
小刻みなステップによって、一呼吸のうちに相手の懐に飛び込むことができる。

ワザ さ行 Edit

サークルガード Edit

両腕を回転させて相手の攻撃を受け流す防御技。空手の「回し受け」か。
炎など打撃以外のものも受け流すなど、某グラップラー漫画めいている。

サツキ Edit

チャドーの奥義。「殺気」。
研ぎ澄ませたカラテをほんのコンマゼロゼロ数秒間に集束し、その瞬間だけ敵の打撃を無効化する高度なチャドー防御。忍殺界における「パリング」と言えるか。

前に出した片腕の肘先を上向け、そして肘先を捩じって手の平を外側に向けた構えでチャドー呼吸を行うことにより、体内で発生した爆発的なカラテ循環が腕の捻じれ部分でせき止められ、そこから逃れようとカラテが腕の中を暴れ狂う。その状態の片腕で敵の攻撃を受け、接触の瞬間に捻じれを解放することにより、その瞬間だけ敵の打撃を無効化するという原理である。地の文=サン曰く、「極めて鋭く儚いムテキ・アティチュード」。
瞬間的に解放されるカラテを、拡散寸前に轢き戻し、再び解放することで、連続してサツキを使用することも可能。

 

この技はジキ・ツキと対となる技であり、片腕でサツキを構え、もう片方の腕でジキ・ツキを構えて使用する。片腕のサツキによって敵の技を防いだのち、シームレスにもう片方の腕のジキ・ツキを敵に叩き込むのである。

 

ドラゴン・ドージョーでジキ・ツキと共に伝えられていた奥義だが、何者かに奪われ秘匿されていた。

サマーソルトキック Edit

ジュー・ジツの奥義。宙返りしながら相手を蹴り上げる。
やたらと「あれは伝説のカラテ技!」などといった文言が地の文に入る事が多い。
伝説の技のわりにはニンジャスレイヤーを初め、クイックシルヴァーサボターブラックドラゴンレベナントなど様々なニンジャが使用している。
実際強力なワザであり、決め技になる事もしばしば。
パラゴンによると、平安時代にマケド・ズンイチなる人物が編み出した技で、当初は「マケドズ・デッドリーアーチ」と呼ばれていたらしい。

映画「燃えよドラゴン」で、ブルース・リー=サンがこれに近い技を披露している。
プロレス技にも同名の技が存在するが、こちらは相手を踏みつけた反動で宙返りをする技であり、ダメージを与えるというより、アクロバットとしての意味が強い。著名な使い手は初代タイガーマスクこと佐山聡=サン。

また、膝立ちの姿勢で限界までカラテ力を溜め、三倍の回転力と跳躍力でもって相手を二連続で蹴り上げるエクストラ・サマーソルト・キックなるワザも存在する。
某格闘ゲームの米軍人のヒサツ・ワザ通り、しゃがみ溜めは重要です、ハイ。

マスラダ・カイは正規のカラテ・トレーニングを受けていないためか「奇妙な形」「下から半月状に斬りあがる鋭利な蹴り」と表される亜流のサマーソルトキックを使用する。

サミング Edit

目つぶしのこと。
目つぶしといっても液体や煙などで視覚を塞ぐのではなく、相手の眼を指で潰しにかかる行為である。
親指(サム)にingをつけた言葉であり、ボクシングにおいてグローブの親指部分で相手の眼を攻撃する反則行為に由来する。
基本殺し合いであるニンジャのイクサにおいても当然のように用いられ、相手の目玉を潰すどころかえぐりにかかるケースもしばしばある。
主人公であるニンジャスレイヤーも用いる。

ジェット・ツキ Edit

おそらくジェットめいて実際速い突き技の一種と思われる。
アイキドー9段に達するとこのワザを修得可能らしい。
また、ソニックカラテジェットカラテの使い手であるソニックブームもこのワザを使用している。

ジキ・ツキ Edit

チャドーの奥義。「直つ気」。
我々が知るところの直突きであり、ジュー・ジツの処刑奥義ともカラテ奥義とも言われる。
弓引くように腕を後ろへ引き絞った姿勢から、全身のバネをしならせ、前へ踏み込み、神速のパンチを繰り出す。
処刑技の名に違わない決断的な威力を秘めているが、限りなく直線的で溜めに時間を要するという性質上、満足に動けぬ敵へのトドメ以外に使いどころの難しい不完全な技であった。

 

だが、これはドラゴン・ニンジャ・クランで伝承されている対となる技と組み合わせて使うことで初めて完成する、二対一体のチャドー奥義だからである。

 

第4部では、残像を伴うほどの超高速で接近して拳打を叩き込むチャドー奥義「ジキ・ウチ」が登場。この一撃からすぐさまジキ・ツキに繋いでおり、防御に回らずともジキ・ツキを可能とするためのワザと考えられる。

ジャベリン・パンチ Edit

シャドー・コン上位ランカーである古代ローマカラテ使いのニンジャ、ファランクスの得意ワザ。
……だったのだが、アイアンリングことニンジャスレイヤーによってファランクスがこれを披露する暇もなく爆発四散してしまったため、詳細は不明。
恐らくヤリめいた速度と威力を持つ、古代ローマカラテ固有のワザだと思われる。

シラハドリ・アーツ Edit

文字通り「真剣白刃取り」である。両手の平で白刃を挟み止めるのだが、双方がニンジャ膂力を籠める事を考えると、業物ですらそのまま折ってしまいうる。

スコーピオン・ケリ Edit

ナラク・ニンジャが使用した技だが、詳細は不明。
空手の技の一つに「蠍蹴り」というものがあり、恐らくはこれのことか。

スリ・アシ Edit

コッポ・ドーの奥義。攻撃技ではなく、歩法の一種と思われる。
残像が生まれるほどの速さで一気に距離を詰め、瞬時に懐へと潜り込むことが出来る。

スリケンボール Edit

暗黒カラテ技。
ニンジャ大戦においてハトリ・ニンジャは二時間もの間ずっと前転しながらスリケンを投げ続け、戦場を駆け抜けて、万軍を滅ぼしたと伝えられる。コワイ!

