宝石改造

Last-modified: 2020-05-21 (木) 22:25:39

ゲーム内説明

宝石を一つ使用してアイテムを強化できます。

強力な称号の付いたアイテムに宝石を付けることでよりいっそう強くなります。

同じアイテムを二度強化することは出来ません。

宝石を外すには、宝石の付いたアイテムを商店で売ることで強化前のアイテムと宝石に分かれて商店で販売されます。ただし店売りになるためアイテムの称号は失われます。

プレミアムパック、または細工の秘宝を購入している場合、GPを払うことでアイテムの称号を失うこと無く宝石を外せます。

概要

  • 宝石・合成用アイテム以外の装備品に宝石を装着することで、宝石の性能の一部をその装備品に付与できるシステム。
    ただし、課金しない限り装着した宝石を自由に取り外すことはできない。店に売らないと外せないため、装備品の称号が消えることになる。
  • 宝石改造を行うメリットは2つ。
    • 一つは基本能力値(力・知恵・精神・体力・敏捷・運)の+値の上昇。
      どの宝石にも基本能力値が増加する効果が付いており、宝石改造に使ってもその効果はそのまま享受できる。
      基本能力値が+10されるだけでも恩恵は非常に大きい。
      • 例えば元々力が高い(+0で20以上)種族だと、+0と+10で物理攻撃のダメージが約1.5倍にまで跳ね上がる。
        同条件で体力の場合、受ける物理ダメージが約2/3まで軽減できる。
      • また、基本能力値増加による素の戦闘能力値増加もバカにならない。
        特に体力は最大HPに直結しやすく、可能なら後列まで体力を上げておくと攻略の安定性が大きく向上する。
    • もう一つは戦闘能力値(HPや攻撃力など)の底上げ。
      直接持たせた場合と比べて戦闘能力値の上昇量は半分(魔法防御力は1/4)にはなるが、その代わりに宝石改造先の称号や装備倍率に影響を受けるようになる。
      称号も装備倍率も低いなら無視できる程度だが、逆にどちらも高いと非常に大きな効果を得られる。
      • 極端な例にはなるが、例えば超レア壊れた魔道書にエメラルド(魔法回復量300)を宝石改造してリッチー賢者(僧侶)Lv99に持たせた場合、
        称号補正10倍・[2.0倍]アイテム魔法回復量・魔道書倍率約6倍、ついでに[魔造Lv50]精神感応も合わさり、回復量の増加は23365という莫大な数値となる。

基本情報

  • 宝石改造にはGPは使用しない。付ける分には無料でいくらでも付けられる。
  • 宝石自体の称号は一切関係ない。最低な宝石でも超レア壊れた宝石でも、全く同じ結果になる。
  • 改造後は『「改造元のアイテム名」[改造に使用した宝石]』という装備名になり、別アイテム扱いになる。
    • ただし装備重複ペナルティでは宝石の有無は関係なく同一アイテム扱い。要するに称号と同じ扱い。
  • 魔造生物にも宝石改造を行うことが出来る。キャラクターメイク済みの魔造生物にも可能。
  • 宝石自体の価格の0.789倍が、そのまま装備の価格に追加される。この価格は宝石の称号は当然として、装着する装備の称号にも左右されない。
    例:レイピア(100GP)+最下級宝石(1,000,000GP)=789,100GP
    名工のレイピア(200GP)+最下級宝石(1,000,000GP)=789,200GP
    レイピア(100GP)+名工の最下級宝石(2,000,000GP)=789,100GP
  • 改造時に宝石が持っている戦闘能力値の1/2・魔法防御力は1/4の性能が、改造対象の装備に付与される。
  • 力や体力などの基本能力値の能力アップは、宝石の数値そのままで改造対象の装備に付与される。
  • 戦闘能力値・基本能力値以外の、宝石が持つ各種スキルは付与されない。
  • 付与された戦闘能力値は改造対象の称号によって上下する。壊れた〇〇なら付与分も5倍になり、超レア称号付ならさらに2倍。
    ただし以下の例2や3で分かる通り、宝石改造で上がる能力が装着先の装備でマイナスの場合、上昇値が激減してしまう。改造する際は気をつけよう。
    例えば弓装備がメインの狩人は、ほぼ全ての弓に回避マイナスが付いているため、宝石改造で回避能力を上げることが難しくなっている。
    • 例1:魔法防御力80の能力の宝石を、"壊れた〇〇"に装着 → 80x1/4x5で魔法防御力100に。
    • 例2:回避能力60の能力の宝石(ブラックオパール)を、"壊れたナイトプレート"(回避能力-4、無称号だと-20)に装着
      → -4+60x1/2x5で回避能力146・・・ではなく、(-20+60x1/2)x5で回避能力50(実質+54)になる。
    • 例3:同じくブラックオパールを、"壊れた合金の重鎧"(回避能力-8、無称号だと-40)に装着
      → 同様に(-40+60x1/2)x1/5で回避能力-2(実質+6)となる(5倍でなく1/5なのはマイナスの性能のため)。
  • 更に、装着先の装備に応じた装備倍率がかかることになる。称号や装備倍率を考えて、なるべく効果の高い改造をしたいところ。
  • 改造する前に、プレビュー形式で装着後の状態が確認できる。

  • プレミアムパック又は細工の秘宝を課金購入すると、GPを消費して宝石を外すことが出来るようになる。
    消費GPは宝石込みの価格の1/50。
  • 外した際には、アイテムの称号は元のものが保存されるが、宝石に付与されていた称号(超レア称号を含む)はなくなる。
  • 自分で普通には作れない「宝石改造済の宝石」や「宝石改造済の合成用アイテム」はこの方法で外すことができない。
    通常通りに、一度売る必要がある。

注意点

  • 宝石の称号は一切関係なく、一度改造に使うと宝石の称号は二度と戻ってこない。
    称号を消したくない宝石を間違えて改造に使わないようにしよう。
    特に、価格:99,999,999GPの通称カンスト宝石は、超レアの称号継承で必要かつ非常に入手困難なため注意。
  • 宝石改造では宝石のスキルは付与されない。スキルの効果がほしい場合は宝石を直接装備させることになる。
  • アイテムの称号を残したまま宝石を外すには課金が必須となる。課金する気がない場合は、下手な改造をしないように注意。