【サーラ】

Last-modified: 2020-08-31 (月) 10:23:15

DQ5

仲間になった【メッサーラ】
重装・高耐性・良特技と三拍子揃ったナイスマッチョ。

仲間になる確率

1匹目2匹目3匹目
1/321/641/128

仲間になったときの名前

1匹目2匹目3匹目4匹目
SFC版サーラバッフラサトチンノリリン
PS2版ミヤーケゆういち
DS版うまるめっさん

何故かSFC版の4匹目の名前がキングスライムの4匹目と全く同じ。設定ミスだろうか?

覚える呪文・特技

ステータス

Lv素早さ身の守り賢さ運のよさ最大HP最大MP経験値
初期48360874328107213424
最大5017587901101304101211502230

耐性

強度属性
無効ザキ・麻痺、休み
強耐性イオ、ヒャド・吹雪、バギ、マヌーサ、ラリホー、メダパニ、マホトラ、毒
弱耐性メラ、ギラ・炎、デイン、ルカニ、マホトーン
無耐性メガンテ・体当たり

解説

【グランバニアへの洞窟】【試練の洞窟】で仲間にすることができる。
装備できる武器防具が豊富なことに加え、全ての攻撃呪文に耐性を持っており、特に防具での軽減ができないイオ系に強耐性なのは大きい。
元々高い耐性を装備品でさらに高めてやれば、呪文をものともしない頼もしい存在になる。
特技面でも攻撃呪文のメラミやザラキ、補助呪文のマホトーン、ラリホーマなどといった便利なものを覚えてくれる。
下位種上位種と違って敵の時の彼はメラミを使えないが、経験を詰ませればメラミに加えてメラゾーマを覚えてくれる。習得はクリア前後になるだろうが。
ザキ・マヒへの完全耐性も頼もしい。防御だけでなく攻撃や補助もこなせる優等生である。
さらに力の伸びも良く、地上の仲間モンスターの中では別格の【ゴーレム】を除けばトップクラスである。
早々に【ドラゴンキラー】を買い与えてやると、数値上はそのままクリアレベルまでパーティトップクラスの攻撃力を維持する。
 
しかし欠点もある。
まず意外とHPの伸びが低いこと、そして中盤の仲間モンスターの多くに共通する特徴としてレベルアップが遅いこと。
また複数攻撃手段が少ないため、集団を相手にする雑魚戦での火力は【男の子】【女の子】のコンビなど比べるとかなり物足りない感がある。
後半になると【スライムナイト】のイオラですらやや火力不足に陥るので、どちらかというと持久戦向きのメンバーとして、ボス戦の方が活躍しやすい。
唯一の全体攻撃ができる特技の【こごえるふぶき】はレベル27と習得が遅いため、ほぼ使い物にならない。

これまた唯一の全体攻撃武器である【みなごろしのけん】は威力そのものは優秀なのだが、守備力ゼロのペナルティが重く、サーラの素早さがそれほど伸びない=敵からの攻撃を受けやすいため使いづらい。
 
最終武器がデーモンスピアまたは【きせきのつるぎ】止まりなのも痛い。
そのため魔界到達からクリア前後にかけて伝説の武器や【ふぶきのつるぎ】などの高額武器を装備した仲間に比べて攻撃力が見劣りするようになり、敵のザキ耐性も高くなるので一気に雑魚戦では活躍させづらくなる。
見た目の攻撃力の数値よりも上記のドラゴンキラーの特効を活かした方が高い火力が出せる。
切り札のメラゾーマは強力だが、見ての通りMPの伸びも悪く最大レベルでも121、習得直後の30レベルでは74ポイントしかないため、ザコ戦で気軽に使えたものではない。
 
また、身の守りの初期値が高く重装備もできるので気づきにくいが、どういうわけかレベルアップで身の守りはほぼ上昇しない。具体的にはLv3~50までの間にわずか3ポイントで、1ダメージも減らない計算。これは初期値がカンストしている【はぐれメタル】を除けば異例。
しかしボス戦、ラスボス、エスターク戦においてはコイツの重装・高耐性・ボス戦に向いた良特技が非常に輝き、ゴレムスら優秀な面子と比べても遜色無い活躍をする存在となる。
前衛としてやや低めだったHPもクリアレベルを超えたLv30~40の期間に一気に130も伸びるので、一時的だがトップクラスに躍り出て、最大レベルでの値もまずまずといったところ。
初期ステータスや耐性の優秀さから何も考えずに使ってもそこそこ程度の活躍は期待できるが、実は結構クセの強い性能をしているため、それを理解した上で運用するとさらなる活躍が期待できると言える。
普段は使いづらくても、ボス戦においては本当に強いので、余裕があれば最後まで馬車に置いておく価値はあるだろう。
特に嫁にデボラを選んだ場合は人間キャラにザラキとメラゾーマの使い手がいないこと、更に人間キャラには一切使い手がいないラリホーマを覚えるので、欠点を補完する意味でも有用性が高いだろう。
 
技能による立ち回りや耐性による防御面はかなり優れているため、魔界のモンスターに比べて足りないのは素のスペックである。種の与え甲斐がある仲間なので、種集めを惜しまない人はぜひ情熱を彼に注いであげよう。こういう仲間は素のスペックが上がると頼もしさが段違いになる。
また本作では【エルフののみぐすり】がカジノのコイン僅か300枚で交換可能なため、長丁場のダンジョンや大ボスとの戦闘に挑む際には是非とも一つ二つは持たせてやりたい。
最終装備は盾は【みかがみのたて】、鎧は【ドラゴンメイル】【まじんのよろい】がベスト。これで他の耐性より頼りないメラ、ギラ、炎耐性を埋めてくれる。

 
なおメッサーラが属する【装備グループ】の中では一番最初に仲間にできるのがメッサーラ自身なのだが、その中で最も力とHPが高くなるのもこいつだったりする。その代わりに素早さと身の守りは一番低い。
というか、このグループはメッサーラ以外みんな微妙な性能なのだが。
 
グランバニアの洞窟では【ミニデーモン】とタッグを組むことが多く、悪魔がコンセプトという共通点があるためか、4コマ劇場では【ミニモン】から「サーラの兄貴」と慕われるネタがあった。
また、【エミリー】と共に屈強な見た目に反した女性的な名前がネタにされることもある。
 
話しかけたときの返答はエンカウントする地域だと「悪いが話は後にしてくれ。」、街中だと「旅もなかなかいいものだな。」といずれもクールな性格をうかがわせる台詞が聞ける。
掛け声だの擬音だの独り言ばかりのDQ5の仲間モンスターたちとの会話では意外と貴重な、人語によるまともな返答である。
前者はモンスター出現域での台詞なので、「今は無駄話などより戦闘に集中したい」と考えているのだろう。
後者の発言から彼なりに主人公たちとの旅を楽しんでいることが伺え、クールではあっても決して無愛想な性格ではない事が分かる。

DQM1(GB版)

【悪魔系】の♀の名前を付ける際に何も入力せず決定すると出て来る候補の1つ。