ゼンめいたイアイ Edit

カギ・タナカヤモトに託したイアイドーの奥義。
彼も自分の師タオシ・ワンツェイから教わったが、彼自身は大して使わなかったという。
具体的な技の形は不明だが、「カタナにカラテを注ぎ、自分自身がカタナになることを究極とする」イアイドーの基本精神を実践したものなのだろう。

ワザ た行 Edit

ダーカイ掌打 Edit

暗黒カラテ技。おそらく八極拳の技の一つ、「打開」のことであろう。
掌で標的を撃つことで体内にまで衝撃波を伝え、内臓に直接ダメージを与える。
ニンジャスレイヤーサラマンダーの他、コッポドー使いであるデソレイションもこのワザを使用している。

タカ・ケン Edit

両手を爪のように強張らせた構えの攻防に優れたカラテ。
両手を素早く巧みに動かすことで相手の攻撃を払ったり、複雑な軌跡を描く爪攻撃を繰り出す。
元ネタは中国拳法の一つである鷹爪拳か。

タタミ・ケン Edit

インターラプターヒサツ・ワザめいて使いこなす強力なワザ。
ギリギリまで上半身をひねって繰り出す強烈な一撃は、人間を何十メートルも吹き飛ばす。
若干溜めが長いのが難ではあるが、絶対防御カラダチの吸着と組み合わせる事でこれを補っている。
インターラプターの同門であるインターセプターは、これの派生ワザと思われるツヨイ・タタミ・ケンを使用している。

タツマキケン Edit

禍々しきチャドーの技。「ケン(拳)」という接尾語が付いているが、手技ではなく蹴り技である。

斜めに跳躍した後、きりもみ状に回転しながら両脚をカマのように振り、敵の首を狩る血も涙もない暗殺技である。
ストリートファイターシリーズの登場人物であるリュウ及びケンのヒサツ・ワザである「竜巻旋風脚」に近いワザであると思われる。

片脚ではなく両腕を左右に伸ばし、中腰姿勢で回転攻撃する腕版タツマキケンも存在する。
こちらは作中の描写を見るに、素手によるヘルタツマキに近い全方位無差別攻撃といった扱いか。

ダブル・ドラゴン・アゴ Edit

伝説のカラテ技。
神秘的なムーブメントから自らの両手首を合わせ、ドラゴンの顎めいた構えから放つ全体重を乗せた痛烈な掌底。
記憶を取り戻したユカノが使用したため、ドラゴンニンジャ・クランの技なのかもしれない。

チョーク・スリーパー Edit

伝説のカラテ技。
背後から密着した状態で相手の首に腕を絡ませ、そのまま無慈悲に締め上げ窒息死させる。
我々の世界でもプロレス技として実際有名。

チョップ Edit

本作のカラテにおける、基本中の基本動作。
突きや斬撃以外に防御などにも応用され、弱敵相手には致命的攻撃、強敵相手には牽制と用途も幅広い。
様々なニンジャが用いる特筆すべき点のない汎用攻撃であるが、そのファンダメンタルさゆえカラテの奥義にさえ通ずる動作である。

チョップ突き Edit

チョップの如く手の指を揃えて真っ直ぐ伸ばした状態で、突きを繰り出す。
心臓や頸動脈を目掛けて放たれたチョップ突きがフィニッシュムーブとなる場面も実際少なくない。特にニンジャスレイヤーがチョップ突きでサンシタニンジャの心臓を摘出する場面はある種の名物となっている。
我々の世界で言うところの「貫手」と同様の技と思われるが、忍殺世界の「ヌキテ」は我々の知るそれとは全く別の技である。

ツカハラ回転/ツカハラ跳躍 Edit

「~回転」は着地前の動作として、「~跳躍」は回避技として使用された。詳細は不明ながら、「~回転」のほうには「鮮やか」という形容詞を伴って描写されたことがある。

おそらく1970年代を中心に体操競技で活躍した塚原光男選手にちなむ実際の体操技「ツカハラ」に由来するものであろう。鉄棒と跳馬の2種目に、それぞれ塚原選手が最初に成功させたことから「ツカハラ」と呼ばれる技がある。

鉄棒の「ツカハラ」は、日本では「ムーンサルト(月面宙返り)」という名で知られている。鉄棒の下り技で「後方抱え込み2回宙返り1回ひねり」という動きをし、当時は高難易度の独創的な技(いわゆる「ウルトラC」)であった。跳馬の「ツカハラ(ツカハラ跳び)」は、「側転とび4分の1ひねり後方抱え込み宙返り」というものである。

ツヨイ・スリケン Edit

ニンジャスレイヤーの代表的なヒサツ・ワザの一つ。「ジュー・ジツの大技」だったり「暗黒カラテ技」だったり「チャドー奥義」だったりと出自が今一つ安定しない技でもある。
アフリカ投げ槍戦士のごとく上体を捻った中腰姿勢でスリケンに力を集中させた後、投擲する。力を込める際に挿入される「縄めいた筋肉が浮かび上がる」というフレーズで実際おなじみ。
スリケン速度は通常の数倍とされ、その威力は鬼瓦フライングパンケーキや戦闘ヘリを一撃のもとに撃墜する。
初期はナラク・ニンジャが表出していなければ放つことが出来なかったが、幾多の戦いを経てフジキドが成長した結果、第1部終盤には独力で使用可能となった。
両足を大きく開いて腰を落とし両腕をクロスさせた体勢から、螺旋めいて絡まり合う軌道を描く二発のツヨイ・スリケンを同時に放つ「ダブル・ツヨイ・スリケン」というバリエーションも存在。
また、極限までチャドー呼吸を練り上げれば、指の間全てにスリケンを挟み計八発のツヨイ・スリケンを同時投射することも可能。流石にこの時の威力は通常のツヨイ・スリケンにやや劣るらしい。

