レッドアイ

Last-modified: 2022-11-25 (金) 19:38:14

◆書籍限定エピソードの登場人物◆詳細を書きすぎないように◆本編を読み、知ろう◆

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【レッドアイ】 ◆殺◆

登場エピソード

 

「必ず見つけ出すのだ。死神の潜伏地を。必ず!」


人物

  • ソウカイヤ残党の下級ニンジャ。ソウカイヤ崩壊後すべてを失ったあとは、アマクダリの衛星組織のニンジャとしてチンピラの上前を撥ねることで暮らしてきた。
  • 死神に対して畏怖しつつも、逆襲の機会を窺っている。直接交戦を避け、最良の襲撃機会を得る為に慎重に情報収集を行う辺り、己の力量を熟知してると言える。
  • 彼の傍らにはコナというオイランが常に付き従っている。レッドアイはこのオイランに強い執着を抱いている様子。

外見

  • フードパーカーを目深に被った姿で、赤いサイバネ・アイは猟犬じみた輝きをたたえている。
  • 鼻から下を鋼鉄メンポで覆い、装束は呪術的テキスタイル(textile:織物)。
  • 右手で黒曜石の碁石をいくつか握り込み、弄んでいる。

元ネタ・考察

  • 地の文でも言及された、赤いサイバネ・アイが名前の由来と思われる。

ワザ・ジツ

  • 本編・名鑑共にワザ・ジツに関する描写はおろかいかなるニンジャクランのソウルを宿したかすら描写されていない。
    • 名鑑によると「ニンジャ特有の謎めいたカリスマ」を存分に生かし、非ニンジャを自在に使役してきたとのこと。これがジツ……なのだろうか?
    • 握った碁石を擂り砕くニンジャ握力なども見せるが、ニンジャならば実際簡単な所業である。
  • 人物項にあるとおり「下級ニンジャ」「チンピラの上前撥ね」、そしてニンジャ能力が不明なことから一見サンシタのようにも見えるが……。

ストーリー中での活躍

「ならぬ。ネタバレをみだりに口にしては」

  • 尊大さと奥ゆかしさの合わさった所作、「死神」に出会ったときも狼狽こそしたが落ち着きを取り戻し対峙した精神力など、作中ではサンシタどころか最期まで大物めいたアトモスフィアを漂わせていた。
    • 言葉の端々にポエットな表現を自然に持ち出すなど、実際インテリめいたアトモスフィアも備わっている。
  • 「闇には闇の秩序が必要であり、ニンジャがその執行者である」という信念の元、その「秩序」を破壊したニンジャスレイヤーを確実に倒すべく、非ニンジャであるジャーナリストのオカドに金と情報を渡してアジトを探らせていた。
    • オカドを使ったのは非ニンジャであるほうがニンジャスレイヤーの注意を引きづらいと考えたからである。
  • 実際オカドの有能さもあいまって、ニンジャスレイヤーの現在の潜伏先を掴むことに成功する。
     
  • 非常に注意深くコトを進めてきたレッドアイだったが、結局は己の過去の行いが招いたインガオホーに見舞われることとなる……。
    • その結末は書籍版で確かめよう。

