帝都跡地

Last-modified: 2019-08-02 (金) 16:20:04
毒と腐食により帝都は滅びの都市となっている。
アンデッドの群がる中、冒険者たちは帝国の遺産を求めて帝都の王宮を目指した。
通常魔性宿った伝説恐ろしい壊れた
推奨LvLv92Lv148Lv197Lv???LvLv
攻略LvLv100Lv160Lv214Lv???LvLv
階層数4
進行(踏破前)
進行(踏破後)
探索時間(踏破前)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒
探索時間(踏破後)時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒時間分秒

※進行時間・探索時間は探索時間1.00倍での数値


道中出現モンスター

名称 (種族)職業/LvHPExp
グール (不死)侍 LvHP
アンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
リッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
ネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
魔性
魔性のグール (不死)侍 LvHP
魔性のアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
魔性のリッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
魔性のネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
宿った
宿ったグール (不死)侍 LvHP
宿ったアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
宿ったリッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
宿ったネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
伝説
伝説のグール (不死)侍 LvHP
伝説のアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
伝説のリッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
伝説のネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
恐ろしい
恐ろしいグール (不死)侍 LvHP
恐ろしいアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
恐ろしいリッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
恐ろしいネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
壊れた
壊れたグール (不死)侍 LvHP
壊れたアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
壊れたリッチー (不死)魔法使いマスター LvHP
壊れたネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP

※リッチーは3F最奥の固定戦闘でしか出現しない模様


ダンジョンボス

名称 (種族)職業/LvHPExp
グール (不死) x 7侍 LvHP
アンデッドナイト (不死) x 3剣士(君) LvHP
核武装ゴーレム (魔物) x 3戦士(狩) LvHP
グレーターデーモン (神魔) x 3秘法剣士マスター LvHP
ネクロデーモン (不死) x 3僧侶マスター LvHP
アークデーモン (神魔)君主マスター LvHP
魔性
魔性のグール (不死) x 6侍 LvHP
魔性のアンデッドナイト (不死) x 5剣士(君) LvHP
魔性の核武装ゴーレム (魔物) x 3戦士(狩) LvHP
魔性のグレーターデーモン (神魔) x 3秘法剣士マスター LvHP
魔性のネクロデーモン (不死) x 3僧侶マスター LvHP
魔性のアークデーモン (神魔)君主マスター LvHP
宿った
宿ったグール (不死) x 7侍 LvHP
宿ったアンデッドナイト (不死) x 3剣士(君) LvHP
宿った核武装ゴーレム (魔物) x 3戦士(狩) LvHP
宿ったグレーターデーモン (神魔) x 3秘法剣士マスター LvHP
宿ったネクロデーモン (不死) x 3僧侶マスター LvHP
宿ったアークデーモン (神魔)君主マスター LvHP
伝説
伝説のグール (不死) x 8侍 LvHP
伝説のアンデッドナイト (不死) x 4剣士(君) LvHP
伝説の核武装ゴーレム (魔物) x 3戦士(狩) LvHP
伝説のグレーターデーモン (神魔) x 3秘法剣士マスター LvHP
伝説のネクロデーモン (不死) x 3僧侶マスター LvHP
伝説のアークデーモン (神魔)君主マスター LvHP
恐ろしい
恐ろしいグール (不死)侍 LvHP
恐ろしいアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
恐ろしい核武装ゴーレム (魔物)戦士(狩) LvHP
恐ろしいグレーターデーモン (神魔)秘法剣士マスター LvHP
恐ろしいネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
恐ろしいアークデーモン (神魔)君主マスター LvHP
壊れた
壊れたグール (不死)侍 LvHP
壊れたアンデッドナイト (不死)剣士(君) LvHP
壊れた核武装ゴーレム (魔物)戦士(狩) LvHP
壊れたグレーターデーモン (神魔)秘法剣士マスター LvHP
壊れたネクロデーモン (不死)僧侶マスター LvHP
壊れたアークデーモン (神魔)君主マスター LvHP