デスニードル Edit

人差し指と中指をピンと伸ばし、相手の肉体に突き刺すカンフー・カラテのワザの一つ。
刺すといえど指の第一関節の深さ、ニンジャ耐久力をもってすれば指圧程度のはずだが、この攻撃を食らったニンジャはまともに戦闘ができなくなるほどの激痛に襲われる。モータルならば攻撃された箇所が内側から破裂し即死する。
さながら北斗神拳めいている。

トモエ投げ Edit

ジュー・ジツの奥義の一つ。相手を掴んだ状態から後方へ仰け反り、天地逆転させて投げ飛ばす強力無比の投げ技。
なお、トモエとは法と混沌が拮抗する神秘的瞬間の呼び名である。
実際の巴投げとほぼ同じ?
ナラク・ニンジャは相手の腕を交差させた状態で掌握し、逆さ杭打ちめいて地面に叩きつける「暗黒のトモエ投げ」を披露している。

トライアングル・リープ Edit

伝説のカラテ技。
跳躍中にさらに壁や天井などを蹴りつけて再び跳躍する技。
自身の跳躍方向を無理やり変えたり、跳躍の高さを稼いだり、地上からの跳躍では不可能な角度から相手に飛び掛ることができる。
いわゆる「三角跳び」である。

ドラゴン・ウシロ・アシ Edit

ドラゴンニンジャ・クランに継承される伝説の暗黒カラテ技。
空中から腰を捻って叩き込む痛烈な後ろ回し蹴り。

ドラゴン・クロウ・ツメ Edit

ドラゴンニンジャ・クランに継承される伝説の暗黒カラテ技。
短い踏み込みから相手の心臓めがけてヤリめいた素手のチョップ突きを放つ。

 

ニンジャスレイヤーがサンシタ・ニンジャにトドメを刺す際に多用する、チョップ突きで心臓を抉り出して握り潰すムーブ(ヘッズからは「ハートキャッチ(物理)」という通称で呼ばれる事が多い)はこの技なのではないかとする意見も多いが、作中ニンジャスレイヤーがこの技を使用したことが明確に確認できる場面は実際少ない。

ドラゴン・スパイラル・ツメ Edit

ドラゴンニンジャ・クランに継承されるカラテ技。
素早く全方位回転蹴りを繰り出し周囲の敵を薙ぎ払うワザ。

ドラゴン・ダブルノボリ・ケリ Edit

おそらくドラゴンニンジャ・クランに継承されるカラテ技。
昇り二段蹴り。

ドラゴン・ツバサ・ケリ Edit

おそらくドラゴンニンジャ・クランに継承されるカラテ技。
右外側から内側へ向かって蹴り込む。

ドラゴン・トビゲリ Edit

ドラゴンニンジャ・クランに継承される伝説の暗黒カラテ技。
溜めを作り、狙いを定め、唐突な嵐のごとく、完璧に均整の取れた蹴り姿勢で放たれる決断的なこの技を受けて、再度立ち上がれた者は実際少ない。
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨンの公式サイトにある翻訳チーム作用語解説によれば、ドラゴン・トビゲリはチャドーの技の一つとされている。
使用すると地の文=サンから「ドラゴン!」の掛け声が入る。ドラゴン!
バリエーションとして、三角跳びから繰り出される「トライアングル・ドラゴン・トビゲリ」も登場した。

ドラゴン・ヒノクルマ・アシ Edit

ドラゴン・ゲンドーソーが用いたカラテ技。跳び込み前転からの空中前転踵落とし。

ドラゴン・ユミ・ケリ Edit

おそらくドラゴンニンジャ・クランに継承されるカラテ技。
威力の高い蹴り技のようだが詳細不明。
蟷螂拳の蹴り技のひとつ「穿弓腿」か?

ワザ な行 Edit

ヌキテ Edit

恐らく「貫手」。
猛禽の鉤爪めいて指先に力を込め、並外れたニンジャ握力によって相手の肉を抉り取るウェンディゴの技。
我々の世界で貫手といえば、手の指を真っ直ぐ伸ばした状態で突きを打つ技を指すが、これは忍殺世界においては「チョップ突き」と呼称するのが一般的なようだ。

ネックカット・ナゲ Edit

ジュー・ジツの禁じ手。
両足首で相手の首を挟み、そのまま空中で自らの身体をスイングさせて投げ飛ばす。
プロレスにおけるヘッドシザーズ・ホイップと同型の技である。

ノボリグルマ・キリ Edit

刀剣を用いた技。
掬い上げるような斬撃を繰り出すと同時にその勢いを乗せて回転跳躍、上方から襲い掛かる敵を縦に切り裂く対空攻撃。まともに受ければゴアめいて正中線から一刀両断されることは必至である。

ワザ は行 Edit

パイルドライバー Edit

ジュー・ジツの禁じ手。
相手の体を上下逆さまに持ち上げ小跳躍し、掘削機械めいた無慈悲さでその脳天を地面に叩き付ける。
同名のプロレス技が有名。

パワーボム Edit

同じく禁じ手とされる投げ技。
相手の体を肩で担ぎ上げた状態から尻餅めいて腰を落とすと同時に地面に背面から叩きつける大技。
ニンジャスレイヤーキュアに放ったのはそこから相手を持ち上げて更に落とす、いわゆる「餅つき式パワーボム」である。
同名のプロレス技が有名で、我々の世界の柔術でも禁止している大会が多い。

ヒショウ・ドラゴン・ツメ Edit

ドラゴンニンジャ・クランに継承される伝説の暗黒カラテ技。
空中からイナズマめいた速度で落下しながら放つ鋭角のトビゲリ。

ビヨンボ・バスター Edit

コッポドーの禁じ手。
上半身を捻った姿勢から相手の胸部へ両掌と共にコッポ振動波を叩き込み、呼吸器系を麻痺させ、「吸気」を不可能にする。
骨法にも屏風倒しという技が存在するとされるが、そちらは後ろ回し蹴りめいたものであるらしい。
本作における「ビヨンボ・バスター」は、「徹し」と称される浸透剄めいた打撃に近いのではないだろうか。