一言コメント

「今回のコメントを見させてもらおう。開くがいい」

  • 作成オツカレサマドスエ。そういやラオモト=サンを「センセイ」付けで呼ぶ珍しいニンジャだったな -- 2015-04-25 (土) 11:35:02
  • どこぞの茶色装束=サンよりもよほど優れた諜報ニンジャであったことよ。 キャラも立ってるし -- 2015-04-25 (土) 11:58:51
  • 一体コナ=サンと何があったのだろうかなぁ、奪い愛ということなのだろうがやはり気になる -- 2015-04-25 (土) 12:48:14
  • コナ=サンはレッドアイ=サンに愛憎両方の感情を抱いていたようにも読めた。ワビサビな -- 2015-04-25 (土) 12:53:59
  • 言動の端々に奥ゆかしさと人心掌握のワザマエを感じる。ソウカイヤでは指揮官型、あるいは交渉担当だったのだろうか -- 2015-04-25 (土) 16:21:52
  • 立場的にも実力的にも天と地ほどの開きがあるのに、個人的にはメフィストフェレス=サンに匹敵する大物アトモスフィアを感じる、不思議な魅力のあるニンジャだった -- 2015-04-25 (土) 22:34:44
  • ニンジャソウルを感知されない一般人を使役し拠点を探る、かつ無理にキンボシを狙わず情報を売るという方針は実際合理的。暴力で脅すのではなく言いくるめ唆してオカドのやる気を引き出す手管といい、サンシタなりに頭は悪くなかった -- 2015-04-25 (土) 23:34:55
  • カラテ強者でないのは確かだが、何故かサンシタと呼ぶのは躊躇われる稀有なニンジャ。何個か上のコメントにもあるが、戦闘よりも頭脳に秀でたニンジャだったのだろうか? -- 2015-04-25 (土) 23:43:33
  • 片手で碁石砕いてるから特別弱いわけでも無いんだろうけど、諜報・指揮寄りだったんだろうね フリックショット=サンみたく碁石射撃重点な可能性もある -- 2015-04-25 (土) 23:59:58
  • ニンジャの力を過信するニュービーやサンシタと違って、己の力量を弁えた上での立ち回りが魅力ですネー。こういうタイプは意外と少ない気がします。そもそもアマクダリとコンタクトを取りつつ、未だ取り込まれて無かったのも謎ですが。組織の末端に甘んじるのが嫌だったのかな? -- 2015-04-26 (日) 00:42:57
  • ↑ソウカイヤ残党は一部除いてチバ=キュンやネヴァーモア=サンから「一番つらい時にほっかむりしやがって!」と思われてる節があるので、出世の為には確かな成果を出してから組織入りする必要があったのでは? -- 2015-04-26 (日) 05:58:04
  • ニンジャスレイヤーを消すまでは行動の自由を確保したかったんでしょう。サンシタめいた生業も目立たず身軽で危険を感じたらすぐ逃れられると考えれば納得な -- 2015-04-26 (日) 10:55:01
  • ボタン一つでアマクダリニンジャ部隊と連絡が付くあたり、すでにほぼアマクダリに所属していたようにも見える。あくまでレッドアイのケジメとして、「納得のいく手土産」として死神のアジト情報を用意したかった…というところだろうか -- 2015-04-26 (日) 11:18:14
  • 最期にしたことが「後続へと情報を渡すよう指示を出す」という。自らの爆発四散前に中々出来る事ではないです。他のヘッズの方々も仰っているが、とてもサンシタには見えない、不思議な魅力に溢れるニンジャでした。アマクダリに合流出来ていれば、指揮官型のニンジャとして、出世していたのでは、と思わせてくれますね。 -- 2015-04-27 (月) 11:54:11
  • 皮肉なことにソウカイヤが崩壊したから自身の持ち味を活かせるようになった気がする。組織健在なら有無を言わさずソルジャー扱いだったような -- 2015-04-27 (月) 17:43:55
  • サンタラム=サンみたいに末端ニンジャが残党としての生活によりワザマエを磨かれたタイプかも -- 2015-04-27 (月) 18:57:22
  • 意外にザイバツにいたら出世してマスター階級になれそうな感じがする。カラテのワザマエが弱くとも技能次第でマスターになれるのはディグニティ=サンという例が存在するし -- 2015-04-27 (月) 19:27:31
  • ディグ=サンはなんか特別だ。  さすがに彼にマスターは難しいのでは? 少なくともボーツカイ=サンくらいのワザマエがないと -- 2015-04-27 (月) 19:37:24
  • ディグやサージョンはカラテ以外の才能を示す機会に恵まれて、かつそれが必要とされた特異な例だと思う 下手に頭が回ると派閥争いで使い潰されそうだしワビチャやコネの要素も大きいからザイバツは難しいな -- 2015-04-27 (月) 19:50:12
  • IFですが、もしザイバツに居たらデトネイター=サンめいた感じになりそうですネー。後は誰にソンケイを捧げてたか次第ですが。 -- 2015-04-27 (月) 21:20:09
  • モータルのオカド=サンの視点から見たから大きく見えただけかも。組織への盲信や細心な気配りに社畜めいたアトモスフィアを感じなくもない -- 2015-04-28 (火) 19:41:30
  • まあ社畜にしても有能な部類の社畜ではありそうですネー -- 2015-04-28 (火) 19:45:03
  • 一つ一つの事例を考えるとサンシタなのにサンシタっぽくないのは口調のおかげかもしれん。サンシタじみた下卑さも変にインテリぶった気取り口調もなく、どんな相手や状況にも冷静な口調を保ち、しかも感情はきちんとある。そんなところに割りとカタユデ・アトモスフィアを感じるのではないか、とちょっと真顔で書き込んだ -- 2015-05-27 (水) 19:37:14
  • ザイバツのマスター級に匹敵するアトモスフィア。カラテが伴って無かったのか…? -- 2015-05-27 (水) 20:13:22
  • 奥ゆかしさ重点のザイバツでもアプデトクラスでこの人くらいの奥ゆかしさがあるニンジャってあんまいなかったなw -- 2015-05-29 (金) 12:20:59
  • 罪罰にいたらカラテの伴わないワイルドハント=サンみたいになりそう -- 2015-06-05 (金) 08:30:29
  • モルフェウス=サンともウマが合いそうなアトモスフィアがありますネー。 -- 2015-06-10 (水) 13:51:12
  • ヤクザ映画とかに詳しくは無いんだが、この碁石にはなにか元ネタがありそう?胡桃で似たようなことするヤクザのえいがはどこかで見たけど。 -- 2015-06-13 (土) 09:37:12
  • カラテに乏しくてサージョンみたいな特殊な才能もないニンジャがザイバツで出世する方法ってブラックバンタム方式しかない気がする -- 2015-07-23 (木) 20:50:31
  • 良く考えると、諜報戦や一般人を利用した情報収集に長けた実在の忍者らしいニンジャかもしれない。 -- 2019-06-23 (日) 14:43:33
  • スゴイタカイビルの慰霊碑がオブシディアン製だったのも疑問だったけど、碁石まで黒曜石ナンデ?砕けると単分子に近い刃になって、実際危ないと思う -- 2021-01-01 (金) 02:08:46
  • 「奴はどこからでも現れる」という発言があまりにも的確な -- 2022-11-20 (日) 16:07:01
  • ひとまずレッドアイでググるとカクテルやら携帯式対空ミサイルやらが引っかかったが、名前の元ネタは何処から来たのやら -- 2022-11-25 (金) 19:38:14