奴隷競争

Last-modified: 2018-07-09 (月) 18:23:58
大森林の奥にあるラフレシアの花を一番早く採ってきた者には奴隷としてアマゾネスが与えられることになった。
冒険者たちのうち一人だけなら奴隷のふりをして競争に参加できそうだ。
※出撃できるのは一名だけです。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv70Lv113Lv151Lv198LvLv
攻略LvLv75Lv120Lv161Lv213LvLv
階層数4
進行(踏破前)
進行(踏破後)90秒112秒142秒180秒
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
ブラッドベリー (魔物)僧侶 Lv48HP 35,000158
お化けカズラ (魔物)僧侶 Lv58HP 6,800228
空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 Lv60HP 6,000238
魔性
魔性のブラッドベリー (魔物)僧侶 Lv76HP 87,498249
魔性のお化けカズラ (魔物)僧侶 Lv92HP 17,100360
魔性の空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 Lv95HP 15,103376
宿った
宿ったブラッドベリー (魔物)僧侶 Lv103HP 154,791331
宿ったお化けカズラ (魔物)僧侶 Lv124HP 30,429478
宿った空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 Lv129HP 26,901499
伝説
伝説のブラッドベリー (魔物)僧侶 Lv138HP 266,502434
伝説のお化けカズラ (魔物)僧侶 Lv165HP 53,240627
伝説の空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 Lv171HP 47,190654
恐ろしい
恐ろしいブラッドベリー (魔物)僧侶 LvHP
恐ろしいお化けカズラ (魔物)僧侶 LvHP
恐ろしい空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 LvHP
壊れた
壊れたブラッドベリー (魔物)僧侶 LvHP
壊れたお化けカズラ (魔物)僧侶 LvHP
壊れた空飛ぶ座布団 (魔物)忍者 LvHP

ダンジョンボス

名称 (種族)職業/LvHPExp
ドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) Lv98HP 42,000800
魔性
魔性のドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) Lv155HP 104,9731,264
宿った
宿ったドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) Lv208HP 185,6611,680
伝説
伝説のドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) Lv275HP 319,4402,200
恐ろしい
恐ろしいドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) LvHP
壊れた
壊れたドラゴンプリンス (竜族)剣聖(ロ) LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
ダークワンド474~476ブラッドベリー
精神の指輪509~お化けカズラ
毛皮のコート-~-空飛ぶ座布団
トリプルソード-~-ドラゴンプリンス
★ロイヤルサイン-~-
魔性
ブースター760~764魔性のブラッドベリー
手裏剣-~-魔性のお化けカズラ
狙撃仕様797~魔性の空飛ぶ座布団
王家の長剣-~-魔性のドラゴンプリンス
宿った
なし
伝説
摩天楼の弓538~542伝説のブラッドベリー
ジャックナイフ-~-伝説のお化けカズラ
ピッキングツール-~-伝説の空飛ぶ座布団
アークナイトアーマー-~-伝説のドラゴンプリンス

ダンジョン内イベント

入り口

ノーム神官の言葉を聞いて奴隷たちはバラバラに森へと走っていった。

奴隷たちはそれぞれ単独で行動しており、横のつながりは無いようだ。

冒険者は一人、その身に汚い衣を纏って奴隷のふりをして森へと走った。

2F

大森林には魔物や危険な生物が多く生息している。

単独で歩を進める奴隷を見ると、魔物たちは獲物が来たとばかりに襲いかかってきた。

しかし、その獲物は薄汚れた衣一つの奴隷ではなく、衣の下には研ぎ澄まされた歴戦の装具を持つ冒険者であった。

冒険者は他の奴隷たちを追い越し、一人、先へと進んでいた。

3F

捨てられていた奴隷の衣を着てきたが酷い悪臭がする。

魔物の返り血も混ざり、鼻が曲がりそうである。

魔物の襲撃よりもこの匂いの方が強敵かもしれない。

4F

奇妙な香りが漂ってきた。

それは事前に聞いていたラフレシアの花の特徴に一致するものであった。

この近くにあるのだろう。

しかし、その匂いは奴隷の衣よりも、奇抜だ。

ダンジョンボス戦前

冒険者は臭いの元にたどり着いた。

そこには目的のラフレシアの花と、一人の奴隷がいた。

それは竜人の奴隷であった。

先にここへたどり着いていたのだろう。

確かに奴隷のみすぼらしい衣を着ている。

しかし、その姿にはどことなく気高さを漂わせていた。

竜人はこちらを見ると敵意を表した。

目的は同じラフレシアの花だろう。

ここまで先に来ている時点でただの奴隷とは実力が違うようだ。

大森林の奥地で冒険者と竜人の奴隷による一騎打ちが開始された。


冒険の手記(全6)

ノーム神官の手記1

~ ノーム教典『三神獣』 ~

三神獣は神への供物。

食らえばその身に神が宿る。

ノーム神官の手記2

三神獣を食らいし三名。

『白』『黒』『色』と呼ばれし者。

その身は神魔の域にある。

ノーム神官の手記3

摂理を求めた求道者。

あまたの知識を集めて足りず。

全てを知るため時を得た。

その知、神魔を超えし者。

関わることなき傍観者。

世を離れし、白き者。

ノーム神官の手記4

それは常に追われる者。

それは破壊をもたらす者。

それは願い砕けし者。

それは己を呪いし者。

物は壊れると知った者。

全てを壊した黒き者。

ノーム神官の手記5

生まれながらに持っていた。

七つの色を持っていた。

いつも世界とつながっていた。

当たり前につながっていた。

知る必要もなかった。

願う必要もなかった。

自分だけが持っていた。

他には誰も居なかった。

星と話をして育った。

世界が違う、色持つ者。

ノーム神官の手記6

これは触れてはならない三つの異端の話。

神への供物を奪った大罪人たちである。

異端児たちは世の流れから外れた。

その流れは歪みであり、関わってはならないものである。

手記コンプリート報酬

臭いドラゴンソード