ファイア・フライ Edit

イアイドーの禁じ手。
下段で相手の両膝を斜めに斬り上げて切断し、崩れ落ちる相手の体を回転斬撃で横薙ぎにする残忍な技。

ファルコン・ツキ Edit

ザイバツ・ニンジャのファルコンが使用するワザ。
結局披露する事のないままオタッシャしてしまったため、詳細は不明。

フォーリャ・セッカ Edit

カポエイラにも伝わるエリアルカラテ技。
相手に背を向けた状態から背面ムーンサルト跳躍し、上方から蹴り下ろす。
相手のブリッジ回避にもそのまま踏みつけ攻撃に移行できるなど実際有効。
ドラゴン・ニンジャクラン流のカラテにも「ドラゴン・シャ」と呼ばれる類似の技が存在するらしい。

ブリッジ Edit

ニンジャの最も基本的な回避動作。ニンジャスレイヤーを初め数多くのニンジャがこれを行っている。
普通にしゃがんで回避するよりも、側転・マカーコといった更なる回避や、バネ仕掛けめいて起き上がりながらのチョップ・メイアルーアジコンパッソといった反撃技など、次の動作に移行しやすい利点があるようだ。

第2部最終エピソードで驚愕の事実が明らかになった。

ベア・ハッグ Edit

両腕で相手の胴回りを抱き込み、絞り込むように締め付ける事で相手の背骨から肋骨にかけてを圧迫するワザ。
現実ではプロレスの技であり、相撲の決まり手「鯖折り」とも混同されるが実際には似て非なる技である。
しかし忍殺世界におけるベア・ハッグの由来は、「江戸時代、レジェンドヨコヅナのライユウが岡山県の村を脅かしたグリズリーを素手で葬った際に用いたカラテ」ということになっている。

ヘイキン・テキ Edit

自らの精神や感情を御し平常心を保つ精神修練。
後述の「ヘイキンテキ」と同一のものなのかは不明。

ヘイキンテキ Edit

非常に注意深きニンジャ野伏力の活用。
石めいて完全にその気配を殺しながら身を隠すことで、敵に自らの存在を気取らせず、センサーをも欺く。
先述の「ヘイキン・テキ」と同一のものなのかは不明。
古事記には、ヘイキンテキを極めた結果、自身が石と化した事すら自覚しなかったミスティック(Mystic:霊媒師/超能力者)の伝説が記されているらしい。

ヘブンスルーキャノン Edit

暗黒カラテ技。敵の懐で一瞬屈み、高く伸び上がり斜め上に拳を振り上げる。
元ネタは八極拳の八大招・立地通天炮と推測される。通(スルー)天(ヘブン)炮(キャノン)と字面もそっくり。

ヘルタツマキ Edit

ニンジャスレイヤーが用いるスリケン投擲奥義。
高速回転しながら全方位へ無数のスリケンを嵐の如く放つ大群一掃用の殺戮スリケン・ジツであり、アイサツ直後の開幕ヘルタツマキで敵ニンジャの手勢(主にクローンヤクザ)が壊滅する場面もしばしば。
主に空中への跳躍から放たれることが多いが、地上で使用される場面も珍しい訳ではない。
また、スリケンを乱射しながらも敵味方を区別する精密投擲を行うこともできる。
真上の敵に対しては攻撃できないという弱点もある。

 

Twitter連載版の幾つかのエピソードでは、回転しながら多数のスリケンを放つ「タツマキ・スリケン」なる類似の技が登場しているが、これらは物理書籍版では技名を削除、もしくはヘルタツマキに修正されている。

ヘルホイール・クルマ Edit

暗黒カラテ投げ技。空中にて相手を掴んだ状態で高速回転、そのまま落下し地面に叩きつける。
遠心速度とカラテを掛け合わせた破壊エネルギーは凄まじく、まともに受ければ地中深くにその身を埋められてしまう。
作中ではドミナントが相手の蹴り足を腕で絡め取り、そのままこのワザに移行するという格闘ゲームでいうところの「当て身投げ」(カウンター技)めいた使い方を披露している。
コミック『柔道一直線』の必殺技「地獄車」が由来か。

ボールブレイカー Edit

コッポドーの奥義。
つまるところ金的なのだが……想像してほしい、超常のカラテを練り上げて放たれた掌打が、明確な殺意を持って股間を激しく突き上げるという状況を。悪夢そのものである。
男性相手に命中すると一般人は一撃必殺、ニンジャもあまりの激痛にスタン状態に陥るし最悪死ぬ。
加えて言えば、使い手はスタンの回復など待ってはくれない。単純であるがそれ故に恐るべき一撃である。
なお、女性ニンジャやザクロに効くかどうかは未確認。そもそも女性には打たないし打てないと言うべきか。

ボディチェック Edit

暗黒カラテ技。
激烈な踏み込みによって、肩から背中にかけての広い範囲を壁めいて叩きつける。
カウンター気味に食らわせる事で多くの強敵を打ち破っている。
ヘッズからの異称は「テツザンコ」(八極拳の「鉄山靠」から)。
なお、いわゆる身体検査の「ボディチェック」は和製英語であり、本来のボディチェックはアイスホッケーにおいて相手の選手を身体で食いとめるディフェンスを指す。

ボトルネックカットチョップ Edit

首を切断するチョップ。
元ネタは伝説のカラテタツジン・大山倍達の「瓶切り」であろう。
なお、ニンジャがビール瓶をチョップで切断するというのはモータルの間でも知られているらしい。

ポムポム・パンチ Edit

斜め上に突き出されるパンチという以外は詳細不明。
対空技として使われている事から、おそらくイギリスの艦載対空砲である「QF 2ポンド砲」、通称「ポムポム砲」が命名元であると思われる(原作者質疑応答)。
後述のポン・パンチとは異なるカラテである。

