Top > サブジュゲイター


サブジュゲイター

Last-modified: 2020-01-12 (日) 22:12:30

◆連載中エピソードに登場中な◆実況行為は◆wiki電脳IRC空間(雑談・実況・議論)◆にて◆完結するまでは無闇に更新するのはよくない◆

◆忍◆ ニンジャ名鑑#66 【サブジュゲイター】 ◆殺◆
ヨロシサン製薬が多大な予算を投じて開発したバイオニンジャ。ヨロシDNAコードを持つバイオニンジャやクローンを強制服従・遠隔操作する特殊ヒュプノ・ジツを操る。カラテの腕前もスゴイ。

登場エピソード Edit

 

「貴方がたは互いの肉を喰らいあう極限状況まで追いつめられた末に死ぬほかない。孫子をご存じですか?」


人物 Edit

  • ヨロシサン製薬バイオニンジャ
  • バイオニンジャの暴走・脱走事案に代表される同社のバイオ技術製品の引き起こすインシデントの全面的解決策・抑止策として考案されたジツ「ヨロシ・ジツ」を、システムとして運用するフラグシップとして生み出された。
    • バイオニンジャでありながらアンタイバイオニンジャ兵器であるという、一種の矛盾を孕む存在である。
  • β段階における緊急的な実戦投入以来、創造者達の期待に応えて自らの役割を果たし、後にはバイオニンジャの身でありながら部長クラス以上の管理者権限を与えられるに至った。
     
  • 口調は慇懃無礼であり、立ち振る舞いはエリート然としている。彼自身、実際己がヨロシサンの全バイオ研究の頂点に立ちうるエリートであることを自覚している。
  • それゆえ今の地位は彼にとって未だ満足に足るものではなく、表向きは愛社的に振る舞う一方、その内には秘めたる野心を持つ。

外見 Edit

  • 濃緑に金の渦巻き模様(唐草模様か)を刺繍されたニンジャ装束に身を包む。

元ネタ・考察 Edit

  • サブジュゲイター(subjugator)は「征服者」の意味。
    • ヨロシ・ジツの対象者であれば、その名に実際疑問を挟む余地はないだろう。

ワザ・ジツ Edit

  • 身体に移植された強靭でしなやかなバイオ筋肉と、ニューロンに直接刻み込まれたヨロシサンの最新プログラムにより、カラテのワザマエはかなりのもの。ニンジャスレイヤーディテクティヴが相手でも全く見劣りしないレベルである。
  • しかし、彼の本領はカラテにあらず。
ヨロシサン特許資料:極秘

炸裂スリケン Edit

  • 異様な形状をしたスリケン。榴弾めいて炸裂し、細かいスパイクを周囲に飛び散らせる。

ストーリー中での活躍 Edit

「貴方のブラウザが、全リージョンが、この私のネタバレを許しません。そのようにできています」

第4部以降 Edit

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0105 【サブジュゲイター】 ◆殺◆
バイオケミカル暗黒メガコーポ、ヨロシサン・インターナショナルの力強きCEO、ヨロシ・サトルはニンジャである。ヨロシ遺伝子所持者のニューロンに干渉するヨロシ・ジツは近接距離下で絶対の支配力を持ち、バイオニンジャは彼に歯が立たない。

◆ニンジャスレイヤー名鑑カードAoM-0105【サブジュゲイター】◆プラス記事)

登場エピソード Edit

 

「やれやれ。今日も波乱の一日となりそうですね!」


人物 Edit

  • 「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」にて逮捕後、留置されるも、国家崩壊に伴う警察機関の弱体化を受けて脱走し、国外逃亡の後ヨロシ・チャイナの社員と接触。世界中のヨロシ資本と速やかに再接続し、「ヨロシ・サトル」の名でヨロシサン・インターナショナルのCEOの座に就き己の野望を叶えた。

外見 Edit

  • ニンジャスレイヤー名鑑カードによると身長180cm。
  • 青白い身体を緑地に金の渦巻き模様のスリーピース・スーツで包み、メンポを着用。
  • 戦闘時はスーツがバイオテック変貌し、かつてと同じ緑地に金模様のニンジャ装束を形成する。
  • ヘアスタイルは帯電させた静電気によって瞬時に自在である。

ワザ・ジツ Edit

  • 長らく実戦に出ていないようだがそのカラテは健在。もちろんヨロシ・ジツも使える。

一言コメント

「貴方は社のコメントにも重点されています」