サイボーグ研究所

Last-modified: 2018-08-30 (木) 22:26:58
荒れた古代遺跡群の中に紛れるようにあるサイボーグ研究所。
そこは遺跡に隠れて違法な研究を行う、非合法な組織の施設である。
しかしそこは既に打ち捨てられているかのように荒廃していた。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv40Lv66Lv88Lv115LvLv
攻略LvLv44Lv72Lv96Lv128LvLv
階層数4
進行(踏破前)
進行(踏破後)136秒158秒188秒224秒
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
ガスト (不死)魔法使い Lv35HP 40097
ワイト (不死)戦士 Lv42HP 8,800139
フレイム (不死)魔法使い Lv48HP 800158
魔性
魔性のガスト (不死)魔法使い Lv56HP 1,123153
魔性のワイト (不死)戦士 Lv67HP 22,093219
魔性のフレイム (不死)魔法使い Lv76HP 2,121249
宿った
宿ったガスト (不死)魔法使い Lv76HP 2,205203
宿ったワイト (不死)戦士 Lv91HP 39,249291
宿ったフレイム (不死)魔法使い Lv103HP 3,969331
伝説
伝説のガスト (不死)魔法使い Lv102HP 3,932266
伝説のワイト (不死)戦士 Lv121HP 68,365382
伝説のフレイム (不死)魔法使い Lv138HP 7,865434
恐ろしい
恐ろしいガスト (不死)魔法使い LvHP
恐ろしいワイト (不死)戦士 LvHP
恐ろしいフレイム (不死)魔法使い LvHP
壊れた
壊れたガスト (不死)魔法使い LvHP
壊れたワイト (不死)戦士 LvHP
壊れたフレイム (不死)魔法使い LvHP

ダンジョンボス

名称 (種族)職業/LvHPExp
正体不明 (不死)ロイヤルライン Lv77HP 1,045,7002,324
魔性
魔性の正体不明 (不死)ロイヤルライン Lv122HP 2,610,6103,670
宿った
宿った正体不明 (不死)ロイヤルライン Lv164HP 4,611,9784,880
伝説
伝説の正体不明 (不死)ロイヤルライン Lv217HP 7,909,9216,391
恐ろしい
恐ろしい正体不明 (不死)ロイヤルライン LvHP
壊れた
壊れた正体不明 (不死)ロイヤルライン LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
黒装束323~327ガスト
水鏡の盾325~341ワイト
燃えさかる杖458~-フレイム
ニュークリアガード-~-正体不明
ニュークリアワンド420~-
呪文書『禁断の力』458~-
★核廃棄物310~-
魔性
不死者の剣-~-魔性のガスト
神秘の石-~-魔性のワイト
呪文書『炎の玉』387~-魔性のフレイム
魔道教典Lv6『神の雷』-~-魔性の正体不明
宿った
なし
伝説
マジックシールド-~-伝説のガスト
パーティヒールロッド-~-伝説のワイト
ネクロマンサーの杖-~-伝説のフレイム
神聖教典Lv6『女神の法』-~-伝説の正体不明