ポン・パンチ Edit

腰を沈めた姿勢から、ジュー・ジツの踏み込みを経て繰り出される必殺の威力を秘めたパンチ。
形意拳の「崩拳」の事と思われる(原作者質疑応答)。
その恐るべき威力は岩をも砕く破壊力を持ち、この一撃を受けた相手の胴体を貫通する事も多々。
ニンジャスレイヤーを筆頭にサラマンダースローハンドリストレイントなど使い手は少なくなく、「ボンジャン・ポン・パンチ」のような特定流派由来のバリエーションも存在する。
中には両腕で繰り出す「ダブル・ポン・パンチ」を使用するタツジンも。
第3部で伝説のカラテ技の一種である事が判明した。

ワザ ま行 Edit

マカーコ Edit

ブリッジ状態からのバック転。
技名は呼ばれないものの、ニンジャの回避動作としてよく使われる。
カポエイラの技であり、実際はしゃがみ状態からのバック転である。ポルトガル語で「猿」の意。
忍殺世界においては、後世にカポエイラやブレイクダンスへ転用された古代カラテ技らしい。

マキアゲ Edit

イアイドーの奥義。
カタナを頭上に高く投げ高速でカラテ演舞を行い、落下してきたカタナを再び掴み突撃する。
なお、実在の剣道の技「巻上げ」は自身の竹刀を相手の竹刀の周囲を巻くようにして動かすことで、相手の手の中から竹刀を落とさせるというものである。

マネキネコ・パンチ Edit

詳細は不明だが、ネコパンチめいてコンパクトなワンインチ距離戦闘に適した打撃技だと思われる。

ミゾ・ヅキ Edit

ボー・カラテの奥義。
ボーで痛打を加えた場所から対象の力を漏れ出させ、対象を脱力・弛緩状態に陥らせる。

ムーン・シャドウ Edit

江戸時代に編み出されたイアイドーの奥義。
素早い踏み込みから相手の胴を大きく横薙ぎに斬りつける。
柳生新陰流の「月影」が由来か。

メイアルーアジコンパッソ Edit

カポエイラの技。
両手を地につけて片足を軸にした後ろ廻し蹴り。実際に見るとこんな感じ

「メイアルーア・ジ・コンパッソ」と中黒を入れる表記もある。
ポルトガル語で"Meia Lua de Compasso"、「コンパスの半月」という意味である。

実際のカポエイラでは、必殺の決め技というよりこの技を起点に他の技へと発展させていく事が多いようだ。
実際ニンジャスレイヤーはメイアルーアジコンパッソからヘルタツマキへと繋げる連続技を披露している(「モータル・ニンジャ・レジスター」)。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

ワザ ら行 Edit

ローリングソバット Edit

前述のサマーソルトキックメイアルーアジコンパッソと並ぶ伝説のカラテ技。
現実の、ジャンプして横回転しながら足底を相手に当てるローリングソバットと同様のワザと思われる。

ワザ わ行 Edit

ワーム・ムーブメント Edit

地面を高速でゴロゴロと転がるニンジャのカラテの基本中の基本。
どんなに高い地点からの落下の衝撃も着地の瞬間に転がることで全て受け流す。また、緊急回避移動手段としても用いられている。
パンキドー発祥の特殊回避動作であり、本流のカラテにフィードバックされた。
パンキドー使いであるサボターは前後開脚体勢からのワーム・ムーブメント移行、あるいはワーム・ムーブメントの寝たままの姿勢からのジャンプによる体勢復帰といった独特のカラテ・マニューバを見せている。

ワン・インチ・パンチ Edit

拳が相手に触れた状態、もしくはごく短い距離から軸足に力を込め拳をねじり込む事で打つパンチ。受けた者はワイヤーに引かれたかのように吹き飛ぶ。
中国武術の「寸勁(すんけい)」の別名であり、我々の世界ではブルース・リーの使うそれが有名。

カラテにおいてワン・インチ距離の攻防は頻発するが、この技が使われる事は珍しい。

ジツ Edit

「ジツには亜種が常にあり、イクサには謎が常にあるものよ」――ナラク・ニンジャ

※ここでは複数の使用者が存在するジツを記載し、使い手が個人に限定されたユニーク・ジツは記載しない。登場人物一覧参照な。

イタミ・ジツ Edit

イタミ・ニンジャクランに伝わる、自身の受けた苦痛をエネルギーや回復力に変換させるジツ。自分が相手に与えた苦痛も力に変えられるらしい。
このジツの使い手であるニンジャに対しては、いくら攻撃してもダメージを与えられず、それどころか攻撃するごとに相手を強化してしまうという状況になってしまう。グレーターニンジャ以上であれば、首だけになっても死なないという。コワイ!
ただしあくまで「相手に与えられた苦痛」がないとジツが発動しないため、痛覚を破壊されると以降は回復できなくなる。また、自傷行為ではジツは発動しない、痛みを伴わない攻撃には無力である、急所(頭部)を一撃で破壊されれば死ぬなど、無敵に見えて意外に制約の多いジツである。

エンハンスメント・ジツ Edit

身に着けた武器や義肢などにカラテを行き渡らせ、強度や破壊力などの性能を強化(エンハンスメント)させるジツ。ジツの対象物は、使い手ごとにそれぞれ異なる特定の色の光を纏う。
エンハンス・ジツと表記されるものもあるが、実際同種のジツと見て良いだろう。
シルバーカラスによるヤモトへのイアイドー・インストラクションでも「カタナにカラテを注ぐ」という似た概念が提唱されており、このジツに通じるものを感じさせる。
シ・ニンジャのサクラ・エンハンスメント・ジツの様な、ただの性能強化に留まらぬ恐るべき応用性を秘めた亜種(あるいは発展型)も存在する。

 

使い手一覧

使用者エンハンス対象エンハンス光の色
ゲイトキーパートンファー暗紫
サブスティテュート義肢薄紫
ジェノサイドバズソー
テンプラーブッダメイス不明
ドミナントエメイシ
ブラックウィッチシックル
ブラックロータス自身の腕?
ヤモト・コキカタナ、オリガミ等桜色

