魔法使い/僧侶魔法一覧

Last-modified: 2020-04-25 (土) 22:07:14

魔法使い/僧侶の魔法

  • 魔法使い魔法・僧侶魔法は1回の戦闘で、それぞれ1つにつき基本は1回のみ使用可能。
  • 戦闘で10ターン経過すると全ての魔法が再度使用可能。
  • [3回]~は戦闘中に~~の魔法を3回唱える事ができる。
    • 10ターン経過では再度3回唱えられるようになる訳ではなく、それまでに使い切っていたら1回分だけ回復する。
    • そもそもその魔法を覚えていない場合は唱えられない。
  • 行動の優先度はブレス>僧侶魔法>魔法使い魔法>物理攻撃>防御。
    • 僧侶魔法内での優先度はキュア(眠りか混乱状態の味方がいるとき)>回復(HPがある程度減った味方がいるとき)>バリア(まだ張られていないとき)。
    • 魔法使い魔法内での優先度は無い。アタックアップも特に優先して使うことはないので、早めに使わせたいなら工夫が必要。
  • 細かい計算式はこちら

魔法使いの魔法

魔法Lv名称説明
備考
Lv1マジックアローLv1で習得。 3本の魔法の矢を放ち、敵にダメージを与えます。基本的な攻撃魔法であり威力は使い手の実力に大きく影響されます。
3本の矢の攻撃対象はランダムだが同じ敵にも複数回当たるため、単体ボスへのダメージは最も高い
Lv2スリープクラウドLv4で習得。 眠りに誘う雲を発生させて、12体以上(Lv6ごとに+1)の敵を眠らせます。
相手を眠らせる魔法。ダメージはない。刺さるダンジョンには刺さる。
Lv3ファイヤーボールLv7で習得。 炎の爆発を起こして6体以上(Lv12ごとに+1)の敵にダメージを与えます。
基本的な範囲攻撃魔法。魔法攻撃力の影響が大きく、強くなるにつれて頼れるようになっていく。
Lv4ブリザードLv10で習得。 吹雪を巻き起こして8体以上(Lv8ごとに+1)の敵にダメージを与えます。
Lvが上昇することによる威力の増加が大きい魔法。しかし魔法攻撃力の影響が非常に小さいため、威力が伸び悩む印象の方が強い。
最終的には「高Lvの敵に使われると厄介だが味方が使っても火力が低すぎて使い物にならない」立ち位置となる。
Lv5アタックアップLv13で習得。 パーティメンバーが敵に与える物理ダメージを1.6倍にします。
物理アタッカー補助用の魔法。一度使えば戦闘中永続で、使用者が倒れても効果が続く。
僧侶魔法とは異なり魔法使い魔法には明確な使用優先度がないため、1ターン目から使用するには一工夫必要。
Lv6サンダーボルトLv16で習得。 強力な雷撃で敵1体に大ダメージを与えます。使い手の魔法攻撃力に大きく影響されます。
単体攻撃魔法。その分火力は高いが、単体ボス相手で威力耐性の条件が同じだとマジックアローに劣る。
Lv7ニュークリアLv19で習得。 核爆発を起こして15体以上(Lv4ごとに+1)の敵に大ダメージを与えます。使い手の魔法攻撃力が低くとも安定した威力が期待できます。
相手の魔法防御力の影響を半分しか受けない魔法。魔法攻撃力の影響はやや薄い代わりに、序盤から火力を出しやすい。
また、終盤では個別の魔法倍率が優遇されているため、魔法攻撃力が高くなってきてもファイヤーボールと同等以上に活躍できる。

僧侶の魔法

魔法Lv名称説明
Lv1ヒールLv1で習得。 味方一人のHPを回復させます。
Lv2シールドバリアLv4で習得。 パーティメンバーが受ける攻撃ダメージとブレスダメージを半減させます。
Lv3キュアLv7で習得。 パーティ全員の状態異常を治します。
Lv4ヒールプラスLv10で習得。 味方一人のHPを大きく回復させます。
Lv5マジックバリアLv13で習得。 パーティメンバーが受ける魔法ダメージを半減させます。
Lv6フルヒールLv16で習得。 HPが半分以下になった味方一人のHPを全回復させます。
Lv7パーティヒールLv19で習得。 パーティ全員のHPを回復させます。