Top > レッドアイ
HTML convert time to 0.006 sec.


レッドアイ

Last-modified: 2016-06-05 (日) 20:51:23

◆書籍限定エピソードの登場人物◆詳細を書きすぎないように◆本編を読み、知ろう◆

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【レッドアイ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「必ず見つけ出すのだ。死神の潜伏地を。必ず!」


人物 Edit

  • ソウカイヤ残党の下級ニンジャ。ソウカイヤ崩壊後すべてを失ったあとは、アマクダリの衛星組織のニンジャとしてチンピラの上前を撥ねることで暮らしてきた。
  • 死神に対して畏怖しつつも、逆襲の機会を窺っている。直接交戦を避け、最良の襲撃機会を得る為に慎重に情報収集を行う辺り、己の力量を熟知してると言える。
  • 彼の傍らにはコナというオイランが常に付き従っている。レッドアイはこのオイランに強い執着を抱いている様子。

外見 Edit

  • フードパーカーを目深に被った姿で、赤いサイバネ・アイは猟犬じみた輝きをたたえている。
  • 鼻から下を鋼鉄メンポで覆い、装束は呪術的テキスタイル(textile:織物)。
  • 右手で黒曜石の碁石をいくつか握り込み、弄んでいる。

元ネタ・考察 Edit

  • 地の文でも言及された、赤いサイバネ・アイが名前の由来と思われる。

ワザ・ジツ Edit

  • 本編・名鑑共にワザ・ジツに関する描写はおろかいかなるニンジャクランのソウルを宿したかすら描写されていない。
    • 名鑑によると「ニンジャ特有の謎めいたカリスマ」を存分に生かし、非ニンジャを自在に使役してきたとのこと。これがジツ……なのだろうか?
    • 握った碁石を擂り砕くニンジャ握力なども見せるが、ニンジャならば実際簡単な所業である。
  • 人物項にあるとおり「下級ニンジャ」「チンピラの上前撥ね」、そしてニンジャ能力が不明なことから一見サンシタのようにも見えるが……。

ストーリー中での活躍 Edit

「ならぬ。ネタバレをみだりに口にしては」

一言コメント

「今回のコメントを見させてもらおう。開くがいい」