オボロ・ジツ Edit

自らのニンジャ装束の排気口からガスを放出するジツ。
ヨトゥンの発生させる霧やブラックソーンの催涙ガスなど用途は様々である。

カトン・ジツ Edit

いわゆる火遁術。炎や爆発を使ったジツ全般を総称する。
様々なバリエーションと亜種が存在し、使用する者は多い。
サイバネ改造によるもの、ニンジャソウルの能力によるもの、火吹き芸めいたものなど、その形態は多種多様。炎自体も自然現象の炎から超自然の炎まで多岐に渡る。広義でいえば火矢もカトンの一種らしい。
ただサイバネ型カトンの使い手は、本編中で明言されたサンバーン同様、ソウル由来で身に着けたカトン・ジツを電磁テクノロジーにより強化しているとの事。適性の無い者がただ火炎放射器やガスバーナーをインプラントすればいいというわけではないらしい。
超自然の炎を扱うニンジャには、炎・爆発に耐性を持つ者や、自身のジツ以外の要因で発生している炎を操ったり吸収できる者も存在する。
イグナイトの瞬間移動やガルーダの飛行能力など、火炎による攻撃だけではなく副次的な特殊能力が付随する場合もある。
亜種も多く、アカイヌ・ジツヒトダマ・ジツコロナ・ジツなど個別に名前がついてるものもある。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

 

類型別カトン使い一覧

 

カトン・ジツは使い手が多い分咬ませ犬的ニンジャも散見されており、ヘッズの間では「常人の3倍の脚力」「スモトリ」「古代ローマカラテ」と並ぶ重大デスノボリの一種として扱われる事も多い。
実際未熟なニンジャが使用した場合、相手ニンジャをまるで捉えられず殺されたり自爆する事もあるが、熟練のカトン・ジツ使いの場合、ヘッズからのオタッシャ重点視とは裏腹に善戦する事もままあるため結局は本人の実力次第である。
比較的ベーシックなジツゆえに使い手も玉石混交である旨は本編中でも言及されている。

カラテ・ミサイル Edit

血中カラテのエネルギーを体外に放出し、「ドラゴンボール」などで見られるエネルギー弾めいて直接的に敵にぶつける遠距離攻撃。いわゆる「遠当ての術」めいている。
かつてニンジャ六騎士のゴダ・ニンジャが得意としたジツである。
カラテの名を冠しているが、実態はソウル由来が主のユニーク・ジツであるようだ。直撃するとカラテで殴られたようなダメージを受けるらしい。
実際インパクトのある名前だが、"missile"という英単語は兵器としてのミサイルの意味だけでなく弾丸や矢、投石など飛び道具全般を指す意味にも使用されるため、「カラテを飛ばすジツ」というようなニュアンスであろう。
スリケンと違い発射した後も軌道を操作できるため、追尾や拡散、バリアめいて自らの体の周りを旋回させるなど、使い手によって様々な応用方法を見せている。
使い手の多くが大ボス級実力者やアーチ憑依者であり、実際強烈な威力と汎用性を兼ね備えた高度なジツなのだが、消費する血中カラテ粒子量も相当大量であり、燃費は極悪そのもの。ペース配分を間違えるとバテてしまい、最悪死に至りかねない。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

 

ヤモト・コキのオリガミ・ミサイルや、ディテクティヴのカラス・ガンもカラテ・ミサイルの一種であるようだ。

 

我々の世界における少林寺「百歩神拳」とイメージが重なる部分があるという意見も見られる。これは井戸の奥底を目掛けて正拳突きを繰り返し、水面に波紋を起こせるようになれば百歩先の相手を触れずに倒す事ができるという、カラテの極地にあるような技である。
「高度に極まったジツはカラテと区別がつかない」と言う言葉は、或いはカラテ・ミサイルを指したものなのかもしれない。

キネシス・ジツ Edit

ネンリキによって触れずに物を動かしたり、宙に浮かせるジツ。「ネンリキ・ジツ」と呼ばれるものもあるが、ほぼ同一のジツと思われる。特にタナカニンジャ・クランはこのジツに長けていたとされる。

 

用途やジツの規模は使い手によって様々であり、ケイビインのアスラ・カラテに代表される武器を操って相手を攻撃する戦闘用サイコキネシスをはじめとして、ウォーロックエンキドゥのようなタイピングに特化したもの、メタルベインのようにサイバネと複合させたものなど幅広い応用が利く。

上記のメタルベイン、及びワイアードソードフィッシュの様に金属限定、ペイバックのソクシ・ジツの様に心臓限定?と、対象が限定的なキネシスも多々存在する。

故に、カラテ・ミサイルや一部のエンハンスメント・ジツも限定的キネシス・ジツと言えよう。

 

尚、ネンリキを発生させている術者のカラテエネルギーに干渉する事で対抗できるらしく、ナラク・ニンジャは自身の暗黒カラテ放射によりラオモト・カンのキネシス・ジツを阻止した。

キリングフィールド・ジツ Edit

コロスニンジャ・クランのニンジャが使う奥の手。
周囲を不可解な霧で包み、外界との接続を切り離した荒涼たる殺戮空間を形成するジツ。空間の細かな造作は行使者の原点めいた心象風景が反映されるようである。
空間内ではソウル由来の干渉力が制限されるとみられ、フィールド内ではジツを行使することが出来なくなる(スリケンも生成不可)。ただしジツ使用者は武器等の持ち込みは可能で、相手は純粋に素手や武器によるカラテ一本での勝負になってしまう。アンチマジック・フィールドめいたジツ。
コロスニンジャ・クランの「コロス」は殺戮に重点を置いたカラテを研鑽する事から来たかと思われたが、ジツや小細工を「殺す」という意味合いもあるようである。

 