レアアイテム

名称罠難易度ドロップモンスター
溶ける鎧-~-グール
ナイトシールド-~-アンデッドナイト
☆リッチー-~-リッチー
知恵の指輪601ネクロデーモン
隕石の杖-~-グレーターデーモン
★破壊の剣-~-核武装ゴーレム
★核の灰-~-
アークウィップ-~-アークデーモン
悪魔の指輪-~-
忘却の書Lv5-~-
★魔界の爵位証-~-
魔性
体力の指輪-~-魔性のグール
ナイトプレート-~-魔性のアンデッドナイト
特権階級章-~-魔性のリッチー
狂戦士の小手-~-魔性のネクロデーモン
魔道教典Lv4『凍える吹雪』-~-魔性のグレーターデーモン
呪文書『禁断の力』-~-魔性の核武装ゴーレム
魔神像-~-魔性のアークデーモン
宿った
なし
伝説
連弩-~-伝説のグール
ナイトガントレット-~-伝説のアンデッドナイト
★魔法使いの守護剣-~-伝説のリッチー
十二単-~-伝説のネクロデーモン
氷のオーブ-~-伝説のグレーターデーモン
ジャイアントプレート-~-伝説の核武装ゴーレム
魔王の爪-~-伝説のアークデーモン

ダンジョン内イベント

入り口

冒険者たちはアンデッドの徘徊する帝都を進んだ。

かつての繁栄の影もなく見るも無残な姿となった町並みに皆だまって歩みを続けた。

侵食の速さからすれば自然発生的なアンデッド化の結果とは思えない。

おそらく何かの意志が働いているのだろう。

しかし今回の目的は帝都をアンデッドから開放することではなく帝国の遺産を探すことである。

冒険者たちは余計な戦いはできるだけ避けながら王宮を目指した。

2F

王宮の入り口は無残にも破壊されていた。

かつては力と権力の象徴であった威厳ある門は完全に倒されている。

盗賊にとっては荒らし放題にできる状況だが、あいにく街を徘徊するアンデッドのおかげで盗賊もここまでは来ないだろう。

いや、竜の飛来する今の状況では盗賊自体がほとんど居なくなっている。

今、この王宮の宝を荒らし放題なのは冒険者たちだけであろう。

冒険者たちがその気になれば何度もここへ通って盗掘を続け、巨万の財宝を得ることも可能かもしれない。

しかしそんなことをしている間に、人々は皆、竜に食われて滅ぶだろう。

その世界で財宝に何の意味があるだろうか。

今、目の前にある王宮にはほんの少し前までは雲の上と見紛うほどに強力な権力や財があったが今はそれは意味を成さないものとなっている。

崩れて瓦礫となっても背丈より大きな門を抜け、冒険者たちは主の居なくなった廃墟の王宮へと足を踏み入れた。

3F

帝都の王宮へ入り込んだ冒険者たちは事前に聞いていた通路を通って奥へ向かった。

それは侵入にこっそりと使う道とはまるで違う、広く豪華な道であった。

目指すは皇帝の住んでいた場所、そして皇帝しか入れない宝物庫だ。

4F

冒険者たちは皇居へ踏み込んだ。

かつては皇帝しか立ち入ることの許されなかった場所。

そこにいま武装した冒険者たちが武器を手に土足で進入している。

それも当然でありそこには既に先客がいるのだ。

皇居はもうかつての神聖さのかけらもない、アンデッドの徘徊する廃墟となっていた。

冒険者たちは襲い来るアンデッドをかき分けながら皇帝の宝物庫を目指した。

ダンジョンボス戦前

冒険者たちは広い部屋に飛び込んだ。

部屋の脇には武装した巨大な兵の像が立っていた。

その武装はただの鉄とは違う、一見すると何で出来ているのか分からない不思議な材質であった。

そして筒状の物を持っている。

その形からはどんな機能なのかよく分からなかった。

ただその物々しさからそれは武装であろうということだけは感じ取れた。

おそらくは古代文明の代物だろう。

広い通路のような部屋の両脇にはそのような古代の武装を纏った巨大な像が並んでいた。


いや、像ではない。


それは動き出していた。


ゴーレムだ。


両脇の武装した巨大ゴーレムが動き出していた。


そして部屋の奥から人影が現れた。


「侵入者か」

声を発したその者は王侯貴族のような威厳ある姿と黒い翼と牙のある悪魔の姿が融合したような格好をしていた。

そして側には複数の悪魔を従えていた。その悪魔はかつて神魔が従えていた上位のデーモンである。

この者は上位のデーモンを従えることが出来るほどの高位な悪魔であろう。

アークデーモン:
「皇帝の宝を見に来てみれば
 出てくるものは古代兵器ばかり

 人間の王はよほど
 戦争にしたかったと見える。

 そして最後が同胞の裏切りとは…

 町で平和を歌いながらも
 争うのが好きな生き物よ。」


武装したゴーレムが悪魔を守るように前に立ちふさがった。




アークデーモン:
「この力は我らが有意義に使おう。

 お前たちが悪魔と呼ぶ我らの

 命と自由のために。」

武装したゴーレムは筒状のものをこちらに向けた。

冒険者たちは直感的にその兵器に恐ろしさを感じて動き出していた。

やらなければ、やられる。

人知れぬ帝都の皇居で高位悪魔との闘いが始まった。


冒険の手記(全10)

