【白紙のカード】

Last-modified: 2020-09-19 (土) 18:21:06

概要

何も描かれていない
まっしろなカード
錬金釜で使おう

【異界の獣鬼】のレアドロップのほか、【不思議の魔塔】の報酬、【しあわせの玉手箱】【ふしぎなイレモン】などから出てくることがある。
 
【錬金釜】【運命のカード】(Ver.3.0時点では【キラーマジンガカード】まで、キングヒドラまでは強カード)の素材として用いられているが、Ver.4.2まではランクが高いものほど完成まで時間がかかる仕様だった。
  
対応するコインボスも増えてきたことから需要が高まりつつある。
チャージの長い【メタキンコイン】を作っていたりする場合でも合間合間に作ると良いだろう。

Ver.3.0前期~

この時は一度しか戦えない異界の獣鬼のレアドロップでしか入手できない(しかもドロップのない【桜蝶鬼メイガ】からは当然手に入らない)ことから貴重品だった。
 
なお当初はボスカード同様、アイテム枠は1枚につき1つだった。

Ver.3.0後期~

通常の消費アイテム同様、まとめ持ちができるようになった。
また、【不思議の魔塔】において、【銅のフェザーチップ】20枚と交換でもらえるようになった。

Ver.3.1後期~

錬金釜で各種【アクセサリーの破片】10個を素材として作れるようになった(20時間かかる)。
なお、以降に登場したアクセサリーの破片は原則、実装されたバージョンの次バージョンより白紙のカードへの交換が可能になる。
新アクセの破片をうっかり錬金してしまわないための配慮からだろうか。
 
また、カジノの【交換屋クラリッサ】【白紙のカードの切れはし】3枚との交換が可能に。

Ver.3.2前期~

錬金釜で【呼び寄せの筆】と共に【召喚符】の素材として用いるようになった。完成までの時間は運命のカードよりも短い40分。
また、【邪神の宮殿】のクリア報酬(2回目以降)である赤い宝箱からも時々出るようになった。

Ver.3.4前期~

【アスフェルド光章】1枚と交換可能になった。

Ver.3.5中期~

【キュウサイポイント】80Pと交換可能になった。

Ver.4.3~

アクセサリーの破片で白紙のカードを作る際、及びボスカード(召喚符以外)を作る際のチャージ時間が一律2時間となった。