起動時にはカラテシャウトとは違う「トリガー」となるシャウトが必要となるが、定形のものはないようである。
ジツ重点のニンジャを完封しうる強力なジツである反面その代償も巨大であり、フィールド中に滞在するだけで精神がヤスリがけめいて削られる。ジツ空間を脱しても過去手にかけた犠牲者が記憶の深淵から墨絵めいて現れ、安息の時間を与えない。無論、このジツから生きて逃げ延びた相手にも同様である。
デソレイションとの激戦を切り抜け、キリングフィールドを離脱したニンジャスレイヤーもしばらく心に澱を抱えてしまい、それを利用され窮地に陥った事もあった。
実際強力なジツだが、どんなジツでも確実に封じられるというわけではないらしい。また、ジツの強さには個人差があるという。(参考その1参考その2
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

ゲン・ジツ Edit

周囲に特殊な力場を形成し、範囲内の者の知覚や精神を乱すジツ。
ダマシ・ニンジャクランが主に取り扱う。
ヒュプノ・ジツフドウカナシバリ・ジツなど他の幻惑系ジツと比較しても、効果が極めて大規模かつ広範囲に及ぶ場合が多く、集団戦でも強力な威力を発揮する。
標的はおろか、時には地の文や読み手すら惑わされてしまうほどの実際恐るべきジツである。

シニフリ・ジツ(マッタキ) Edit

一時的に心臓とニンジャソウル活動を停止させ、マッタキ(全くの)死を偽装するジツ。
「ゼロ・トレラント・サンスイ」twitter連載時はそのまま「マッタキ」という名前であったが、その後原作者のミスとして修正された。
作中ではミニットマンシズケサが使う。このうちミニットマンはそのまま「死んだふり」として使っているが、シズケサは死を偽装したまま移動する事が可能でありステルス・ジツと合わせて隠密行動に使用している。
長時間心臓を停止させていると不可逆的な死に至る。トザマ・ニンジャは天守閣で敵に包囲された際にこのジツを長く使い過ぎ、完全に心停止して死亡したという。

 

また、ディテクティヴも肉体から超自然のカラスを放つ事で心停止に至るジツを使えるが、こちらは放ったカラスを通じて周囲の状況を把握したり、カラスを肉体に戻して復活するなど、通常のシニフリと少々勝手が異なる。そのため、純粋のシニフリとは違うジツの可能性がある。

ステルス・ジツ Edit

作中においては、光学的に自らの姿を消す意味で使われる事が多いジツ。
シノビ・ニンジャクランが得意とする。
そのほとんどはステルス機能を持った装束を用いて姿を消すというものだが、シズケサはこれに自らのジツを加えることでより完成度の高いステルス状態を実現しているようだ。
単純に光学迷彩を行っただけでは足音や足跡、衣擦れや息遣いなどニンジャ観察力なら看破できる要素も多いため、それらをどれだけ消す事が可能かがステルス・ジツのワザマエの度合いといえる。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

ゼゲン・ジツ Edit

他者を魅了して催眠術にかけたり、思うがままに操ったりするジツ。
自分の目の輝きを見せる事でジツをかけるなど、後述のヒュプノ・ジツフドウカナシバリ・ジツと類似している点もあるが、基本的にモータルに対してしか通用しない代わりに、長期間にわたって効果が持続するらしい。
ニンジャスレイヤープラスによる説明はこちら

ドク・ジツ Edit

読んで字の如く、毒を扱うジツの総称。
特にトカゲ・ニンジャクランが得意とするとされている。
バジリスクニーズヘグの様に武器に毒を塗り込める者、モスキートの様に特殊な器具によって毒を注入する者、シーワーラットの様に自らの身体に毒を持つ者など、使い手によって形態は様々。広義では毒矢もドク・ジツの一種となるらしい。
また、ドク・ジツの使い手の中には、自身が毒に対する強い耐性を持っているケースがまま見受けられる。

ドトン・ジツ Edit

土や岩を利用して攻撃するジツ。基本的には穴を掘ってその中に隠れ潜んだり、地下から移動してアンブッシュを仕掛けたりする。
名前からしてこのジツの専門家であろうセンチピードの長距離ドトン・アンブッシュに代表されるが、ニンジャスレイヤーディヴァーラーブルーブラッドなどの特にドトンに秀でているわけではないニンジャが即席で行うケースもある。ドトンの中でも岩やコンクリートなどに潜行するジツは高度とされる。
キノコニンジャ・クランの得意とするジツでもあるようだ。

 

亜種・変種のドトンを使うニンジャも多い。
スタラグマイトのドトンは地面に潜るのではなく周囲の地形に同化し移動するものであったり、ノーハイドの使うドンデンガエシ・ジツも一見地面と関係ないながらドトンの一種とされている。これらを見るに、土に限らず通常移動困難な地形を移動するジツはドトンの範疇に含まれるのだろう。
また、グレイヴディガーのドトン・シールド・ジツのように、土そのものを動かしたり制御するドトンも存在する。
それらのような超人的なジツの他にも、バグベアーが見せた土煙による目晦ましのように、実在の忍者が使った「敵の行動を阻害し逃走や攻撃に繋げる」ことに重点を置いた、本来の意味での土遁術に近いドトンも登場している。

ヒュプノ・ジツ Edit

相手を幻惑して操る催眠術めいたジツ。
パープルタコは相手に自分の目の輝きを見せる事でジツをかけ、メズマライズは自らの手の動きを相手に見せる事でサイミン・ジツをかける。
一見して後述のフドウカナシバリ・ジツと変わらない効果だが、サブジュゲイターの亜種フドウカナシバリ・ジツである「ヨロシ・ジツ」は名鑑によると「特殊ヒュプノ・ジツ」であるらしく、ほぼ同義のものと見てよいのかもしれない。名鑑から設定が変更された可能性もある。
モルフェウスが使うネムリ・ジツはヒュプノ・ジツの亜種とされ、複雑な手順と引き換えに広範囲不特定多数の標的を催眠状態に陥らせた上で殺害する大規模なものである。