帝国貴族の手記1

この世は人が生きるには過酷な世界だ。

街から外に出れば人間より遥かに力の強い生き物たちが世界をうろついている。

人がそれらに対抗するには数を活かすしかないだろう。

戦うための集団、つまり軍隊だ。

帝国貴族の手記2

この世界ではどんな軍隊を持つべきか。

魔物の力は強大だ。数さえそろれば勝てるわけではないだろう。

例えば竜亀を相手に素手の人間が何人居ようと傷一つ付けることは出来まい。

数の力が有利に働くのはある程度戦闘力が近い場合だけだ。

圧倒的な個の力の差があるときは数も意味を成さない。

帝国貴族の手記3

人間の力は数の力の他に道具を扱うことだ。

非力な人間が生き残るには道具は不可欠だろう。

武具を集めて道具に頼った戦い方になるのは必然的なことである。

それは昔であろうとも変わらないはずだ。

帝国貴族の手記4

古代遺跡より見つかる物には武具の類があまり無い。

あまりに古い故に朽ちてしまったのか?

そうであれば他の物も朽ちているはずだ。

遺跡にある装置が武具よりも丈夫だとは思えない。

帝国貴族の手記5

「古代の人間は武具よりも圧倒的に強い道具を持っていた」

教皇様はまるで過去を見てきたかのようにおっしゃる。

しかしその言葉が外れたことはない。

故に帝国は密やかに古代遺跡の発掘を推し進めてきた。

その力が他に知られないよう、古代文明の技術は一部の者にしか知らされていない。

帝国貴族の手記6

大陸統一の動きには各地にある古代遺跡の調査も目的に含まれていた。

人間が手に入れられる最強の道具は古代文明にある。

それが手に入ればこの世界を支配することも容易いことだという。

ただそれがどのようなものかは私は聞かされていない。

帝国貴族の手記7

各地の古代遺跡で発掘された兵器は秘密裏に皇居へと運び込まれていた。

私はその一部を見てしまった。


ゴーレムだ。

見たことの無い様々なゴーレムがあった。

非力な人間に変わる戦闘兵器としてゴーレムは優秀だ。

しかし希少すぎて数が少ないため軍隊の代用には難しい。

ゴーレムが大量に集まるか、もしくは戦況を覆すほどの性能を持ったゴーレムがあれば…

帝国貴族の手記8

技師たちの資料を覗き見た。

皇居に運び込まれたゴーレムはどれも強力な武器を備えている。

このゴーレムの数が揃うなら恐るべき軍隊を作れるだろう。

帝国貴族の手記9

資料の中に古代遺跡の位置情報が混ざっていた。

なぜゴーレムの資料に古代遺跡の場所が書かれているのだろうか。

資料には海の中にある位置が記されている。

『イルルヤンカシュの海底神殿』

イルルヤンカシュという竜の神を祀る神殿が海の底に沈んでいるという。

しかしどうすれば海の底に行けるのだろうか。

帝国貴族の手記10

イルルヤンカシュの神殿は海の底だけではなく大陸にもあるという。

その地上の遺跡へと帝国の調査隊は既に行っている。

荒らされて荒廃した古代遺跡であったが、調査隊はそこで新たに地下施設を発見している。

地下施設は複雑な機械が並び、人が入れるほどのガラスケースがあった。

調査の結果、機械は壊れていないがエネルギーが無いため動かないようだ。

超古代文明のエネルギー源は謎であり補填する方法は見つかっていない。

一説には光をエネルギーにしていたと言う学者は居るが、具体的な方法は分かっていない。

帝国もこれ以上は調査が進んでいないようだ。

手記コンプリート報酬

伝説の守りの指輪[ヘリオライト]
物語「海底神殿」開放