Top > Howitzer Motor Carriage M8


Howitzer Motor Carriage M8

Last-modified: 2018-05-16 (水) 17:53:42

A802_M8_Med.png

Tier 4 アメリカ 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体装甲厚(mm)29/29/25
最高速度(km/h)50
本体価格(シルバー)126,000
派生元車輌M2 Medium

パッケージ Edit

━━M4
E:?
S:350,500
75 mm Howitzer M2
E:4,650
S:56,530
 ┏T1 Heavy
E:?
S:435,000
HMC M8
E:3,500
S:126,000
75 mm Gun M2
E:1,100
S:16,350
3-inch Gun M7
E:2,300
S:55,030
━┛

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
HMC M8Twin Cadillac, Series 4275 mm Gun M2VVS T16M8A1310SCR 510
3204038/25/25325
19.8844330
75 mm Gun M2Continental R-975-C175 mm Gun M2T36 E6M8A1310SCR 610
3504338/25/25420
21.7544330
75 mm Howitzer M2Continental R-975-C175 mm Howitzer M2T36 E6T87350SCR 506
3504338/25/25615
22.4444330
3-inch Gun M7Continental R-975-C13-inch Gun M7T36 E6T87350SCR 506
3504338/25/25615
21.0144330
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
75 mm Gun M2AP
APCR
HE
56
7G
56
90
125
38
110
110
175
15.791,73720.4946+25
-10
75 mm Howitzer M2HE
HEAT
160
14G
47
110
370
280
6.981,954
(HEAT)
2.500.5346+25
-10
3-inch Gun M7AP
APCR
HE
56
7G
56
101
157
38
110
110
175
14.291,5721.900.3966+20
-10

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 概要
    アップデート4.3にて
    「アメリカ中戦車ラインのTier3からTier5までをスムーズに進めることができるようになる」
    という触れ込みで追加されたアメリカTier4中戦車。
    事実上の公式によるLee先生批判である。
 
  • 火力
    • 75mm Gun M2
      Lee先生の初期砲でもある。
      貫通力AP90mm、APCR125mm、ダメージ110とTier4中戦車の初期砲としてはかなり高性能な砲。
      発射速度・照準時間・精度はLeeより劣るが、全周旋回可能な砲塔に乗っているという利点はそれに勝る。
      精度が0.49と榴弾砲よりはマシ程度しかないので、きちんと照準を絞ってから撃とう。
    • 75mm Howitzer M2
      Cruiser Mk. IIのミニロマン砲、3.7-inch Howitzer(94mm榴弾砲)と貫通力やダメージが同等という、75mmの枠を越えた榴弾砲。
      HEダメージ370は、75mm AT Howitzer M3の2倍強という超火力。
      正直、運営が数値入れ間違ったんじゃないかと思わないでもない。
      貫通させれば同格までなら即死、Tier5相手でも大ダメージは確実。
      装填時間・発射速度・精度は3.7-inch Howitzerより向上しており、多少扱いやすくなっている。
      とはいえ弾速に劣る榴弾砲の中でも群を抜く、目で追っていけるほど遅い砲弾の飛翔速度という問題点も、3.7-inch Howitzer同様。
      よほどの近距離戦でもない限り、静止目標を狙わないとまず当たらない。
      砲弾が大きく放物線を描くため、自動照準を上手く使えば自走砲のように稜線や障害物を越えて砲弾を一方的に送り込むことも可能なのは大きな利点。
      反面、普通の戦車砲なら問題としないような空中障害物に砲弾が当たったり、前進目標を狙ったら砲弾が目標の頭上を飛び越えてしまうような問題点もあるので痛し痒し。
      10榴の癖を更に強くしたような砲で、威力は強いが癖も強い一筋縄ではいかない砲となっているが、使いこなせれば非常に強力。M3Leeなどの同格MTは10榴を装備出来ない為、差別化も出来る。
    • 3-inch Gun M7
      T56 GMCM8A1等、アメリカ駆逐戦車にはおなじみの3インチ戦車砲。
      発射速度は75mmM2に劣るもののそれ以外は上位互換で、IV号D型の最終砲並の高性能。
      M8A1搭載のものと比べても、照準時間で劣るものの発射速度は同等、精度はM8A1より上。
      癖のなくバランスの良い砲なので、榴弾砲の扱いになれないならこちらを最終砲にするほうが安定するだろう。
      この砲だけは仰角20度しかとれないが、あまり問題になることはない。
       
  • 装甲
    Tier4軽戦車M5 Stuartがベースになっているだけあって、前側面29mm、後面25mmと薄い。
    一応前面は傾斜装甲となっているので格下の機関砲くらいなら弾いてくれることもあるが、10榴が直撃すれば350のHPは一瞬で消し飛ぶ。
    砲塔も前面35mm、側後面25mmと薄い上、オープントップになっているため榴弾砲や自走砲が天井を直撃すれば大惨事は免れない。
    軽戦車ベースのため車体サイズが小さく、被弾しにくいのは利点。
    ちなみに車体前面下部は64mmの厚さがあるが、防御には生かせない場所なので気にしなくていい。
     
  • 機動性
    M8A1ほどの速度は出ないが、中戦車としては十分以上の速度を確保できている。
    砲塔旋回速度はM8A1と違って速いため、NDKにも対応可能。
     
  • 索敵能力
    330mとTier4中戦車としては十分な視認範囲を持っている。
    車体は小さいが車高が高めのためか、隠蔽率はM4と大差ない。外見上は瓜二つのM8A1にも劣っている。
     
  • 総論
    高性能な砲を全周旋回可能な砲塔に搭載した、扱いやすい中戦車。
    装甲はLee先生より薄いが、全周旋回砲塔の使いやすさはそれを補って余りある。
    最前線から一歩離れたところから火力支援を行う、半駆逐戦車的な運用が効果的。
    特にこだわりがないなら、M4もT1 Heavyもこの戦車を使って開発するのがいいだろう。
    最終砲は一撃の破壊力と曲射なら75mm Howitzer M2、汎用性を重視するなら3-inch Gun M7がお勧め。
     

史実 Edit

 

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • M3leeがCGCのような立場に・・・w -- 2018-02-12 (月) 18:14:45
    • Lee先生DPM2,200のロマン砲()載せれるしね(震え声) -- 2018-02-12 (月) 19:24:05
  • M7砲使ってるけど、こいつOPレベルで強いな、チャーフィーから隠蔽と速度をちょっとだけ奪っただけやん… -- 2018-02-25 (日) 00:02:59
    • それでいてHPも同等。こりゃひでえ -- 2018-05-17 (木) 15:54:44
  • M8A1に似てるね けど旋回性能高いような........................................... -- 戦車乗り初心者? 2018-03-04 (日) 09:59:13
    • 優遇された同一人物である…。 -- 2018-03-04 (日) 11:40:26
  • ナーフされないか心配なほど強いな… -- 2018-07-15 (日) 15:47:20
    • M8A1が息してない -- 2018-07-15 (日) 16:21:37
      • 乗ってて実感(M8A1が優っている点)するとしたら57mm砲だけだからね…必然的に"75mmHowitzerM2"を使う事になるんだけどコレがヤバすぎ。 -- 2018-07-15 (日) 19:18:21
  • 上に書かれてる自動照準で狙う方法って今でも使えますか? -- 2018-11-03 (土) 17:06:44
    • 曲射当たった事無いから 俺はM7使ってる -- 2018-11-03 (土) 22:33:52
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White