フドウカナシバリ・ジツ Edit

我々の世界で忍者の技として知られている「不動金縛り」は主にシャウトによる瞬間催眠によるものだが、本作においては、いわゆる「瞳術」めいたジツとして描かれる場面が多い。
『甲賀忍法帳』や『NARUTO』など他所のニンジャ作品でもしばしば最強格、物語上重点のニンポとして扱われることの多い由緒正しいニンジャのジツである。
名前からすると敵を金縛りにするだけに思えるが、実際には使い手の瞳を見た者を思うがままに操ったり、精神を破壊したり、石化させたりと様々な効果がある。
上位の使い手によるものは視線を合わせる必要すらなく、目から放たれる光線により一方的に効果を発揮する強力なジツとなる。
コブラニンジャ・クランのニンジャソウルを持つ者がその代表的な使い手だが、他にも様々な亜種が存在する。

ブンシン・ジツ Edit

文字通り自分のコピーめいた分身を1~複数体作り上げ、相手を幻惑・翻弄し同時に多方向から攻撃を仕掛けるジツ。
古事記のニンジャ神話にも登場し、モータルの間でも(ニンポ的な意味でではあるが)高い知名度を誇るニンジャのジツの代表選手の一つ。しかし実際は極めて習得が難しい希少なジツであり、2018年現在までに連載上に登場した正統な使い手はコンジャラーサイグナスの二人のみ、ジツを応用したカラテを用いるキリンギを含めて僅かに三人である。アガメムノンがデン・ジツを使った強力な「デン・ブンシン」を使用するが、これでも四人である。
他にシャドウウィーヴが編み出したブラックドラゴンの影を操るジツや覚醒直後に見せた自身の影を12体同時に編上げるジツもブンシン・ジツの一種と言えよう。
IRC空間上という舞台に限定するならばダイダロスが得意とする多重ログインによって自らの論理肉体を大量増殖させる攻撃もサイバーブンシンと称される。

 

今の所作中に登場するのは、もっぱらサイバネ改造した自身の肉体を複数のパーツに分離させて操る「サイバネ・ブンシン・ジツ」であり、ソーサラーディスメンバメントデュラハンらの使い手が登場している。いずれもパーツの一つを破壊されたぐらいでは致命傷とはならないが、頭だけはいかんともし難いためそこを攻撃されて敗北するケースが多い。
またバイオニンジャであるボタニックは、自らの餌食となった死体を身体から伸ばした蔦を用いて操る「バイオ・ブンシン・ジツ」を使っており、マッポーの現代ではテックの力で生み出されたジツの方が主流になっているようだ。
他にも、自らが脱ぎ捨てたニンジャ装束を囮にして相手の背後に回るという、我々が知るところの「身代わりの術」に近い戦法が地の文によってブンシン・ジツと説明されたこともある。

ヘンゲヨーカイ・ジツ Edit

己の肉体を人外の存在へと変化させる事により、ニンジャ膂力、ニンジャ耐久力を大幅強化し、さらに鋭い牙や頑健な装甲などケモノめいた能力を得るジツ。
変化後の姿や能力、ジツの性質に関しては使用者によって実際様々で多様性に富む。
ザ・ヴァーティゴ=サンによると、フィルギアの変身能力はヘンゲヨーカイ・ジツとは質の異なるものらしい。
アクマ・ニンジャクランの使用する「アクマ変身」も類似性が指摘されているが、実際同種のジツなのかは不明。

ムテキ・アティチュード Edit

全身を硬化させる超自然のジツであり、ジュー・ジツの一つ。
使い手によっては全身を硬化する以外の特殊な亜種を使いこなす。
その防御力は実際脅威的で、ゴライアスアロンダイトのように連携によってその恐ろしさが発揮される使い手もいる。
しかしながら「ムテキ」というコトダマ自体が古くから存在する奥ゆかしい逆説的デスノボリであり、打ち破られる事は実際多い。硬化中身動きが取れなくなる、極度の精神集中を必要とするためテレパス=ジツによる精神攻撃には無防備といった弱点を持つ。
また実際の防御力には上限があり、一点に対する強力な集中攻撃、ムテキでは防御できないジツ、関節技・ストレッチ技などによって破られる事例が確認されている。
「attitude」とは心理的、ないし物理的な「身構え」を意味し、「無敵の構え」といった意味を指している。この名の通り、一定の構えやポーズをとる必要が見られ、全身ムテキ状態を維持したまま動き回れるニンジャは今のところ登場していない。

 

なおザ・ヴァーティゴ&Mr.ウィルキンソンによる質疑応答でムテキが破られるのはカラテの問題と明言されたため、ムテキをデスノボリ扱いされた使い手についてはつまりそういうことなのであろう。場合によっては破る側のワザマエと併せて褒めるべきなのではないかとも思われる。
また、ザ・ヴァーティゴ=サンによると、原作者が実際の空手の三戦から発想を得た可能性があるとのこと。

 

使い手一覧

類型使い手
純粋ムテキ・アティチュード(全身硬化)アイアンヴァイスアイギスシールドアダマンタインアロンダイトコロッサスゴライアスブラックメイル
部分的ムテキ・アティチュード(部分硬化)ストームタロンファランクスベンケ・ニンジャ
変種ムテキ・アティチュードネザークイーンハーキュリーズブラスハート
衝撃の外部伝達「エスケープメント・ジツ」トゥールビヨン
カラテによる無敵防御「カラダチインターセプターインターラプターサラマンダー
カラテによる瞬間的無敵防御「サツキニンジャスレイヤー
 

ユメアルク・ジツ Edit

遠く離れて逢えぬ平安時代の貴族ニンジャ達が編み出したといわれるジツ。
他人の夢の中に侵入できる。現代ではアラクニッドが使用。
ヒミツめいた会合などに便利だが、周波数を合わせるのが難しい、空間の支配権は相手側にあるため戦闘行為は困難、などの欠点がある。
シルバーキーのユメミル・ジツはこれの亜種、あるいは発展させたものと考えるべきか。