ダンジョン内イベント

入り口

荒れた古代遺跡群の中に紛れるようにあるサイボーグ研究所。

そこは遺跡に隠れて違法な研究を行う、非合法な組織の施設である。

しかしそこは既に打ち捨てられているかのように荒廃していた。

1F奥―NPCイベント:ファウスト&リリーナ


リリーナは語り始めた。

「私は子供の時に人買いに攫われて、どこかの研究員に売られたのよ。

その研究所が、ここ……

私はここでサイボーグにされた実験体よ。

適正実験と称して辛い実験の日々を送ったわ。

生きた心地がしなかった。

同じ境遇の子供もたくさん居たわ。

でも皆……

2F

この施設は何年も前に捨てられたのだろう。

所々に謎の機械や研究日誌のようなものが放置されていた。

研究員と思われる者の死体もある。

何か緊急の事態が起きて施設を捨てて逃げ出したようだ。

2F奥―NPCイベント:ファウスト&リリーナ


私は戦闘実験で死ぬ所だった。

サイボーグになってすぐ、何の戦闘訓練もされないまま、凶暴な魔物の部屋に放り込まれたわ。

そこには何人も殺してきた魔獣がいるの。

狂気に荒れ狂う魔獣の部屋に放り込まれて、私はもう死んだと思った。

でもその時、地震が起きたの。

ううん、正確には地響き、いや叫び声みたいなものだった。

それで施設が壊れ出したの。

きっと、何かが暴れていたのよ。

ただ、逃げ出す前に私は目の前の魔獣に殺される、そう思ったわ。

魔獣はそれくらい正気を失い荒れ狂っていたのよ。

…でも、私にはその理由が分かった。

心を狂わせる精神波が天井の装置から出てたのよ。

3F

この施設にはかなりの数のアンデッドが彷徨っていた。

外部から来たものではないだろう。

研究員と思われる白衣を着たアンデッドも居る。

おそらくここの施設に居たものたちの成れの果てなのだろう。

3F奥―NPCイベント:ファウスト&リリーナ


地下からの振動で施設は壊れ始めていた。

私はその隙を狙って天井の装置を破壊したわ。

魔獣はそれで理性を取り戻したの。

そして、私に話しかけて来たのよ。

その時、自分が魔獣と会話が出来るようになっていることがわかったわ。

それで分かったの。

その魔獣は決して凶暴ではなく、賢く気高い精神の持ち主だってことを。


そして、私はその魔獣と一緒に混乱に乗じて施設から逃げ出したのよ。

4F


「 …ィィイィィイイイィ!! 」

サイボーグ研究所の奥深くへ降りた冒険者たちは謎の音を聞いた。

超音波のような不快な音に冒険者たちは耳を塞ぎたくなった。

何かの叫び声のようにも聞こえる。

きっとこの先に何かが居る。

ダンジョンボス戦前


「 ……!………!!… 」

何かが暴れている。

アンデッドだらけになっているサイボーグ研究所の最下層。

この研究所が捨てられる要因となった魔物が居るのだろうと冒険者たちは考えていた。

「 ……!………!!… 」

すぐそこの部屋で巨大な生き物が暴れている音がする。


冒険者たちは意を決して、その部屋へ飛び込んだ。

そこにはきっと魔物が居る。

そう身構えていたにも関わらず、その姿を見た冒険者たちは驚いた。

そこに居るものが何なのか分からなかったのだ。

近くで見ても、巨大な生物が暴れている、としか分からない。

「 …! ……! …!! 」

見たことの無い正体不明の何かは、冒険者たちに襲いかかって来た。

ダンジョンボス撃破後

正体不明の魔物を倒した。

しかし、それはすぐに起き上がった。

「 …ィィイィィイイイィ!! 」

即座に再生して蘇る。

生物の常識が通用しない相手に対して、沸き起こる感情は『恐怖』である。

その感情に駆られた者は一つの結論に辿り着く。

『この生物からは逃げるしかない』


冒険の手記(全16)

研究員の手記1

神々が使役したと言われる魔造生物を従えさせれば、神の軍勢に匹敵する軍隊を作れる。

魔造生物を兵隊として扱う計画。

お偉いさんが飛びつく内容だ。

我々としては莫大な研究費を捻出する都合の良い理由と言う訳だ。

研究員の手記2

我々の目的はただ一つ。

古代文明の超技術に追いつくこと。

古代より動き続けるあの機械兵を見れば、誰だってその境地を知りたくなるはずだ。

研究員の手記3

お偉いさんなど金さえ出してくれれば他はどうでも良い。

気になるのはこの計画を提案した『知の神』と呼ばれる者。

見返りとして我々にも与えられたその知識!

それによってサイボーグ改造が実用可能となったのだ!

研究員の手記4

『知の神』は何故これほどの知識を持っている?

いや、今はどうでも良い。

我々は我々の研究が進めば良いのだ。

そのためなら悪魔とだって取引しよう。

研究員の手記5

実験体 No.048
魔造生物:獣王型
コードネーム:ケルベロス

兵隊候補の一つである魔造生物・獣王型。

強制支配と身体強化を施した実験用個体。

しかし精神レベルが高く制御は困難と判断。

No.111との戦闘実験後、装身具の耐久実験に投入して実験終了を予定。

研究員の手記6

実験体 No.111
種族:サイキック 性別:女
実験装置:精神波増幅装置

精神感応値の高いサイキック種の精神波を増幅する。

魔造生物の精神感応と同レベルまで引き上げることを目的とする。

No.101~No.120の中で唯一、適正を示した個体。

しかし精神レベルが高く制御は困難と判断。

No.048との戦闘実験に投入して実験終了を予定。

研究員の手記7

研究は順調に進んだ。

魔造生物との対話は精神感応と呼ばれる一種のテレパシーだ。

その精神波は微弱であり、我々が感知するには増幅回路が必要となる。

その装置をサイボーグに埋め込むことに成功した。

『知の神』にこの研究結果を伝えた。

研究員の手記8

『知の神』は大いに喜んだ。

そして褒美をくれた。

『知の神』がプレゼントとして我々にくれたものは、信じられないことに超古代生命体だった!

研究員の手記9

No.199
種族:???
コードネーム:アンノウン

超古代文明の時より生き続ける不死身の生命体。

通常のアンデッドとは違う『完全自律型』と呼ばれる生体機能を持つ。

研究員の手記10

古代より生きる奇跡の生命体だ!

この生物の秘密が分かれば超古代文明へと近づけるだろう!

研究員の手記11

なんだこれは…?

この『アンノウン』は滅びない。

何をやっても再生する。

断片など残らないくらいに燃やし尽くしても、その場に再生する。

これをどう考えれば良いのだ…?

研究員の手記12

分かることは、このアンノウンは合成獣であるということだけだ。

魔造生物に似ている。しかし、核が見つからない。

研究員の手記13

魔造生物が何故作られたのか、その目的は分かっていない。

実際の生物を改造するのではなく、ホムンクルスが作られたのは何故か。

その疑問に対して有力なのは、超古代文明でも生命体の改造は未完成であったとする説だ。

その試行錯誤、実験用として作られた生物が魔造生物であり、このアンノウンのような生命体である、と。

つまり、魔造生物自体が実験体であって完成品ではない。

未完成ながら戦争に投入されて文明が滅んだ、という説だ。

研究員の手記14

こんなことは聞いていない!

何が『知の神』だ!

奴は一番大事なことを言わなかった!

アンノウンを扱うときは必ず『空気を遮断しなければならない』!

研究員の手記15

空気だ!

アンノウンの吐き出す空気に何かが混ざっている。

皆、生きたままアンデッド化していく……

研究員の手記16

このアンノウンは我々を滅ぼすために送られて来たのだ!

我々は騙されていた。

奴は研究結果だけを奪っていった。

『知の神』を語る悪魔、ベルファゴールめ!

手記コンプリート報酬

恐ろしい血塗られた鎧